Cloudflareは、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)、DNS、DDoS保護、およびセキュリティサービスを提供する会社です。世界中に100カ所以上のデータセンターの巨大なネットワークのあるCloudflareはウェブパフォーマンス業界では、DNSルックアップ時間が速いことで広く知られています。Cloudflareはまた、Google、Microsoft、Qualcommなど、業界の大手企業によって支えられています。クライアントには、Nasdaq、Digital Ocean、Zendesk、Ciscoなどがあります。

WordPressサイトのセキュリティを高速化かつ強化する簡単な手段をお探しなら、Cloudflareは検討する価値があります。ほとんどのお客様には、無制限のCDN帯域幅を提供する無料プランは十分です。WordPressウェブサイトにCloudflareをインストールするには、以下の手順に従ってください。KinstaではCloudflareがうまく機能しているため、多くのお客様にお勧めしています。

注:Cloudflareをご利用の場合、当社のAmazon Route 53によるプレミアムDNSはご利用いただけません。Cloudflareはフルプロキシサービスの役割を果たしているため、どちらかを選択する必要があります。プレミアムDNSをご利用の場合は、フルプロキシでないKeyCDNなど、代替CDNを使用してサイトを高速化いただけます。

Cloudflareのインストール

このチュートリアルでは、すでにCloudflareのアカウントをお持ちであることを前提としています。そうでない場合は、Cloudflareのウェブサイトにアクセスして、無料アカウントを登録してください。

ステップ1

Cloudflareダッシュボードにログインし、「+ Add Site」(+サイトの追加)をクリックします。WordPressサイトのドメインを入力し、「Begin Scan」(スキャン開始)をクリックします。(wwwまたはHTTP / HTTPSを追加する必要はありません。ルートドメインは問題ありません。)

WordPressサイトをCloudflareに追加する

WordPressサイトをCloudflareに追加する

数分かかる場合があります。 完了後に「Continue Setup」(セットアップを続行)をクリックします。

ステップ2

Cloudflareには2つのオプションがあります。「CDN and protection」(CDNと保護)(サイトを高速化して保護するもの)を使用することも、単に「DNS」を使用することもできます。Cloudflareを最大限に活用できるため、ほとんどのお客様は前者にします。ドメインが有効になっていることを確認するには、クラウドがオレンジ色であることを確認してください。電子メール(MXレコード)などの追加のレコードがある場合、これらはCloudflareから外れているはずです。(灰色)すべてを確認したら、「Continue 」(続行)をクリックします。これらのレコードは後からいつでも変更できます。

DNSレコードを確認する

DNSレコードを確認する

ステップ3

次のページで、Cloudflareプランを選択する必要があります。ほとんどのユーザーに十分な無料プランから始めることをお勧めします。次に「Continue 」(続行)をクリックします。Cloudflareのプランの概要については、こちらをご参照ください。

Cloudflareの無料プラン

Cloudflareの無料プラン

ステップ4

次に、ドメイン上のネームサーバーを変更して、Cloudflareを指すように設定します。(提供されているネームサーバーを使用します。)Cloudflareはフルプロキシサービスであるため、ドメインをCloudflareを指すように設定すると、CloudflareがドメインをKinstaを指すようにします。ネームサーバーを切り替えてもダウンタイムはありません。以下に、いくつかのドメイン登録機関の切り替え方法に関するドキュメントへのリンクを示します。

次に「Continue 」(続行)をクリックします。

Cloudflareのネームサーバーへの切り替え

Cloudflareのネームサーバーへの切り替え

それほど時間はかかりませんが、変更が処理されるまで最大24時間かかります。

ステップ5

サイトがまだKinstaを指していない場合、またはKinstaのプレミアムDNSをご利用の場合は、Cloudflareダッシュボード内でKinstaを指すようにAレコードを調整する必要があります。「DNS」をクリックし、名前レコード「A」の横にある記入欄をクリックし、Kinsta IPv4アドレスを記入します。WordPressウェブサイトの IPv4Pアドレスは、MyKinstaダッシュボードの各サイトの「情報」タブにあります。Kinstaの顧客でない場合は、ご利用のWordPressホスティング会社に提供されたIPアドレスにしてください。

Cloudflareの名前レコード「A」を調整する

Cloudflareの名前レコード「A」を調整する

以上です!これでCloudflareがWordPressサイトにインストールされました。

ステップ6(オプション)

WordPressユーザーにはお勧めの追加のステップがあります。必須ではありませんが、公式のCloudflareプラグインをインストールしないと、Cloudflareの一部の機能が正しく機能しない場合があります。

無料のCloudflare WordPressプラグイン

無料のCloudflare WordPressプラグイン

WordPressのリポジトリからもダウンロードできますが、WordPressダッシュボードのプラグインメニューの「新規追加」で検索することもできます。次の機能があります。

  • 同じIPアドレスからのWordPressコメントの修正
  • 自動キャッシュ消去
  • CloudflareのユニバーサルSSLが有効な場合のリダイレクトループを防ぐためのヘッダーの書き換え
  • プラグイン自体からCloudflareアカウントの設定を変更する機能(キャッシュ消去、セキュリティレベル、i画像最適化など)
  • 総訪問者数、節約された帯域幅の量、予防できた攻撃などの分析データ
  • HTTP2/サーバープッシュのサポート

プラグインをインストールしたら、設定メニューでCloudflareのメールアドレスとAPIキーを入力します。または、ここでAPIキーを取得できます。「Global API Key」(グローバルAPIキー)と書かれているものをコピーします。次に、「Save API Credentials」(API認証情報を保存)をクリックします。

Cloudflare WordPressプラグインのAPI認証情報

Cloudflare WordPressプラグインのAPI認証情報

「Home」(ホーム)タブで、デフォルト設定を適用するか、必要に応じて設定を更新します。

Cloudflareプラグインのデフォルト設定

Cloudflareプラグインのデフォルト設定

「Settings」(設定)タブでは、Proプランの場合に画像の最適化を有効にしたり、開発モードに入ったり、セキュリティレベルを変更したり、自動HTTPS書き換えを有効にしたりすることができます。

Cloudflareプラグインの速度とセキュリティ設定

Cloudflareプラグインの速度とセキュリティ設定

「Analytics」(分析)タブでは、WordPressサイトのリクエスト数、帯域幅の使用状況、訪問者数、攻撃に関する情報などを確認できます。

Cloudflareプラグインの分析機能

Cloudflareプラグインの分析機能

Cloudflareのよくある異常

WordPressサイトにCloudflareをインストールしようとする際によく発生する異常は、Chromeの「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS」またはFirefoxの「ページが正しくリダイレクトされていません」です。

Cloudflareでよく発生するフレキシブルSSL異常

Cloudflareでよく発生するフレキシブルSSL異常

ウェブサーバーでSSLが既に設定されているのに、CloudflareのフレキシブルSSLを有効にしたため本異常が発生しています。ウェブホスティング会社(Kinsta)で既にSSL証明書がある場合は、SSLモードをフルに切り替えます。

Cloudflare暗号化レベルをフルに設定する

Cloudflare暗号化レベルをフルに設定する

またはページルールを作成することでも本異常を修正できます。

Cloudflareキャッシュをクリアするには

問題が発生しましたか? Cloudflareのキャシュをクリアする場合があります。やり方は2つあります。

オプション1:WordPressプラグインでCloudflareのキャッシュをクリアする

Cloudflare WordPressプラグインがインストールされている場合は、「Settings」(設定)→「Cloudflare」に移行し、キャッシュを消去します。

WordPressプラグインでCloudflareキャッシュをクリアする

WordPressプラグインでCloudflareキャッシュをクリアする

オプション2:コントロールパネルでCloudflareキャッシュをクリアする

2番目のオプションは、コントロールパネルからCloudflareキャッシュをクリアすることです。これを行うには、「Caching」(キャッシュ)タブをクリックしてから、「Purge Everything」(すべてをクリア)をクリックします。

Cloudflareキャッシュをクリアする

Cloudflareキャッシュをクリアする

すべてが正常に機能する場合、個々のファイルのキャッシュのみを消去することをお勧めします。Cloudflareでは、これを簡単にできます。

個々のファイルのキャッシュのみを消去する

個々のファイルのキャッシュのみを消去する

注:すべてをクリアすると、アセットの再キャッシュが必要になるため、ウェブサイトのパフォーマンスが一時的に低下する場合があります。ただし、特に、サイト上のどのスクリプトやアセットをクリアする必要があるか正確にわからない場合、これは避けられない場合があります。

Cloudflareのその他の設定

Cloudflareのインストール方法がわかりましたので、次に最初のステップについての手順とWordPress関連提案ガイドを確認することをお勧めします。注:mod_cloudflareについて言及している場合があります。これはApacheのmodであることにご注意ください。当社はより高度なNGINXウェブサーバーを使用しているため、このmodを実行しません。WordPressサイトがの帯域幅使用状況とCDNの帯域幅使用状況も確認できます。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。