WordPressのアドレスとウェブサイトのアドレスは、ウェブサイトのWeb上のアドレスとウェブサイトのファイルの場所を特定するため、非常に重要です。

WordPress のURLを変更する理由は、ドメインの切り替えサブドメインへの移動、wwwから非wwwへの移行、ファイルを移動すること、さらにHTTPからHTTPSへの移行などがあります。

どの理由であっても、URLを変更するオプションは初心者に適切な手段も難しい手段もあります。

本記事では、WordPressインストールのURLとWordPressサイトのURLを変更する手順を両方ご紹介します。

動画の方がいいですか?

管理画面でのWordPressのURL変更

最も一般的な方法は、管理ダッシュボードを使用してWordPressのURLを変更することです。管理メニューの「設定」→「一般」で一般設定画面にアクセスします。その後、以下のように更新することができます。

  • WordPressのアドレス(URL):サイトにアクセスするためのアドレス。
  • サイトアドレス(URL)WordPressのコアファイルにアクセスするためのアドレス。
一般設定 - WordPressのURL

一般設定 – WordPressのURL

WordPressに独自のディレクトリを指定しない限り、上記は一致するはずです。「変更を保存」をクリックすると、WordPressダッシュボードには新しいURLでしかアクセスできなくなります。ご注意ください。正しいURLを入力したかどうかを必ず確認しましょう。

万が一、誤ったURLを入力してしまった場合は、wp-config.phpファイルを編集することで、管理画面の設定を上書きすることができます(次の手順を参照)。

注:上記の記入欄がグレー表示されている場合は、wp-config.phpファイルにすでにハードコーディングされた値があります。その場合は、以下の手順2に従ってください。

Kinstaサーバー上で新しいWordPressインストールを作成している場合、sitename.kinsta.cloudなどの一時的なURLが生成されます。上記の手順に従ってその一時的なアドレスを更新できます。

URLを更新した後に、リダイレクトエラーが発生しないように WordPressのキャッシュをクリアする必要があるかもしれません。Kinstaのお客様には、MyKinstaダッシュボードの該当するサイトの「ツール」メニューでキャッシュをクリアいただけます。

MyKinsta - キャッシュをクリアする

MyKinsta – キャッシュをクリアする

wp-config.phpファイルでのWordPressのURL変更

WordPressのURLを変更する2番目に一般的な方法は、wp-config.phpファイルを使用することです。wp-config.phpの値は、WordPressの管理画面での設定を上書きしますので、ご注意ください。

記入欄が編集できない場合(下記参照)、値がこのファイルでハードコーディングされているためでしょう。

WordPressURL変更:一般設定の「URL」が灰色になっている

一般設定の「URL」が灰色になっている

wp-config.phpファイルは、WordPressウェブサイトのルートにあり、FTPSSH、またはWP-CLIを使用してアクセスできます。

wp-config.phpファイルの「That’s all, stop editing! 」の上のどこかに、以下の2行を追加します。

define( 'WP_HOME', 'http://yoursiteurl.com' );
define( 'WP_SITEURL', 'http://yoursiteurl.com' );

次に、wp-config.phpファイルを保存してファイルを閉じます。

WordPress管理画面の一般設定画面に行くと、この2つのフィールドが灰色になっていることがわかります。wp-config.php から上記の 2 行を削除しない限り、これらの項目を編集することはできません。

これらの項目に再びダッシュボードからアクセスしたい場合は、wp-config.php ファイルから上記の2行を削除するだけでよいのです。

データベースからのWordPressのURL変更

WordPressのURLを変更するための3つ目の方法は、WordPressのデータベースに直接入力することです。これを行うには、phpMyAdmin(MyKinstaダッシュボードからアクセス可能)を使用します。これはあくまでも最後の手段です。

MyKinstaからのphpMyAdminへのアクセス

MyKinstaからのphpMyAdminへのアクセス

Important

phpMyAdminからテーブルを誤って編集すると、ウェブサイトが完全に停止する場合があります。ご自信のない方は必ずご利用の開発者に確認してください。また、データベースを編集する前に、必ずサイトのバックアップを作成しましょう。

phpMyAdminでは左側のデータベースをクリックします。次にスクロールダウンしてwp_optionsテーブルをクリックします。データベースのプレフィックスが異なる場合は、wp56_optionsなど名前が多少異なる場合があります。

phpMyAdmin - wp_optionsテーブル

phpMyAdmin – wp_optionsテーブル

次に、「siteurl」と「home」のフィールドを探します。それぞれの「option_value」フィールドをダブルクリックして、新しいURLを入力します。

WordPressのURL変更 - phpMyAdmin

phpMyAdmin – URLの編集

変更が自動的に保存されます。

WP-CLIを使ってのWordPressのURL変更

4つ目の方法は、WordPressのコマンドラインインターフェイス(WP-CLI)を使ってサイトにアクセスし、URLを編集することです。

これを行うには、サイトへの SSH アクセスが必要であり 、WP-CLI を使用してサイトにアクセスするプロセスに精通している必要があります。(SSH アクセスはKinsta のすべてのお客様に提供されます。)

WP-CLIに慣れていない方は是非、当社のターミナルからWordPressを管理することについての記事をご参照ください。

URLを編集するためのコマンドは以下の通りです。

wp option update home 'http://yoursiteurl.com'
wp option update siteurl 'http://yoursiteurl.com'

WordPressのログインURLの変更

WordPressのログインURLを変更したいが、本番サイトのURLは変更したくない場合があります。

ログインURLは通常、ドメイン名の後に「/wp-admin」または「/wp-login」が続くものです。しかし、ユーザーやお客様に優れたユーザーエクスペリエンスを提供したり、サイトの管理画面のブランドを確立したり、WordPressへの明白な言及を削除するために、よりシンプルなものに変更することは可能です。

WordPress のログインURL は、手動でもプラグインでも変更できます。

WordPressのURL変更後のリダイレクト

WordPressのURLを変更した後、旧URLを使用しているユーザーが新しいURLにリダイレクトされ、エラーが発生しないことを確認する必要があります。

Kinstaをご利用の場合、MyKinstaを使ってリダイレクトを設定することができます。リダイレクトをサイトのパフォーマンスに影響を与えないように設定する手順や、「リダイレクトが多すぎる」などのリダイレクトエラーを避けるためのリダイレクトのベストプラクティス
については、知識ベースの記事ご覧ください。

myKinsta リダイレクト

MyKinstaを使ってワイルドカードのリダイレクトを設定する

ワイルドカードリダイレクトの方が可能性が高いですが、個々の投稿や固定ページにリダイレクトを追加する場合もあります。

Kinstaを利用していない場合は、お客様のホスティングプロバイダーのコントロールパネルではワイルドカードのリダイレクトを設定できるかどうかを確認してください。

または、Redirectionなどのプラグインを使用して、急ドメイン名から新しいドメイン名へのワイルドカードのリダイレクトを設定することもできます。

Yoastのプレミアム版をご利用の場合は、個々の投稿や固定ページのURLを編集する際に、プラグインが自動的にリダイレクトを設定してくれるので、手動で行う必要はありません。また、サイトのURLを変更する際に使用できる正規表現リダイレクトを設定することもできます。正規表現リダイレクトの詳細については、当社のリダイレクトに関する記事をご覧ください。

まとめ

ドメインを変更したり、HTTPSに移行したりしてWordPressのURL を変更する必要がある場合、やり方はいくつかあります。

WordPressの管理画面で設定を変更したり、wp-config.php ファイルを使ってハードコードしたり、データベースを編集したり、WP-CLI を使用したりすることができます。上記の方法を実行して、サイトに適したのを見つけてください。 WordPressの新しいURL がすぐに機能するようになるでしょう。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。