WordPressのコーディングを調査または実験したことがある場合は、gitまたはGitHubという言葉を聞いたことがあるかもしれません。これらのツールは開発者にとって非常に役立つものですが、違いとそれぞれの機能を把握することは混乱を招く場合があるでしょう。

幸いなことに、gitとGitHubの両方の機能を理解できたら、開発プロセスを合理化できます。2つを統合して、組み合わせて使用することさえできます。

本記事では、gitとGitHubの両方の用途について概説します。また、各プラットフォームの所有者について説明し、組み合わせて使用してバージョン管理や共同開発を行う方法についても説明します。

それでは始めましょう!

gitとバージョン管理の概要

まずgitを見てみましょう。gitは開発者向けのバージョン管理ソフトウェアです。

gitホームページ

gitホームページ

バージョン管理とは、プロジェクトのさまざまな段階でさまざまなファイル(バージョン)を保存するプロセスを指します。(WordPressのバージョン管理もご参照ください。) これにより、開発者は、変更内容を追跡して、変更の一部を元に戻す場合は前の段階に戻ることができます。

これは、さまざまな理由で便利です。たとえば、開発中にエラーやミスが発生したら、修正が容易になります。また、各バージョンの変更点を記録に残して、チームメンバーを完了した作業とまだ完了していない作業を把握するようにすることができます。

gitは、その他のバージョン管理システム(VCS)とは異なり、各ファイルの変更点をリストとしてではなく、「スナップショット」として保存します。必要なときにいつでも古いスナップショットを参照できますが、プロジェクトが変更される度に新しいスナップショットが作成されます。

また、gitを使用すると、他のコンピューター上のインストールへ変更を「プッシュ」したり、そのインストールから変更を「プル」したりさえできます。そのため、gitは分散型バージョン管理システムとも呼ばれています。複数の開発者が同じプロジェクトで作業できるツールです。

ただし、この方法で開発作業を行うには欠点もあります。個々のマシンにローカルソフトウェアがインストールされているため、gitは他の開発者がリアルタイムで行っている編集を読み取ることができません。つまり、同僚と同時に作業している場合、お互いの作業を表示することはできません。

したがって、各メンバーが作業する時期が完全に明確でない場合は、gitを一人作業に使用した方が良いでしょう。そうすると、コンフリクトやコードが誤って上書きされることを回避できます。

gitとGitHubの違い

GitHubを使用すると、gitを使用して簡単にコラボレーションできます。GitHubは、クラウドベースのストレージにコードのリポジトリを保持できるプラットフォームであるため、複数の開発者が1つのプロジェクトの作業を行い、お互いの編集をリアルタイムで確認できます。

GitHubホームページ

GitHubホームページ

さらに、プロジェクト整理や管理の機能も含まれています。ある個人またはグループに作業を割り当て、メンバーの権限と役割を設定し、コメント管理を使用して全員を目の前の仕事に集中させておくことができます。

さらに、GitHubの各リポジトリは公開されています。世界中の開発者は、「ソーシャルコーディング」として知られている働き方で、お互いのコードを変更したり改善したりします。GitHubをWebプロフェッショナル向けのネットワーキングサイトであるとも言えるでしょう。

GitHubで他人の開発者のコードとやり取りする場合、3つのアクションを行うことができます。

特に、履歴書を作成しようとしている初心者の開発者にとっては、これは経験を積む絶好の機会です。GitHubを使用すると、プロファイルでプロジェクトを共有したり、自分が貢献したすべてのプロジェクトのタイムラインを表示したりできます。

gitとGitHubの違いをまとめると:

  1. gitは、開発者がプロジェクトのスナップショットを長期間保存できるローカルVCSソフトウェアです。通常、一人作業に最適です。
  2. GitHubは共同作業用の、gitのバージョン管理機能を組み込んだWebベースのプラットフォームです。 また、プロジェクト管理やチーム管理機能と、ネットワーキングやソーシャルコーディングの機能も含まれています。

GitHubとGitLabを理解する

開発プロジェクトでの共同作業をしたい場合に、GitHubは検討すべき唯一のgitリポジトリではありません。GitLabもまた、一見の価値がある非常によく似たプラットフォームです。

GitLabのホームページ

GitLabのホームページ

GitLabを使用すると、GitHubと同様に、コードを保存してgitのバージョン管理機能を使用できます。ただし、ユーザー権限をより細かく設定できるし、継続的インテグレーション(CI)も組み込まれています。これにより、GitHubで使用されるプルリクエストが不要になります。

そうは言っても、GitLabはGitHubほど人気ではありません。4,000万人のユーザーを抱えるGitHubの方は、ネットワーキング、ソーシャルコーディング、あなたの分野の経験豊富な専門家からの勉強の機会がはるかに多いです。

つまり、両方のプラットフォームは便利ですが、状況は少し異なります。社外の開発者との共同作業をしたくない場合は、GitLabがワークフローを少しスピードアップする可能性があります。一方、キャリアアップを目指している人にとっては、GitHubの方が便利かもしれません。

gitとGitHubの所有者と利用料金

非常に密接に関連しているため、gitとGitHubが同じ会社のソフトウェアであると考えられるかもしれませんが、実は、gitはオープンソースソフトウェアであり、GitHubはMicrosoftのソフトウェアです

gitやWordPressなどのオープンソースプラットフォームは、無料で使用、変更、配布できます。

GitHubの料金モデルは異なりますが、興味深い無料プランもあります。GitHubのコア機能はすべて無料です。(従来のIndividual Proプランは月額7ドルでした。)チームの場合、料金はユーザーあたり月額4ドルからです。また、より詳細な機能を必要とする大規模なグループ向けのEnterpriseプランもあります。

gitとGitHubの統合(5ステップ)

gitとGitHubを一緒に使用してバージョン管理とコラボレーションを行うには、次の手順に従う必要があります。それでは、やり方を詳しく見てみましょう。

GitHubを利用するにはgitを使用する必要があるため、2つを統合する前に、前者の能力を磨き直しましょう。開始するための基本的な手順もまとめてみました。

すでにGitを使用している場合は、ステップ2にジャンプいただけます。一方、このバージョン管理ソフトウェアを初めて使用するユーザーは、Gitをインストールしてコードを追加してから次に進んでください。

ステップ1:gitをインストールしてリポジトリを追加する

まず、ご利用のオペレーティングシステム(OS)用のgitソフトウェアをダウンロードします。

gitのダウンロード

gitのダウンロード

次に、インストーラーを実行します。インソールは、ご利用のOSによって異なります。次に、コマンドラインインターフェイスを使用してgitを設定します。

ソフトウェアを起動して使用を開始する前に、理解しておく必要のある用語がいくつかあります。

gitをGitHubに接続するには、リポジトリを追加し、1つ以上のコミットを行う必要があります。 これで、GitHubでの作業を開始するのに十分なプロジェクトが確立されます。

ステップ2:GitHubアカウントを作成する

次に、GitHubアカウントが必要になります。無料でサインアップすることも、有料プランに投資することもできます。

各GitHubアカウントの利用料金

各GitHubアカウントの利用料金

能力を磨き直したい初心者の開発者にとっては無料アカウントが十分です。Proプランはフリーランサーや上級のコーダーに適していますが、エージェンシーはより多くのプロジェクト管理機能やコミュニケーションツールにアクセスできるTeamプランに投資した方が良いでしょう。

さらに、GitHubは非営利団体教師と、学生向けの割引を提供しています。

ステップ3:GitHubリポジトリをアカウントに追加する

アカウントを作成して設定したら、プロジェクトをgitから移動してきたときに保存できるGitHubのリポジトリを作成します。これを行うには、左側のサイドバーにある関連リンクをクリックします。

GitHubの「リポジトリの作成」リンク

GitHubの「リポジトリの作成」リンク

次に、リポジトリの名前を付けます。

新しいGitHubリポジトリの名前を付ける

新しいGitHubリポジトリの名前を付ける

また、リポジトリを公開してGitHubの他人のユーザーが見つけて貢献できるようにするか、非公開にするかを決定しきます。

いずれにしても、既存のプロジェクトを使用するため、「README を使って空のリポジトリを初期化する」をオンにしないことにご注意ください。

ステップ4:リポジトリをGitHubにプッシュする

リポジトリにコードを追加する方法はいくつかあります。

gitリポジトリは設定済みであるため、「コマンドラインを使用して既存のリポジトリをプッシュする」オプションを使用できます。

既存のリポジトリをプッシュする

「コマンドラインを使用して既存のリポジトリをプッシュする」オプション

右側のクリップボードアイコンを使用すると、ここにあるコマンドをコピーできるため、コマンドを好みのコマンドラインインターフェースにすばやく貼り付けて、GitHubリポジトリを作成できます。

完了したらGitHubページを再読込します。

GitHubリポジトリ

ユーザーアカウントページで見た新規GitHubリポジトリ

これで、GitHubでリポジトリが表示されるようになりましたので、オンラインでプロジェクトに変更を加えることができます。

プルリクエストを送信してマージしたり、プランの利用可能なその他のツールを使用したりすることもできます。

ステップ5:変更内容をgitにプルする

自分や他人がプロジェクトに加えたすべての変更の内容をGitHubで確認できますが、プラットフォームからコンピューターのファイルに直接アクセスすることはできません。プロジェクトをコンピューター上も最新の状態に保つには、Gitを使用して変更内容をプルする必要があります。

これを行うには、コマンドラインインターフェイスに「git pull origin master」と入力します。これによりファイルが更新され、プロジェクトが同期されます。

GitHub vs git: what are these tools? 🤔 Do you need them when working on code? Check out how different yet powerful they are in this guide! Bonus: learn how to set them up correctly👩‍💻👩🏻‍💻Click to Tweet

まとめ

gitとGitHubの違いは、最初だと理解しにくいかもしれませんが、いったんその基本を理解すれば、どちらも開発作業の際に非常に貴重なものです。

gitとGitHubを統合するには、次の手順に従います。

  1. gitをインストールし、リポジトリを追加して、コミットを作成します。
  2. GitHubアカウントを作成します。
  3. GitHubリポジトリをアカウントに追加します。
  4. コミットをGitHubにプッシュします。
  5. 変更内容をgitにプルします。

共同作業でウェブサイトを構築している場合は、バージョン管理と共情報有が不可欠です。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。