WordPressで上書きした内容を元に戻したいですかか? ミスをして、コンテンツを以前のバージョンにロールバックしたいですか?

本記事では、「リビジョン」というコア機能とそれに関連する機能である「自動保存」を使用して、WordPressでコンテンツを元に戻す方法について説明します。

リビジョンと自動保存は、投稿、固定ページ、またはカスタム投稿タイプのスナップショットであり、必要に応じて変更を簡単にロールバックできるための機能です。

本記事では、まずリビジョンを使用してWordPressで変更を元に戻す方法を示します。やり方の説明の後に、リビジョンと自動保存の仕組みと、効果的な使用方法をについてもう少し説明します。大きなミスを犯しても、スナップショットはいつでも利用可能です!

Made a mistake? 😨No problem! WordPress revisions, autosaves, and snapshots make it easy to restore your work.Click to Tweet

リビジョンを使用してWordPressで変更を元に戻す方法

まず、「ハウツー」から始めます。なぜなら、あなたは多くのストレスにさらされており、できるだけ速くなくなった作業内容を元に戻したいだろうと理解しているためです。ただし、問題を修正した後は、WordPressのリビジョンを使用する際にパフォーマンスに関する重要な考慮事項があるため、本記事全体をお読みになることをお勧めします。

ステップ1:リビジョンインターフェイスを開く

リビジョン機能にアクセスするには、WordPressエディターのサイドバーの「リビジョン」リンクをクリックします。

新しいブロックエディタ(Gutenberg)での場所は次のとおりです。

ブロックエディターでリビジョン機能にアクセスする方法

ブロックエディターでリビジョン機能にアクセスする方法

新旧エディターでの場所は次のとおりです。

旧エディターでリビジョン機能にアクセスする方法

旧エディターでリビジョン機能にアクセスする方法

リビジョンインターフェイスをどのように開いても、外観は同じです。

ステップ2:復元するリビジョンを選択する

リビジョンインターフェースは次のようになります。

WordPressのリビジョンインターフェイス

WordPressのリビジョンインターフェイス

ここで複数の操作が行えます。まず、上部のスライダーを使用して、ご希望のリビジョンを選択します。

その下で、WordPressは選択されたリビジョンと、選択されたリビジョンの直前のリビジョンを比較します。

スライダーを使用して、表示されるリビジョンを切り替える

スライダーを使用して、表示されるリビジョンを切り替える

赤いハイライトは内容が削除されたことを示し、緑のハイライトは新しい内容が追加されたことを示します。

リビジョン間の追加されたまたは削除された内容が色分けされる

リビジョン間の追加されたまたは削除された内容が色分けされる

リビジョンをその直前のリビジョンではなく任意のリビジョンと比較したい場合は、「2つのリビジョンを比較」の項目にチェックを入れて、スライダーを使用して2つのリビジョンを比較することもできます。

任意のリビジョンを比較する

任意のリビジョンを比較する

ステップ3:リビジョンインターフェイスを復元する

WordPressで変更を元に戻し、リビジョンを復元する方法は2つあります。

このリビジョンを復元」ボタンを使用して、選択されているリビジョンを復元できます。(リビジョンを表示しているか、自動保存を表示しているかによっては、「この自動保存を復元」と表示されることもあります。)

このボタンは「オールオアナッシング」であることにご注意ください。つまり、WordPressは現在のコンテンツをリビジョンのコンテンツで完全に置き換えます。

リビジョンを復元する方法

リビジョンを復元する方法

そうしたくない場合は、手動でコピーと貼り付けを行うしかありません。これは、たとえば、元に戻したい段落を1つ削除したが、それ以降に追加したニア用を上書きしたくない場合に役立ちます。

手動とは、復元したい内容を単にコピーしてエディターに貼り付けるということです。

必要な部分だけをコピーして貼り付けることができる

必要な部分だけをコピーして貼り付けることができる

WordPressの変更を元に戻す方法は以上です!

元に戻した内容を基に戻せるのでしょうか?

古いバージョンのコンテンツを復元した後で気が変わってもご心配ありません。同じリビジョンインターフェイスに戻って、いつでも再度復元できます。

このリビジョンを復元」ボタンを使用しても、WordPressは他のリビジョンを削除しません。代わりに、復元したコンテンツでまったく新しいリビジョンを作成します。

WordPressのリビジョンと自動保存の概要

内容を元に戻す方法を説明しましたが、次にその背景も見てみましょう。

WordPressが変更を「保存」する方法は2つあります。

前述のリビジョンインターフェイスでは、リビジョンと自動保存の両方にアクセスでき、同じ手順を使用してどちらからも復元できます。

自動保存がリビジョンとほとんど同じ様子です。唯一の違いは、表示される内容は自動保存であることが赤い文字で強調されることです。

自動保存の様子

自動保存の様子

WordPressのリビジョン数を制限する理由

WordPressのリビジョン機能は、WordPressの変更を元に戻すのには確かに役立ちますが、WordPressが(デフォルトで)無制限のリビジョンを保存するという事実は、各リビジョンがWordPressサイトのデータベースの新しい行であるため、データベースのサイズが大きすぎる場合があることを意味します。リビジョンだけで100,000行以上の古いサイトが数多く見られます。

だからといって、リビジョン機能を完全に削除する必要があるわけではありませんが、無制限のリビジョンを保存するのではなく、各内容に対して保存されるリビジョンの数を制限することをお勧めします。

これを行うには、WordPressが保存するリビジョンの数を制限するための複数の方法も案内する当社のWordPressリビジョンの最適化ガイドをお読みください。

最大3〜4つのリビジョンを設定することをお勧めします。これにより、ミスをした場合でも内容を復元できるが、データベースが肥大化することはありません。

この制限により、WordPressは各コンテンツの最新の3〜4リビジョンのみを保存します。つまり、設定した制限を超えると、WordPressは古いリビジョンを自動的に削除します。

自動保存も制限できる

前述のように、WordPressは旧エディターで作業しているときに60秒ごとに新しい自動保存を作成します(ただし、投稿ごとに自動保存は1つしか保存されません)。

この頻度を変更する場合は、wp-config.phpファイルを使用して、WordPress自動保存のカスタムの頻度を設定できます。

新しいブロックエディター(Gutenberg)はより頻繁に自動保存します。デフォルトは10秒の期間です。必要に応じて、Disable Gutenberg Autosave プラグインを使用して、ブロックエディターインターフェースから直接に自動保存の頻度を変更できます。

最後の手段:スナップショットの復元(バックアップ)

Kinstaのお客様には、リビジョンや自動保存では修正できない深刻な間違いを犯した場合は、いつでもスナップショット(バックアップ)からWordPressサイトを復元いただけます。デフォルトでは、サイトは24時間ごとに自動的にバックアップされます。これらのスナップショットは14日間(より高額のプランでは20〜30日間)保存されます。

MyKinstaダッシュボードで該当するサイトをクリックし、「バックアップ」タブをクリックします。サイトの復元元となるスナップショット(バックアップ)を選択します。

WordPressサイトのスナップショット(バックアップ)からの復元

WordPressサイトのスナップショット(バックアップ)からの復元

注: Kinstaには、復元のための保護手段さえ用意されています。バックアップを復元するたびに、ウェブサイトの復元する直前の状態を反映する新しいバックアップが生成されます。念のため。😉

Kinstaのお客様でない場合は、WordPressバックアッププラグインを利用してください。最高のパフォーマンスのために、インクリメンタルバックアップを備えたものをお勧めします。

まとめ

WordPressのリビジョン機能は、WordPressの変更を元に戻し、以前のバージョンのコンテンツを復元するのに役立ちます。(または、内容の一部をコピーして貼り付けることができるように、以前のバージョンを表示することも可能です。)

WordPressエディタの「リビジョン」リンクをクリックすると、投稿または固定ページのすべてのリビジョンにアクセスできます。

一方、リビジョン機能は間違いなく便利ですが、無制限のリビジョンを保存することはお勧めしません。各コンテンツの最新の3〜4のリビジョンのみを保存するように制限する手順については、こちらの手順に従うことをお勧めします。

大きなミスを犯しても、WordPressスナップショット(バックアンプ)はいつでも利用可能です!


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。