今日、ビジネスをオンラインで成功させるためには、 マーケティング、ホスティング、ソーシャルメディア、広告、コンテンツ制作といった幅広い分野に集中しなければなりません。ストレスがたまりそうなことですね。本日は、共有ホストあるいは小規模なVPSではなく、マネージドWordPressホスティングサービスを選択することがあなたのウェブサイトについての最も重要な決定の1つであることの理由についてです。

マネージドWordPressホスティングはあなたのビジネスにも優位性を与えます。💪

マネージドWordPressホスティングとは何?

まず、マネージドWordPressホスティングの定義について、または共有ホスティングと日曜大工(DIY)ホスティングとの違いについて説明します。分かりやすく説明するには、最初にオンライン人口を、3つの典型的なホスティングカテゴリーに分類しましょう。

1. 共有WordPressホスティング

最初のカテゴリーは低コストのWordPress共有ホスティングを選択した人たちです。共有ホスティング会社は例えば、GoDaddy、Bluehost、Hostgator、SiteGroundなどです。共有ホスティング会社を利用するのは、

  • 最初のウェブサイトを作成する人たち、
  • WordPress.comから離れたばかりの人たち、
  • 予算が限られており、できるだけ安く済もうとしている人たち、
  • ホスティングの種類の違いを理解しておらず、単に価格に基づいて決定を下している人たち(ヒント:これは間違った考え方です!)などです。
When it comes to shared hosting, you usually get what you pay for. 😉 Click to Tweet

共有ホスティングプランは通常、月額3〜25ドルです。共有ホスティングを利用して立ち上げるのには何も問題はありませんが、知っておくべきことがいくつかあります。

  • いくら考えても、月当たりの3ドルは、全ての費用を引いた後にホスティング会社の収益を生み出していません。特にサポートも考慮すれば、サポートチケットが一件発生しても赤字になります。従って、こういった会社が収益を生み出す為にはアップセリングまたは隠れた料金を使っています。これらのアップセルには、マイグレーション、ドメイン登録、SSL証明書などが含まれます。
  • お金を稼ぐために、ほとんどのホスティング会社は「無限のリソース」プランというものを提供しています。 あなたはおそらく見たことがあります。 ただし、無限のリソースというものはこの世の中に存在していません。ホスティング会社は実際に行うのは、多くのリソースを使ってしまうお客様を制限することです。怒っているお客様が解約して、多くのリソースを使用しないお客様のためのスペースが設けられます。 最終的には、ホスティング会社が安いプランを推進し、お客様が多くのリソースを使わずにアップセルを購入することを望む悪質なサイクルができます。ボリュームの話です。
  • また、プランが非常に安いからこそホスティング会社が通常、サーバーを過密にしてリソースを最適化します。したがって、あなたがそれを知らないにもかかわらず、あなたのウェブサイトは500人以上の他の人と同じサーバーの上にあるかもしれません。他のウェブサイトに発生してしまうパフォーマンス上の問題があなたのウェブサイトに影響を与える可能性があります。
共有WordPressホスティング

共有WordPressホスティング

上記の要素を組み合わせると、どうなるのでしょうか?当たり前のことに、パフォーマンスが低く、サポートサービスが納得できないものになります。共有ホホスティング会社のチームは負担が多い為、チケットが完了するまでの時間が長く、カスタマーサービスの質が低いです。

安価なWordPressホスティングの現実についての当社のCFO(最高財務責任者)による詳しい記事を是非ご確認ください。びっくりするかもしれません。

2. DIY VPS WordPress ホスティング

2つ目のカテゴリーには、ブートストラップのスタートアップまたは開発やWordPressの経験の少しある人たちがいます。 彼らはDIY群です。彼らも通常、お金を節約しようとしていますが、パフォーマンスへの関心を持ち、ビジネスの成功の為のパフォーマンスの重要性を認識しています。一般的なセットアップには、Digital Ocean、Linode、Vultr VPSの使用 とより簡単に管理できる為の、例えばServerPilotのようなツールが含まれています。

wordpress vps

DigitalOceanの小規模なVPSは月当たり5ドルから始まり、ServerPilotの人気のあるプランは月当たりに10ドルから始まります。あなたの設定に応じて、5~15ドルまたはそれ以上の月額が発生する可能性があります。DIYのアプローチは間違いなくコストを削減する場合がありますが、何かが壊れた場合には責任を負わないといけませんし、サーバーの最適化もご自分で行わないといけません。

DIYのアプローチは素晴らしいかもしれませんが、気を付けなければ恨みを買うこともあります。興味でこのアプローチを選んではいけません。あなたの時間は金になり、その時間をあなたのビジネスを成長させるために費やすべきです。ウェブサイトは、WordPressの問題解決の10年以上の経験のあるKinstaのチームにお任せしませんか。

3. マネージドWordPressホスティング

3つ目のカテゴリーには、中小企業、トラフィックの多いブログ、専門の企業用WordPressホスティングを探している企業があります。彼らは、マネージドWordPressホスティングが時間と労力を節約し、本CMSのために微調整されているより高いパフォーマンスをご用意している為、良い投資であることを理解しています。

マネージドWordPressホスティングのプランは月額25~150ドルですが、ウェブサイトの規模とニーズによりそれ以上がかかる場合もあります。ご存じ(もしかしてご利用)かもしれない人気のあるマネージドWordPressホスティング会社は例えば、KinstaWP EngineFlywheel、Pressable、Media Temple、Pressidium、Pagelyなどです。

そして、jQuery、Plesk、Dyn、NGINXなどの大企業もWordPressを使ってウェブサイトをホストしています。その他の例に関しては、「ウェブを支配する100大WordPressウェブサイト」についての詳細な記事をご覧ください。

マネージドWordPressホスティングを選択する理由について

なお、ここではユーザーを上記の3つのグループに分けたからといって、常に正しい方法があるというわけではありません。あなたのビジネスの為の正しい選択肢を調査した上で決めるべきです。DIY方法で始めたが成長後にマネージドホスティングにアップグレードする方もいます。

一方、最初からマネージドホスティングに投資しビジネスの成長に集中する方もいます。人により選択肢がそれぞれ違いますが、ここでマネージドWordPressホスティングの9つのメリットについて教えさせてください。

  1. 優れたサポート
  2. パフォーマンスに最適化
  3. グローバルリーチグローバルリーチのための戦略的に配置されたデータセンター
  4. 自動バックアップ(データは一切なくならない!)
  5. ワンクリックのステージング環境
  6. 開発者に優しい(SSH, Git, WP-CLI)
  7. セキュリティが大切にされている
  8. スケーラビリティを考慮して構築された
  9. プレミアムDNS(信頼性の高い、より速い検索時間)

1. 優れたサポート

マネージドWordPressホスティングを選択すべき最も大事な理由は、優れたサポートです。通常のマネージドWordPressホスティングプロバイダは、WordPressプラットフォームのみを提供しています。つまり、Drupal及びMagentoといった他のプラットホームやソフトウェアを一切触りません。一つの分野だけに集中するサポートチームは通常だと、元々その分野の専門家でなかったとしても専門家になりますね。

KinstaのサポートチームのメンバーがWordPressの開発者とLinuxエンジニアで、WordPressのコアまたはその他のオープンソースプロジェクト貢献の経験者であり、毎日WordPressを使っています。結果として当社のサポートチームの専門知識は誰にも負けません。チャットで相談してみましたが、自分の知識が担当者より大きいと感じているのは最悪ですね。Kinstaだとそのようなことは必ずありません!

Kinstaが設立されたときに、本業界の顧客サポートのやり方はあり得ないと理解していました。理解していた為こそ、当社のチームを根本的に異なる仕組みのものにしました。Kinstaのサポート担当者が2つのレベルに分かれていません。お客様がお問い合わせになるサポート担当者は、どの問題を解決するスキルのある人です。時間の無駄である為、何人かの担当者と問い合わせすることは一切ありません。Kinstaのすべてのお客様は、大企業およびフォーチュン500をサポートしている同じチームメンバーとチャットできます。👏

僕はLiquid Web、SoftLayer、WP Engine、Web Synthesis、Rackspaceといったいくつかのホスティング会社を試してみました。その中にはサポート、速度および価格面では最高Kinstaが一番でした。彼らの知識とサポートチームのスキルレベルにすごく感動しました。応答時間、通常のレベル1のサポートがないことも大変満足しています。専門家による速いサポート:これ以上のことは望めないでしょう。僕のWordPressサイトがKinstaを使ってとても速くなり、他社ではそのために必要な知識がなかなかありませんでした。ちなみに、トラフィックの急増時にその負担に対応できる為1週間を対象にでも簡単にサーバーのスケールアップができることも大好きです。すごいですね。
Richard Li
Richard Li
4k.comのブロガー

WPMU DEVは最近、当社が知らずにKinstaについての中立的な立場からのリビューを書きました。当社のサポートチームについての担当者のRaeleneの意見は下記のとおりです。

サポートチームに連絡した経験は素晴らしいものでした。 すべての質問に対して詳細的で正直な答えを受けました。 例えばハードウェアについて質問したときに下記の意外な回答がきました。「当社がGoogle Compute Engineサーバーを使用するため、高速度と自動スケーラビリティが確保されます。他のプロバイダとは違って、VPS当たりにCPUを2~6個に制約されるのではなく、トラフィックの急増が発生したときにウェブサイトのコンテナが必要な数のCPUをスケーリングさせます。負荷の安定しているお客様に対しては、当社のシステムが動的に数を増やしたり、不要になったときに減らしたりすることにより、無限の数のCPUをスケーリングさせます。」

いくつかのWordPressウェブサイト関連の一般的な課題について彼らをクイズしようとしたら、いつも正しい答えが戻ってきました。満点です!

KinstaがIntercomを介してのチケットベースサポートシステムを使っています。リアルタイムチャットのような感じですが、本当は違います。朝の3時に相談しようとしたときに5分内に回答が来ました。また朝の5時にも連絡してみて、3分内に回答が来ました。(たまたま記事を書いたのは朝早かったです。) 偶然にサポートが混んでいない時間帯を選んだかもしれませんが、それにもかかわらず印象的ですね!

Richard Li
Raelene Morey
WPMU DEVの編集長

Raeleneが書いたように、Kinstaが最初からIntercomを利用しており、非常に満足しています。旧式のチケットシステムが好きな方はおそらくいないですね。従って、多くの企業がIntercom等のようなより革新的なソリューションに移行しています。当社がIntercomを使ってチャットとサポートチケットを簡単にダッシュボードに統合することができた為、お客様は年中無休で24時間ワンクリックでお問い合わせができます。(下記を参照)2018年第4四半期の当社の平均応答時間は1分3秒でした!当社が使用しているその他のSaaS製品も是非ご確認ください。

マネージドWordPressホスティングチャット式サポート

マネージドWordPressホスティングチャット式サポート

信頼できる知識のあるサポートチームのあるホスティング会社を選ぶことになると、マネージドWordPressホスティング会社は、毎日WordPressを使っている為、他社のレベルを上回ります。Kinstaがすべてのお客様を対象にNew Relicを介したプレミアムアップタイム監視も提供しています。当社のスタッフは当社がホストするすべてのウェブサイトの状況を2分毎に確認します。つまり、お客様の各サイトが毎日720回確認されます。

つまり、お客さまのウェブサイトがダウンしてしまうと当社にすぐその警告が来て対応できます!お客さまのお持ちのカスタムNew Relicトラッキングもサポートしています。

2. パフォーマンスに最適化

マネージドWordPressホスティングプロバイダを選択する2つ目の理由は、そういったプロバイダーの環境がWordPressで動作するように微調整されていることです。

共有ホスティングまたはDIY方法を使用する場合は、マネージドWordPressホスティングと同様なスピードができる為に、より多くのベアボーンマシンが必要になり、、ソフトウェアのインストールと最適化に時間がかかります。あるいは、共有ホスティング会社なら、ご希望のスピードを達成することが全くできない場合もあります。

当社はTwitterで100名以上の方が参加した調査を行い、マネージドWordPressホスティング会社の最も高く評価される特徴は63%の票を獲得した「パフォーマンス・稼働時間」であることがわかりました。

たとえば、当社のKinstaを含むマネージドWordPressホスティング会社の多くは、サーバーレベルのキャッシングやフルページキャッシングを提供しています。つまり、キャッシングが当社により対応されます。キャッシングプラグインが不要になりますので、最も速いプラグインを選択するめんどくさい作業がなくなります。キャッシュプラグインが決して面白くないので、これだけで楽になりますね。ちなみに、サーバーレベルのキャッシングは一般的にどのプラグインよりも速いです。

トラフィックが急増しているとき、できるだけ多くのアセットをキャッシュから配達することが重要です。そうすると、サーバーの負荷が減り、配信が高速に行われます。Kinstaでは、ウェブサイトが本当にキャッシュから配達されるかどうかを確認できるキャッシュ分析レポートをご用意しております。

マネージドWordPressホスティングのキャッシュ

マネージドWordPressホスティングのキャッシュ

高パフォーマンスのマネージドWordPressホスティング会社ならもちろん最新かつ最高のアーキテクチャと技術も提供する必要があります。これには、WordPressの最も速い設定であるPHP 7、MariaDB、HTTP/2、及びNGINXの最新版の採用が含まれています。

ご利用のWordPressホスティング会社でPHPの最新バージョンが利用可能になるまでに長い時間が経つことはあり得ない話です! 実は、KinstaではPHP 7.2と7.3のテスト版も最終リリース版もリリース日から数週間以内に利用可能になりました。そうすると、お客様が事前に試験を開始でき、リリースの時点で無料のパフォーマンス向上を活用できます。

ご利用のPHPのバージョンはどれほど重要かという、当社のPHPベンチマークレポートによると、PHP 7.3はPHP 7.2よりも平均9%高速です。スピードが無料で9%向上することは好ましいことですね。😉

Kinstaはさらに、最初のGoogle Cloud Platformを独占的に利用するマネージドWordPressホスティング会社で、GCPのプレミアムティアネットワークを利用する唯一のホスティング会社です。ReviewSignalの2018年の年次WordPressホスティングのパフォーマンスベンチマークレポートにて再度「トップティア」を取得しました。それに、当社が実際にGoogleにより推奨されています

お客様のウェブサイトをGoogle Cloud Platformに移動した後、そのお客様のウェブサイトの読み込み時間大幅に減少する例を以下に示します。移動の前に3~4秒の範囲のスパイクがあったのに対して、移動後は1秒以下(米国内だと400ミリ秒以下)になりました。 Google Cloud Platformに移行するだけで、読み込み時間が75%短縮されました! 

Google Cloud Platform の読み込み時間

Google Cloud Platform の読み込み時間

次に、Kinstaから共有ホスティングに移行したウェブサイトの例を示します。読み込み時間は300ミリ秒から14秒になりました!共有ホスティングはトラフィックの多いウェブサイトだと全く対応できません。

共有ホスティング対マネージドWordPressホスティング

共有ホスティング対マネージドWordPressホスティング

次に、Kinstaをご利用する別のウェブサイトの例を示します。 ご覧のとおり、パフォーマンスグレード100で読み込み時間は400ミリ秒です。これこそ速いです!

KinstaにてのWordPress速度試験

KinstaにてのWordPress速度試験

HTTPヘッダーを見てみると、サーバーレベルのKinstaキャッシュが働いており、キャッシュプラグインがないことが分かります。

KinstaのHTTPキャッシュヘッダー

KinstaのHTTPキャッシュヘッダー

マネージドWordPressホスティング会社が、WordPressができるだけ速くなるように、環境を細かく調整します。

Kinstaは、各サイトに対して、LXDで管理されたホストと、LXCソフトウェアコンテナを利用しています。つまり、すべてのWordPressサイトが、それを運営するのに必要なすべてのソフトウェアリソース(Linux、Nginx、PHP、MySQL)を持つ、独自の独立したコンテナに格納されています。 リソースは100%プライベートであり、他の誰かと(それどころか自サイト内でも)共有されることはありません。

Kinstaのアーキテクチャ

Kinstaのアーキテクチャ

3. グローバルリーチのための戦略的に配置されたデータセンター

サーバーレベルの高性能の他に、マネージドWordPressホスティングプロバイダーが一般的に、グローバルリーチを考慮して設計された大きなインフラストラクチャを持っています。Google Cloud Platformのおかげで当社が20カ所の地域を持っており、あなたのWordPressウェブサイトのホスティングにどちらでもご選択できます。その地域には、米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア・太平洋、南米のいくつかの地域が含まれています。 ウェブサイトを訪問者や顧客の近くに戦略的に配置すると、ネットワークの待ち時間TTFB、ページの読み込み時間が短縮されます。

Google Cloud data center locations

Google Cloud data center locations

待ち時間とは、ネットワーク上でのデータ送信にかかる時間のことです。 距離が遠いほど、待ち時間は長くなります。 たとえば、オーストラリアのシドニーでローカルのWooCommerceショップを運営している場合は、オーストラリアにウェブサイトをホスティングする必要があります。 米国でホスティングしてしまうと、最初のページの読み込み時間がずっと長くなります。 最初のDOC読み込みはホスティングサーバーから発生するため、お客様がいる場所にウェブサイトを配置するのは非常に重要です!

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を利用すると、ウェブサイトの残りのメディアのスピードアップができます。 Kinstaでは、あなたのアセットをスピードアップする為に34カ所以上のグローバルなポップのある無料のHTTP / 2 CDNが提供されています。 もう一つの素晴らしくて無料で人気のある方法はCloudflareです。

Kinstaではすべてが信頼性の高いGoogle Cloud PlatformのPremium Tierネットワークで相互接続されています。これは距離と中継回数をできる限り減らす為の構造で、結果的により早くてより安全なデータ送信ができます。ホスティング会社の中には費用削減のため勝手にGoogleのStantard Tierネットワークを採用する会社もありますが、ここKinstaでは最高のものを利用することが価値があると信じます。

上記の影響度といえば、大陸間のデータ送信の場合にプレミアムティアネットワークはスタンダードティアネットワークより平均して約41%速いです。近くのリージョン(大陸内)のデータ送信なら、プレミアムティアは約8%速いです。ネットワーキングは合計読み込み時間の一部しか占めていませんが、1ミリ秒1ミリ秒が重要な意味を持っています。

4. 自動バックアップ(データは一切なくならない!)

突然データをすべて失ってしまったら、あなたはどうしますか。最悪の状況に備えなければなりません。これにはもちろん、WordPressウェブサイトのバックアップも含まれています。質の高いマネージドWordPressホスティングプロバイダなら、追加料金なしで自動バックアップを含める必要があります。共有ホスティングでは、バックアップが含まれていますが、一般的に高い金額のプランに限られています。 また、VPSでのDIY方法の場合は、独自のバックアップシステムかつVPSスナップショットを設定しなければなく、それも追加の費用がかかります。

WordPressのバックアップ

WordPressのバックアップ

当社では、すべてのWordPressウェブサイトの自動バックアップが無料で提供されます。追加の設定は必要ありません。 My Kinstaダッシュボードからいつでも14件のバックアップにアクセスができ、ワンクリックで簡単にリストアできます。また、ボタンをクリックするだけでいつでも手動バックアップを取ることができます。 これは特に、新しいものをインストールしようとし何も壊したくないときに便利です。

WordPressバックアップを作成する

当社では、自動バックアップがあるだけでなく、WordPressウェブサイトのフルバックアップ(ファイルと.myqlファイル)がいつでもダウンロード可能です。WooCommerceストアまたは動的なコンテンツの多いサイトのお客様には、時間単位でのバックアップあるいは6時間単位でのバックアップのアドオンさえご用意しております。

バックアップの設定が複数あることにより、バックアッププラグイン、Cpanel、FTP、またはphpMyAdminを使用しなくて済むので、時間を大幅に節約できます。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

5. ワンクリックのステージング環境

テスト、テスト、テスト! あなたのウェブサイトをダウンさせる余裕はありませんので、新しい変更、プラグイン、PHPのバージョン、アップデート等のテストをいつも運用サイトではなく、開発サイトで行う必要があります。しかし、ほとんどのウェブホスティングプロバイダでは、テストというものは、まずローカルでウェブサイトをコピーし、テスト後には変更の最も適切な移行方法を悩む複雑で時間のかかる過程です。そこで、マネージドWordPressホスティングプロバイダの多くでは、ワンクリックのステージング環境が含まれており、テストを簡単に行うことができます。

WordPressステージング環境

WordPressステージング環境

ワンクリックステージング環境または開発環境では、ボタンを1回押すだけでウェブサイトをクローンすることができます。開発サイトへのアクセスはテストURLでも、FTP、SSH、phpMyAdminなどのすべての一般的な方法でもアクセスできます。できあがった変更は、ダッシュボードから簡単に本番環境に移行できます。

6. 開発者に優しい(SSH、Git、WP-CLI)

マネージドWordPressホスティングプロバイダのもう1つのメリットは、共有ホスティングだとないかもしれない開発者にやさしい機能へのアクセスです。これには、SSHアクセス、Composer、HeidiSQL、Sequel Pro、Gitなどの機能が含まれます。 共有ホスティング会社が一般的にSSHアクセスを許可しませんので、上記の機能のいずれも使用できません。 DIY VPSを使用している場合は、上記がもちろん設定できますが、追加の作業が必要になることがあります。

Kinstaでは、My Kinstaダッシュボードをご利用いただくことで、SSH接続情報と下記の開発機能にも簡単にアクセスできます。

  • 各ウェブサイトと各ステージングサイトで異なるバージョンのPHPを実行することができます。エンジンをワンクリックで変更することもできます。
  • Bedrock またはリバースプロキシ構成などのカスタムセットアップが利用可能です。
  • Redis、Cloudflare Railgun、またはElasticsearch等のアドオンを使用して検索のスピードアップまたは性能向上ができます。
開発機能

開発機能

WP-CLIは、WordPressコミュニティで非常に人気が高くなっているもう一つのツールです。 WP-CLIはWordPressのインストールの様々な操作をコマンドで実行できるコマンドラインツールです。例えば、ユーザー、投稿、カテゴリの追加または削除、テストデータの挿入、データベース内の検索と置換などができます。 多くの開発者にとってはWP-CLIが夢の実現です! なお、KinstaではWP-CLIがそのまま利用可能です。

7. セキュリティが大切にされている

もちろん、セキュリティも忘れてはいけません。共有ホスティング環境では一般的にハッキングされている場合またはマルウェアの攻撃を受けた場合には何の支援も行いません。DIY VPSも同様です。あなたのウェブサイトがハッキングされたらそれはあなたの責任です。マネージドWordPressホスティングプロバイダの多くは、ウェブサイトがハッキングされた場合のサポートとマルウェアからあなたを守るシステムを提供します。

WordPressセキュリティ

WordPressセキュリティKinstaがWordPressのセキュリティを非常に重視し、攻撃や悪意のある行為を阻止するための能動的かつ受動的な対策を実施しています。無料のハック修復とマルウェア除去も提供しています。 あなたのウェブサイトが感染してしまっても、当社のサポートチームはすでに対応している可能性が非常に高いです。DDoS攻撃が発生したときにはこれをその時点で検出するソフトウェアも採用しています。ハードウェアファイアウォールが設置されており、これに加え、WordPressサイトを保護するために、ソフトウェアベースの制限が稼働し続けます。

あなたのホスティング会社が使用しているプロバイダーも大事です。当社がGoogle Cloud Platformを使用していますので、当社を選んでいただくと、Gmail、Searchなどが使用している15年間にわたって構築されたGoogleのセキュリティモデルのメリットをご享受することができます。Googleは現在、500人以上のフルタイムのセキュリティ専門家を雇用しています。

KinstaがGoogle Cloud Platform の上に、Linuxコンテナ(LXC)とそれらを操作するためにLXDを使用しますので、アカウントだけではなく、各WordPressウェブサイトも完全に隔離できます。 この方法は競争相手が提供している方法よりはるかに安全です。Googleは世界最大ISPの一分とも付き合いが長い為、あなたのデータの移動中の公衆インターネット使用量が少なくなりデータの安全性が改善します。または、顧客データを保存するために暗号化を採用しています。

サーバーレベルのセキュリティ以外にも、アカウント自体は非常に重要です。 どのようなホスティング方法であっても、二要素認証を提供しているかを必ず確認した上でプロバイダーを選択する必要があります。他人があなたのアカウントにアクセスすると、パスワードを変更したり、ウェブサイトを削除したり、DNSレコードを変更したり、あらゆる恐ろしいことを行うことができます。 Kinstaでは、Authyとパートナーアップし、My Kinstaダッシュボードからアクセスできる二要素認証を提供しています。

上記の機能を提供するウェブホスティングプロバイダを選ぶと、時間を節約できるだけでなく、ホスティング会社が何があってもあなたを応援してくれることがわかりますので、安心できます! 安全なWordPressホスティングに投資することが重要です。

8. スケーラビリティを考慮して構築された

どのホスティング会社であってもスケーラビリティも重要なポイントです。 共有ホスティングの場合は、リソースを使用しすぎるとアップグレードしかできません。(既に一時停止されていない限りですね。)共有ホスティング会社を使用すると、最終的に専用のサーバーに移行させるに違いありません。いつもリミットを確認したり心配したり必要がありますので、時間がかかることです。それに、適切なサーバーに移行することも同じく時間がかかる場合があります。

DIY VPSだと、規模を拡大するのがより簡単ですが、例えばディスクを拡張するためにサーバーの知識が必要になることがあります。マネージドWordPressホスティングプロバイダでは、一般的にすべてがプロバイダーに行われます。規定の制限を超える場合は、お客様が通知され、そのアップグレードが必要な場合はアップグレードもワンクリックでできます。

当社がGoogle Compute Engineを利用することで、自動スケーリングという独特で素晴らしい機能を提供しています。例えば、WordPressホスティング会社の多くはマシンあたり2〜6個のCPUに制限されています。当社では、トラフィックが急増している場合は、ウェブサイトのコンテナが必要な数のCPUをスケーリングできる設定になっています。

WordPressにてのキャッシュの急増

WordPressにてのキャッシュの急増

隔離されたソフトウェアコンテナのテクノロジーでは、ハードウェア資産が必要になるとたん各サイトコンテナに仮想マシンにより自動的に割り当てられます。リソースはウェブサイト間で共有されません。その結果、設計上安全でプライベートなホスティング構築と同時に、サイトの要求に基づき必要に応じてサーバーリソースを拡大または縮小できるようになるのです。

9. プレミアムDNS(信頼性の高い、より速い検索時間)

最後に、必ずプレミアムDNSプロバイダを使用するのは大切です。共有ホスティングプロバイダやDIY VPS方法ではそんなことが提供されていなく、別途購入する必要があります。実際にプレミアムDNSを提供するマネージドホスティングプロバイダも少ないですが、Kinstaはそうしています!当社が Amazon Route 53経由ですべてのプランにプレミアムDNSを追加しています。

DNSとは、インターネットの電話帳のようものと考えて方がいいでしょう。 ブラウザにアドレスを入力するたびに、実際には見えなくてもそれがIPアドレスに戻ってきます。 DNSサーバーがそのマッピングを行います。 ウェブホスティングと同様に、遅いDNSプロバイダも高速なプロバイダもあります。 Amazonは世界最大のネットワークの1つです。 高速なDNSプロバイダを使うことで、DNS検索時間を短縮できます。

DNSの概要

DNSの概要

GoDaddyやNamecheapなどのドメインレジストラが提供する無料のDNSは通常、非常に遅いです。それに、変わりつつがあり、検索時間は異なる場合があります。Googleだけは、巨大なインフラストラクチャーを持っている為例外です。この世の中の最良のDNSプロバイダはDNS専用に設計された非常に大きなインフラストラクチャを備えているAmazon、Cloudflare、Dyn、DNS Made Easyです。

信頼できるDNSプロバイダが重要であるもう一つの理由は、DDoS攻撃からの保護です。 DNSの重要性を、2016年10月21日(金)のDNS攻撃の経験で、あなたもご存じでしょう。複数のDNSプロバイダーが必要である理由も上記の件で分かりましたね。多くの企業のウェブサイトは、攻撃を受けているDNSプロバイダであるDynだけを使用していた為、完全にオフラインになりました。 Reddit、Twitter、Spotifyといった企業はすべてダウンタイムを経験しました。

よくある課題としては、DNSプロバイダが通常高TTLを設定していることがあります。つまり、上記の企業はその日に第2のDNSプロバイダーを追加しても、TTLが数分でなく数日で切れるように設定されている為、解決にはなりませんでした。しかし、事前に複数のDNSプロバイダを準備するだけでこの課題が解決できます。

ベンダー間でDNS設定を互換性のあるものにするための民間のまたはオープンソースのソリューションを作成するようにコミュニティが協力しなければなりません(フェールオーバー、ジオロードバランシングなどの複雑なDNS設定用の場合です)。今後これは、『プラス』ではなく『マスト』です。– Catchpoint

今すぐプレミアムDNSプロバイダと契約しませんか。今後は、プレミアムDNSプロバイダーについての詳細記事も公開する予定です。

Managed WordPress hosting infographic

マネージドWordPressホスティング(インフォグラフィックの設計:Easelly

まとめ

You wouldn't put regular unleaded fuel in your Lamborghini, so don't do it with your #WordPress site. 🏎️ Click to Tweet

ご覧のとおり、共有ホスティングまたはDIY VPSよりマネージドWordPressホスティングを選択することには多くのメリットがあります。マネージドホスティングは確かにコストは高くなりますが、投資として考えていただいた方がよろしいでしょう。あなたの時間、心の平和、そして データ保全性の価値を考えてください。あなたのビジネスやブログのホスティングに関してご質問がありましたら、いつでもワンクリックでKinstaにお問い合わせできます。あなたの味方にならせてください。

17
シェア