WordPressのアドレスとウェブサイトのアドレスは、ウェブサイトのWeb上のアドレスウェブサイトのファイルの場所を特定するため、非常に重要です。WordPressのURLを変更する理由は、ドメインの切り替え、サブドメインへの移動、wwwから非wwwへの移行、ファイルを移動すること、さらにHTTPからHTTPSへの移行などがあります。 どの理由であっても、URLを変更するオプションは初心者に適切な手段も難しい手段もあります。

WordPressのURLを変更する方法

下記の手順に従いWordPressのURL(WordPressアドレス、サイトアドレスともいう)を変更します。これらの値を誤って入力するとウェブサイト全体が停止する場合がある為、ご注意ください。

追加の例については、WordPress Codexをご参照ください。

1. 管理ダッシュボードでWordPressのURLを変更する

最も一般的な方法は、管理ダッシュボードを使用してWordPressのURLを変更することです。左側にある「設定」にある「一般」をクリックします。そこで下記を更新できます。

  • WordPressアドレス(URL):ブログにアクセスするためのアドレス
  • サイトアドレス(URL):WordPressのコアファイルのアドレス

WordPressに独自のディレクトリを指定しない限り、上記は一致するはずです。「変更を保存」をクリックすると、WordPressダッシュボードには新しいURLでしかアクセスできなくなります。ご注意ください。

ダッシュボードでWordPressのURLを更新する

ダッシュボードでWordPressのURLを更新する

Kinstaで新規インストールを登録しているときに、sitename.kinsta.comのような一時的なURLが割り当てられます。上記の手順に従ってその一時的なアドレスを更新できます。

URLを更新した後に、リダイレクトエラーが発生しないようにWordPressウェブサイトのキャッシュをクリアする必要があるかもしれません。Kinstaのお客様には、MyKinstaダッシュボードの「ツール」メニューでキャッシュをクリアいただけます。

MyKinstaでWordPressキャッシュをクリアする

MyKinstaでWordPressキャッシュをクリアする

注:上記の記入欄がグレー表示されている場合は、wp-config.phpファイルにすでにハードコーディングされた値があります。その場合は、以下の方法2に従ってください。

2. wp-config.phpファイルのWordPress URLを変更する

WordPressのURLを変更する2番目に一般的な方法は、wp-config.phpファイルを使用することです。wp-config.phpの値が方法1の設定を上書きしますので、ご注意ください。記入欄が編集できない場合(下記参照)、値がこのファイルでハードコーディングされているためでしょう。

WordPressアドレスとサイトアドレスは編集不可能

WordPressアドレスとサイトアドレスは編集不可能

wp-config.phpファイルは、WordPressウェブサイトのルートにあり、FTP、SSH、またはWP-CLIを使用してアクセスできます。WP_HOMEとWP_SITEURLをハードコーディングするには、ファイルの先頭に次のコードを入力し、値をご利用のドメインの値に変更します。

define('WP_HOME','https://yourdomain.com');
define('WP_SITEURL','https://yourdomain.com');

wp-config.phpファイルの入力後の姿は例えば次のようになります。

wp-config.phpファイルでWordPressのURLを変更する

wp-config.phpファイルでWordPressのURLを変更する

これらの値をWordPressダッシュボードで編集したい場合は、この2行を削除します。

3. データベースでWordPressのURLを変更する

WordPress URLを変更するもう一つの方法はphpMyAdmin (MyKinstaダッシュボードからアクセス可能)を使用して、データベースからた直接変更することです。これはあくまでも最後の手段です。

注!phpMyAdminからテーブルを誤って編集すると、ウェブサイトが完全に停止する場合があります。ご自信のない方は必ずご利用の開発者に確認してください。

phpMyAdminでは左側のデータベースをクリックします。次にスクロールダウンして「wp_options」テーブルをクリックします。データベースのプレフィックスが異なる場合は、wp56_optionsなど名前が多少異なる場合があります。

phpmyadmin wp_optionsテーブル

wp_optionsテーブル

次に「siteurl」行と「home」行の値を編集します。

WordPressデータベースのsiteurlとhomeの行

WordPressデータベースのsiteurlとhomeの行

ドメイン(URL)を入力し「Go」をクリックします。これらを更新すると、WordPressダッシュボードには新しいURLでしかアクセスできなくなります。ご注意ください。

siteurlの値を編集する

siteurlの値を編集する

4. WP-CLIでWordPressのURLを変更する

最後になりましたが、WordPressのURLを変更する最後の推奨方法はWP-CLIを使用することです。これは、WordPress開発者向けの手段です。当社のお客様には、WP-CLIが使用できるようにSSHアクセスをご利用いただけます。WP-CLIに慣れていない方は是非、当社のターミナルからWordPressを管理することについての記事をご参照ください。

下記はWordPressのURLを更新するコマンドの例です。

wp option update home 'http://example.com'
wp option update siteurl 'http://example.com'

利用可能なパラメータについては、WP-CLIハンドブックをご参照ください。

または、次のチュートリアルも是非ご確認ください:WordPressのパーマリンクとURLの書き換えについての詳細記事


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。