アクティブインストールの数が400万件以上であり、満足度の高くて忠実なデジタル店舗オーナーの大勢に愛用されることにも代表されるように、WordPress.orgにてのユーザー評価が4.6点のWooCommerceは一番人気のある無料のWordPress 用電子商取引サービスであることに違いありません。

2019年6月現在、すべてのオンライン店舗の約7%、中にも上位の100万のオンライン店舗の22%がWooCommerceを利用しています。電子商取引は急成長しています。WordPress上のウェブサイトを使ってデジタル店舗を開くことを検討しているあなたなら、WooCommerceが最高の選択肢の一つです。

ただし、WooCommerceの立ち上げ手順がわからない方もいるかもしれません。そのため、詳細なチュートリアルをご用意しましたので、是非ご確認ください。


WooCommerceのインストールと設定手順(7つのステップ)

当然、WooCommerceプラグインをインストールしてアクティブ化することから始めます。対象のWordPressウェブサイトは新規であっても既存であってもかまいません。プラグインの設定またはコンフィギュレーションについては、次の手順に従ってください。

Important

最新の状態を維持し、最高のユーザーエクスペリエンスを提供するために、WooCommerce 3.7以降では、少なくともWordPress 4.9およびPHP 5.6が必要です。

ステップ1:プラグインをインストールする

まず、WooCommerceプラグインをウェブサイトにインストールします。WordPressリポジトリから無料でダウンロードして、ウェブサイトにアップロードすることができます。さらに簡単に、WordPressダッシュボードからインストールすることも可能です。

WordPressプラグインWooCommerce

WordPressプラグインWooCommerce

ダッシュボードからインストールするには、 プラグインメニュー→ 新規追加にナビゲートします。検索フィールドで 「WooCommerce」を入力してプラグインを検索し、「今すぐインストール」をクリックします。作者がAutomatticであることを確認してください。

WooCommerceのインストール

WooCommerceのインストール

プラグインのインストールが完了するまで数分かかります。次に「有効化」をクリックします。

WooCommerceの有効化

WooCommerceの有効化

これで、プラグインの立ち上げができました!

ステップ2:設定ウィザードを開く

その後、WooCommerceの設定のためのウィザードが立ち上がります。これをスキップすることはできますが、重要なことが設定できるため、スキップしないことをお勧めします。

WooCommerce設定ウィザードの最初のページは次のようになります。

WooCommerce店舗の設定画面

WooCommerce店舗の設定画面

ここで、住所、使用する通貨、デジタル商品を販売するか物理的な商品(または両方)を販売するか店舗に関する基本情報の入力が求められています。

設定ウィザードで設定したものは、必要に応じて後でもWooCommerceの設定画面で変更できます。今のところ、WooCommerceチュートリアル2019念の次のステップは、「次へ」を選択することです。

ステップ3:支払い方法の設定

次の画面で、オンライン店舗の支払い方法が決定できます。デフォルトでは、小切手や現金などのオフライン支払いとともに、StripePayPalが使用できます。

WooCommerce店舗の支払方法設定画面

WooCommerce店舗の支払方法設定画面

使用するオプションを選択するだけで、WooCommerceがその設定を行ってくれます。拡張機能を使用することにより、店舗にその他の決済処理会社を追加することも可能です。これについては後で説明します。Kinstaはfans of Stripeの方が好きです。

参考文献:Stripe Radarを使用してクレジットカード詐欺を98%防止する方法

Squareをご利用の方は、当社のStripeとSquareの比較についての記事も是非ご覧ください。

ステップ4:配送方法の設定

次に、「配送画面」が表示されます。

WooCommerceの配送画面

WooCommerceの配送画面

ここで、送料を設定できます。 優先するゾーンの送料とその他の場所にいる顧客のための送料を個別に指定することもできます。必要に応じて、送料無料を提供することも可能です。

ステップ5:オプションのアドオンを確認する

これでWooCommerce店舗の基本設定が完了です。設定ウィザードの次の画面には、オプションのアドオンが表示されます。

WooCommerceの推奨画面

WooCommerceの推奨画面

これらのツールはすべて便利ですが、必ずしも必要なものはありません。少なくともStorefrontを検討するようにお勧めします。Storefrontは、オンライン店舗の設定が簡単になるWooCommerce専用に設計されたWordPressテーマです。

ステップ6:Jetpackプラグインをインストールする(オプション)

次の画面にもオプションのアドオンがあります。

WooCommerceの有効化画面

WooCommerceの有効化画面

Jetpackは、セキュリティや分析など幅広い機能を提供する便利なWordPressプラグインです。WooCommerce店舗に追加すると便利ですが、必須ではありません。インストールするかどうかはあなた次第です。

ステップ7:設定ウィザードを完了する

これで出店の準備は一通り完了です。

WooCommerce出店準備完了

WooCommerce出店準備完了

ここには便利なリンクが多数あります。商品を店舗にインポートしたり、WordPressダッシュボードに戻ったり、設定を編集したりできます。

ただし、この時点で行いたいのはおそらく商品の登録でしょう。当社のWordPressのWooCommerceチュートリアルに従い続け、「まずは商品を登録しましょう。」を選択してください。

WooCommerceでの新商品の追加と管理

WooCommerceをインストールすると、ダッシュボードのサイドメニューに「WooCommerce」(一般設定エリア)と「商品」(商品設定エリア)という2つの新しいタブが表示されます。

オンライン店舗を設定するには、設定ウィザードの最後にあるリンクをクリックするか、「商品」→「新規追加」にアクセスします。いずれにしても、これにより使い慣れたWordPressエディターを使用して最初の商品を追加できます。

WooCommerce新規商品の一例

WooCommerce新規商品の一例

まずは、商品名と商品説明を登録します。ライブプレビューで見た商品名と商品説明のみの部分は下記のとおりです。

WooCommerceの商品名と商品説明

WooCommerceの商品名と商品説明

これが完了したら、新規商品の基本情報もWordPressに追加します。下記では、その方法を見ていきます。

商品に重要な特徴を追加する

投稿エディタの下にスクロールダウンすると、通常の投稿や固定ページにない2つの新しいウィジェットが表示されます。1つ目は「商品データ」です。

WWooCommerce の「商品データ」

WooCommerce の「商品データ」

商品データ画面ウィジェットでは、商品の詳細な情報が設定できます。最上部で、商品が仮想であるか(「配送方法」タブが削除される)、ダウンロード可能かどうかを選択できます。「一般」タブでは、通常価格とセール価格を入力することができます(セールというものは、時間の影響を受ける可能性があります)。

デジタル商品を販売している場合は、ダウンロード対象のファイルをアップロードし、ダウンロード回数の制限(無制限にする場合は空欄)、ダウンロードの有効期限(無期限にする場合は空欄)を設定する必要があります。

WooCommerceのダウンロード可能な商品の設定項目

WooCommerceのダウンロード可能な商品の設定項目

次に、「在庫」タブでは、商品の数量、在庫状況(在庫の有無)、取り寄せの注文(予約注文など)を受け付けるかどうかを入力することにより在庫を管理できます。

WooCommerceの在庫タブ

WooCommerceの在庫タブ

さらに、商品を単品で販売されているものにすることもできます。つまり、1回の注文に対して1つしか購入できないようする場合は、単品の項目を必ず有効にしてください。SKU(識別番号)をお持ちの方はここの画面にて入力してください。

他にも便利なタブが多数あります。「配送方法」タブでは、商品の重量、寸法、配送クラスなどを入力できます。「関連商品」タブでは、アップセルやクロスセルなどが追加でき、「属性」タブでは商品の特徴が入力できます。

最後に、「高度」タブでは、カスタム購入メモを入力し、メニュー内で商品に特定の位置を指定し、顧客レビューの有効化や無効化ができます。必要に応じて、「その他のオプション」画面で推奨される拡張機能も確認することができます。

属性およびバリエーションのある商品の作成

ご覧のとおり、WooCommerce商品の情報を設定し、完全にカスタマイズするオプションが多数あります。「商品データ」画面の最も役立つ2つのオプションである「属性」と「バリエーションのある商品」を詳しく見てみましょう。

属性は商品の基本特徴であり、見込み客に色、素材、サイズ、種類などなどの重要な情報を伝えます。 これらの情報を「属性」タブで商品に追加すると、商品ページに表示されます。

WooCommerceの属性付きの商品

WooCommerceの属性付きの商品

販売する商品の種類に関係なく、属性は重要な特徴を伝えるため便利です。ただし、複数のバリエーションのある商品を販売している場合はどうなりますか?その場合には、「バリエーションのある商品」オプションを選択できます。

The WooCommerceの「バリエーション」タブ

The WooCommerceの「バリエーション」タブ

これにより、新しい「バリエーション」タブが表示されます。このタブでは、既に割り当てた属性を使用して、商品の複数のバージョンが作成できます。たとえば、あるシャツを赤、緑、そして紫のバリエーションでも提供するとします。各色のバリエーションを追加し、それぞれに個別の説明、価格などを付けることができます。

商品ページで購入可能なすべてのバリエーションが表示されます。

WooCommerceのバリエーションのある商品

WooCommerceのバリエーションのある商品

これにより、訪問者はすべての商品を一目で簡単に確認できます。それに、同じ商品のわずかなバリエーションごとに個別の商品ページを作成せずに済みます。

商品の簡単な説明をカスタマイズする

商品データ」ウィジェットの下には、「商品の簡単な説明」というセクションもあります。

WooCommerceの商品の簡単な説明ウィジェット

WooCommerceの商品の簡単な説明ウィジェット

ここでは、商品のタイトルの下に表示される簡単なキャッチフレーズを作成できます。この説明を使用して、商品の主な利点を強調してキーワードを組み込んで商品を検索しやすくすることができます。

商品のデータと説明をカスタマイズした後に、商品ページのその他のオプションも是非確認してください。商品にタグを追加したり、カテゴリに配置したり、アイキャッチ画像を追加したり、さらに画像のギャラリーを追加したりできます。

商品ページは最終的にフロントエンドで次のようになります。

WooCommerce商品の一例

WooCommerce商品の一例

商品の準備ができたら、「公開」をクリックしてウェブサイトで公開します。必要に応じて、このプロセスを繰り返して追加の商品を作成できます。

WooCommerce商品の管理

WooCommerce店舗に多くの商品を追加すると、簡単な管理方法が必要になります。幸いなことに、管理はダッシュボードの「商品」タブでできます。

たとえば、「すべての商品」を選択すると、店舗のすべての項目が表示されます。ここで、商品を必要に応じて追加したり、編集したり、削除したりできます。

WooCommerce商品

WooCommerce商品

商品」メニューのその他のページでは、商品のカテゴリ、タグ、および属性などが表示されます。各ページは、WordPressの標準の投稿→カテゴリページのように見え、在庫管理に非常に便利です。

WooCommerce店舗のカスタマイズ

WooCommerceチュートリアルの前半で、オンライン店舗の基本設定を行いましたが、新しいWooCommerce タブで設定できる項目はまだ数多くあります。

ここでは、注文、クーポン、レポートなどが表示され、設定をカスタマイズしたり、新しい拡張機能を追加したりこともできます。各画面を1つずつ見ていきましょう。

注文

まず、注文ページに店舗の最近の購入のリストが表示されます。

WooCommerceの注文ページ

WooCommerceの注文ページ

デジタル製品を販売する場合、このページは販売状況を確認するページに過ぎません。しかし、物品を販売する場合は、出荷する必要のある商品と注文状況が確認できます。

クーポン

WooCommerceには、新しいクーポンを店舗に追加するための強力なオプションがいくつかあります。「クーポン」タブで、「最初のクーポンを作成する」を選択して編集画面にアクセスできます。

WooCommerceクーポンの作成

WooCommerceクーポンの作成

ここでクーポンコードとその説明を追加します。次に、「一般」タブでは、クーポンの種類(割引率、固定のカート割引、固定の商品割引)、金額、送料無料オプション、有効期限などの基本情報が編集できます。

利用制限画面

利用制限画面

利用制限」ではクーポンを利用可能な最低金額が設定できます。クーポンが他のクーポンとの併用ができない場合は、「併用不可」を選択します。

ここで、クーポンがセール品に適用できないように設定したり、クーポンが適用される商品や商品カテゴリを特定したりできます。最後に、特定のメールアドレスにクーポンの利用を禁止することもできます。

最後のタブである「使用数制限」では、全体的におよび顧客ごとにクーポンが使用可能な回数を指定します。次に、クーポンを公開してアクティブ化し、必要なコードを顧客に知らせます。

レポート

WooCommerceが強力な組み込みのトラッキング機能さえ提供します。「レポート」タブでは、さまざまな期間の売上、注文、送料などのグラフが表示されます。

WooCommerceの「レポート」タブ

WooCommerceの「レポート」タブ

各グラフは、特定の商品、商品カテゴリ、またはクーポンの販売に絞ることができます。「顧客」タブでは、同じ期間のお客様の購入状態が確認できます。

最後に、「在庫 」タブでは、低在庫、在庫切れ、最も在庫のある商品の情報といったデータが確認できますこれらのデータはすべてCSVシートにエクスポートできます。

設定

WooCommerceの本当に印象的なところは設定画面です。「設定」画面では、デジタル店舗をほぼ完全にカスタマイズできます。千単位区切りをはじめ支払い方法までのすべての機能が好きに調整できます。

一般」タブでは、通貨、販売拠点および販売を展開する国、表示オプションなどの基本情報を設定します。

WooCommerceの「一般」画面

WooCommerceの「一般」画面

ここで注目すべきもう1つのオプションは「税率と計算を有効化」です。このチェックボックスをオンにすると、以前は非表示だった「」タブが表示されます。

WooCommerceの「税」画面

WooCommerceの「税」画面

ここで、商品の価格に税金が含まれるかどうかを指定できます。外税の場合、店舗の住所、顧客の配送先住所、または顧客の請求先住所に基づいて税率をWooCommerceに計算させることができます。

または、送料税クラスや税の丸め計算などの設定もできます。次に、フロントエンドとチェックアウト中の価格表示の接尾辞もカスタマイズできます。

寸法、レビュー、在庫の詳細、ダウンロード方法、「カートに入れる」ボタンなどの商品データは、「商品」タブでカスタマイズできます。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。
WooCommerceの「商品」画面

WooCommerceの「商品」画面

配送方法」では、配送ゾーンと価格を設定できます。

WooCommerceの「配送方法」画面

WooCommerceの「配送方法」画面

配送料の計算方法をカスタマイズしたり、デフォルトの配送先を選択したりすることもできます。特定の国のみに配送を提供することも可能です。

支払い」タブには、店舗で利用可能な決済処理会社が表示されます。

WooCommerceの「支払い設定」画面

WooCommerceの「支払い設定」画面

ここで、ご希望の支払いオプションを有効化または無効化できます。さらに、特定の決済処理会社の設定をカスタマイズするための便利なリンクさえあります。

次の「アカウントとプライバシー」はユーザーエクスペリエンスを制御します。

WooCommerce Accounts & Privacy settings

WooCommerceの「アカウントとプライバシー」設定画面

プライバシーポリシーとチェックアウトポリシーを設定したり、顧客データの保存および保持を設定したりできます。

さらに、顧客のチェックアウトの処理方法に関するさまざまなオプションさえあります。「ゲストのチェックアウト」と「アカウントの作成」では、訪問者がゲストとして(アカウントにログインせずに)注文できるかどうかを指定できます。

次に、チェックアウト中にログインまたは新しいアカウントの作成オプションがあるかどうかを決定できます。登録プロセスをスピードアップするために、自動生成されたユーザー名とパスワードを提供することさえできます。

Eメール」タブでは、カスタマーサポートがカスタマイズできます。

WooCommerceの「メール設定」画面

WooCommerceの「メール設定」画面

この画面の上部には、特定のトリガー(注文、キャンセルなど)が発生したときにWooCommerceを介して送信される通知メールのリストがあります。各メールをクリックすると、有効化、無効化またはコンテンツの調整ができます。

WooCommerceのメールをカスタマイズする

WooCommerceのメールをカスタマイズする

HTMLの使用に慣れている方は、こちらのメールテンプレートの編集手順に従うこともできます。メールのファイルをテーマフォルダーにコピーして上で、どの変更も加えることができます。または、独自のカスタム電子メールテンプレートさえ作成できます。

その下で、WooCommerce店舗から送信されるすべてのメールに対して、送信元の名前とアドレス、フッターテキスト、さらには色や背景などの設定ができます。

最後に、「詳細設定」タブでは、REST APIの有効化、キー、アプリ、Webhookなどの設定などの低いレベルの作業ができます。

WooCommerceの「詳細設定」画面

WooCommerceの「詳細設定」画面

上記のすべての設定はいつでもカスタマイズしたり変更したりできます。変更は自動的に店舗に適用されます。

システムステータス

次に、「システムステータス」タブについても簡単に述べます。

WooCommerceの「システムステータス」画面

WooCommerceの「システムステータス」画面

WooCommerce、PHP、MySQLなどのバージョン、サイズ制限、ログなどといったすべてのバックエンド情報がここにあります。

同じページの「ツール」タブでは、ウェブサイトの様々な変数のキャッシュをクリアしたり、新しいオプションをインストールしたり、設定をデフォルトにリセットすることができます。

拡張機能

WordPressを地球上で最も人気のあるコンテンツマネジメントシステム(CMS)にする特徴の1つは、その背後にあるコミュニティです。何千ものテーマと何万ものプラグイン。それらのほぼ100%はユーザー貢献です。

WooCommerceは小規模ながらも同様です。「拡張機能」タブでは機能を追加したり外観をカスタマイズしたりするための店舗を拡張するツールが多数あります。

WooCommerceの「拡張機能」画面

WooCommerceの「拡張機能」画面

たとえば、WooCommerceはどのテーマでも使用できますが、WooCommerce専用に設計されたテーマを選択した方が一番よいでしょう。手始めはStorefront ですが、ThemeForestなどのディレクトリには選択肢は数多くあります。

WooCommerceテーマのコレクション

WooCommerceテーマのコレクション

WooCommerce拡張機能ストアからはオリジナルまたはサードパーティ製の拡張機能も購入できます。

WooCommerce拡張機能ストア

WooCommerce拡張機能ストア

店舗への新しい配送オプションの追加、登録の有効化、チェックアウト手順のカスタマイズ、電子メールとソーシャルメディアマーケティングの統合などの拡張機能があります。また、SquareAmazon Payなどの追加の決済処理会社を提供できる無料および有料の拡張機能さえあります。

最後に、Woocommerceを拡張するためのプラグインも多数あります。一例を挙げると、Braintree For WooCommerceプラグインを使用すると、あらゆる種類の支払いを受け入れられるようになります。

Braintree For WooCommerceプラグイン

Braintree For WooCommerceプラグイン

言い換えれば、WooCommerce店舗の機能を調整したい場合は、適切なツールがある可能性は高いです。

WooCommerceテンプレートの編集

WooCommerceには内蔵設定項目も利用可能な拡張機能やプラグインも多いため、大きな柔軟性があります。 ただし、上級のユーザーで独自のカスタマイズを実行したい方は、WooCommerceのテンプレートファイルを編集することから始めるのが適切でしょう。

これにより、カートやチェックアウト手順などの主要な機能の動作を微調整できます。なお、特にテーマやプラグインのファイルを直接に編集することに慣れていない場合には、これは危険な作業です。開始する前に、万が一のためにウェブサイトを必ずバックアップしましょうテーマを安全に削除する手順はこちらへ。

次に、FileZillaなどのセキュアなファイル転送プロトコル(SFTP)クライアントを使用してウェブサイトにアクセスします。ウェブサイトのルートフォルダを見つけて(名前はpublic_htmlやドメイン名であることが多い)、wp_content/plugins/woocommerceに移動します。

FileZillaでのWooCommerceフォルダ

FileZillaでのWooCommerceフォルダ

このディレクトリには、templatesというフォルダがあります。そのフォルダを開くと、店舗のすべてのアクティブなテンプレートのリストが表示されます。

FileZillaでのWooCommerceのテンプレートリスト

FileZillaでのWooCommerceのテンプレートリスト

ここでご希望のテンプレートを開いて変更を加えることができます。たとえば、注文後に表示される「ご注文ありがとうございます。」ページに変更を加えたい場合は、checkoutフォルダのthankyou.phpファイルを探します。次に、そのファイルをダウンロードして、要素を編集したり追加したりして、サーバーに再びアップロードします。

WooCommerceホスティング

オンラインショップをお持ちであれば、それこそ「時は金なり」ですね。そのため、アップタイム、コンバージョン率、ROIを向上させる高速で信頼性の高いWordPressホスティング会社を使用するのは重要です。

特に大規模なインストールでは、WooCommerceがWordPressウェブサイトの速度を低下させることで知られています。Kinstaの場合はそのようなことが決してありません。当社は、特にパフォーマンスを念頭に設計されてたマネージドホスティングサービスと最適化されたWooCommerceホスティングを提供しています。

KinstaのWooCommerceホスティングプラン

KinstaのWooCommerceホスティングプラン

Google Cloud Platform,上のスケーラブルなインフラストラクチャとPHP 7NginxMariaDBなどの最新技術の使用のおかげで、 Kinstaへ移行していただくと売上が増加することが保証できます!

「COO(最高執行責任者)が「信じてくれ」のようないつものセリフではなく、実際の解決案をもって私に連絡しました。彼は正直でまっすぐだったのは珍しかったです。マイグレーションの後はCEO(最高経営責任者)がサポートを引き継いでくれて、彼は素晴らしい提案をしながら微調整してくれたおかげで、パフォーマンスが劇的に改善しました。」

– Swagway.comのCaleb Worm

The ecommerce world is booming. 💥 Set up your #WooCommerce store today with our comprehensive guide and start selling in no time! 🏪Click to Tweet

まとめ

WooCommerceは間違いなくWordPress用の最高の無料電子商取引ソリューションです。パーッと見ると実績のよさそうなプラグインに過ぎませんが、詳細も確認するとその素晴らしさを始めて分かります。

こちらの18章のWooCommerce最適化ガイドをまとめるのに何ヶ月も費やしましたので、是非確認いただきたいと思います。WooCommerceを活用して会社を最適化かつ成長していくレッスンと無料のツールが含まれています。

本WooCommerceチュートリアルで見逃してしまった重要なことがありますか。下記のコメント欄で教えてください。


eコマースウェブサイトのための、一流の高速で安全なホスティングをお探しですか?Kinstaは、WooCommerceの専門家による超高速サーバーと24時間年中無休の世界クラスのサポートを提供しています。 当社のプラン一覧をご確認ください。