Yahoo SMTPの設定方法、Yahoo SMTPサーバーとの接続方法をお探しですか?

Yahoo SMTPサーバーを利用することで、さまざまな可能性が広がります。パソコンやスマートフォンでお使いのメールソフトを設定し、Yahooメールのアカウントを使用してメールを送受信することができます。WordPressサイトをお持ちの場合、YahooメールのSMTPサーバーを使用してサイトのメールを送信できるよう設定することも可能で、メール配信性の向上が期待できます。

今回は、Yahoo SMTPサーバーの情報と、POP3、IMAPの設定について簡単に説明します。また、メールソフトをYahoo SMTPサーバーに接続する方法も解説したいと思います。

さらに、無料のYahooメールSMTPサーバーを経由してメールを送信できるようWordPressサイトを設定する方法も扱います。

それでは、早速見ていきましょう。

Yahoo SMTPの設定方法とメールソフトやWordPressサイトとの接続方法に関する動画もご用意しています。

Yahoo SMTPの設定

まず始めに、Yahoo SMTPの設定についてご紹介します。これについては、後ほど(より詳しく)説明しますので、必要な方はそちらもご覧ください。

必要となる主な情報は、次のとおりです。

  • SMTPサーバー:mail.yahoo.com
  • ポート:465または587(SMTPポートの説明はこちら
  • SSLが必要:はい
  • TLSが必要:はい(利用可能な場合)
  • 認証:はい(複数の選択肢がある場合「ログイン」を選択)
  • ユーザー名:あなたのYahooメールアドレス(例:[email protected]
  • パスワード:Yahooメールアプリのパスワード(Yahooメールのログインパスワードとは別。作成方法は後ほどご説明します)

上記のYahoo SMTPの設定を使用すると、1日に500通までメールを送信することができます。

WordPressサイトのメール配信性能を無料で改善する方法をお探しですか?💰 この記事ではサイトのメールをYahooメールSMTPサーバーを使用して送信する方法を詳しく解説中⬇️ クリックでつぶやく

Yahooメールアプリのパスワード作成方法

YahooメールのSMTPサーバーを使用するには、まず専用のアプリパスワードを作成する必要があります。以前は、Yahooメールのパスワードを使用することができましたが、Yahooはセキュリティ向上のため、これを変更しました。現在では、独自のアプリパスワードを生成する必要があります。

Yahooメールのアプリパスワードの作成は、非常に簡単です。まず、アカウント設定画面を開き、「Account Security」タブをクリックします。

右上にあるユーザー名/アイコンをクリックすると、アカウント設定画面にアクセスできます。または、こちらのリンクをクリックすると、アカウントのセキュリティ画面に直接アクセスできます(Yahooメールにすでにログインしている場合)。

次に、「Other ways to sign in」のセクションにある「Generate app password」をクリックします。

 Yahooメールのアプリパスワード作成方法
Yahooメールのアプリパスワード作成方法

ポップアップ画面が表示されるはずです。画面にある青い「Get started」ボタンをクリックします。

アプリ名を入力します。これはご自身が覚えやすいようにするためのものなので、例えば「WordPress」や「Thunderbird」などでOKです。パスワードがどのサービスに紐付いているか分かりやすいものにしましょう。次に、「Generate password」ボタンをクリックします。

アプリのパスワードに分かりやすい名前をつける
アプリのパスワードに分かりやすい名前をつける

するとアプリのパスワードが表示されます。こちらは、YahooメールのSMTP設定を行う際に必ず必要となりますので、すぐ分かるようにしておいてください。

Yahooメールのアプリパスワード
Yahooメールのアプリパスワード

後ほどWordPressでのYahoo SMTPサーバーの設定についてご紹介する際に、このアプリパスワードの使用方法をご説明します。

YahooのPOP3設定

Yahoo SMTPの設定をすると、お使いのメールソフトやウェブサイトからYahooメール経由でメールを「送信」する設定ができます。ただし、メールソフトにYahooメールを取り込む場合は、受信用のPOP3(またはIMAP)の設定も必要です。

YahooのPOP3設定は、以下の通りです。

  • サーバー:mail.yahoo.com
  • ポート:995
  • SSLが必要:はい
  • ユーザー名:あなたのYahooメールアドレス(例:[email protected]
  • パスワード:Yahooメールアプリのパスワード(Yahooメールのログインパスワードとは別。作成の手順は上記のSMTPに関する項目をご覧ください)

YahooのIMAP設定

IMAPを利用することでも、メールをメールソフトにインポートすることができます。POP3は、一つのデバイスでのみYahooメールを利用している場合に適しているのに対し、IMAPは双方向の同期が可能なため、複数のデバイスからメールを利用したい場合POP3よりも有用です。

Yahoo IMAPの設定は、以下のとおりです。

  • サーバー:mail.yahoo.com
  • ポート:993
  • SSLが必要:はい
  • ユーザー名:Yahooメールアドレス(例:[email protected]
  • パスワード:Yahooメールアプリのパスワード(Yahooメールのログインパスワードとは別。作成の手順は上記のSMTPに関する項目をご覧ください)

Yahoo SMTPをWordPressサイトで設定する方法

YahooメールのSMTPサーバーを使用して、WordPressサイトのトランザクションメールが送信されるよう設定することが可能です。Yahooメールのメール送信件数は1日あたり500通と余裕があります。これにより、WordPressサイトのメール配信性能を向上させることができます。

しかし、YahooメールはWordPressサイトやレンタルサーバーと相性が悪いことがあり、設定時に接続の問題が発生する場合があります。これは主に、Yahooメールがスパム防止のために厳しいファイアウォールの制限を設けていることが原因です。

そのため、問題が発生した場合は、無料のGmail SMTPサーバーSendGrid APIなど別の無料SMTPサーバーを使用することをお勧めします。これらのSMTPサーバーは、簡単に設定でき、Yahooメールと同様に無料です(GmailのSMTPサーバーも、無料で1日500通のメール送信に対応しています)。

それでもYahooメールのSMTPサーバーをWordPressで使いたい場合は、次の手順に従って進めましょう。

1. アプリのパスワードを作成

まず、上記の手順で忘れずにYahooメールアプリのパスワードを作成しましょう。アプリのパスワードは、次のステップで必要になりますので、保管しておいてください。

2. 無料プラグイン「Post SMTP」をインストール・設定

WordPressでSMTPを使ったメール送信の設定を行うには、WordPress向けのSMTPプラグインが必要です。無料のSMTPプラグインはたくさんありますが、無料プラグイン「Post SMTP」がおすすめです。必要な機能がすべて含まれており、問題のデバッグも容易です。

まず、WordPress.orgから「Post SMTP」をインストールし、有効化します。次に、WordPressのダッシュボードに新たに表示されたPost SMTPの画面に移動し、「全ての設定を表示」をクリックします。

「Post SMTP」の全ての設定を表示
「Post SMTP」の全ての設定を表示

設定画面の「メッセージ」タブで、送信元メールアドレスと名前を入力します。

送信元メールアドレスは、Yahooメールのアドレスでなければなりません。

別のメールアドレスを使用しようとすると、Yahooメールが接続をブロックし、メールログにエラーメッセージが表示されます(おそらく「550 Request failed; Mailbox unavailable」エラーになります)。

送信元メールアドレスはYahooのメールアドレスに
送信元メールアドレスはYahooのメールアドレスに

一番下にある「変更を保存」をクリックします。その後、設定画面に戻ります(場合によって、もう一度「全ての設定を表示」をクリックする必要あり)。

設定画面の「アカウント」タブで、「トランスポート」の「形式」ではSMTPを選択し、「メーラーの種類」はPostSMTPに設定します。画面の下に新しい設定項目の一覧が表示されるはずです。

次のとおり設定します。

  • 送信メールサーバーのホスト名: smtp.mail.yahoo.com
  • 送信メールサーバーのポート番号: 465(問題が発生した場合、ポート587もお試し下さい)
  • Envelope-From メールアドレス: こちらもYahooのメールアドレスです。別のメールアドレスを使用すると、エラーが発生します。
  • セキュリティ: SMTPS
  • 認証: Login
  • ユーザー名: あなたのYahooメールアドレス
  • パスワード: 最初のステップで生成したYahooメールアプリのパスワード(Yahooメールのログインパスワードではありません
Yahooメールを使用するためのPost SMTP設定
Yahooメールを使用するためのPost SMTP設定

次に、下部の「変更を保存」をクリックして保存します。

3. テキストメッセージを送信

これで設定は完了です。正しく動作していることを確認するために、Post SMTPからテストメールを送信してみましょう。

Post SMTPを開き、「アクション」欄にある「テストメールを送信」をクリックします。

Post SMTPでテストメールを送信する方法
Post SMTPでテストメールを送信する方法

テストメールを送信するメールアドレスを入力し、「」をクリックします。

テストメールの送信先メールアドレスを入力
テストメールの送信先メールアドレスを入力

正しく設定されていれば、「Post SMTPの設定」画面にある送信成功メッセージが、入力したメールアドレスに届くはずです。

Post SMTPの送信成功メッセージ
Post SMTPの送信成功メッセージ

メッセージの送信に失敗した場合、「Post SMTP」>「メールログ」からエラーのログを確認することができます。

失敗メッセージの上にカーソルを置き、「セッションのトランスクリプト」をクリックします。次の例では、「Envelope-From」メールアドレスがYahooメールのアドレスと一致しなかったため、配信できなかったことを示すログが表示されています。

550 Request failed」エラーが発生したことがわかります。

Post SMTPエラーログの一例
Post SMTPエラーログの一例

送信元のメールアドレスがYahooメールのアドレスと一致しているにも関わらず問題が発生する場合は、無料のGmail SMTPサーバーなど、他の無料SMTPサーバーの使用をご検討ください。

ご利用中のメールソフトをYahooのSMTPサーバーと接続する方法をお探しですか? 👀 こちらの記事で詳しく解説しています。 ⬇️ クリックでつぶやく

まとめ

Yahooメールアカウントをお持ちの場合、YahooのSMTPサーバーを使用すると、メールソフトやウェブサイトのメールをYahooのアカウントから送信できます。メールソフトについては、POP3またはIMAPを使用して、メールソフトにYahooアカウントのメールをインポートして、そこからメールを送受信することも可能です。

Yahooメールは、1日500通まで送信できるため、WordPressのトランザクションメールを無料で送信するのに便利です。しかし、Yahooは厳格なファイアウォールとスパム対策の制限を設けているため、設定時に問題が発生する可能性があります。したがって、繰り返し問題が発生する場合は、別の無料SMTPサーバーを使用したほうがよいかもしれません。

Yahoo SMTPの設定やWordPressでの使用方法について、ご不明な点はありますか?コメント欄でお聞かせ下さい。


手間と費用を節約しながら、サイトパフォーマンスを最大化しませんか?

  • 24時間年中無休で、WordPressに精通したエンジニアが親切丁寧にサポート
  • Cloudflare Enterpriseとの統合
  • 東京、大阪をはじめとする世界35箇所にあるデータセンターから選択可能
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使って最適化を徹底

長期契約による縛りはございません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスが付帯します。お客様にぴったりのプランをご提案いたしますので、営業までお気軽にお問い合わせください。また、プラン一覧はこちらからご確認いただけます