WordPressウェブサイトがメンテナンスモードのままで固まりましたか?よくあることで、ご心配要りません。どのCMSにもその独特な異常があり、本異常はWordPressの特徴です。本記事では、ウェブサイトがメンテナンスモードのままで戻らないときに手動で戻す方法について簡単に説明します。以下について説明します:

WordPress site stuck in maintenance mode? No worries, here's how to fix it.Click to Tweet

WordPressがメンテナンスモードのまま固まった場合の処理方法について

WordPressには、WordPressダッシュボードからソフトウェア、テーマ、またはプラグインを更新するたびに機能する自動更新システムの一部である内蔵のメンテナンスモードがあります。アップデートを行う度にWordPressのアップデートインターフェースでこのメンテナンスモードのメッセージが表示されます:

WordPress独自の更新システム

WordPress独自の更新システム

ほとんどの場合、「メンテナンスモード」から「機能するウェブサイト」への切り替えには数秒がかかり、ウェブサイトがメンテナンスモードになっていたことにさえ気づきません。

ただし、うまくいかない場合もあります。その考えられる原因は次のとおりです:

その結果、ウェブサイトにアクセスしようとしたときに、次のメッセージが表示されます:

現在、メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。

WordPress のメンテナンスモードの一例

WordPress のメンテナンスモードの一例

上記にのメッセージが表示されるときに以下の手順に従って処理してください。

WordPressがメンテナンスモードのまま固まった場合の処理方法について

WordPressがメンテナンスモードに入ると、WordPressウェブサイトのルートフォルダに「.maintenance」というファイルが作成されます。このフォルダには次のファイルもあります:

WordPressがメンテナンスモードのまま固まった異常を処理するには、FTPでサーバーに接続し、上記のファイルを削除します。Kinstaのお客様は、SFTPを使用してウェブサイトへの接続については、こちらの記事をご参照ください。FTPでウェブサイトに接続した上で、ルートフォルダの「.maintenance」ファイルを削除します:

ルートディレクトリの「.maintenance」ファイルを削除する

ルートディレクトリの「.maintenance」ファイルを削除する

該当のファイルを削除すると、ウェブサイトは通常どおり機能するはずです。WordPressウェブサイトのキャッシュもクリアした方が良いでしょう。Kinstaのお客様は、(アクセスできる場合に限りますが、)MyKinstaダッシュボードからもWordPressダッシュボードの管理ツールバーからもキャッシュをクリアできます。

異常は互換性の問題によるものではない限り、ウェブサイトが最新版のままであるためにアップグレードを再度実行した方が良いでしょう。

予防策について

本異常は比較的に処理しやすい異常ですが、ウェブサイトがメンテナンスモードから戻らないことを予防する対策はいくつかあります。

1.プラグインとテーマの互換性を確認する

更新する前に、プラグイン及びテーマはご利用のWordPressバージョンとの互換性があることを確認してください。互換性はWordPressのダッシュボードから直接に確認できます:

WordPressプラグインの互換性

WordPressプラグインの互換性

2. すべてのプラグインを一度に更新しない

一度に数多くの更新を実行することを避けましょう。更新が利用可能になった途端にテーマまたはプラグインを更新することにより、WordPressが一括で行うべき更新の数を最小限に抑えることができます。

サイトの維持管理については、当社のWordPressのメンテナンスの詳細なガイドも是非お読みください。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。