WordPress.comで運用しているブログや企業サイトを一段階上のレベルに引き上げるには、通常、WordPress.org(またの名を自己ホスティング型WordPress)への移行が必要です。自己ホスティング型を選択することで、ウェブサイトの柔軟性と可能性が飛躍的に向上します。

この記事では、KinstaでWordPress.comサイトを自己ホスティング型のWordPressサイトに移行する方法をご紹介します。

また、Kinstaでは無料のサイト移行サービスを提供していますが、WordPress.comとWordPress.orgはまったく異なるソリューションであることから、WordPress.comからの移行は対象外となります。WordPress.comとWordPress.orgの2つの違いについてはこちらをご覧ください。

KinstaのマネージドWordPressホスティングサービスを利用するには、WordPress.comではなくWordPress.orgを選択する必要があります。

WordPress.comをでサイトを運用しているなら、今すぐKinstaで #WordPress サイトをWordPress.orgに移行して、ビジネスを次のレベルに!💪 クリックでつぶやく

移行するにあたっての前提条件

今回ご紹介する手順は、Kinstaの利用を前提とします。Kinstaのホスティングプランについてはこちらをご覧ください。

加えて、ドメインの取得も必要になります。

WordPress.comで独自ドメインを購入している場合は(例:yoursite.wordpress.com ではなくyoursite.com)、そのドメインのKinstaへの紐付けを行います。

ドメインの紐付けは、WordPress.comでDNS情報を編集して実行します。

あるいは、ドメインを別のレジストラに移管して紐付けることも可能です。

独自ドメインをまだ取得していない場合は、サードパーティのサービスから購入可能です。Google DomainsやNamecheapなどがお勧めですドメイン名の決め方に関するヒントはこちらをご覧ください。

Kinstaのホスティングプランを選択し、トップレベルドメインを設定できたら準備完了。早速、WordPress.comからWordPress.orgへサイトを移行を始めましょう。

WordPress.comからWordPress.orgへの移行手順

WordPress.comでは移行プラグインを使用できず、SSHによるアクセスやphpMyAdminにも対応していないため、WordPress.comからWordPress.orgへの移行は標準的な方法では行えません。

WordPress.comからWordPress.orgへの移行の大まかな流れは以下のようになります。

  1. KinstaでWordPressをインストールし、基本的な設定を行う
  2. WordPress.comからコンテンツをエクスポート
  3. WordPressのインポートツールを使用してコンテンツをWordPress.orgにインポート
  4. (「yoursite.wordpress.com」形式のURLを使用している場合)任意でサイトを新ドメインにリダイレクト

ステップ1. KinstaでWordPressサイトを作成する

まず、WordPress.orgサイトを新規作成します。

サイトを作成するには、MyKinstaの「サイト」タブを選択し、「サイトを追加する」ボタンをクリックします。

WordPressサイトを作成
WordPressサイトを作成

ポップアップ画面で、必要な情報を入力します。

WordPressサイトの情報を入力
WordPressサイトの情報を入力

MyKinstaで新規WordPressサイトを追加する方法についてはこちらをご覧ください。

WordPress.orgのインストールが完了したら、WordPress.comのコンテンツをインポートする前に、少し設定を変更します。

パーマリンクの設定

WordPressサイトのパーマリンクは、サイトのURL構造に影響を与えます。

スムーズに移行するために、作成したWordPress.orgサイトが、WordPress.comサイトと同じパーマリンク構造を使用していることを確認してください。

デフォルトのパーマリンク構造は、「日付と投稿名」になっています。

WordPress.orgサイトのパーマリンク構造を変更するには、WordPress管理画面にログインし、「設定」>「パーマリンク設定」に進みます。

日付と投稿名」を選択して、変更を保存してください。

WordPress.comに合わせたパーマリンク構造の設定
WordPress.comに合わせたパーマリンク構造の設定

また、301リダイレクトを設定することができるため、パーマリンク構造はいつでも変更することができます。安全に変更が行えるよう、ご希望であれば、Kinstaのカスタマーサポートが301リダイレクトのセットアップを行うことも可能です。

WordPressテーマのインストール

WordPress.comのテーマは、WordPress.orgサイトに直接エクスポートすることはできません。

しかし、WordPress.comテーマの多くは、自己ホスティング型のWordPressサイトでも利用できます。

たとえば、「AltoFocus」テーマは、WordPress.comWordPress.orgの両方で利用可能です。

使用していたWordPress.comのテーマがWordPress.orgのテーマディレクトリでも利用できる場合は、テーマのコピーをインストールするだけでOKです。

WordPress.orgの管理画面の「外観」>「テーマ」に移動し、「新規追加」をクリックします。

WordPressテーマをインストール
WordPressテーマをインストール

テーマ名で検索して、インストールします。

WordPressテーマのインストール例
WordPressテーマのインストール例

ステップ2. WordPressからコンテンツをエクスポートする

次に、WordPress.comサイトのコンテンツをエクスポートします。以下の手順で、Kinstaで作成したWordPress.orgサイトにインポートしてください。

WordPress.comの管理画面を開き、サイドバーの「設定」をクリックします。一番下までスクロールすると、「ツール」の下に「エクスポート」があります。

WordPress.comのエクスポート設定
WordPress.comのエクスポート設定

次の画面で、「コンテンツをエクスポート」の横にある「すべてエクスポート」ボタンをクリックします。

WordPress.comからコンテンツをエクスポート
WordPress.comからコンテンツをエクスポート

すると、メールでダウンロード用のリンクを受け取ることができます。このリンクを使用するか、またはインターフェースの「ダウンロード」リンクをクリックします。

コンテンツファイルをダウンロード
コンテンツファイルをダウンロード

デスクトップにZIPファイルがダウンロードされたら、ファイルを解凍します。Windowsの場合は、右クリックで「すべて展開」を選択してください。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍
ダウンロードしたZIPファイルを解凍

ZIPファイルを解凍すると、.xmlファイルの入ったフォルダが出現します。このファイルは、次のステップで使用します。

ステップ3. 作成したWordPress.orgサイトにコンテンツをインポートする

次に、ステップ1で作成したWordPress.orgサイトの管理画面を開きます。

ツール」>「インポート」に移動し、「WordPress」ツールの「今すぐインストール」をクリックします。

WordPressインポートツールをインストール
WordPressインポートツールをインストール

しばらくすると、「インポーターの実行」というリンクが表示されます。リンクをクリックして、続行します。

WordPressインポートツールを実行
WordPressインポートツールを実行

次のページで、先ほどWordPress.comからダウンロードした.xmlファイルをアップロードします。

WordPress.comからエクスポートした.xmlファイルをアップロード
WordPress.comからエクスポートした.xmlファイルをアップロード

.xmlファイルを選択して、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

コンテンツの量によっては、少し時間がかかることがあります。処理が完了すると、以下の2つの項目が表示されます。

  • 投稿者の割り当て
  • 添付ファイルのインポート

投稿者の割り当て」セクションでは、「あるいは投稿を既存のユーザーに割り当てる」のドロップダウンメニューからユーザー名を選択してください。

次に、「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」にチェックを入れます。これで、WordPress.comサイトからすべての画像をWordPress.orgサイトにインポートできます。

インポートの設定
インポートの設定

最後に「実行」をクリックします。

インポートが完了すると、以下のメッセージが表示されます。

インポート完了のメッセージ
インポート完了のメッセージ

サイトにアクセスして、無事にコンテンツがインポートされているか確認しましょう。WordPress.comのサイトと同じようにコンテンツが表示されていればOKです。

URLが壊れていたり、画像がなかったりなど、何か問題があれば、以下の方法で修正してください。

壊れたURLの修正方法

移行の過程でURLを変更すると(例:「yoursite.wordpress.com」 から「yoursite.com」 )、コンテンツ内に「壊れた」URLが残る可能性があります。

例えば、あるブログ記事内に、同じサイト内の別の記事へのリンクを貼り付けていた場合、本来、リンクが「yoursite.com/example」であるべきところ、「yoursite.wordpress.com/example」のままになっている可能性があります。

これを解決するには、Kinstaの検索と置換ツールを使用します。MyKinstaの「ツール」タブから利用可能です。

Kinstaの検索と置換ツール
Kinstaの検索と置換ツール

検索」バーに旧WordPress.comのURLを入力し、「検索後に置換する」にチェックを入れて、「以下に置き換える」にWordPress.orgのURLを入力します(以下のスクリーンショットの例では、仮の一時URLを使用)。すでにドメインがある場合は、そのドメインを使用してください。「実行後にキャッシュをクリアする」をオンにした状態で、「検索後に置換する」をクリックします。

検索と置換ツールを使用
検索と置換ツールを使用

すると、処理される置換候補の件数を確認することができます。

「検索後に置換する」のチェックを外す前に完了メッセージを確認
「検索後に置換する」のチェックを外す前に完了メッセージを確認

情報の確認後、「検索後に置換する」のチェックを外し、再度「検索して置換する」をクリックします。

「検索後に置換する」のチェックを外す
「検索後に置換する」のチェックを外す

壊れた画像リンクの修正方法

移行が正常に完了していれば、すぐにすべての画像が表示されるはずですが、一部画像が欠けていることもあります。

そのようなときは、無料のAuto Upload Imagesプラグインを使用すると、欠落した画像をインポートできます。

プラグインをインストールして有効化したら、WordPressの管理画面の「投稿」に移動してください。チェックボックスですべての投稿を選んで、ドロップダウンから「編集」を選択。そして、「適用」をクリックします。

すべての投稿を選択
すべての投稿を選択

すると、新規インターフェースが表示されます。「更新」ボタンをクリックすると欠落している画像がインポートされます。

すべての投稿を更新
すべての投稿を更新

ステップ4. WordPress.comのウェブサイトをWordPress.orgにリダイレクトする(または非公開にする)

この時点で、WordPress.comのすべてのコンテンツを含んだ自己ホスティング型のサイトが稼動しているはずです。

ところが、まだ1つ重要な問題が。それは、すべてを移行した後のWordPress.comのウェブサイトの扱いです。

WordPress.comのウェブサイトのURLによって、2つの選択肢があります。

WordPress.comとWordPress.orgで同じURLを使用している場合

WordPress.comで独自のURLを使用していて(例:「yoursite.com」)、WordPress.orgのサイトでも同じURL「yoursite.com」を使用する場合は、旧WordPress.comサイトを非公開にするだけで済みます。

WordPress.com管理画面の「設定」に移動し、「プライバシー」セクションの「非公開」を選択します。

WordPress.comサイトを非公開にする
WordPress.comサイトを非公開にする

WordPress.comとWordPress.orgで異なるURLを使用している場合

WordPress.comからWordPress.orgへの移行の過程でサイトのURLを変更した場合は(例:「yoursite.wordpress.com」から「yoursite.com」)、やや複雑になります。

技術的には、「yoursite.wordpress.com」と「yoursite.com」の2つのバージョンが存在することになります。

これには、以下のような懸念点があります。

  • サイト訪問者が古い被リンクをクリックして、「yoursite.com」ではなく、「yoursite.wordpress.com」にアクセスする可能性がある。
  • Googleが重複したコンテンツを検出し、検索結果で上位に表示すべきサイトがどちらかわからなくなる。

この問題を解決するには、リダイレクトを設定します。リダイレクトによって、「yoursite.wordpress.com」にアクセスしようとした訪問者は、自動的に「yoursite.com」へ転送されるようになります。

WordPress.comでのリダイレクト設定には、年間13ドルの費用がかかります。

多少の費用が発生するものの、既存の顧客を失うことを考えれば、支払う価値はあります。

リダイレクトを設定するには、こちらのページにアクセスし、移行したサイトを選択します。

WordPress.comでリダイレクトを設定
WordPress.comでリダイレクトを設定

次に、リダイレクト先のドメインを入力して、「Go実行)」をクリックします。

リダイレクト先のドメインを入力
リダイレクト先のドメインを入力

その後、支払い情報を入力して完了です。

予算に限りがある場合は、上でご紹介した方法で、旧サイトを非公開にするという手もありますが、WordPress.comでこれまで獲得してきたサイトへのアクセスやリンクはすべて失われるため、お勧めはできません。

Jetpackを介してWordPress.comの機能を使用する

これで、ほぼ移行作業は完了です。

最後に1つだけ。

もし、WordPress.comの機能(サブスクリプション機能など)を使いたければ、無料のJetpackプラグインを使用して、WordPress.orgサイトをWordPress.comに接続可能です。これで、ほとんどのWordPress.comの機能を使い続けることができます。

Jetpackは、WordPress.comの運営元と同じAutomattic社によって開発されました。これによって、WordPress.orgのサイトにも、多くのWordPress.comの機能を簡単に追加できます。

まとめ

WordPress.comからWordPress.orgへの移行は、ビジネスの成長につながる大きなステップです。自己ホスティング型に移行することで、ウェブサイトをより柔軟に管理することができるようになります。その後の可能性は無限大です。

万が一、WordPress.comからWordPress.orgへの移行に問題が発生したら、WordPress開発者を雇うことを検討してみてください。熟練した開発者にとって、この手の作業は簡単なもので、Kinstaの環境であればすぐに解決できるはずです。

今回ご紹介した内容に関して、ご不明点などはありますか?下のコメント欄からお聞かせください。


アプリケーションデータベースWordPressサイトのすべてを一箇所で。Kinstaの高性能クラウドプラットフォームでは、次のような便利な性能や機能の数々をご用意しています。

  • MyKinstaでの簡単な設定と管理
  • 24時間年中無休のWordPressエンジニアによるサポート
  • 最高レベルのGoogle Cloud Platformハードウェアとネットワーク(Kubernetesにより優れた拡張性を実現)
  • 速度と堅牢性を両立するエンタープライズレベルのCloudflare統合
  • 世界各地35箇所のデータセンターと275に達するPoP(世界規模でオーディエンスに訴求可能)

アプリケーションホスティングまたはデータベースホスティングの初月を20ドル割引でお試しいただけます。プラン一覧をご覧いただくか、営業までお気軽にお問い合わせください