WP Engineの代わりに Kinstaを選択する場合のメリットについて

WP Engineの代替を探しているあなたも、Kinstaを試してみませんか。当社がGoogle Cloud Platformのみを使用しており、過去に見たことのない独特なアプローチのマネージドWordPressホスティングを提供しています。

コンテンツ
今すぐ参加
制限のない無料のマイグレーションを取得

WP Engineには何の反感も持っていません。WP EngineはWordPressマネージドホスティング業界の先駆者であり、同じ業界の当社にも高い標準を設定しました。しかしながら、時間が経つにつれWP Engineが大手会社になってしまい、性能または顧客サービスの問題が徐々に発生し始めました。

ウェブサイトをスピードアップして質のいい顧客サービスを提供してくれるWP Engineの代替を探しているというお客様にお問い合わせいただくのはほぼ毎日のことです。そこでWP Engineとの違いについてよく質問いただきますので、ここで簡単に説明します。下記、Kinstaが典型的なWordPressホスティング会社ではないことを説明しながら、そのメリットをご案内します。

Kinstaは性能とスケーラビリティのために構築されている

あなたのウェブサイトがトラフィックのピーク中にもオンラインのままで稼働することを確保するため、Kinstaは性能とスケーラビリティを中心に構築されています。当社のホスティングプラットホームは従来のホスティングカテゴリのいずれにも該当しません。Kinstaのインフラストラクチャは完全にGoogle Cloud Platform をベースにしており、従来の共有、VPS、専用インフラストラクチャとは全く異なります。

Kinstaは、各ウェブサイトに独立したLXDホストとLXCソフトウェアコンテナを使います。つまり、各WordPressウェブサイトがその稼働に必要なソフトウェア(Linux、Nginx、PHP、MySQL)のある、隔離された専用コンテナに保管されます。リソースは100%プライベートで、他のユーザのウェブサイトとも、お客様の各ウェブサイト間でも共有されません。Kinstaは共有ホスティングを提供いたしません。

昨日は訳1500人のアクティブなユーザのいる中で、100万件以上のページビューがのウェブサイトをKinstaに移動しました。非常にうまくいきました。
Ben Word
Ben Word
Roots.ioのプロジェクトクリエイター

Kinstaを選んでいただきますと、StarterプランでもEnterpriseプランでも同じインフラストラクチャーを提供いたします。そうしますとアップグレードもダウングレードも簡単でスムーズにできます。一方WP Engineの場合は、もっと強いサーバーを要求すると共有環境からVPSへ、その次には専用サーバー及びクラウドホスティングへ移動する場合があり、各段階でマイグレーションが必要になってしまいます。

弊社は何年もWP Engineを使用してきており、ウェブサイトはますます遅くなってきていました。彼らは弊社の専用サーバーの仕様を教えてくれませんし、サーバーがクラッシュしたかどうかもわかりません。ウェブサイトの復帰を毎回申請しないと行ってくれません。マネージドホスティングならあり得ないことでしょう。

弊社のウェブサイトを今朝Kinstaへ移動し、アドミン側もフロントエンド側も信じられないほど高速になりました。

WP Engineが成長しているほど悪化しきたことは本当に残念です。彼らは顧客のことを全く大切にしてくれません。例えば、懸念事項が発生した場合の問い合わせ先もアップグレードを販売している営業担当者であることも、その証拠です!

Katie Keith
Katie Keith
Barn2 Media、オペレーションディレクター

あなたのウェブサイトで急なトラフィックのピークが発生しても、当社の自動スケーリングインフラストラクチャがその対応ができます。隔離されたソフトウェアコンテナのテクノロジーでは、ハードウェア資産が必要になるとたん各サイトコンテナに仮想マシンにより自動的に割り当てられます。結果的に安全で、故意にプライベートでありながらウェブサイトの要求に合わせてスケールアップあるいはスケールダウンができるようなサーバー資産のあるホスティングコンフィグレーションができます。

100個以上のウェブサイトをマイグレーションするのにKinstaチームを雇いました。マイグレーション中に当時使ったWP Engineサーバーの負担を減らす為に一番大きいウェブサイトから始めさせました。1件目は月当たり50万人以上のビジターのいるブログ、2件目は数千類の製品のある電子商取引サイト、3件目はプラグインを50個以上も持っている(すごい!)リソースホッグでした。その結果は:

ウェブサイト#1
15%
ページ読み込み速度の向上
ダウンタイム: 1.38~1.17秒
ウェブサイト#2
81%
ページ読み込み速度の向上
ダウンタイム: 8.91(ここまで悪化しました!)~1.71秒
ウェブサイト#3
52%
ページ読み込み速度の向上
ダウンタイム: 3.48~1.69秒

単純にKinstaのサーバーへ移動するだけで速い速度で知られているWP Engineの読み込み速度を超えることを確認した上で、従来のホスティング会社を問わず当社のお客様にはページ読み込み速度UPを約束できるようになって感謝しています。100個のウェブサイトにも同じ約束をした中で、一回もその約束を守れないことがありませんでした。」

Chad Barnes
Chad Barnes
SkyrocketWPの主任

WooCommerceとEasy Digital Downloads用に最適化

Kinstaのプラットホームは、データが多くてキャッシュ・バイパスの動的読み込みを大量で生み出す電子商取引サイトにも最適化されています。WooCommerceまたはEasy Digital Downloadsをご利用のお客様のウェブストアの速度改善を毎日サポートいたします。いくつかの例を挙げるましょう。

  • WooCommerce及びEDDの適切な機能を確保するルール付きのサーバーレベルの速いキャッシング
  • カート、マイアカウント、チェックアウトといったあるページはキャッシングの対象にはならない基本設定
  • 「woocommerce_items_in_cart cookie」及び「edd_items_in_cart」が検出されるとユーザーがキャッシュを自動的にバイパスすることでスムーズで同期のチェックアウトプロセスを確保する
WooCommerce向けに最適化されたWordPressホスティング

Kinstaはウェブ上見つけられる最速のWordPressホスティング会社です!Review Signalが毎年ホスティング業界のトップの会社の性能を厳しく試験し年次レポートを出版します。Kinstaは5年連続で「トップティア・パフォーマンス」賞を取得しました。逆にWP Engineがその試験の一分を失敗しました。

Blitz.io 試験:60秒において1対5000人の同時利用者

この試験はウェブサイトがフロントページをキャッシュするかどうかを検出しそのキャッシング・システムの性能を評価します。

Kinstaがフロントページの同時ヒットを5,000件以上も問題なく対応しました。

WP Engineはこの試験が苦しかったです。試験の20秒目ぐらいで応答時間が大幅に伸びて、試験が終わるまでに徐々に伸び続きました。5秒が経って試験の25秒目になるとエラー及びタイムアウトも発生し始め、その件数も試験が終わるまで徐々に増えました。

Kinsta WP Engine
ヒット(件数) 135,485 108,168
エラー(件数) 7 12,939
タイムアウト(件数) 0 1,061
1秒当たりの平均ヒット数 2,258 1,803
平均応答時間 (ms) 85 158
最速応答 (ms) 83 6
最遅応答 (ms) 87 346

KinstaのLoadStorm試験もBlitz試験も基本的には完璧でした。その他の試験でも何も問題ありませんでした。彼らの性能をうまく表現できるような言葉がなかなか見つけにくいです。

このレベル(企業向け)で失敗した会社は残念ながらWP Engineのみでした。負荷テストの両方が苦しかったです。LoadStormの場合はセキュリティ関連の問題のような気がしましたが、Blitzの場合は間違いなく負荷の問題があるような気がしました。僕が試験したプランは確か月額料金600ドルのものでしたが、営業チームが企業用プランの価格設定についての情報をくれませんでした。

Kevin Ohashi
Kevin Ohashi
Founder, Review Signal

開発者に優しい Kinsta

Kinstaに勤めている我々の中にも開発者が大勢いますので、ツールやダッシュボードなどを作るときには初めからWordPress開発者のことを頭に入れて進めます。あなたの仕事過程を効率よくする為、下記の機能とアクセスを提供いたします。中にはWP Engineでは提供されていないものもあります。

  • StarterからEnterpriseまでのすべてのプランではSSH access、GitまたはWP-CLI
  • Bedrockのようなカスタムセットアップが利用可能です。
  • 当社はワンクリックのステージング環境を提供しますので、変更を簡単にステージングから本番へ移動できます。また、サイトクローニング機能もご利用でけます。WP Engineには現在、従来のステージング環境と新規ステージング環境の2種類のステージング環境があります。ユーザーに混乱を招くだけでなく、従来のステージング環境には、アップロードフォルダ全体を通じてコピーしないこと、wp-config.phpの複数の課題、SSHの不足などの課題があります。
  • 各本番サイト及びステージングサイトごとに異なるバージョンのPHPが実行可能で、PHPエンジン間の切り替えがワンクリックでできます。
  • 自動バックアップを本番環境だけでなくステージングにも復元できます。
  • ポスト・ページのリビジョン機能を有効にした基本設定をします。こういった機能を制限または無効にすることをお勧めしますが、お客様ご自分で判断いただけます。
  • リバースプロキシ経由でウェブサイトを読み込むことは可能です。当社のお客様の中では十分実績があります。
  • Elasticsearchアドオンを使用して検索の高速化ができ、Redisアドオンを使用してデータベースの性能向上ができます。
  • MyKinstaダッシュボードで独自のNew RelicのApplication Performance Monitoring(APM)のAPIキーを追加することができます。当社のサポートチームも、WordPressウェブサイトのパフォーマンス異常を処理するのに一時的にこれらを有効にすることができます。WP Engineではこれはサポートされておらず、カスタムのEnrerpriseプランのアドオンとしてのみ利用可能です。
開発者に優しい WordPressホスティング会社は

機能比較の一覧

ここでは、KinstaとWP Engineの主な違いの概要を簡単にご案内します。

 
WP Engine
価格設定
プランは月30ドルから
プランは月35ドルから
プランの数
10 (カスタムを除く)
5
コア・インフラストラクチャー(GCP)
プランを問わず同じ
プランによって異なる
ネットワーク
プランを問わず低遅延で重複なGCPネットワーク
有限キャリヤー
SSHアクセス
すべてのプラン
グローバルデータセンター
20カ所
3カ所(月額料金を支払うと追加の3カ所利用可能)
コンテナ技術
プランを問わず資源を完全に分ける
共有または専用
CDN POPs
34カ所 (すべての地域)
19 (一部のリージョンは含まれていない)
無料マイグレーション
すべてのプラン(期間限定!)
PHPバージョン
PHP 5.6, 7, 7.1, 7.2, 7.3
PHP 5.6, 7
PHPエンジン間の切り替え
ダッシュボードにてワンクリック切り替え
手動のサーバー移動が必要
カスタムSSL証明書
すべてのプラン
上級のプランのみ
性能分析
すべてのプラン
上級のプランのみ
マルチサイトのサポート
Pro以上のプラン
月当たり40.00ドル+アドオン
GeoIP
Pro以上のプラン
月当たり40.00ドル+アドオン
アップタイム監視
すべてのプラン
リバースプロキシサポート
追加のバックアップ + 周期のアドオン
Cloudflare Railgunアドオン
Redisアドオン
多言語ダッシュボード
12カ国語

2018年3月1日現在、WP Engineがプランを見直して、1つのウェブサイトを含む月35ドルのPersonal、5つのウェブサイトを含む月115ドルのGrowth、15つのウェブサイトを含む月290ドルのScaleとさらに高いPremiumやEnterpriseの5つのレベルにプランを分けています。その間のもっと低いレベルのプランの提供を止めています。

Kinstaは月30ドル、月60ドル、月100ドルから企業向けのEnterprise プランまでの10レベルのプランを提供しています。その他のご希望の場合は追加のカスタムソリューションも利用可能です。

WP Engineはプランを問わずウェブサイト訪問数とバンドウィズの制限があります。上記を超えてしまうと追加費用が請求されるかプランをアップグレードさせられる場合があります。Kinstaはウェブサイト訪問数の制限しかありません。他社のホスティング会社と同様にもちろん利用規約があるものの、厳しいバンドウィズの制限がありません。

Kinstaではプランの訪問回数制限を超えてしまったときの超過料金は1米ドル/1,000件の訪問です。一方、WP Engineの超過料金は2米ドル/1,000件の訪問です。当社また、無条件の30日間の返金保証も提供しています。一方、WP Engineは少なくとも30日前までの通知がない限り年次プランの返金を行いません。

無料マイグレーション

時間限定のオファーですが、Kinstaへの移行をご希望のすべてのWP Engineのお客様に制限のない無料のマイグレーションをご用意しています。本オファーは10月 31, 2019まで有効です。WP Engineが無料のマイグレーションではなく、マイグレーションのDIY(自分でできる)プラグインを提供します。この方法の短所は、/wp-content/ディレクトリ以外の場所に保存されているデータや画像が移動されないことです。重要なSEO課題を予防するに不可欠なリダイレクトも移動されません。規模の大きいウェブサイトをご自分でマイグレーションしようとするときに、経験をお持ちでないとデータの損失が起こるまたは完全に失敗する場合があります。

暇な開発者でないあなたなら、 Kinstaの専門チームにマイグレーションを任せるのは安全です。あなたのウェブサイトのKinstaへの移動は普段ダウンタイムを起こしませんし、マイグレーションしたウェブサイトの立ち上げ前の確認もKinstaがサポートいたします。

無料 WordPressマイグレーション

専門家によるサポート

当社の顧客サポート担当者はレベル1とレベル2の2つのレベルに分かれていません。サポートチームが完全にWordPress開発者とLinuxホスティングエンジニアで構造されており、中には自サーバー管理、テーマやプラグイン作成、コア貢献の経験者が大勢います。つまり、WordPressを積極的に使用・開発する専門家にお困りごとの相談ができます。Kinstaのすべてのお客様は、大企業およびフォーチュン500をサポートしている同じチームメンバーとチャットできます。当社に応募する候補者から実際に雇うのは1%未満です。当社の顧客サポートよりいいものはどこにもありません。

WP Engineでは細かい問題だと簡単に解決できました。ただし、もっと複雑な問題の場合はやり取りが長くて解決に至るまで時間がかかります。最高級のWordPressウェブサイトを運営し緊急対応の必要な案件があると、これは本当に問題です。1つしか選べないのであれば、僕の意見ではKinstaの方がいいです。彼らは約束以上のものを提供しています。ウェブサイトの速度減、ダウンタイム、質のいいサポートがもらえるかとう心配が必要ありません。
Harsh Agrawal
Harsh Agrawal
Award-winning Blogger, ShoutMeLoud

Kinsta's support team is available 24/7. Our average ticket response time in Q3 2019 was 1 minute and 19 seconds! We also monitor your sites' uptime every minute which means that our slowest response time is 5 minutes to any downtime that may occur. Our staff is alerted instantly and quite often we start resolving the issue before you even contact us.

僕はLiquid Web、SoftLayer、WP Engine、Web Synthesis、Rackspaceといったいくつかのホスティング会社を試してみました。その中にはサポート、速度および価格面では最高Kinstaが一番でした。彼らの知識とサポートチームのスキルレベルにすごく感動しました。応答時間、通常のレベル1のサポートがないことも大変満足しています。専門家による速いサポート:これ以上のことは望めないでしょう。僕らのWordPressサイトがKinstaを使ってとても速くなり、他社ではそのために必要な知識がなかなかありませんでした。ちなみに、トラフィックの急増時にその負担に対応できる為1週間を対象にでも簡単にサーバーのスケールアップができることも大好きです。すごいですね。
Richard Li
Richard Li
Blogger, 4k.com

Kinstaはグローブな存在

KinstaはGoogle Cloud Platformのみを利用し、現在5大陸にまたがる20カ所のデータセンターを提供しています。Kinstaでは月当たり30ドルの安価なプランを始めすべてのプランではすべてのデータセンターを(余分なまたは隠された料金なしで)ご選択いただけます。または、各ウェブサイト毎に異なるデータセンターをご選択いただけます。現在のロケーションは下記の通りになります。

  • カウンシルブラフス、アイオワ州、米国
  • ロンドン、イギリス
  • シドニー、オーストラリア
  • サン-ギスラン、ベルギー
  • 彰化県、台湾
  • ムンバイ、インド
  • ダレス、オレゴン州、米国
  • アッシュバーン、バージニア州、米国
  • モンクスコーナー、サウスカロライナ州、米国
  • サンパウロ、ブラジル
  • フランクフルト、ドイツ
  • ジュロンウェスト、シンガポール
  • 東京、日本
  • モントリオール、カナダ
  • エムスハーフェン、オランダ
  • ハミナ、フィンランド
  • ロサンゼルス、カリフォルニア州、米国
  • 香港
  • チューリッヒ、スイス
  • WP Engineが基本的には3カ所のデータセンタを提供し月額料金を支払うことで追加の3カ所が利用可能になります。例えば、WP EngineのScaleプランを選択すると基本料金が月290ドルです(2018年3月1日現在)。ただし、基本の3カ所のデータセンタ以外の場所(例えばドイツまたは英国)からウェブサイトのホスティングをしてほしいとのことでしたら月当たり追加の70ドルがかかります。オーストラリアのデータセンタは追加100ドルもかかります。プランによっては月額料金が最大40%増加する場合があります。またはプランによりプロバイダー会社も異なります。

    Kinstaではすべてが信頼性の高いGoogle Cloud Platformのプレミアム階層ネットワークで相互接続されています。これは距離と中継回数をできる限り減らす為の構造で、結果的により早くてより安全なデータ送信ができます。ホスティング会社の中には費用削減のため勝手にGoogleのスタンダード階層ネットワークを採用する会社もありますが、ここKinstaでは最高のものを利用することが価値があると信じます。

    あなたの訪問者のいる場所に近いロケーションを選択することよりSFTPのダウンロード速度とアップロード速度が向上し、ファイル転送が迅速かつ簡単になります。バックエンドのWordPressダッシュボードは、特にメディアライブラリにファイルをアップロードするときに、より反応の速いものになります。

    コンテンツ配信の最速化

    あなたのウェブサイトのデータセンタからの性能だけではなく世界各地からの性能もKinstaが大切にします。そのため、HTTP/2とIPv6が有効になっているコンテンツ配信ネットワーク(CDN)であるKeyCDNと協力し、すべてのプランには無料のバンドウィズを組み込んでいます。

    KeyCDNのコンテンツ配信アーキテクチャが高性能に重点を置いて一から構築され、高スループットと低遅延のものであるように設計されています。コンテンツを有効にすると、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、南米、アフリカ、オーストラリアといった世界各地にあるKeyCDNの34カ所以上のPOPからコンテンツが配信・キャッシュされます。

    WP Engineが現在CDNプロバイダーとして19カ所のロケーションしかないMaxCDNを使用しています。カバーされていない地域もあります。

    当社のCDNが悪いボットに対しての保護も応援し、業界標準であるGZIPやHPACK圧縮も完璧に対応できます。

    コンテンツ配信の最速化

    業界最高のアフィリエイトプログラム

    Kinstaは、フィードバックをくれる幸せなお客様のおかげで、最も急速に成長しているマネージドWordPressホスティング会社の一つになっています。企業、フリーランサー、ブロガーなどのあなたにも、ホスティング業界の最も高い成功報酬の一つのアフィリエイトプログラムによる実際の利益分配をご紹介します。

    あなたが紹介した顧客の契約プランに基づき、それが継続する限り生涯にわたって、一定の手数料を受け取り続けることができます。

    Kinstaでは完璧でないものに満足しません。そのため、WordPressのアフィリエイトダッシュボードを一から構築し、使いにくくて面倒くさい第三者のプラットフォームを使用する必要はありません。これにより、当社の開発者は必要に応じて新しい機能を簡単に増加でき、パートナがさらに多くの収益を得ることができます。

    WP Engineは新規顧客1人につき200ドル、またはお客様の最初の月額支払いの100%(高い方)を提供します。彼らは受動的な収入を得る方法を提供しておらず、第三者で面倒なアフィリエイトダッシュボードShareASaleを使用しています。

    安全なWordPressホスティングが大切である理由について

    MyKinsta ― 競争相手よりきちんとしたダッシュボード

    市場にある既存のコントロールパネルに満足していませんでしたので、WordPressウェブサイト管理向けの自分のコントロールパネルを一から開発しました。

    MyKinstaダッシュボード

    一般的で当社のダッシュボードにもWP Engineのダッシュボードにもある機能のに加えてMyKinsta特有の機能をご案内します。

    • サポートに依頼せずに、PHPエンジン(PHP 5.6、7、7.1、7.2および7.3を提供)を簡単に切り替えることができます。
    • 当社の検索・置換ツールを使用して、HTTP URLをHTTPSに変更、または古いショートコードの更新といったウェブサイトの一括更新ができます。
    • バンドウィズとビジターデータ、CDN使用状況、キャッシュの当たりはずれ率、または性能分析データなどの詳細分析。
    • MyKinstaは12言語で利用可能: English, Spanish, German, French, Italian, Dutch, Portuguese, Japanese, Swedish, Danish, Norwegian, and Finnish!

    MyKinstaの機能の多くはお客様のご意見から直接得られたものです。当社がすべての要望に耳を傾け、お客様の業務上で役に立ちそうなアイデアでしたら、必ず検討いたします。

    あなたもKinstaに切り替えりませんか

    Kinstaは革新と最新かつ最高の技術をお客様に提供するの止めることは決してありません。なかなか信じにくいと思われる方は是非当社の機能アップデートをご確認ください。新規インテグレーション、ツール、機能などを本業界のどの会社よりも速い速度で行います。

    当社のスタッフは当社のホスティングサービスを大変信じており、お客様に満足していただきたいと思っています。そこで、30日間の返金保証を提供することと、長期契約を締結させないことを誇りに思っています。30日間、Kinstaをリスクなしでお試しください!

    ご準備はよろしいですか?
    今すぐ参加し、無料のマイグレーションを申請しましょう。めんどくさい仕事をこちらに任せてください。あなたのウェブサイトが完成したら連絡致します。