ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORなどのエラーが原因で、WordPressウェブサイトが安全な接続を使用して読み込まれない場合は、ぴったりの場所にやって来ました。本記事では、上記のエラーの概要を説明し、サイトを復旧させるための手順を案内します。

本エラーは、ウェブサイトのサーバーまたはローカルコンピューターの問題、あるいはその両方の組み合わせによって発生する可能性があります。通常、Chromeで発生しますが、ブラウザによって異なる場合があります。

Is your WordPress site giving you the ERR_SSL_PROTOCOL_ERROR? 😰We've got you covered with the complete list of things to do to fix it!Click to Tweet

Google Chrome

Google Chromeでは、「ERR_SSL_PROTOCOL_ERROR このサイトは安全に接続できませんから無効な応答が送信されました」と表示されます。

つまり、安全に接続できません。

ChromeのERR_SSL_PROTOCOL_ERROR[

ChromeのERR_SSL_PROTOCOL_ERROR

Microsoft Edge

Microsoft Edgeでは、「このページに安全に接続できません」と表示されます(以下を参照)。ただし、エラーの次の部分は役立つものです。

「サイトで古いか安全でないTLSセキュリティ設定が使用され可能性があります。この問題画解決しない場合、Webサイトの所有者に連絡してください。」

Microsoft EdgeのERR_SSL_PROTOCOL_ERROR

Microsoft EdgeのERR_SSL_PROTOCOL_ERROR

Mozilla Firefox

Mozilla Firefoxでは、以下に示すように、ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORが安全な接続ができないことに関する警告をトリガーします。

「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」

Mozilla FirefoxのERR_SSL_PROTOCOL_ERROR

Mozilla FirefoxのERR_SSL_PROTOCOL_ERROR

Google ChromeやMicrosoft Edgeとは異なり、Firefoxのエラーページには、本エラーが発生したときの対策など詳細情報が表示されます。

とにかく、安全な接続とは?

安全な接続を使用して読み込まれるウェブページが何であるか知りたがっている方には、背景情報を少しご説明します。

ウェブサイトのアドレスは通常HTTPまたはHTTPSで始まることに気づいたかもしれません。これらはプロトコルと呼ばれ、ウェブページがサーバー(ウェブサイトのある場所)からブラウザーへの送信方法を決定するための一連のルールです。HTTPSはHTTPに基づく安全なプロトコルであり、SEOの向上や高レベルのセキュリティなど、多くの重要な利点があるため、広く使用されています。

HTTPSを使用することの欠点は、安全なウェブページを表示する前に遵守すべき厳格なルールが数多くあることです。つまり、非セキュアなHTTPと比較して、問題が発生しやすい要素が多いです。

ウェブサイトでHTTPSを使用するための要件の一つは、有効なSSL証明書をインストールして正しく構成することです。

SSL証明書が正常に機能している場合、ブラウザーウィンドウのウェブサイトアドレスの横に南京錠のアイコンが表示されます。南京錠をクリックすると、「ウェブサイトが安全な接続で読み込まており、ウェブサイトからサーバーに送信さるすべての情報(フォームの提出など)も安全に送信される」というポップアップウィンドウが表示されます。

安全な接続

安全な接続

最近のほとんどのウェブサイト訪問者は、サイト全体でHTTPS接続を期待するようになりました。サイトの安全なページが管理画面、ログイン画面、ショッピングカートなどの特定のページに限られていた時代は過ぎ去りました。

以前は、SSL証明書の費用が高かったため、サイト全体で安全な接続を使用することは不必要(そして過剰)であると考えられていました。今ではすべてが変わりました。無料のSSL証明書がすぐに利用できるようになったため、HTTPSが標準的なプラクティスとなっています。

サイトの棚卸

ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORの根本的な原因を検討する前に、少し時間をとって、サイトに加えられた最近の変更を思い出しておくと役立ちます。

通常、安全な接続を一旦設定すると、安定して機能します。異常が発生するのは、既存のウェブサイトのサーバーの内容が変更されたとき、または初めてサイトを設定したときです。

最近、ホスティング会社を切り替えたり、新しいSSL証明書をインストールしたりしたことがありませんか?あれば、エラーのもっとも考えやすい発生原因です。

サイトの最近の変更内容を把握すると、本エラーの発生原因も明確になるでしょう。

ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORの解決策

安全な接続エラーが直るまで、次の対策を順番に実施してください。

本エラーはローカルでもはサーバーでも発生する可能性があるため、一部の手順ではローカルコンピューターやブラウザーの設定に重点を置きますが、残りの手順ではサーバーのセットアップとSSL証明書の構成に関する問題を考慮します。

SSL状態をクリアする

まずは、ChromeのSSL状態をクリアすることを試してみる価値があります。ブラウザーは、ウェブサイトに対して最初の安全な接続が確立されると、そのSSL証明書をキャッシュに保存して、以降の接続を高速化します。

これは、ページの読み込み時間を最適化するための手段です。そうしないと、すべてのHTTPSリクエストでSSL証明書をダウンロードして認証する必要があるため、パフォーマンスが悪化します。

ウェブサイトをKinstaに移行する場合、DNS設定がKinstaのサーバーを指すように更新され、Let’s Encryptの無料のSSL証明書がインストールされていると、本エラーが発生する可能性があります。

DNS設定が浸透され、ブラウザーの安全な接続でサイトにアクセスした後、ブラウザーのキャッシュに古いバージョンのSSL証明書が保存されているため、エラーが発生することがあります。

これを修正するには、SSL状態のキャッシュをクリアします。完了したら、ブラウザーを再起動して、もう一度ウェブサイトに接続してみます。

Macをご利用の方は、SSL証明書を削除する手順についてこちらを参照してください。

SSL証明書を確認する

SSL証明書が生成されたが、DNS設定がまだ完全に浸透されていない場合にも、同様の問題が発生します。この場合、SSL証明書は作成時に正しいドメインに関連付けられませんでした。

Kinstaのお客様には、MyKinstaダッシュボードにアクセスして、証明書設定の横に緑色のチェックマークがあるかどうか(つまりSSL証明書がインストールされているかどうか)確認いただけます。

SSL証明書が正しくインストールされている

SSL証明書が正しくインストールされている

オンラインのSSL確認ツールを使用し、サイト全体のスキャンを実行して、SSL証明書に問題があるか確認することもできます。このような確認は信頼性が高く、ブラウザーのキャッシュをバイパスして、証明書が有効かどうかを判断します。

そこで、Kinstaでも社内で使用されているQualys SSL LabsのSSL確認ツールをお勧めします。

SSLサーバーテスト

SSLサーバーテスト

Hostname」(ホスト名)フィールドにドメインを入力し、「Submit」(送信)ボタンをクリックするだけです。スキャンが完了すると、SSL証明書チェックの結果を含むレポートが表示されます。すべてが順調であれば、次のようなものが表示されます。

QualysのSSLレポート

QualysのSSLレポート

SSL証明書が適切に機能しているかどうか確認する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

システムの時刻と日付を確認する

SSL証明書が有効でSSL状態をクリアしても異常が直らない場合は、ローカルコンピューターを調べて、ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORの発生原因を特定する必要があります。

(参照文献:従来のTLSバージョンをご利用の場合は、ChromeのERR_SSL_OBSOLETE_VERSION通知を予防する必要がある場合があります。)

まず、オペレーティングシステムの時刻と日付が正しく設定されているかどうかを確認します。正しく設定されていない場合、SSL証明書に認証の問題がある可能性があります。

理由は、SSL証明書の有効期限が固定されており、現在のシステムの時刻と日付が正しくない場合、認証プロセスと競合する可能性があることです。

安全な接続が確立されると、時刻と日付が正しいことが常に想定されるため、ローカルシステムの値が正しいかを確認することが重要です。

Windows 10で時刻と日付を確認するには、 Windowsキー+ Xキー を押して、ポップアップコンテキストメニューから「 システム 」を選択します。これにより、「設定」ウィンドウが表示されます。

設定の検索」テキストボックスに「日付」と入力し始め、ドロップダウンメニューから「日付と時刻を変更」を選択します。次に、「日付と時刻」の設定ウィンドウで、確定をクルックする前に時刻と日付が正しいかどうかを確認します。

Windows 10の日付と時刻の設定

Windows 10の日付と時刻の設定

macOSでは、画面の左上隅にあるAppleアイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから「システム環境設定」を選択して、リストから「日付と時刻」を選択します。

macOSのシステム設定

macOSのシステム設定

必要に応じてシステム時刻を更新できます。

ブラウザのキャッシュとクッキーをクリアする

最近はあまり消去したことがないなら、ブラウザーのキャッシュをクリアしてみることもできます。ブラウザーのクッキーも削除することをお勧めしますが、そうすると現在ログインしている各サイトでは、次回アクセスしたときに再度ログインする必要があることにご注意ください。

ブラウザー拡張機能を無効にする

複数のブラウザー拡張機能を有効にしている場合、これがエラーの発生原因である可能性があります。ブラウザーの拡張機能を1つずつ一時的に無効にして、HTTPSリクエストをすると問題が発生するかどうか確認します。

Chromeの拡張機能を無効にするには、ブラウザーウィンドウの右上にある33点リーダーのアイコンをクリックし、ポップアップメニューから「その他のツール」> 「拡張機能」を選択します。

Chromeの拡張ウィンドウ

Chromeの拡張ウィンドウ

有効になっているすべてのブラウザ拡張機能を1つずつオフにし、サイトにアクセスします。ある拡張機能がERR_SSL_PROTOCOL_ERRORの原因であると思われる場合は、その拡張機能を削除するか、エラーの詳細がわかるまで無効のままにします。

問題を修正するためのアップデートがない場合は、該当の拡張機能を完全に削除することをお勧めします。

ブラウザーを最新バージョンに更新する

ブラウザー関連の最後の手順は、Chromeを最新バージョンに更新することです。

古いバージョンのブラウザーを使用すると、ERR_SSL_PROTOCOL_ERRORなどの安全な接続関連の問題が発生する可能性が高くなります。

最新のブラウザーは、新規および更新版のセキュリティ機能が常に追加され、バグが定期的に修正されます。最新のものを使用することは、従うべきベストプラクティスです。

Chromeブラウザーは、起動されるたびに更新の有無を自動的にチェックするため、これが簡単になります。ただし、ブラウザーのタブを常に開いたままにしておく場合は、更新チェックをトリガーするために時々ブラウザーを再起動してください。

オペレーティングシステムを更新する

オペレーティングシステムを最新の状態に保つことも重要です。特に、前回の更新からしばらく時間が経過している場合はそうです。

Windows 10の自動更新をオンにしている場合は、この点についてそれほど心配する必要はありません。ただし、すべてのオペレーティングシステムが自動的にアップデートを適用するわけではないため、オペレーティングシステムで利用できるものがあるかどうかを確認することをお勧めします。

macOSでAppleアイコンをクリックし、「このMacについて」を選択すると、タブ付きのウィンドウが開きます。

このMacについて

このMacについて

システムアップデートが利用可能な場合は、「ソフトウェアアップデート」ボタンが表示されます。ボタンをクリックして、最新のアップデートをインストールします。 他のアプリと同じように、App StoreでももmacOSのアップデートを確認できます。

オペレーティングシステムの更新に長時間がかかる場合は、簡単な回避策としてコンピュータを再起動することをお勧めします。これは、オペレーティングシステムの完全な更新をインストールするよりもはるかに速く、安全な接続の問題を解決できる可能性があります。

ウイルス対策とファイヤーウォールを一時的に無効にする

ウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールソフトウェアを有効にすることは非常に重要です。これらのツールは、あらゆる種類のオンラインセキュリティの問題からユーザーを保護するのに役立ちます。

保護活動の一環として、ウイルス対策ソフトウェアはHTTPS接続の問題をチェックして、予期しないことが起こっていないかを確認します。ただし、このソフトウェアが誤って安全な接続をブロックすることがあります。

これが発生原因であるかを確認するには、一時的に無効にして、もう一度ウェブサイトにアクセスします。必要に応じて、ファイアウォールも無効にし、ウェブサイトをもう一度確認します。

システムを保護されていないままにしないように、できるだけ早くウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールを再アクティブ化するようにしてください。

サーバーログのエラーメッセージを確認する

この段階まで来てもERR_SSL_PROTOCOL_ERRORの問題が解決されなかった場合は、当初考えていたよりも少し複雑な問題である可能性があります。

接続エラーなどのよくあるウェブサイト課題を特定するには、サーバーログをチェックし、最近のアクティビティを確認すると役立つ場合があります。これにより、発生原因の情報が取得できる可能性があります。

サーバーログ

サーバーログ

最後の手段として

それでも問題の原因を特定できない場合は、お知らせください。 喜んで対応いたします。

原因を詳しく調査する必要があるため、問題を迅速に解決するには、できるだけ多くの関連情報をまとめて、顧客サポートに連絡してください。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。