オンラインでのビジネスを成功させるためには、マーケティング、レンタルサーバー、SNS、広告、コンテンツ制作といった、幅広い分野への注力が欠かせません。非常に骨の折れる作業です。気が滅入ってしまう方もいらっしゃるでしょう。本日は、共用サーバーあるいは小規模な仮想専用サーバー(VPS)ではなく、マネージドWordPressホスティングサービスを選択すべき理由をご紹介します。

マネージドWordPressホスティングを利用することでビジネスの競争力を高めましょう 💪

マネージドWordPressホスティングとは

まず、マネージドWordPressホスティングの定義と共用サーバーや自分で運用するサーバーとの違いをご説明します。分かりやすいように、利用者を3つの典型的なカテゴリーに分類しましょう。

Managed WordPress Hosting with free migrations. Try Kinsta today

1. 共用WordPressホスティング

最初のカテゴリーは低コストのWordPress共用サーバー利用者です。共用サーバーの一例は、 GoDaddyBluehostHostgatorSiteGroundMedia TempleOVHGreenGeeksなどです。主に次のような人が共用サーバーを利用します。

When it comes to shared hosting, you usually get what you pay for. 😉Click to Tweet

共用サーバーは通常、月額で数百円〜3,000円程度。共用サーバーを利用してサイトを立ち上げること自体には何も問題はありませんが、知っておくべきことがいくつかあります。

共有WordPressホスティング

共用WordPressホスティング

上記の要素を組み合わせると、どうなるでしょうか?当然、パフォーマンスが低く、サポートサービスも納得のいくレベルには達しません。共用サーバーのカスタマーサポートは負担が大きい為、対応するまでに時間がかかり、カスタマーサービスの質が低くなりがちです。

安価なWordPressレンタルサーバーの現実については当社CFO(最高財務責任者)による詳しい記事も是非ご確認ください。驚きの事実がご理解いただけるはずです。

2. 自力でのWordPress ホスティング(VPS)

2つ目のカテゴリーは、主にスタートアップ、もしくは開発やWordPress管理の経験のある人たち。つまり、自身でサーバーを運用する人です。このカテゴリーに分類される人々も一般的にはお金を節約しようとします。一方で、パフォーマンスに関心を持ち、ビジネス成功におけるパフォーマンスの重要性を認識しています。Digital Ocean、Linode、Vultr VPSや、より簡単に管理できるServerPilotのようなツールの使用が一般的です。

wordpress vps

DigitalOceanの小規模VPSは月額5ドルから、ServerPilotの人気のあるプランは月額10ドルから利用できます。設定に応じて、5~15ドルまたはそれ以上の月額料金が発生する可能性があります。このアプローチはもちろんコストを削減できる可能性はあります。しかし、何か問題が起きた場合には、全て自分で責任を負わないといけませんし、サーバーの最適化も自分次第です。

自力でのサーバー管理は素晴らしいことです。ただし、気を付けなければ裏目にでる可能性も。興味本位でこのアプローチを選んではいけません。貴重な時間はビジネス成長に費やすべきです。例えば、WordPressの問題解決に10年以上に渡り対応してきたKinstaに、サイトのホスティングを任せてみてはいかがでしょうか。

3. マネージドWordPressホスティング

3つ目のカテゴリーは、主に中小企業、トラフィックの多いブログ、専門の企業用WordPressレンタルサーバーを探している組織など。マネージドWordPressホスティングを選択する人は、それが時間と労力を節約してくれること、多くの場合、利用するCMS用に調整されており高いパフォーマンスを発揮すること、投資の価値があることを理解しています。

マネージドWordPressホスティングのプランは月額25~150程度ドルですが、サイト規模とニーズによりそれ以上がかかる場合もあります。有名マネージドWordPressホスティングサービスの例として、KinstaWP EngineFlywheelPressableMedia Temple、Pressidium、Pagely.などはご存知(もしくは既にご利用になっている)かもしれません。

また、jQuery、Plesk、Dyn、NGINXなどの大企業もWordPressでサイトを構築しています。その他の例は、「ウェブで存在感を放つ130大WordPressウェブサイト」をご覧ください。

マネージドWordPressホスティングを選択すべき理由

なお、ここでは利用者を上記の3つのグループに分けてご説明しましたが、そのカテゴリーに当てはまるからといって、必ずしもご紹介する方法が適切というわけではありません。どの選択肢が最適なのか吟味した上で決めてください。例えば、まずは自身でサーバーを運用し、ビジネスが成長した際にマネージドホスティングにアップグレードするという方もいます。

一方、最初からマネージドホスティングを利用し、ビジネスの成長に注力する方もいます。人により選択肢は様々です。ここではマネージドWordPressホスティングの9つのメリットをご紹介します。

  1. 優れたサポート
  2. パフォーマンス最適化
  3. 世界各所から選べるデータセンター
  4. 自動バックアップ(データの消失ゼロ)
  5. ワンクリックで使えるステージング環境
  6. 開発者に優しい(SSH, Git, WP-CLI)
  7. 盤石のセキュリティ
  8. スケーラビリティを考慮
  9. 優れたDNS(安定&素早いルックアップ)

1. 優れたサポート

マネージドWordPressホスティングを選択すべき最大の理由は、優れたサポートです。通常、マネージドWordPressホスティングと銘打つかぎり、WordPressのみが対象となります。つまり、DrupalやMagentoといった他のプラットフォームやソフトウェアは一切扱いません。一つの分野に集中することにより、自ずとカスタマーサポートの専門性は増します。

Kinstaのカスタマーサポートは全員WordPressの開発者、Linuxエンジニアです。WordPressのコアまたはその他のオープンソースプロジェクトに貢献した経験があり、毎日WordPressを使っています。そのためKinstaカスタマーサポートの専門知識は誰にも負けません。チャットで相談してみたものの、担当者よりも自分の方が、知識がある…なんて言語道断です。Kinstaではそのようなことは決してありません。

Kinsta設立当初、私たちは業界のカスタマーサポートの在り方に疑問を感じていました。だからこそ、根本的に異なる仕組みを構築しました。Kinstaではサポート担当者はレベル別に分かれていません。全員、どのような問題でも解決へと導くスキルを持っています。時間の無駄である為、複数の担当者間でのたらい回しは一切なし。Kinstaのすべてのお客様は、大企業やフォーチュン500企業をサポートしているカスタマーサポートのメンバーとチャットができます 👏

LiquidWeb、SoftLayer、WP Engine、Web Synthesis、Rackspaceといったいくつかのレンタルサーバーを試してみました。その中でもサポート、速度、価格面においてKinstaが一番。彼らの知識とカスタマーサポートのスキルには感動しました。月並みな問答のループがなく、応答までの時間にも大変満足しています。専門家による迅速なサポート。これ以上のレベルは望めないでしょう。Kinstaを利用してからWordPressサイトがとても速くなりました。他社ではここまでの専門性は望めませんでした。ちなみに、トラフィックの急増時に負荷に対応できるよう、対象となる1週間だけサーバーのスケールアップができるところも気に入っています。本当に素晴らしいです。
Richard Li
Richard Li
4k.com運営者

WPMU DEVが最近、独自にKinstaについての中立的な立場からのレビューを公開しています。当社のカスタマーサポートについて担当者のRaeleneさんから、次のようなご意見をいただきました。

カスタマーサポートの対応は素晴らしいものでした。すべての質問に対して詳細で誠実な回答が返ってきました。例えばハードウェアについて質問した際には次のような回答で驚きました。「当社のサーバーには高速処理とオートスケールが特徴のGoogle Compute Engineを使用しています。そのため、他のサーバーのように1つのVPS当たりのCPUコア数が2~6個に制約されることがなく、トラフィックが急増したときにウェブサイトのコンテナは必要な数のCPUにだけスケールアップします。比較的負荷の安定しているお客様も同様です。当社システムが動的に数を増やしたり、不要になったときに減らしたりすることにより、制限無くCPUをスケーリングしています」

WordPressサイト関連の質問をいくつか尋ねてみたところ、全てに適切な回答が得られました。本当に文句なしです!

KinstaではIntercomを介したサポートチケット制を採用しています。リアルタイムのチャットのようですが、実際には違います。午前3時に相談したときも5分以内に回答が来ました。また朝の5時にも連絡しましたが、その際も3分以内に回答が来ました(たまたま朝早くに記事を書いていました)。偶然サポートが混み合っていない時間帯だったのかもしれませんが、そうであったとしても驚きです!

Richard Li
Raelene Morey
WPMU DEV編集長

Raeleneさんのおっしゃるとおり、Kinstaでは当初からIntercomを利用しており、これが非常に好評です。旧式のサポートチケットは今や人気がなく、多くの企業がIntercom等の、より革新的なソリューションに移行しています。当社ではIntercomを使ってチャットとサポートチケットをダッシュボードに統合したことで、お客様には24時間年中無休で、いつでもワンクリックでお問い合わせいただけるようになりました。(下記を参照)2019年第3四半期のKinstaの平均応答時間は1分19秒でした!当社が使用しているその他のSaaS製品も是非ご確認ください。

マネージドWordPressホスティングチャット式サポート

マネージドWordPressホスティングのチャットによるサポート

このように、信頼できる知識豊富なカスタマーサポートを備えたレンタルサーバー選びとなると、マネージドWordPressホスティング会社は、毎日WordPressに触れているため、他社のレベルを格段に上回ります。また、Kinstaではすべてのお客様を対象にNew Relicを利用した優れたアップタイム監視サービスも提供しています。当社ではすべてのお客様のウェブサイトの状況を2分毎に確認。つまり、お客様のすべてのサイトを毎日720回確認していることになります。

そのため、お客さまのウェブサイトがダウンしてしまった場合でも、当社スタッフがすぐさまその警告を察知し対応できます。お客さまによるNew Relicを用いた監視機能もご用意しています。

2. パフォーマンス最適化

マネージドWordPressホスティングを選択するべき2つ目の理由は、その環境がWordPress専用に調整されていることです。

共用サーバーまたは自分で運用するサーバーの場合、より簡素なマシンをベースにしなければなりません。マネージドWordPressホスティングと同等のスピードを実現するには、ソフトウェアのインストールや最適化に多くの時間を費やす必要があります。あるいは、共用サーバーの場合、ご希望のスピードを達成することが全くできないこともあります。

当社がTwitterで行った100名以上の方が参加した調査では、マネージドWordPressホスティングサービスの最大の魅力として63%の人が「パフォーマンスとアップタイム」と回答しました。

たとえば、Kinstaを含めマネージドWordPressホスティングサービスの多くは、サーバーレベルのキャッシュやフルページキャッシュを提供しています。つまり、キャッシュはサーバーが対応します。キャッシュ系プラグインが不要になりますので、高速キャッシュ系プラグイン選びの手間が省けます。キャッシュ系プラグインは決して面白いものではないので、これだけでも随分気が楽になるでしょう。ちなみに、サーバーレベルのキャッシュは一般的にどんなプラグインよりも高速です。

トラフィックが急増しているとき、できるだけ多くのアセットをキャッシュから配信することが重要です。そうすることで、サーバーの負荷が減り、コンテンツが素早く表示されます。Kinstaでは、ウェブサイトコンテンツのキャッシュ配信状況を確認できるキャッシュ分析レポートをご用意しています。

マネージドWordPressホスティングのキャッシュ

マネージドWordPressホスティングのキャッシュ

高パフォーマンスのマネージドWordPressホスティングには最新かつ最高のアーキテクチャと技術が搭載されています。WordPressサイト高速化に欠かせない、PHP7、MariaDB、HTTP/2、及びNGINXの最新版を採用することもその一例です。

ご利用のWordPressレンタルサーバーでPHPの最新バージョンがなかなか導入されないとしたら、それは非常に残念なことです。KinstaではPHP7.2、7.3のテスト版、最終リリース版をリリース日から数週間以内に導入しています。これにより、お客様は事前にテストを行い、リリースと同時に無料でサイトのパフォーマンスを向上することができます。

PHPのバージョンはどれほど重要なのでしょうか?当社実施のPHPベンチマークレポートによると、PHP7.3はPHP7.2よりも平均9%高速です。スピードが無料で9%向上するのであれば、最新版を利用しない手はないでしょう 😉

KinstaはGoogle Cloud Platformとそのプレミアムティアネットワークを初めてプラン全体に採用したレンタルサーバーです。ReviewSignalの発表する2018年度WordPressレンタルサーバーパフォーマンスベンチマークレポートでもKinstaは再度「一流」の評価をいただきました。また、当社はGoogleに推奨されるレンタルサーバーでもあります

お客様のウェブサイトをGoogle Cloud Platformに移行した後、サイトの読み込み時間を大幅に減少できた例をご紹介します。移行前は3~4秒の範囲を推移していたのに対して、移行後は常に1秒以下(米国内だと400ミリ秒以下)。Google Cloud Platformに移行しただけで、読み込み時間がなんと75%も短縮されています。

Google Cloud Platform の読み込み時間

Google Cloud Platform の読み込み時間

次に、Kinstaから共用サーバーに移行したウェブサイトの例をご紹介します。読み込み時間は300ミリ秒からなんと14秒まで増加。共用サーバーはトラフィックの多いウェブサイトだと全く対応できません。

共有ホスティング対マネージドWordPressホスティング

共用レンタルサーバーとWordPress専用マネージドホスティングの比較

次に、Kinstaを利用されている別のウェブサイトの例をご紹介します。ご覧のとおり、パフォーマンスグレードは100。読み込み時間は400ミリ秒です。非常に速いと言えます。

KinstaにてのWordPress速度試験

KinstaでのWordPress速度テスト

HTTPヘッダーを見てみると、サーバーレベルでKinstaのキャッシュが行われており、キャッシュ系プラグインが使用されていないことが分かります。

KinstaのHTTPキャッシュヘッダー

KinstaのHTTPキャッシュヘッダー

マネージドWordPressホスティングサービスの強みです。WordPressサイトが最速になるように、環境を細かく調整しています。

Kinstaでは、すべてのサイトについて、各LXCコンテナを隔離、管理にはLXDを採用。つまり、すべてのWordPressサイトが、運営するのに必要なすべてのソフトウェアリソース(Linux、Nginx、PHP、MySQL)の揃った、独立したコンテナに格納されているということです。リソースは100%プライベートであり、他の誰かと(それどころか自分自身のサイト同士でも)共有されることはありません。

Kinstaのアーキテクチャ

Kinstaのアーキテクチャ

さらに、Google Cloud Platformの複数のデータセンターのいずれかにある仮想マシン(VM)を使用。当社のVMは、Google Cloudのプレミアム階層ネットワーク上でトラフィックをルーティングするように設定されています。Google Cloud の標準階層ネットワークと比較して、プレミアム階層ネットワークではトラフィックの大部分が公共のインターネットではなく、Google のデータセンターのプライベートネットワークを経由します。これにより、ネットワークの遅延が少なくなり、WordPressサイトの読み込み時間が短縮されます。Cedexis社の調査によると、Googleのプレミアム階層ネットワークは、標準階層ネットワークよりも30%近く高速です。

各GCP仮想マシンには、最大96個の仮想CPUと数百ギガバイトのメモリが搭載されています。さらに、該当するリージョンでは、コンピューティング最適化マシンタイプ(C2)を採用。C2はコアあたりのパフォーマンスがGCPで最も高く、コンピューティング負荷の高いワークロードに最適です。ハードウェアリソース(メモリ/CPU)は、仮想マシンから必要とされるだけ各サイトのコンテナに自動的に割り当てられます。

Kinstaがどのようにして最速のWordPressホスティングエクスペリエンスを設計したのかを知りたい方は、こちらの詳細な記事をご覧ください。

3. 世界各所から選べるデータセンター

サーバーレベルでのパフォーマンスの高さの他、マネージドWordPressホスティングサービスは一般的に、国際展開を考慮した大規模なインフラストラクチャを備えています。Google Cloud Platformの利用により、当社では27カ所のリージョンを確保。お客様にはその中から自由にデータセンターをお選びいただけます。アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジア・太平洋、南米のいくつかの地域などが含まれています。ウェブサイトを訪問者や顧客の近くに戦略的に配置することで、ネットワークの遅延TTFB、ページ読み込み時間の短縮ができます。

Google Cloudデータセンターのロケーション

Google Cloudデータセンターのロケーション

ネットワークの遅延とは、ネットワーク上でのデータ送信にかかる時間のことです。距離が遠いほど、待ち時間は長くなります。たとえば、オーストラリアのシドニーを対象としたWooCommerceショップを運営している場合は、オーストラリアを選択すべきでしょう。アメリカを選択してしまうと、初回訪問時のページの読み込み時間が非常に長くなります。初回の読み込みはレンタルサーバーから行われるため、サイト訪問者近くのデータセンターを選ぶことが非常に重要です。

コンテンツデリバリネットワーク(CDN)を利用すると、ウェブサイトの残りのメディア読み込み速度もスピードアップできます。Kinstaでは、お客様のアセット高速化の為に世界34カ所以上にPop(配信サーバーの所在地)を持つ、無料のHTTP/2 CDNを提供しています。他にも人気の無料サービスとしておすすめなのはCloudflareです。

Kinstaではすべてが信頼性の高いGoogle Cloud Platformのプレミアム階層ネットワークを介して配信されます。このネットワークは距離と中継回数をできる限り減らす構造になっており、より速く、安全なデータ送信が可能です。レンタルサーバーの中には費用削減のためGoogleのスタンダードティアネットワークを採用する会社もありますが、Kinstaでは常に最高のものを利用すべきだと考えています。

ネットワークの種類の違いで、どれほどの影響があるのでしょうか?大陸間のデータ送信の場合、プレミアムティアネットワークはスタンダードティアネットワークより平均して41%高速です。近くのリージョン(大陸内)のデータ送信なら、プレミアムティアは約8%高速です。通信時間はページ読み込み時間全体の一部にすぎませんが、1ミリ秒の積み重ねが大きな意味を持ちます。

4. 自動バックアップ(データの消失ゼロ)

突然データをすべて失ってしまったら、あなたはどうしますか?私たちは常に最悪の状況に備えなければならず、WordPressサイトのバックアップを取っておくことは重要な対策の一つです。質の高いマネージドWordPressホスティングならば追加料金なしで自動バックアップが利用できるもの。共用サーバーでもバックアップサービスが含まれていることはありますが、一般的に高い金額のプランに限られます。また、VPSを使って自分でサーバーを運用する場合は、独自のバックアップシステムやVPSスナップショット機能を設定しなければならず、追加の費用がかかります。

WordPressのバックアップ

WordPressのバックアップ

Kinstaでは、すべてのWordPressサイトで自動バックアップサービスが無料で利用可能。追加の設定は一切必要ありません。My Kinstaダッシュボードからいつでも最大14のバックアップデータを確認し、ワンクリックで簡単に復元できます。また、手動のバックアップ作成もワンクリック。新規インストール時に既存のデータ破損を回避できるので、非常に便利です。

WordPressサイトのバックアップを作成する

WordPressサイトのバックアップを作成する

また、Kinstaでは、自動バックアップが利用できるだけでなく、WordPressサイト全体のバックアップ(sqlを含む)をいつでもダウンロードできます。WooCommerceストアまたは動的コンテンツの多いサイトをお持ちのお客様には、1時間単位、6時間単位でのバックアップアドオンもご用意しております。

バックアップの設定が複数あることにより、バックアッププラグイン、cPanel、FTP、またはphpMyAdminを使用しなくて済みます。結果的に時間を大幅に節約できます。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

5. ワンクリックで使えるステージング環境

何があってもサイトをダウンさせるわけにはいきません。修正やプラグイン、PHPバージョン、アップデート等のテストは必ず本番環境ではなく、開発環境で行う必要があります。しかし、ほとんどのレンタルサーバーでは、まずローカル環境にウェブサイトをコピーし、テストを行います。完了したら変更をどう反映すべきか検討しなければならず、複雑で時間がかかります。一方、マネージドWordPressホスティングの多くに、ワンクリックで使えるステージング環境が含まれており、テストを簡単に行うことができます。

WordPressステージング環境

WordPressサイトのステージング環境

ワンクリックのステージング環境(開発環境)では、ボタン1つでウェブサイトを複製できます。開発環境へはテスト用URLもしくは、FTP、SSH、phpMyAdminなどの一般的な方法でもアクセスできます。加えた変更点は、ダッシュボードから簡単に本番環境に反映できます。

6. 開発者に優しい(SSH、Git、WP-CLI)

マネージドWordPressホスティングのもう1つのメリットは、共用サーバーでは大抵利用できない開発者向けの機能。SSH接続、Composer、HeidiSQL、Sequel Pro、Gitなどの機能がその一例です。共用サーバーでは一般的にSSH接続が許可されていないため、上記の機能のいずれも使用できません。自分でサーバーを運用する場合は、当然設定できますが、それ相応の作業が必要になります。

Kinstaでは、My Kinstaダッシュボードから、SSH接続情報と下記の開発機能に簡単にアクセスできます。

開発機能

開発機能

WP-CLIもまた、WordPressコミュニティで非常に人気が高まっているツールの一つ。WordPressの様々な操作をコマンドで実行できるコマンドラインツールです。例えば、ユーザー、投稿、カテゴリーの追加または削除、テストデータの挿入、データベース内の検索と置換などができます。開発者にとってWP-CLIは理想のツール。なお、KinstaではWP-CLIがデフォルトで利用可能です。

7. 盤石のセキュリティ

セキュリティも忘れてはいけません。共用サーバーでは一般的にハッキングされても、マルウェアの攻撃を受けても、一切サポートを受けることができません。VPSの場合も同様です。ウェブサイトがハッキングされたらそれは自分自身の責任。一方、マネージドWordPressホスティングの多くは、マルウェアからサイトを守るシステムを備えており、ハッキングされた場合のサポートも提供しています。

WordPressセキュリティ

KinstaではWordPressのセキュリティを非常に重視し、攻撃や悪意のある行為を阻止するための能動的、受動的対策の両方を実施しています。ハッキングからの回復とマルウェア除去サービスも無償です。万一あなたのウェブサイトが被害に遭ったとします。気付いた頃には、高確率で、当社のカスタマーサポートが対応しているはずです。また、DDoS攻撃が発生したらすぐさま検出するソフトウェアも採用。さらに、ハードウェアファイアウォール設置に加え、WordPressサイトを保護するために、ソフトウェアベースの厳しい制限も設けています。

レンタルサーバーが使用している外部サービスも重要です。当社ではGoogle Cloud Platformを使用しています。つまり、当社をお選びいただくと、Googleが15年間かけて構築し、現在Gmail、Google検索などのサービス保護に使われている盤石なセキュリティモデルが適用されるということです。Googleでは現在、500人以上のセキュリティのプロがフルタイムで監視業務にあたっています。

KinstaではGoogle Cloud Platform上でLinuxコンテナ(LXC)を用意し、これの管理にはLXDを使用。アカウントだけではなく、各WordPressサイトも完全に隔離されます。各サイトコンテナは、GCPのファイアウォールで保護された仮想マシン上で稼働。この方法は他社よりもはるかに安全です。さらに、保存した顧客データの暗号化も実施しています。

サーバーレベルのセキュリティだけでなく、アカウント自体も非常に重要です。どのようなホスティング形態を選ぶにしても、二要素認証が採用されているかどうかを必ず確認しましょう。他人があなたのアカウントにアクセスすると、パスワードを変更したり、ウェブサイトを削除したり、DNSレコードを変更したり…あらゆることができてしまいます。Kinstaでは、Authyとの連携により、My Kinstaダッシュボードでの二要素認証が利用できます。

これらの機能を備えたレンタルサーバーを選べば、何かあった場合はサポートの恩恵が受けられます。時間を節約できるだけでなく、安心してサイトを運営できます。投資と考えて、安全なWordPressレンタルサーバーを選ぶことが重要です。

8. スケーラビリティを考慮

レンタルサーバー選択にあたり、スケーラビリティも重要なポイントです。共用サーバーでは、リソースが不足したらアップグレードするしかありません。それも、既に使用を停止されていない場合に限ります。共用サーバーを使用しても、最終的には専用サーバーへの移行を強いられることになるでしょう。いつも上限を確認し、気を配る必要があるため、単純に手間がかかります。また、適切なサーバーに移行するのには時間がかかるでしょう。

VPSの場合、スケールアップは共用サーバーよりも簡単ですが、ディスク拡張などには、サーバーの知識が必要になることがあります。マネージドWordPressホスティングでは、通常、サーバー側が全て行います。規定の上限を超えるとお客様に通知が届きます。アップグレードが必要な場合は文字通りワンクリックでOKです。

KinstaではGoogle Compute Engineを利用することで、オートスケールを実現しています。例えば、WordPressレンタルサーバーの多くで、マシンあたりのCPUは2〜6個に制限されています。一方、当社では、トラフィックが急増している時には、ウェブサイトのコンテナが必要な数のCPUにまでスケールアップできるようになっています。また、通常のプランの限界を超えてPHPワーカーの数を増やすことのできる専用サーバーソリューションも用意しております。

WordPressにてのキャッシュの急増

WordPressにてのキャッシュの急増

また、ソフトウェアコンテナは分離されています。必要に応じて、仮想マシンが各サイトコンテナにハードウェアリソースを自動的に割り当てます。リソースは決してウェブサイト間で共有されません。その結果、安全でプライベートなホスティング環境となる上、サイトのトラフィック状況に応じてサーバーリソースをスケールアップ、もしくはスケールダウンできるようになります。

9. 優れたDNS(安定&素早いルックアップ)

最後に、優れたDNSを使用することです。共用サーバーやVPSでは、別途契約する必要があります。優れたDNSを提供するマネージドホスティングはごく少数。もちろん、Kinstaはその一つです。当社ではAmazon Route 53を介し、すべてのプランでプレミアムDNSを提供しています。

DNSとは、インターネットの電話帳のようなもの。ブラウザにアドレスを入力すると、実際には利用者の目には見えませんが、IPアドレスの紐付けが参照されます。DNSサーバーがその変換を担います。ウェブサーバーと同様で、DNSにもピンからキリまであります。例えばAmazonが有名どころです。高速DNSを使うことで、DNSルックアップ時間を短縮できます。

DNSの概要

DNSのしくみ

GoDaddyやNamecheapなどのドメインレジストラが提供する無料のDNSは通常、非常に遅いです。また、安定性がなく、ルックアップ時間はまちまち。Googleは、巨大なインフラストラクチャを武器にした、例外です。その他、優れたDNSは専用に設計された非常に大規模なインフラを誇るAmazon、Cloudflare、Dyn、DNS Made Easyなどでしょう。

信頼できるDNSが重要であるもう一つの理由は、DDoS攻撃からの保護です。2016年10月21日に起きた大規模なDNS攻撃により、皆さんもDNSの重要性を改めて実感したのではないでしょうか。複数のDNSプロバイダが必要であることがよく分かる事例でした。当時、多くの企業のウェブサイトが、攻撃を受けたDNSであるDynのみを使用していた為、完全にダウンしてしまいました。Reddit、Twitter、Spotifyといった企業が軒並みダウンしています。

しかし、よくある課題としてDNSが通常高いTTL値を設定していることが挙げられます。つまり、上記の企業が例え攻撃の当日に第二のDNSプロバイダを追加していたとしても、意味がありません。TTLが数分でなく数日で切れるように設定されていれば、解決にはならなかったでしょう。しかし、事前に複数のDNSプロバイダを確保するだけでこの問題が解決できます。

ベンダー間でDNS設定を互換性のあるものに─これの必要性が叫ばれます。コミュニティが協力し、商用、またはオープンソースのソリューションを生み出すべきです(フェールオーバー、地理的なロードバランシングなどの複雑なDNS設定の場合)。今後これは、マストの要件になるはずです。– Catchpoint

今すぐ優れたDNSのご用意を。

Managed WordPress hosting infographic

マネージドWordPressホスティング(インフォグラフィックの出典:Easelly

まとめ

You wouldn't put regular unleaded fuel in your Lamborghini, so don't do it with your #WordPress site. 🏎️Click to Tweet

ご覧のとおり、共用サーバーまたはVPSではなく、マネージドWordPressホスティングを選択することには多くのメリットがあります。マネージドホスティングの場合、確かにコストは高くなります。しかしこれは、価値ある投資です。時間と安心、そしてデータの安全性を考えれば妥当な出費ではないでしょうか。ビジネスやブログのレンタルサーバーに関してご質問がございましたら、いつでもワンクリックでKinstaにお問い合わせください。


この記事はお気に召しましたでしょうか。KinstaのマネージドWordPressホスティングサービスもご確認ください。ウェブサイトをスピードアップし、知識・経験豊富なWordPressに精通したエンジニアによるカスタマーサポートを24時間365日ご利用いただけます。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、スケーラビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに特化。Kinstaの魅力はまだまだ他にもございます。当社のプランをご確認ください。