コンテナイメージの自動設定設定では(アプリケーションのコード内で別途バージョンを指定しない限り)ビルドパックには、最新の利用可能なバージョンが使用されます。アプリケーションにそれとは別のバージョンを使用するには、アプリケーションのファイルでバージョンを指定する必要があります。

バージョンの設定方法は、お使いのプログラミング言語によって異なります。以下に、現在サポートされている言語の例をご紹介します。

Ruby

Rubyのバージョンを指定するには、Gemfileに以下を記述します。

"https://rubygems.org"
ruby"2.5.1"

NodeJS

Node.js のバージョンとnpmのバージョンを指定するには、アプリケーションのpackage.jsonファイルに以下を記述します。

"engines":{
  "node":"^16.14.0",
  "npm":"^8.3.1"
}

Python

Python のバージョンを指定するには、アプリケーションのruntime.txtファイルに以下を記述します。

Python-3.10.6

Java

Java のバージョンを指定するには、アプリケーションのsystem.propertiesファイルに以下を記述します。

java.runtime.version=11

Scala

Scalaのバージョンを指定するには、アプリケーションのbuild.sbtファイルに以下を記述します。

scalaVersion := "2.13.8".

PHP

PHP のバージョンを指定するには、アプリケーションのcomposer.jsonファイルに以下を記述します。

{
  "require":{
    "php":"~8.0.0"
  }
}

Go

Go のバージョンを指定するには、アプリケーションのgo.modファイルに以下を記述します。

// +heroku goVersion go1.11
go 1.11