SSHは、開発者のツールベルトの最も便利なツールです。先進的な環境の設定、ウェブサイトの操作、一般的なWordPressのタスクを自動化するためのWP-CLIなど素晴らしいツールの使用、他にアクセスできない場合のウェブサイトへのアクセスなどに使用できます。本記事では、SSHの概要とSSHでのサーバーへの接続についてご説明します。

SSHの概要

仕様書によると、SSHは「安全なリモートログインまたはその他の安全でないネットワーク上の安全なネットワークサービス用のプロトコル」です。言い換えれば、コンピュータにログインし、そのコンピュータが提供するサービスにアクセスする方法です。

ウェブサイトのコンテナにログインするには、SSHクライアントとログイン情報が必要です。接続問題が発生した場合は、SSH「接続拒否エラー」の処理方法をご参照ください。

SSHクライアント

OSXとLinuxでは、必要なものはすべて揃っています。特別なソフトウェアを使用せずにターミナルからSSHを使用できます。しかしWindowsではSSHクライアントが必要です。最も人気のあるものはPuttyです。Windowsユーザー向けの簡単なPuttyチュートリアルを下記ご紹介します。

ログイン情報

SSHでログインするには、少なくとも4つの情報が必要です:

サーバーアドレスは通常ご利用のドメイン名またはIPです。Kinstaでは
お客様のウェブサイトのIPアドレスです。

場合により、デフォルトのポートが必要な場合は、ポートを指定する必要がないこともあります。Kinstaではセキュリティを重視されているため、ウェブサイトごとに異なるポートを使用しています。

Kinstaのお客様には、MyKinstaダッシュボードでご利用のサーバーの情報を確認いただけます。当社のすべてのプランではSSHアクセスをご利用いただけます。接続するウェブサイトを選択すると、必要な情報が表示されます。

ターミナルをご利用の方は、SSHセクションで生成されたコマンドをコピーペーストしてすぐに接続できます。(もちろん、パスワードを入力する必要があります。)

KinstaのSSHコマンド

KinstaのSSHコマンド

Puttyの設定

この手順はWindowsユーザー向けです。MacまたはLinuxをおご利用の方にはスキップいただいてもかまいません。Puttyをダウンロードした後に、アイコンをダブルクリックするだけで実行できます。次のような画面が表示されます:

WindowsのPutty

WindowsのPutty

まず最初にホスト名入力欄にご利用のサーバーアドレスを貼り付けます。その横にあるポート欄にポート番号を入力し、プロトコルがSSHであるかを確認し、下部の「開く」をクリックします。

Linuxターミナルに似たウィンドウが表示されるはずです。ユーザー名を入力してエンターキーを押します。パスワードも同じく入力してエンターキーを押します。しばらくするとログインが完了します。

ログイン中にRSA指紋などについての通知が表示される場合があります。OKを押して先に進んでください。

ターミナルを使用してSSHで接続する

この手順はMacユーザーとLinuxユーザーのみを対象としています。Windowsユーザーは、Puttyを設定していた為、この手順をスキップしてください。

MacまたはLinuxでは、ターミナルを開いてコマンドを実行するだけです。コマンドは以下のとおりです:

ssh username@hostname -p portnumber

上記を実際のユーザー名、ホスト名とポート番号に置き換えて、エンターキーを押します。パスワードを入力してエンターキーを押します。RSA指紋などの通知が表示される場合は、エンターキーまたは「y」を押し、先に進みます。

SSHコマンドを実行する

この時点から手順はWindowsでもMacでも同様になります。これで、コンピュータのターミナルのコマンドと同様にコマンドを実行できるようになりました。特にKinstaのサーバーをご利用の方は、数多くの便利なことができます!

KinstaのSSHオープニングメッセージ

KinstaのSSHオープニングメッセージ

注意!SSHアクセスにより通常のアクセスと比較してかなりの自由が与えられます。そのため、異常も起こしやすいです。WordPressディレクトリ全体を削除したり、画像をすべて削除したりサーバー上の重要なサービスを停止したりさえできます。SSHを使用するときは、誤って異常を起こさないように必ず注意を払ってください。

WP-CLIを使用する

WP-CLIは機能豊かなWordPress用のコマンドラインインターフェースです。KinstaサーバーにはWP-CLIが用意されている為、ログインするとすぐにご使用いただけます。他のサーバーの場合は、自分でインストールする必要がある場合がありますので、ホスティング会社のウェブサイトをご参照ください。

WP-CLIを起動するとコマンドが実行できます。それを行うには、WordPressがインストールされているディレクトリにアクセスする必要があります。現在の場所がわからない場合は、lsコマンドを使用して現在のディレクトリの内容を表示します。

Kinstaでは、ウェブサイトのホームディレクトリに入ります。WordPressのルートディレクトリに入るには、cd publicコードを使用し、パブリックディレクトリに移動します。

ウェブサイトの利用可能なプラグインのリストを表示するには、wp plugin listと入力します。

WP-CLIでのプラグインのリスト

WP-CLIでのプラグインのリスト

より便利なことですが、すべてのプラグインを一度に更新するにはwp plugin update --allを実行します。wp plugin update --all --dry-runを実行すると、前者のコマンドを実行すれば更新されるプラグインのリストが表示されます。

WP-CLIのコマンドには便利なコマンドが数多くあります。詳細については仕様書をご参照ください。

他に何ができますか?

簡単にいうと、ほとんど何でもできます。Git、Composer、WP-CLIなどのツールを使用して、ウェブサイトまたは開発環境をより細かく管理できるようになりました。

KinstaのEnterpriseレベルのお客様には、npmさえご利用いただけます。SSHはサーバーと対話するための素晴らしいツールで、割としやすいです。良く楽しんでください。


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。