このページでは、GitHubリポジトリからKinstaのアプリケーションホスティングサービスにRuby on Railsアプリケーションをデプロイし、セットアップを行う方法の一例をご紹介します。

デプロイプロセス中、Kinstaのシステムにより自動で、gemファイルで定義された依存関係がインストールされます。

  1. GitHubにログインし、次のテンプレートから新しいリポジトリを作成(「Use this template」>「Create a new repository」):Kinsta – Ruby on Rails Starter
  2. MyKinstaで、「Ruby on Rails Starter」リポジトリを使ってアプリケーションを追加(Kinstaが自動でリポジトリ内のProcfileから必要なコマンドを検出するため、ウェブプロセスのstartコマンドは空欄のままにしておいて問題ありません)

ビルドが終了するとすぐにアプリが利用可能になり、KinstaのウェルカムページがアプリケーションのURLを介して表示されます。

Ruby on Railsのデプロイに成功した後のKinstaのウェルカムページ
Ruby on Railsのデプロイに成功した後のKinstaのウェルカムページ

KinstaでRuby on Railsアプリケーションをセットアップする方法について動画での解説をご用意しています

ウェブサーバーのセットアップ

startコマンド

アプリケーションをデプロイし、リポジトリにProcfileを含めると、Kinstaのシステムにより自動でリポジトリルートにウェブプロセスが作成されます。ウェブサーバーを実行するには、Procfileで以下のコマンドを使用することができます。

web: rails server