WordPressサイトのコンテンツ、データベース、またはそのすべてをエクスポートしたいですか?WordPressをセルフホストしている場合でも、WordPress.comサイトを持っている場合でも、別のホスティング会社やサーバーに、またはホストされているWordPressウェブサイトからセルフホストされたものに移行するとき、エクスポート機能は便利です。

WordPressウェブサイトをエクスポートすると、サイトの一部または全体を保存して、他の場所に移行することになります。エクスポートしたものをコンピューターに保存して、ウェブサイトを移行したり、保存したものをバックアップとして保持したりできます。

WordPressサイトをエクスポートする方法は複数あります。それでは参りましょう。

WordPressサイトをWordPress.comからエクスポートする方法

マネージドWordPress.comサイトがあり、WordPressサイトのコンテンツの一部または全部を新しいホスティング会社にエクスポートする方法については、以下の手順に従ってください。

コンテンツ全体またはその一部のエクスポート

特定の種類のコンテンツしかエクスポートできません。

ステップ1

WordPressサイトをエクスポートする準備ができたら、WordPress.comアカウントにログインします。ログイン後に、まずコンテンツをエクスポートするウェブサイトを選択します。

左上の「参加サイト」をクリックします。複数のウェブサイトがあるが、エクスポートするサイトが左側のメニューに載っていない場合は、「サイトを切り替える」をクリックします。

左上に「サイトの切り替え」ボタンのある分析データページ

WordPress.comダッシュボード

次に、左側のリストから、コンテンツをエクスポートするサイトをクリックします。

「サイトの切り替え」ボタンをクリックした後に左側に表示されるサイトの一例

参加サイトは左側に表示される

ステップ2

次に、左側のメニューの「ツール」> 「エクスポート」に移動します。ここでは、WordPressサイトのコンテンツをエクスポートできます。

サイトのすべてのコンテンツをエクスポートするには、「すべてのコンテンツ」ボタンをクリックします。

エクスポート画面

「すべてのコンテンツ」ボタンをクリックする

コンテンツの一部のみをエクスポートする場合は、「すべてのコンテンツ」ボタンの横にある矢印をクリックします。これで、エクスポートするコンテンツが指定できます。

エクスポート画面

矢印ボタンをクリックして、エクスポートするコンテンツを指定する

次に、エクスポートする投稿、固定ページ、フィードバックなどを選択します。

投稿または固定ページを選択した後に追加のオプションも使用可能になります。

それらをクリックすると、エクスポートするものをさらに詳しく指定できます。

エクスポート画面。コンテンツが指定されている。

エクスポートするコンテンツを指定する

投稿」では、エクスポートするコンテンツを次に基づいて調整できます。

固定ページ」では、エクスポートするコンテンツを次に基づいて調整できます。

ステップ3

指定後には、「選択したコンテンツをエクスポート」ボタンをクリックします。

コンテンツ全体をエクスポートするか、コンテンツの一部のみをエクスポートするかに関係なく、プロセスはWordPressサイトコンテンツのエクスポートから開始します。サイトの規模によっては、数分かかる場合があります。

コンテンツが正常に完了されると、完了メッセージが表示されます。

ステップ4

エクスポートされたコンテンツをダウンロードできるリンクのメールを受信します。ZIPファイルになります。

エクスポートされたコンテンツをすぐにダウンロードして、コンピューターに保存することもできます。

これを行うには、完了メッセージの「ダウンロード」リンクをクリックします。

エクスポートが正常に完了したというメッセージが「エクスポート」ページに表示される

ダウンロードリンクをクリックして、エクスポートしたコンテンツを保存する

ブラウザとその設定に応じて、ZIPファイルが自動的にダウンロードされるか、ファイルを保存する場所を指定する画面が表示される場合があります。すぐにファイルを開ける場合もあります。

メディアのエクスポート

WordPressサイトのメディアライブラリにアップロードしたメディアのみをエクスポートすることもできます。

ステップ1

これを行うには、WordPress.comのアカウントにログインした上、左上の「参加サイト」をクリックして「ツール」>「エクスポート」に移動します。

エクスポートするサイトが表示されない場合は、上記のステップ1の手順に従って、サイトを切り替えてください。

ステップ2

次に、「メディアライブラリのエクスポート」の「ダウンロード」ボタンをクリックします。

エクスポート画面

「ダウンロード」ボタンをクリックする

ステップ3

TARファイルが生成されるため、そのTARファイルをコンピューターに保存します。

前述したように、ブラウザとその設定に応じて、ZIPファイルが自動的にダウンロードされるか、ファイルを保存するフォルダーを指定する画面が表示される場合があります。すぐにファイルを開ける場合もあります。

リンクのエクスポート

ブログロールとも呼ばれるWordPressサイトのリンクをエクスポートすることもできます。以下の手順に従ってください。

ステップ1

ブラウザのアドレスバーに your-site.wordpress.com/wp-links-opml.phpを入力します。(「your-site」を必ずあなたのウェブサイトの名前に置き換えてください。)

ステップ2

次に、ファイルをコンピューターに保存します。ブラウザにより、プロセスを開始する前にダウンロードを確定する必要がある場合があります。

WordPress.comの「非公開サイト」のエクスポート

非公開のサイトの場合は、上記の手順ではWordPressサイトのコンテンツをエクスポートできません。ただし、最初にウェブサイトの設定を「公開」に変更すると、必要なものをエクスポートできます。心配しないでください。エクスポートが完了したら、サイトの設定を「非公開」に戻すことができます。

ステップ1

サイトを公開するには、WordPress.comにログインした上で、左上にある「参加サイト」をクリックします。

コンテンツをエクスポートするサイトがリストに載っていない場合は、「サイトを切り替える」ボタンをクリックし、上記と同様にリストから該当のウェブサイトを選択します。

ステップ2

次に、左側のメニューの「管理」> 「設定」にクリックします。デフォルトで表示される「全般」タブが表示されているかを再確認します。

ステップ3

プライバシー」セクションまでスクロールダウンし、リストから「公開」を選択します。 次に、「変更を保存」をクリックします。

設定画面

WordPressサイトのコンテンツをエクスポートするように設定を「公開」に切り替える

ステップ4

上記の、エクスポートするコンテンツの種類に対応する手順に従ってください。

ステップ5

これはオプションですが、サイトを再び非公開にしたい場合は、「管理」> 「設定」に戻り、「全般」タブの「プライバシー」セクションまでスクロールダウンします。

リストから「非公開」を選択し、「変更を保存」ボタンをクリックします。

組み込みツールを使用してWordPressサイトをエクスポートする

セルフホストのWordPressサイトの場合、WordPressサイトのコンテンツを管理ダッシュボードを使用してエクスポートできます。これは、WordPressのコアファイルやデータベースではなく、サイトのコンテンツとメディアファイルのみを移行する場合に便利です。また、サイトのコンテンツの追加のバックアップを保持するにも非常に便利です。

特定の種類のコンテンツしかエクスポートできません。

「その他のコンテンツ」は例えば、eコマースプラグインにより作成された下記のデータです。

また、その他のプラグインにより作成されたコンテンツもあります。

組み込みツールを使用してWordPressコンテンツを正常にエクスポートする手順は次のとおりです。

ステップ1

これらのコンテンツをエクスポートするには、必ずセルフホストのWordPressサイトにログインしてください。次に、管理ダッシュボードのメニューの「ツール」> 「エクスポート」に移動します。

WordPress管理ダッシュボードのエクスポート画面

管理ダッシュボードからWordPressサイトのコンテンツをエクスポートする

ステップ2

すべてのコンテンツ」を選択するか、他のオプションのいずれかを選択できます。

ステップ3

エクスポートファイルのダウンロード」ボタンをクリックし、エクスポートプロセスが完了するまで待ちます。エクスポートするコンテンツのファイルが完了したら、コンピューターに保存できます。

ブラウザとその設定に応じて、ダウンロードが開始される前に確定画面が表示される場合があります。

MyKinstaを使用してWordPressサイトをエクスポートする

WordPressサイトのファイルとデータベーステーブルをエクスポートするには、以下の手順に沿ってMyKinstaをご利用いただけます。

ステップ1

MyKinstaアカウントにログインし、左側のメニューの「サイト」をクリックします。

MyKinstaのサイト画面

WordPressサイトの一覧を表示する

ステップ2

エクスポートするサイトのリンクをクリックします。 次に、左側の「バックアップ」タブに移動し、上部の「ダウンロード」タブをクリックします。

「バックアップ」タブ

「バックアップ」の「ダウンロード」に移動する

ステップ3

ダウンロード可能なバックアップをまだ作成していない場合は、「今すぐバックアップを作成」ボタンをクリックします。

サイトのサイズにより、バックアップの処理が完了するまで数分かかる場合がありますので、ご注意ください。

バックアップを作成するボタンのあるダウンロード画面

ダウンロード可能なバックアップを手動で作成する

バックアップとその詳細が「ダウンロード」タブに表示されている場合は、「バックアップのダウンロード」リンクをクリックして、ファイルをコンピューターに保存できます。

利用可能なバックアップのあるダウンロード画面

リンクをクリックしてバックアップをダウンロードする

ブラウザは、コンピューターに保存する前にダウンロードの確認を求める場合がありますので、ご注意ください。ご利用のブラウザにより異なります。

phpMyAdmin + SFTPを使用してWordPressサイトを手動でエクスポートする

セルフホストのWordPressウェブサイトの場合、SFTPを使用してWordPressサイトのファイルをエクスポートすることも、phpMyAdminを使用してWordPressサイトのデータベーステーブルをエクスポートすることもできます。

両方の手順を以下に詳しく説明します。

WordPressファイルのエクスポート

SFTPを使用してWordPressサイトのファイルをエクスポートするには、FileZillaなどのFTP(ファイル転送プロトコル)クライアントをコンピューターにインストールする必要があります。

ステップ1

好きなFTPクライアントを起動し、SFTP(セキュアファイル転送プロトコル)を使用してサイトに接続します。

FTPクライアントによっては、接続手順が異なる場合がありますので、接続方法が不明な方は、ソフトウェアのドキュメントをご参照ください。

詳細については、当社のSFTPを使用してWordPressサイトへの接続についての記事をご参照ください。

ステップ2

サイトのファイルとフォルダーのリストで、エクスポートするフォルダーまたはサブフォルダーを探します。

ステップ3

次に、ファイルをクリックして、FTPクライアントの「コンピューター」セクションにドラッグアンドドロップします。

サイトに接続しているFileZilla画面

SFTPを使用して、サーバーからコンピューターにファイルをドラッグアンドドロップする

一度に複数のファイルやフォルダーを選択することもできます。

ファイルまたはフォルダーのサイズによっては、ダウンロードが完了するまでに1〜2分かかる場合がありますので、ご注意ください。

WordPressデータベースのエクスポート

セルフホストWordPressウェブサイトでは、データベーステーブルもエクスポートすることができます。これは、サイトのファイルの異常のないバックアップが必要な場合、または特定の目的の為にデータベーステーブルのみが必要な場合に特に役立ちます。

詳細については、「MySQLデータベースのバックアップ方法(2つの信じられないほど簡単な方法)」をご参照ください。

ステップ1

MyKinstaまたはcPanelからphpMyAdminにログインします。すぐにログインしたい場合は、MyKinstaにログインした上で素早くログインできます。

左側のメニューの「サイト」をクリックし、リスト上のエクスポートするサイトをクリックします。

「データベースへのアクセス」セクションまでスクロールダウンします。ログイン認証情報を確認して「phpMyAdminを開く」リンクをクリックすると、新しいブラウザタブでデータベースが開きます。

MyKinstaダッシュボードの「情報」タブ

MyKinstaアカウントからphpMyAdminを開く

ご利用のホスティング会社がcPanelを使用している場合、アカウントにログインして、「データベース」セクションのphpMyAdminへのリンクを探します。

cPanelダッシュボード

cPanelからのphpMyAdminへのアクセス

ステップ2

phpMyAdminログイン後、画面左側のメニューより「エクスポートするデータベース」を確認の上、クリックします。

phpMyAdminダッシュボード

メニューからデータベースを選択する

ステップ3

次に、そのページのメインコンテンツエリアにある「エクスポート」タブをクリックします。

phpMyAdminダッシュボードで「エクスポート」タブをクリックした

「エクスポート」タブをクリックする

ステップ4

エクスポート方法は「簡易」と「詳細」の2種類があります。「簡易」は、データベースのバックアップが必要な場合や、データベースをWordPressの新規インストールに移行する場合に便利です。ただし、データベースを既存のWordPressサイトにインポートする予定がある場合は、「詳細」を選択してください。

すべてのデータベーステーブルをエクスポートするには、「簡易」を選択します。

エクスポート画面

リストの「簡易」を選択する

既存のWordPressサイトにインポートできるようにデータベースをエクスポートするには、「詳細」を選択します。

そうすると、追加のオプションが動的に表示されます。エクスポートするテーブルをリストから選択します。

T詳細なエクスポート方法

エクスポートするテーブルを選択する

スクロールダウンすると、「テーブル」、「表示」、「手順」、[関数]、[イベント]、[トリガー]削除ステートメントが追加できます。これにより、既存のデータベースにある同じ名前のテーブルが削除され、必要なテーブルが正常にインポートされます。

「エクスポート」画面のカスタムオプション

詳細なエクスポート方法

ステップ5

実行」ボタンをクリックし、エクスポートプロセスが完了するまで待ちます。データベースの際すによっては、時間がかかる場合があります。

SQLファイルの処理が完了したら、コンピューターに保存できます。

Need to export your WordPress site (or just a part of it) for whatever reason? Learn all the ways to do so in this thorough step-by-step tutorial! 🏃🔛Click to Tweet

まとめ

上記では、WordPressの組み込みツール、MyKinsta、またはSFTP+phpMyAdminを使用して、WordPress.comからWordPressサイトをエクスポートする手順をご紹介しました。

さらなるサポートを必要としているKinstaのお客さまは、ご遠慮なく当社のサポートチームまでお問い合わせください。その他の便利な記事については、知識ベースもご覧いただけます。喜んで対応いたします。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。