Kinstaの各ホスティングプランごとに、ワーカープロセス数が異なります。特定の時間にWordPressサイトが同時に処理できるリクエストの数が、ワーカープロセス数により左右されます。簡単に言えば、ウェブサイトでキャッシュされていないリクエストはすべて、ワーカープロセスにて処理されることになります。

たとえば、WooCommerceサイトの場合は、通常、適切な機能を確保するために、決済(または「チェックアウト」とも」)ページは(Nginxルールまたはクッキーを使用し)意図的にキャッシュされません。キャッシュされていないリクエストは、ワーカープロセスにより処理されます。つまり、キューに加えられ、順々に対処されます。リクエストの数がワーカープロセスの数を上回ると、処理待ちのキューで「渋滞」が発生し、新しいリクエストが拒否されることで、「502エラー」、「504エラー」が発生したり、リクエストが正しく処理されなかったりする可能性があります。

したがって、WordPressサイトの中には、最高のパフォーマンスを確保するために一般的なウェブサイトよりも多くのワーカープロセスを必要とするものがあります。特に、キャッシュのBYPASSまたはMISSを伴うトラフィックの多いウェブサイト、そして、同時接続ユーザー数の多いウェブサイトでは、比較的多くのワーカープロセスが必要になります。このようなウェブサイトは通常「非常に動的である」と表現されます。

動的と見なされるサイトは、例えば次の通りです。

  • ECサイト(オンラインストア):WooCommerce、Easy Digital Downloads等
  • 会員制サイト:MemberPress、Ultimate Membership Pro等
  • 学習管理システム: LearnDash、Lifter LMS等
  • フォーラム(ユーザー投稿型)サイト:bbPress、BuddyPress等

キャッシュできないコンテンツの多いサイトへの推奨事項

動的サイト(ECサイト、会員制サイト、学習管理システム、フォーラムなど…)をお持ちである場合、2つのワーカープロセスが設定されているプラン(StarterプランとProプラン)はお勧めいたしません。

上記に該当するサイトは、ワーカープロセスが2つのプランでもサイトとして稼働します。しかし現実的に、2つのワーカープロセスで同時接続ユーザーからの全てのリクエストを処理するのは大変難しいでしょう。

わずかなトラフィックしか予想されない場合は、上記のウェブサイトでも2つのワーカープロセスで運営することが可能です。ただし、ワーカープロセスが2つに設定されているプランで動的ウェブサイトを運営し、実際にパフォーマンスの低下が見られたり、502エラーが発生したりした場合は、少なくとも4つ以上のワーカープロセスの組み込まれたプラン(Business 1以上)へのアップグレードをおすすめします。

なお、Kinstaサポートスタッフによる、502エラーのデバッグまたはパフォーマンス向上に関する対応は、「2つを超えるワーカープロセスを持つプラン」をご利用中の動的サイトに限られますのでご了承ください。

あわせてご確認ください

  • Kinstaでどのように、キャッシュされていないコンテンツが処理されているのかについては、ワーカープロセスに関する詳細記事をご参照ください。
  • ワーカープロセス以外にも、ECサイトや会員制サイトのパフォーマンスに影響を与える要因はあります。WordPress会員制サイトのホスティングについてはこちらの記事をご覧ください。

時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。