北米にあるデータセンターでWordPressサイトを運営していたとします。そこに、遥か彼方のドイツから、あるユーザーがアクセスしました。Kinstaでは、地球の裏側からコンテンツを配信する代わりに、ユーザーの近くにある(この例では)ヨーロッパのサーバーから瞬時に配信することができます。

これを可能にするのが、今回ご紹介するKinstaの最新機能「エッジキャッシュ」です。KinstaのWordPress専用マネージドホスティングを利用している方向けの機能で、世界各地へのウェブページの配信時間を劇的に短縮することができます。2022年に実施した、Kinstaのお客様によるエッジキャッシュのベータテストでは、キャッシュを利用したWordPressサイトのHTMLページの配信速度が平均50%以上向上しています。

エッジキャッシュは、現在どこからでも、追加費用なしでご利用いただけます

エッジキャッシュとは

Cloudflareとの統合を発表した当初、私たちは、この機能を最大限活用し、比類ないWordPress向けマネージドホスティングソリューションを構築、提供することをお約束しました。

まずは、Cloudflareのセキュリティ機能を統合して、ファイアウォールとDDoS対策を導入。その後は、CDNにCloudflareのコンテンツデリバリネットワークを採用。お客様の静的アセット(CSS、JavaScript、フォントを含む画像やファイル)を世界各地の275+箇所に保存しています。

そして今、エッジキャッシュのリリースにより、サイトのローカルデータセンターにキャッシュされたページが同じネットワークに分散され、世界中の訪問者に配信されるようになります。

KinstaのCDNで静的アセットが高速配信されるように、ウェブサイトのページを瞬時にユーザーの元に届け、選択したデータセンターのサーバーが処理するリクエストの数を減らします。

エッジキャッシュは、KinstaのCDNが静的アセットを扱うように、HTMLページを扱います。

エッジキャッシュのベータ版リリース時に行われた数百のテストでは、エッジサーバーからキャッシュされたページを配信するのにかかる時間は約0.25秒だったのに対し、テストサイトのローカルデータセンターのキャッシュから同じブラウザに配信するのにかかる時間は、約0.5秒でした(キャッシュがない場合の平均配信時間は2秒近く)。

また、当然のことながら、ブラウザとオリジンサーバーのデータセンターとの距離が最も離れているときに、最もパフォーマンスが向上しました。また、北米とオーストラリア、北米とアジアのデータセンター間で、キャッシュされたページの配信時間が80%以上高速化された事例も出ています。

Kinstaのエッジキャッシュがあれば、ほぼ指一本動かさずにサイトのパフォーマンスを向上することができます。

エッジキャッシュの管理

エッジキャッシュは、リリース以降、MyKinstaで作成した新規WordPressサイトでデフォルトで有効になります。2023年1月からは、対象の既存WordPressサイトで自動的に有効化されます。

既存のサイトで今すぐにエッジキャッシュを利用するには、MyKinstaで以下の操作を行なってください。

  • 左側のナビゲーションメニューで「WordPressサイト」を選択
  • エッジキャッシュを有効にしたいサイト名を選択
  • エッジキャッシュ」を選択
  • エッジキャッシュを有効にする」をクリック
MyKinstaでエッジキャッシュを有効化
MyKinstaでエッジキャッシュを有効化

エッジキャッシュは、すべての本番サイトとプレミアムステージング環境でご利用いただけます。

モバイルコンテンツにも

サイトでモバイルブラウザを検出し、そのデバイスに固有のマークアップを持つページを生成する場合には、PC向けコンテンツとは別に、モバイルキャッシュを有効化することができます。

エッジキャッシュを有効にした後、MyKinstaで以下の操作を行なってください。

  • 左側のナビゲーションメニューで「WordPressサイト」を選択
  • エッジキャッシュが有効化されているサイト名を選択
  • エッジキャッシュ」を選択
モバイルデバイスのエッジキャッシュを有効化
モバイルデバイスのエッジキャッシュを有効化

モバイルキャッシュを有効にする」ボタンをクリックして完了です。

なお、同じレスポンシブHTML/CSSマークアップで、PCとモバイルの両方のブラウザをサポートするようなウェブサイトの場合は、モバイルキャッシュの有効化は不要です。

キャッシュしたコンテンツを簡単管理

サイトのページのグローバルキャッシュを管理することも可能です。キャッシュしたページをクリアすると、訪問者が最新の状態でコンテンツを即座に読み込むことができます。

WordPressサイトの管理画面でキャッシュをクリアする操作を定期的に行われている場合、ローカルサイトのキャッシュとグローバルエッジキャッシュをクリアする方法はすでにご存知かと思います。

MyKinstaでは、数回のクリックでエッジキャッシュをクリアできます。MyKinstaで、以下の操作を行ってください。

  • 左側のナビゲーションメニューで「WordPressサイト」を選択
  • エッジキャッシュが有効になっているサイト名を選択
  • エッジキャッシュ」を選択
MyKinstaでエッジキャッシュをクリア
MyKinstaでエッジキャッシュをクリア

グローバルエッジキャッシュからサイトの全ページをクリアするには、「キャッシュをクリアする」ボタンをクリックします。

特定のページやパスだけをクリアする場合は、「URL指定キャッシュクリア」フィールドに対象となるURLを貼り付け、「URLを指定しキャッシュをクリア」ボタンをクリックします。「指定したURL下にあるすべてのサブディレクトリのキャッシュをクリア」にチェックを入れると、特定のパスの全コンテンツのキャッシュをクリアすることができます。

エッジキャッシュの拒否

エッジキャッシュとサイトに互換性がないことがわかっている場合、2023年1月に自動で有効化される前に、利用を拒否することができます。

MyKinstaで以下の操作を行なってください。

  • 左側のナビゲーションメニューで「WordPressサイト」を選択
  • 該当のサイト名を選択
  • エッジキャッシュ」を選択
  • このサイトでのエッジキャッシュ有効化を拒否する」のトグルをクリック
MyKinstaでエッジキャッシングを拒否
MyKinstaでエッジキャッシュを拒否

エッジキャッシュがすでにサイトで有効になっている場合は、「エッジキャッシュ」ページ上部に「無効化する」ボタンが表示されます。

MyKinstaでエッジキャッシュを無効化
MyKinstaでエッジキャッシュを無効化

無効化する」ボタンをクリックすると、モバイルキャッシュも無効になります。また、モバイルキャッシュだけを無効化することも可能です。

エッジキャッシュに適していないサイト

ローカルサイトのキャッシュに問題があるサイトなど(訪問者の所在地に基づいて別のコンテンツを生成する等)では、エッジキャッシュの利用はお控えいただくことをお勧めします。

CookieやURL指定による細かな除外項目のあるキャッシュ構成は、エッジキャッシュと干渉する可能性があります。

お客様のサイトがこれに該当するかどうかがわからない場合、またエッジキャッシュに関するご質問は、Kinstaのカスタマーサポートまでいつでもお問い合わせください。

サイトの速度を最適化

Kinstaのお客様のサイトは、Google最速のC2マシンとプレミアムティアネットワークで運用されます。また、KinstaのCDNにより静的アセットの高速配信も実現しています。エッジキャッシュは、さらにサイト速度を最適化するための新機能です。

エッジキャッシュは、Kinstaのすべてのホスティングプランでご利用可能です。Kinstaをご利用がまだの場合は、無料のMyKinsta見本アカウントで、WordPress専用マネージドホスティングの特徴をお確かめください。

Kinstaのニュースレターでは最新情報をいち早くお届けしています。ぜひともご登録ください。