Kinsta CDNを有効にすると、デフォルトで特定のファイルがCDNによって提供されないように除外される仕様です。

  • robots.txt ファイル
  • .well-knownディレクトリにあるすべてのファイル
  • 名前に「sitemap」が含まれるファイル(ファイル名の先頭、中間、末尾を問わない)

サイトのKinsta CDN設定(「サイト」>「(サイト名を選択)」>「Kinsta CDN>「CDNからのファイルの除外」>「設定」)で、CDNから除外したい、その他のディレクトリパス、URLパス、ファイル拡張子を指定できます。

CDNの除外設定

サイトのCDN除外を管理するには、MyKinstaで自分のサイトをクリックし、「Kinsta CDN」に移動します。CDNからのファイルの除外」セクションで、「設定」ボタンをクリックします。

除外項目の追加

除外したい(ディレクトリ)パス、URL(パス)、またはファイルの拡張子を入力します。

  • 「ディレクトリに基づいたファイルの除外」: wp-content/uploads/custom-image-folder/my-documents」、/wp-content/example-folder」のように、公開ディレクトリ/フォルダからの相対パスを一度に一つ入力し、「ディレクトリを追加」ボタンをクリックします。ここで指定したディレクトリとサブディレクトリ(存在する場合)内のすべての静的アセットは、CDNの対象から外されます。
  • URLに基づいたファイルの除外」: /homepage、「/blog/2021」、「/shopping」のように1ページずつパスを入力し(プロトコルやドメインは含めない)、URLを追加」ボタンをクリックします。ここで指定したページ上のすべての静的アセットが、Refererヘッダに基づき、CDNから除外されます。ページがブラウザで読み込まれると、静的アセットに対するすべてのサブリクエストは、そのページのURLと一致するRefererヘッダを持ちます。Refererヘッダに除外URLパスがあるサブリクエストは、CDNの対象外になります。
  • 「種類に基づいたファイルの除外」: ドロップダウンメニューから各ファイルタイプを選択し、追加したい拡張子ごとに「拡張子を追加」ボタンをクリックして、「.jpg、「.jpeg、「.gif」などのファイル拡張子を追加します。ここで指定した拡張子のファイルは、お客様のサイトのどこにあっても、CDNから除外されます。ファイル拡張子を素早く見つけるには、フィールドに直接入力し始めることができます。
Kinsta CDNにディレクトリ、URL、ファイルの除外項目を追加する
Kinsta CDNにディレクトリ、URL、ファイルの除外項目を追加する

除外項目の編集

ディレクトリまたはURLを編集するには、その右側にある鉛筆(編集)アイコンをクリックします。

Kinsta CDN設定でディレクトリまたはURLの除外項目を編集する
Kinsta CDN設定でディレクトリまたはURLの除外項目を編集する

表示された「除外対象の編集」ポップアップで必要な変更を加え、「除外対象を編集」ボタンをクリックして変更内容を保存します。

CDN除外項目の編集内容を保存する
CDN除外項目の編集内容を保存する

除外項目の削除

除外項目を削除するには、その除外項目の右側にあるゴミ箱(削除)アイコンをクリックします。

Kinsta CDN設定でディレクトリまたはURLの除外項目を削除する
Kinsta CDN設定でディレクトリまたはURLの除外項目を削除する

また、それぞれの除外項目の隣にあるチェックボックスを選択して複数の除外項目を選択したり、各除外リストの上部にある複数選択ボックスにチェックを入れて、そのリスト内のすべての除外項目を選択したりすることも可能です。

Kinsta CDNで複数のファイルタイプの除外項目を削除する
Kinsta CDNで複数のファイルタイプの除外項目を削除する

重要なお知らせ

  • パーセントエンコーディング(別名:URLエンコーディング)は、URL中のスペースや特定の特殊文字をエンコードする手法です。必要であれば、バックグラウンドで処理されます。スペースやその他の特殊文字を含むURLパスを入力した場合、MyKinstaでは入力したままで表示されますが、意図したとおりに動作するように、エンコード処理後の値が保存・使用されます。URLパスがエンコードされているかどうかわからない場合は、ページやアセットのURLにアクセスし、ブラウザのアドレスバーからURLパスをコピーしてください。
  • ディレクトリパスやURLパスのサブパスも同様に除外されます。例えば、/blog」と入力した場合、/blog/category-1/blog/category-1/some-post-titleなどのサブページも CDNの対象外になります。このようなサブページを除外したくない場合は、除外するページの全パスを入力する必要があります。blog/category-2/some-title」と入力すると、そのページはCDNから除外されますが、/blog」や/blog/category-1および/blog/category-2/some-other-titleなどの他のページは CDN 経由で配信されます。
  • 一度に入力できるパスやファイル拡張子は1つだけです。

除外例

/shop/item-1ページにあるすべての静的アセットを除外するとします。

これを行うには、URLに基づいたファイルの除外」として「/shop/item-1」を追加します

Kinsta CDN 設定の 「URL に基づいたファイルの除外」に「/shop/item-1」を追加
Kinsta CDN 設定の 「URL に基づいたファイルの除外」に「/shop/item-1」を追加

https://example.com/shop/item-1」にアクセスし、ブラウザの開発者ツールの「Network」タブを見ると、そのページのすべての静的アセットが CDN をバイパスしていることがわかります。

public/wp-content/my-custom-folderディレクトリにあるすべての静的アセットを除外するとします。

「ディレクトリに基づいたファイルの除外」に「/wp-content/my-custom-folder」を追加します。

 Kinsta CDN設定の「ディレクトリに基づいたファイルの除外」に「/wp-content/my-custom-folder」を追加
Kinsta CDN設定の「ディレクトリに基づいたファイルの除外」に「/wp-content/my-custom-folder」を追加

そのディレクトリから静的アセットを読み込んでいるページにアクセスし、ブラウザの開発者ツールのNetworkタブを見ると、その静的アセットがCDNをバイパスしていることがわかります。

CDN からすべての PDF ファイルを除外するとします。

そのためには、「種類に基づいたファイルの除外」に、PDFを追加します。

Kinsta CDN設定の「種類に基づいたファイルの除外」に「PDF」を追加
Kinsta CDN設定の「種類に基づいたファイルの除外」に「PDF」を追加

PDFファイルのあるページにアクセスし、ブラウザの開発者ツールのNetwork」タブを見ると、そのファイルがCDNをバイパスしていることがわかります。

まとめ

CDN除外項目を指定することで、Kinsta CDNにより配信されるファイルを細かく制御することができます。効果を最大化するために、必要なだけ設定を行うことができますが、CDNを利用すべきファイルを誤って除外しないように、できるだけ具体的に対象を指定することをおすすめします。