Cloudflareグローバルネットワークの安定性、パフォーマンス、セキュリティをすべてのKinstaのお客様に追加費用なしでご提供しています。Cloudflareをご利用いただくには、ドメインのDNS設定が必要になります。

この記事では、Kinstaでご利用中の既存のドメイン無料のCloudflare統合機能を利用するために必要な設定についてご説明します。新しいドメインの追加方法はこちらをご覧ください。

「既存のドメイン」とは

「既存のドメイン」とは、すでにMyKinstaに追加されているドメインのことです。お客様のサイトがKinstaでホストされており、独自ドメイン(つまりkinsta.cloudドメインは対象外)を使用されている場合、既存のドメインありと見なされます。

既存のドメインでCloudflareを利用するための手順は「ドメインがAレコードを介してKinstaに紐付けられているかどうか」によって異なります。ドメインのAレコードですでにKinstaIPアドレスが設定されている場合は、以下に説明するいくつかの手順を飛ばすことができます。随時、スキップ可能な手順について補足を加えますので、ご安心ください。

Important

Kinstaの既存のドメインは、今後の当社でのアップデートに伴い、自動的にCloudflare用に設定されるようになります。ただし、ドメインの自動設定を待たずして、Cloudflareを用いた新機能を利用するために、以下の手順から手動で設定することができます。

Cloudflare設定済みのドメインとCloudflare未設定のドメイン

ドメインのCloudflareへの移行プロセスは、そのドメインがすでにCloudflareのサービスを利用しているかどうかによって若干異なります。

  • 既存のドメインにすでにCloudflareによる管理や保護が適用されている場合、現時点では、KinstaのCloudflare統合機能はご利用いただけません。現在、Cloudflareを使用する新規ドメインに対しては、当社の統合機能が有効化できますが、Cloudflareを使用する既存のドメインに対するサポートは、近い将来の実装予定ですので予めご了承ください。
  • 既存のドメインでCloudflareが使用されていない場合は、以下の手順でCloudflare統合機能を有効化できます。

ステップ1─MyKinstaでCloudflareドメイン設定を開始する

MyKinstaで、「サイト」>「ドメイン」に移動して、設定したいドメインの横にある「Cloudflareを利用する」ボタンをクリックします。

MyKinstaの「Cloudflareを利用する」ボタン

MyKinstaの「Cloudflareを利用する」ボタン

ステップ2─ドメインの所有権を確認する

Kinstaにてご利用のドメインですでに所有権が確認されている場合は、これを飛ばして、次のステップへとお進みください

Cloudflare未設定のドメイン

Kinstaでの所有権確認が済んでいないCloudflare未設定のドメインについては、2つのTXTレコードを追加してドメインの確認作業を行う必要があります。TXTレコードを追加する具体的な手順は、Kinsta DNSを使用しているか、サードパーティのDNSを使用しているかによって異なります。

MyKinstaでドメインの所有権を確認する

MyKinstaでドメインの所有権を確認する

TXTレコード1

  • ホスト名:_cf-custom-hostname
  • 値:MyKinstaで割り当てられる固有のUUID(xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx)

TXT レコード2

  • ホスト名:@(DNSプロバイダが「@」をサポートしていない場合は、空白のままでかまいません)
  • 値:MyKinstaで割り当てられる固有のUUID(xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx)

Kinsta DNSを用いたTXTレコードの追加方法をご紹介します。新しいタブでMyKinstaを開き、Kinsta DNSに移動し、「DNSレコードを追加する」をクリックし、「TXT」を選択してください。

TXTレコードを使ってドメインの所有権を確認する

TXTレコードを使ってドメインの所有権を確認する

1つ目のTXTレコードでは、「ホスト名」フィールドに _cf-custom-hostnameを、「コンテンツ」フィールドに固有のUUIDを貼り付けます。TXTレコードの詳細を確認し、「DNSレコードを追加する」をクリックします。

TXTレコードを追加

TXTレコードを追加

2つ目のTXTレコードでは、「ホスト名」フィールドを空白にして(Kinsta DNSはホスト名で「@」をサポートしていません)、「コンテンツ」フィールドに固有のUUIDを貼り付けます。TXTレコードの詳細を確認し、「DNSレコードを追加する」をクリックします。

TXTレコードを追加

TXTレコードを追加

お使いのDNS設定画面でTXTレコードを追加したら、ドメインの画面に戻り「すでに完了している」をクリックします。

MyKinstaでドメインの所有権確認のための設定が終わったことを表明

MyKinstaでドメインの所有権確認のための設定が終わったことを表明

DNSプロバイダによっては、TXTレコードの伝播に最大24時間かかる場合があります。

ステップ3─ドメインをKinstaに紐付ける

ドメインの所有権が正常に確認された後、ドメインでKinstaのIPアドレスを設定することでCloudflareの統合が完了します。

ドメインの紐付けを行う

ドメインの紐付けを行う

ルートドメインをKinstaに紐付ける

「ドメインの紐付け」画面を開くと、「サイトのIPアドレス」が表示されます。これをドメインのAレコードのIPアドレスとして利用します。

MyKinstaの「サイトのIPアドレス」

MyKinstaの「サイトのIPアドレス」

お使いのDNS設定画面に移動し、先の「サイトのIPアドレス」でAレコードを更新します。Kinsta DNSでのAレコード更新方法は以下のとおりです。

  1. 新しいタブでMyKinstaを開き「Kinsta DNS」に移動します。
  2. DNSレコードを追加する」をクリックして、「A」を選択します。
  3. ルートドメインを指定する場合は「ホスト名」欄を空白にします。サブドメインを指定する場合は、「ホスト名」欄にサブドメインを入力します。
  4. 「IPV4アドレス」欄に先ほどの「サイトのIPアドレス」を貼り付けます。
  5. DNSレコードを追加する」をクリックします。
Kinsta DNSでAレコードを追加する

Kinsta DNSでAレコードを追加する

DNSレコードを追加した後、「ドメインの紐付け」画面に戻り、「すでに完了している」をクリックします。

Kinstaへの紐付けを行った後に「すでに完了している」をクリック

Kinstaへの紐付けを行った後に「すでに完了している」をクリック

WWWドメインをKinstaに紐付ける

ルートドメインのANAMEレコードを設定することに加えて、(まだの場合は)ドメインのwwwつきのドメインもKinstaに紐付けることをお勧めします。これを行うには、CNAMEレコードを追加することで、wwwドメインをルートドメインに向けて設定します。

wwwありのドメイン用にCNAMEレコードを追加する

wwwありのドメイン用にCNAMEレコードを追加する

Kinsta DNSを利用している場合は、「DNSレコードを追加する」をクリックして、「CNAME」を選択します。以下の設定を使用してください。

  • 種類:CNAME
  • ホスト名:www
  • 指定先:ルートドメイン(例:brianwp.com)
  • TTL:1時間

ワイルドカードドメインをKinstaに紐付ける(該当する場合)

また、ワイルドカードサブドメインにも対応しています。ワイルドカードサブドメインとは、「残りの全パターンを網羅する」サブドメインのことです。たとえば、次のように3つのDNSレコードを設定しているとします。

  1. Aレコード「sub.domain.com」|「123.123.123.123」
  2. Aレコード「sub2.domain.com」|「456.456.456.456」
  3. Aレコード「*.domain.com」|「789.789.789.789」

すると、 sub.domain.comsub2.domain.com ではないサブドメインへのリクエストは、自動的に *.domain.com のAレコードで処理され、789.789.789.789にルーティングされます。

Cloudflare とあわせてKinstaでワイルドカードドメイン機能を使用したい場合は、以下の設定でAレコードを追加してください。

  • 種類:A
  • ホスト名:*
  • 指定先:MyKinstaで表示されるサイトのIPアドレス
  • TTL:1時間
ワイルドカードAレコードを追加

ワイルドカードAレコードを追加

ワイルドカードAレコード追加後、他のどのIPアドレスも指定されていないサブドメインにアクセスすると、リクエストが自動的にKinstaにルーティングされます。

まとめ

KinstaのCloudflare統合機能は、お客様のWordPressサイトのセキュリティを高めるために実装されています。Cloudflareを活用することで、将来的にはさらに多くのセキュリティや機能の追加がご利用いただけます。

お客様のサイトでのCloudflare統合のための設定についてご不明な点がございましたら、24時間365日対応のカスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。