WordPressのアドレスと、サイトのアドレス(またはURL)は非常に重要で、ウェブ上のサイトアドレスを表すと同時に、サイトのファイルや管理画面の場所も示します。

WordPressのURLの変更が必要になる場面は、ドメインの変更サブドメインへの移動、wwwから非wwwへの更新、ファイルの移動、HTTPからHTTPSへの移行など様々です。

どのケースでも、URLの変更にはいくつかの選択肢があり、簡単なものから複雑なものまであります。

この記事では、「WordPressのURL」と「WordPressサイトのURL」を変更する4つの方法をご紹介します。なお、後で解説するように上の2つのURLは異なりますので注意してください。

動画でも解説しています。

管理画面からのWordPressのURLの変更

最初の方法は最も一般的な、管理画面から直接WordPressのURLを変更する方法です。管理画面の「設定」>「一般」で一般設定画面にアクセスし、以下のように更新します。

  • WordPressアドレス(URL:サイトにアクセスする際のアドレス
  • サイトアドレス(URL:WordPressコアファイルのアドレス
一般設定─WordPressのURL
一般設定─WordPressのURL

WordPressを独自のディレクトリにインストールした場合を除き、2つのアドレスは同じはずです。「変更を保存」をクリックすると、WordPress管理画面は、新しいURLでしかアクセスできませんので注意してください。必ず正しいURLを入力したことを確認してください。

万が一、誤ったURLを入力した場合は、wp-config.phpファイルを編集することで、管理画面の設定を上書きできます。次に説明する方法をご参照ください。

注意:上のフィールドがグレーアウトされている場合は、恐らく、wp-config.phpファイル内にアドレスがハードコードされてます。その場合も、次に説明する方法をご参照ください。

Kinstaで新しいWordPressインストールを作成すると、「sitename.kinsta.cloud」のような一時的なURLが付与されます。上の手順に従ってアドレスを更新してください。

また、URLを更新した後にはWordPressのキャッシュをクリアする必要があります。これを怠ると、リダイレクトエラーが発生する場合があります。Kinstaのお客様であれば、MyKinstaダッシュボードのサイトの「ツール」セクションからキャッシュをクリアできます。

MyKinsta─キャッシュをクリア
MyKinsta─キャッシュをクリア

wp-config.phpファイルでのWordPress URLの変更

2番目に一般的なWordPressのURLを変更する方法は、wp-config.phpファイルでの変更です。重要な注意点として、wp-config.phpの値は、WordPressの管理画面での設定よりも優先されます。

下図のように、管理画面のフィールドが編集可能でない場合は、恐らくwp-config.phpに値がハードコードされていることが原因です。

一般設定でURLがグレーアウトしている例
一般設定でURLがグレーアウトしている例

wp-config.phpファイルは、通常、WordPressサイトのルートディレクトリにあり、FTPSSH、またはWP-CLIでアクセスできます。

wp-config.phpファイルで、「That’s all, stop editing!」または「編集が必要なのはここまでです!」と書かれた行より上に、以下の2行を追加します。

define( 'WP_HOME', 'http://yoursiteurl.com' );
define( 'WP_SITEURL', 'http://yoursiteurl.com' );

wp-config.phpファイルを保存して、閉じます。

WordPress管理画面の一般設定画面にアクセスすると、この2つのフィールドはグレーアウトされているはずです。wp-config.phpからこの2行を削除しなければ編集できません。

管理画面から、再びこの設定にアクセスしたい場合は、wp-config.phpファイルから追加した2行を削除してください。

データベース内のWordPressのURLを直接変更する

WordPressのURLを変更する3番目の方法では、WordPressのデータベース内の値を直接更新します。これには、phpMyAdminを使用します。Kinstaのお客様であれば、MyKinstaダッシュボードからアクセスできます。この変更方法は通常、最後の手段となります。

MyKinstaでのphpMyAdminへのアクセス
MyKinstaでのphpMyAdminへのアクセス

phpMyAdminで、左側のデータベースをクリックします。下にスクロールして「wp_options」テーブルをクリックします。データベースの接頭辞を変更している場合は、「wp56_options」のような少し異なる名前かもしれません。

phpMyAdmin─「wp_options」テーブル
phpMyAdmin─「wp_options」テーブル

次に、「site url」「home」フィールドを探します。それぞれの「option_value」フィールドをダブルクリックして、新しいURLを入力します。

phpMyAdmin─URLの編集
phpMyAdmin─URLの編集

変更内容は自動的に保存されます。

WP-CLIを使用したWordPressのURLの変更

4番目の方法では、WordPressコマンドラインインターフェイス(WP-CLI)を使用してサイトにアクセスし、URLを編集します。

これにはサイトへのSSHアクセスが必要です(Kinstaのすべてのお客様には提供されています)。また、WP-CLIを使用してサイトにアクセスするプロセスに精通している必要もあります。

WP-CLIに慣れていない方は、ターミナルからのWordPress管理についての詳細な記事をご覧ください。

URLを編集するコマンドは以下のとおりです。

wp option update home 'http://yoursiteurl.com'
wp option update siteurl 'http://yoursiteurl.com'

WordPressログインURLの変更

サイトのURLは変更せずに、WordPressのログインURLのみを変更したい場合があります。

ログインURLは通常、ドメイン名の後に「/wp-admin」または「/wp-login」が続きます。ユーザーやクライアントに対するより良いユーザーエクスペリエンスの提供、サイトの管理画面に対するブランドの確立、WordPressを使用している明らかな証跡の削除などの理由から、これをよりシンプルな形式に変更できます。

WordPressのログインURLは手動、またはプラグインをインストールして変更できます。

WordPressのURLを変更した後のリダイレクト

WordPressのURLを変更した後は、古いURLを使用しているユーザーを新しいURLにリダイレクトして、エラーを出さないようにします。

Kinstaのお客様であれば、MyKinstaを使用してリダイレクトを設定できます。リダイレクト方法については、ナレッジベースの記事をご参照ください。また、「リダイレクトが多すぎる」などのリダイレクトエラーを避けるため、リダイレクトのベストプラクティスを参照しながら、サイトのパフォーマンスに影響を与えない設定方法を確認してください。

MyKinstaでのワイルドカードによるリダイレクトの作成
MyKinstaでのワイルドカードによるリダイレクトの作成

また、個々の投稿やページにリダイレクトを追加する必要があるかもしれませんが、ワイルドカードによるリダイレクトの方がより一般的です。

Kinstaを利用していない場合は、ご使用のレンタルサーバーのコントロールパネルでワイルドカードリダイレクトを設定できるかどうかを確認してください。

または、Redirectionのようなプラグインを使用して、古いドメイン名から新しいドメイン名へ、ワイルドカードによるリダイレクトを設定することもできます。

サイトでYoastプレミアムを実行している場合は、個々の投稿やページのURLを編集する必要があっても、プラグインが自動的にリダイレクトを設定するため、手動で編集する必要はありません。また、Regexリダイレクトも設定できます。これは使い方がわかっていれば、サイトのURLを変更する際に使用できます。こちらのリダイレクトに関する記事では、Regexリダイレクトの動作に関して詳細に解説しています。

まとめ

ドメインの変更や、HTTPSへの移行などで、WordPressのURLの変更が必要な場合、いくつかの方法があります。

この記事では、WordPress管理画面で設定する、wp-config.phpファイルに書き込む、データベースを編集する、WP-CLIを使用する方法をご紹介しました。この中から自分のサイトに最適なWordPressのURLの変更方法を見つけましょう。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された33カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。