PHP 8.0は2020年12月のリリースが予定されており、JITコンパイラーマイナススタートの配列インデックスunion型2.0など、パフォーマンスを向上させるさまざまな新機能や新構文が追加されるようです。

PHPの最新版の新機能の詳細については、当社のPHP8.0に関する詳細なガイドをご覧ください。

Kinstaは、お客様に最新のテクノロジーを提供することを大切にしております。当社は、インフラストラクチャ全体にPHP 7.4をリリースした最初のホスティング会社の一つでした。

さて、PHP8.0が本日よりKinstaのすべてのステージング環境で利用可能になったことをお知らせいたします。

ステージング環境でのPHP8.0の有効化

ステージング環境でのPHP8.0の有効化

現時点では、PHP 8.0はまだ開発中であるため、Kinstaのステージング環境で利用可能になったバージョンはPHP 8.0 RC1版(リリース候補版)です。PHP 8.0 RC1版をテストしたところ、WordPressの一部の構成と互換性がないことがわかりました。

したがって、本番サイトでPHPの致命的なエラーが出ないないように、KinstaでのPHP 8.0のサポートはステージング環境に限られています。今年の12月にPHP 8.0の最終版がリリースされたら、本番環境でも利用いただけるようにいたします。

KinstaでPHP8.0を有効にする際の注意事項は下記のとおりです。

PHP 8.0の公式リリースが近づきますので、WordPressの開発者を雇って、サイトの互換性をテストすることをお勧めします。現時点では、PHP 8.0はWordPressの一部tの互換性がないため、当社のサポートチームはコードの互換性の問題を支援できません

PHP 8.0が原因でサイトで致命的なエラーが発生した場合は、開発者にサイトをデバッグしてもらえるまでに、PHP7.xにダウングレードすることをお勧めします。

本番環境でのPHP8.0のサポートなど、今後のアップデートのお知らせを受信するには、ニュースレターに登録してください。