Googleフォームは、ウェブサイトのユーザーからフィードバックを集めるのに便利な手段です。ただし、一流の調査やお問い合わせフォームなどのコンテンツを作成する前に、WordPressサイトにそのコンテンツを埋め込む方法を学びましょう。

幸いなことに、ほんの数ステップでGoogleフォームをWordPressサイトに埋め込み、ユーザーからの回答の受け取ることができます。そうすると、ユーザーからの指摘に基づいてウェブサイトとそのコンテンツを改善できます。本投稿では、Googleフォームがウェブサイト全体とあなたのブランドのためになる方法をご紹介したいと思います。そしてその後、Googleフォームをウェブサイトに埋め込む簡単な手分も説明します。

準備はいいですか?それでは、まいりましょう。

Googleフォームの紹介

Googleフォームは、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどのようなウェブアプリケーションであり、インタラクティブなアンケートなどのフォームを作成するために使用されます。一般的な用途は次のとおりです。

他のG Suiteアプリと同様に、フォームをGoogleドライブに保存できます。また、Googleの共有機能も利用できます。共有機能は特に、ウェブサイトのコンテンツをチームとして作成して他のユーザーがアンケートなどにアクセスできるようにする場合に便利です。

共有機能
共有機能

無料のプラットフォームは、フォーム作成プロセスを合理化します。既存のさまざまなテンプレートを選択することも、独自のテンプレートを作成して後で使用するために保存することもできます。

Googleフォームの埋め込み:テンプレート
Googleフォームのテンプレートギャラリー

Googleフォームはまた、あなたブランドに合わせてコンテンツのデザインさえ微調整します。

さまざまなテーマから好きなものを選択するか、単に各フォームに独自のロゴを追加することができます。プラットフォームはフォームの色を自動的に調整し、ウェブサイトに合わせた独自の外観を作成します。Googleフォームはまた完全にレスポンシブであるため、ユーザーはスマートフォンやその他のモバイルデバイスから回答することができます。

最後に、Googleアカウントを使用して収集された結果をリアルタイムで確認できます。

Googleフォームの回答
Googleフォームの回答

Googleフォームでを使用して回答の内容とそのグラフを確認するか、Googleスプレッドシートにデータをエクスポートしてさらに分析することができます。結果の整理、評価、チームとの共有が簡単かつ便利になります。

WordPressサイトにGoogleフォームを埋め込む理由

WordPressサイトにカスタムフォームを埋め込みたい方は、おそらくWordPressのフォームビルダープラグインの使用も検討したことがあるでしょう。これらはすべて便利なツールですが、Googleフォームの方がより便利である理由はいくつかあります。

まず、Googleフォームを使用すると、Googleのストレージおよび共有機能も利用できます。それに、Googleフォームを使用すると、ウェブサイトのプラグインの数を増やさないため、読み込み時間が遅くなったりパフォーマンスが悪化したりすることを避けることができます。

また、WordPressプラグインを使用しても他のユーザーにフォームを作成できる権限を与えることができますが、Googleフォームでは、コンテンツの共同編集者を完全に管理できます。特定のフォームで作業できるユーザーをケースバイケースで指定できるため、セキュリティを強化してミスを回避できます。

最後に、Googleフォームを使用すると、WordPressサイトだけでなく、ブランド全体の存在感も向上します。WordPressプラグインを使用して作成されたフォームはウェブサイトでのみ機能しますが、Googleフォームはソーシャルメディアマーケティングメールなど、あらゆるプラットフォームで共有可能です。

お客さまがGoogleフォームに記入するプラットフォームに関係なく、その回答は1か所に記録されます。これにより、ウェブサイトだけでなく、ブランドのすべてのチャネルでそのフォームの結果を追跡できます。

WordPressサイトにGoogleフォームを埋め込む方法(3つの簡単なステップ)

GoogleフォームがあなたのWordPressサイトのニーズに最適なソリューションですか?よかったです!Googleフォームの埋め込みプロセスはプラグインのインストールほど簡単ではありませんが、3つの簡単なステップでできます。

ステップ1:Googleフォームの作成

まず、Googleフォームを作成します。Googleアカウントにログインし、Googleアプリメニューで紫色のアイコンをクリックしてGoogleフォームにアクセスします。

Googleフォームのアイコン
Googleフォームのアイコン

G Suiteをご使用の場合、Googleフォームのインターフェースはかなり馴染みがあるはずです。GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートに非常に似ています。

GoogleフォームのUI
GoogleフォームのUI

フォームを作成するには、ツールバーから「 無題のタイル」を選択するか、テンプレートを選択します。

どちらにしても、フォームに直接入力して、タイトルと説明を追加したり、質問と回答の選択肢を作成したりできます。ドロップダウンメニューを使用して、回答のタイプを指定することもできます。

Googleフォームの埋め込み:Googleフォームのセットアップ
Googleフォームのセットアップ

エディターの右側にあるツールバーを使用すると、新しい質問を追加したり、別のGoogleフォームから質問をインポートしたり、画像や動画をアップロードしたり、追加のセクションを作成したりできます。次に、パレット、目または、歯車のアイコンを使用して、フォームのテーマを変更したり、プレビューを確認したり、詳細設定にアクセスしたりできます。

これらのツールを自由に使えば、どのフォームも作成できるはずです。チームメンバーの意見を取り入れる場合は、3つのドットのアイコンをクリックして、「共同編集者を追加」を選択します。

共同編集者をGoogleフォームに追加する
共同編集者をGoogleフォームに追加する

招待するユーザーのメールアドレスを入力するか、リンク共有機能を使用して、チームメンバーを招待します。変更はGoogleドライブに自動的に保存されます。編集が完了したら、GooleフォームをWordPressサイトに埋め込みます。

ステップ2:Googleフォームの埋め込みコードの入手

Googleフォームを埋め込むには、フォームエディターの上部にある「送信」ボタンをクリックします。そこでは、フォームをメール、リンク、HTML、Facebook、またはTwitterで共有する5つのオプションがあります。

Googleフォームをメールで共有する
Googleフォームをメールで共有する

フォームをメールマガジンで送信したり、ソーシャルメディアで共有したりできますので、上記のすべてのオプションが便利な場面があります。

ただし、このチュートリアルでは、HTMLオプションについて述べます。したがって、<>タブを選択します。「埋め込みHTML」の下にコードスニペットが表示され、その下にフォームのサイズを変更するオプションが表示されます。

ご希望のサイズを設定して、ウィンドウの右下にある「コピー」をクリックします。

Googleフォームの埋め込みコードを取得する
Googleフォームの埋め込みコードを取得する

次に、WordPressダッシュボードに移動します。

ステップ3:コードのWordPressの投稿または固定ページへの追加

HTMLコードスニペットを手に入れたら、Googleフォームをウェブサイトに埋め込む準備ができました。まず、フォームを組み込む投稿または固定ページに移動します。WordPressのブロックエディターをご利用の場合、カスタムHTMLブロックを追加します。

カスタムHTMLブロック
カスタムHTMLブロック

次に、Googleフォームのコードをそのブロックに貼り付けます。

Gutenbergを使用して埋め込みコードを追加する
ブロックエディターを使用して埋め込みコードを追加する

カスタムHTMLブロックのツールバーの「プレビュー」タブをクリックすると、Googleフォームのウェブサイトに表示されるとおりのプレビューが表示されます。

埋め込まれたGoogleフォームのブロックエディターでのプレビュー
埋め込まれたGoogleフォームのブロックエディターでのプレビュー

旧エディターをご利用の場合、手順は少し異なります。ツールバーの上部にある「テキスト」タブをクリックして、テキストエディターに切り替えます。

旧エディター:テキストビュー
旧エディター:テキストビュー

次に、Googleフォームの埋め込みコードをページの表示したい場所に貼り付けます。

WordPressの旧エディターを使用してGoogleフォームを埋め込む
WordPressの旧エディターを使用してGoogleフォームを埋め込む

ビジュアルエディターに戻ると、編集フィールドにフォームが表示されます。

埋め込みGoogleフォーム:プレビュー
埋め込みGoogleフォーム:プレビュー

プレビューをクリックして、フォームがフロントエンドでどのように表示されるかを確認することもできます。

GoogleフォームのWordPressの投稿または固定ページへの埋め込みは以上です!

WooCommerceでのGoogleフォームの使用

ご存知かと思いますが、Google FormsはWooCommerceなどのeコマースプラットフォームにとっても便利なツールです。このツールを使用すると独自のカスタム注文フォームを簡単に作成できます。作成プロセスを高速化するための注文フォームテンプレートさえあります。

注文リクエストの例
注文リクエストの例

また、顧客情報を記入してもらったり、商品とその購入体験などを評価してもらったりすることもできます。

ただし、悪いニュースがあります。商品ページにGoogleフォームを埋め込むだけでは、WooCommerce注文の機能がそのフォームに統合されません。幸いなことに、そこで役立つサードパーティ製のソリューションがいくつかあります。

オプション#1:Automate.io

まず最初に、クラウドアプリケーション統合ツールであるAutomate.ioがあります。

Automate.io
Automate.io

このソリューションにより、WooCommerceとGoogle Formsを接続し、特定のトリガーを設定して応答を自動化できます。たとえば、次のことができます。

Automate.ioは、1か月あたり最大250アクションまで無料で使用できます。月額39ドルの年間プランでは、最大10,000アクションもできます。

オプション#2: LeadsBridge

もう1つのオプションはWooCommerceとGoogle Formsを自動的に統合して、新規見込み客を追跡できるLeadsBridgeです。

LeadsBridge
LeadsBridge

このツールは、オンラインビジネスの動向を把握して、時間の経過とともにその成長を監視するのに役立ちます。LeadsBridgeには、注文フォームなどの便利な機能を設定できるように統合の手順書があります。月額29ドルからの年間プランは、Automate.ioよりも手頃な価格です。

Option #3: Integromat

3番目のオプションであるIntegromatもGoogleフォームとWooCommerceの統合を提供します。

Integromat
Integromat

このツールは、Googleフォームの回答に関連するトリガーを使用してもWooCommerceのクーポン、注文、顧客、商品などに関連するトリガーを使用しても、特定のアクションを自動化できます。IntegromatはAutomate.ioよりも手頃な価格であり、無料プランは月に1,000の操作が含まれますが、10,000の操作の最安のプランは月額9ドルです。

Need to gather user feedback or run a survey? Learn how to properly embed Google Forms on your WordPress site! 📋❓Click to Tweet

まとめ

フォームは多くのWordPressウェブサイトの非常に重要な部分です。サイトにアンケートを組み込んでユーザーのフィードバックの受け取り、詳細な注文フォームをWooCommerceストアへの追加など、用途を問わず、Googleフォームはその用途に合ったフォームを作成するための使いやすくて無料なツールです。WordPressサイトにGoogleフォームを埋め込むには、次の3つの簡単なステップに従うだけです。

  1. Googleフォームを作成します。
  2. Googleフォームの埋め込みコードを入手します。/li>
  3. 埋め込みコードをWordPressの投稿または固定ページに追加します。

WordPressサイトにGoogleフォームを埋め込むことについてご質問がありますか? 下記のコメント欄でお知らせください。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された29カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。