正しいSMTPポートを選ぶのに苦戦中ですか?私もそんな経験を経て今に至ります!

メールの送信にApple MailやOutlookなどのメールクライアントをご利用の場合、送信メールをメールサーバーにアップロードするのに恐らくSMTPを利用されているはず(一方、これらのクライアントは、受信したメールをアプリにダウンロードするのにはIMAPやPOP3など別のプロトコルを利用しているものです)。

また、WordPressを利用したメールの配信に問題がある場合、問題を解決するのに最も効果的な方法の一つとしてSendGridMailgunG SuiteのようなSMTP配信サービスが利用できます。

しかし、メールクライアントやWordPressサイトでSMTPの設定をしようとする時、どのSMTPポートを選択すべきか…という問題に直面するでしょう。

目的に合った正しいSMTPポートを選択するために、今回の記事ではSMTPポートに関して徹底的に深掘りしたいと思います

SMTPポートとは

SMTPはSimple Mail Transfer Protocol(簡易メール転送プロトコル)の略で、インターネット上のメールを転送するための標準的なプロトコルです。メールサーバーがインターネット上で送受信をするのにこれを使用します。

例えば、あなたがメールを送る時、あなたの利用しているメールクライアントは送信用のメールサーバーにメールをアップロードする手段が必要となります。その後、そのメールサーバーはメールの受取人の受信用のメールサーバーへメールを転送する手段が必要となります。

メールサーバーは、表面上はユーザーに分かりやすいドメイン名が表示されつつ、実際のコミュニケーションは222.501.285.45といったIPアドレスで行われるという点では、ウェブサイトのサーバーとよく似ています(さらに詳しい仕組みが知りたいという方はDNS(ドメイン・ネーム・システム)の基本に関する記事をご覧ください)。

「ポート」はコンピューター同士(メールサーバー同士)が互いにコミュニケーションを取るためのもう一つの手段です。

  • IPアドレスはコンピューターを識別します。
  • ポートはSMTPなど、そのコンピューター上で動作している特定のアプリケーション/サービスを識別します。

もう少し分かりやすいように例を用いてご説明します。

IPアドレスはオフィスビルが位置する通りの名前を示します。ポートはそのオフィスビルの中の特定の会社を示す数字です。

その会社に何かを配送したい場合、そのオフィスビルの住所だけではなく、オフィスビルの中の正しい場所に届くよう、会社名まで指定する必要があります。

IPアドレスの割り当てなどを担う組織であるIANA(インターネット割当番号公社)は、SMTPを含め、一般的なインターネットサービスのポート番号の登録も担当しています。

SMTPポートが重要な理由

SMTPサーバーに接続したい時、IPアドレスとポート番号の両方を入力する必要があります。

しかし、一般的なSMTPポートは複数存在し(この後詳しくご紹介します)、その全てがどんな状況でも使用できるとは限りません。

例えば、メールサーバー間でメッセージのやり取りをするための標準的なSMTPポートである25番ポートは、しばしばISPやクラウドプロバイダー(Kinstaでも使用しているGoogle Cloud Platformを含む)にブロックされてしまいます。

このように、多くのサービスが25番ポートをブロックしているため、このポートを使用してSMTPサーバーに接続しようとすると問題が発生することが多いのです。

目的に応じた様々なポート

上記を別としても、それぞれのSMTPポートには異なる目的が存在します。

SMTPの伝達には2つの段階があります。

  • サブミッション– 送信する側のメールサーバーにメールのメッセージを送るプロセスです。例えば、Apple Mailでメールを送る時、メッセージは送信用のメールサーバーに送られる必要があります。
  • リレー– 2つのサーバー間でメッセージを転送するプロセスです。送信側のメールサーバーにメールが送られた後、そのメールサーバーは受取人のメールサーバーにメッセージを転送します。

メールクライアントもしくはWordPressサイトの設定をする場合、上記のうち主に「サブミッション」のプロセスについて気になるところでしょう。

「リレー」のプロセスがSMTPの重要な部分であることは間違いありませんが、多くの場合、自分のメールサーバーでの設定は不要です。

SMTPで使用されるポート

現代のインターネット上に存在するSMTPポートは1つではありません。一般的なSMTPポートは4つあります。

  • 25
  • 587
  • 465
  • 2525

それぞれ見ていきましょう。

25番ポートの用途

25番ポートは1982年に作られたポートでSMTPポートの中で一番古いものです。

25番ポートは今でも標準的なSMTPポートとして知られていて、主にSMTPリレーに使用されます。

しかし、多くのISPやクラウドホスティングプロバイダーが25番ポートをブロックしていることから、WordPressサイトやメールクライアントのSMTPを設定する際は25番ポートを使わない方が良いでしょう。

これは、25番ポートは感染したコンピューターからスパムメールを送信するのに悪用されることが多いからです。

まとめ:SMTPのサブミッションとリレーのプロセスには違いがあります。25番ポートはリレーには適していますが、サブミッションには使用しない方が良いでしょう。

587番ポートの用途

587番ポートは現代のインターネット上ではSMTPサブミッションに用いるデフォルトのポートとなっています。他のポートを使用することもできますが(詳しくは後ほどご紹介します)、まずは587番ポートをデフォルトで設定し、ほかのポートはやむを得ない場合(使用しているホスティングサービスがなんらかの理由で587番ポートをブロックしている場合など)のみ使用するようにしましょう。

587番ポートはTLSもサポートしているため、安心してメールを送信できます。

465番ポートの用途

465番ポートはもともとSMTPS(SSL over SSL)に割り当てられていました。その後しばらくして、別の用途に割り当てられた後、非推奨となりました。

しかし、多くのISPやクラウドホスティングプロバイダーは今でもSMTPサブミッションに465番ポートをサポートしています。

2525番ポートの用途

2525番ポートは(IETFやIANAに認証された)正式なSMTPポートではありません。しかし、587番ポートの代替手段としてSMTPサブミッションによく利用されるポートで、多くのISPやクラウドホスティングプロバイダーもこのポートをサポートしています。

587番ポートがブロックされている場合、2525番ポートを代わりに使うと良いでしょう。

どのSMTPポートを使用すべきか

この問いへの答えについては既に触れてきましたが、非常に重要な点なので改めて正しいSMTPポートの選び方を確認しましょう。

SMTPでメールを送信するためにWordPressサイトやメールクライアントを設定する場合、まずは587番ポートを選択しましょう。これはサブミッション用のデフォルトのSMTPポートであり、TLSを用いた安全な伝達に対応しています。

何らかの理由により587番ポートがブロックされている場合は2525番ポートを代わりに使用するのが一般的です。このポートは正式に認証されたSMTPポートではありませんが、一般的に使われているポートで、多くのプロバイダーがサポートしています。

多くのプロバイダーが今でも465番ポートをサポートしていますが、今では推奨されていないスタンダードなので、465番ポートを使用する前にまずは587番ポート、もしくは2525番ポートを使用しましょう。

最後に25番ポートはSMTPリレーには一般的に使用されますが、多くのISPやクラウドホスティングプロバイダーはこのポートをブロックしているため、メールクライアントやWordPressサイトの設定を行う際には使用してはいけません。

Kinstaで使用できるSMTPポート

Kinstaでは次のポートを使用できます。

  • 587
  • 465
  • 2525

KinstaはGoogle Cloud Platformのインフラストラクチャを使用しており、Google Cloud Platformは25番ポートをブロックしているため、25番ポートは使用できません。

What are SMTP ports? Why are they so important? Dive into the nitty-gritty of SMTP ports and learn wich one you should use! 💌📤 クリックでつぶやく

まとめ

SMTPはインターネット上のメールの送受信において重要な役割を果たします。

WordPressサイトのトランザクションメールが正しく配信されるようにするためには、SMTPでメールを送信できるような設定をWordPressで行うことができます。また、Apple MailやOutlookなどのメールクライアントを使用する場合、送信メールをメールサーバーへ送信するのにSMTPが使用されます。

WordPressサイトやメールクライアントをSMTPサーバーに接続するにはSMTPポートの入力が必要となります。

一般的なSMTPポートは4つあります。

  • 25
  • 587
  • 465
  • 2525

25番ポートはSMTPリレーに一般的に使用されますが、多くのプロバイダーはこのポートをブロックしているので、SMTPサブミッションには使用してはいけません。

WordPressサイトやメールクライアントでSMTPの設定を行う場合は、まずはSMTPサブミッションの標準的なポートである587番ポートを選びましょう。

587番ポートで接続できない場合は、2525番ポートを試してみましょう。公式なSMTPポートではありませんが、広くサポートされているポートであり、安全な伝達のためにTLSが使用されています。


手間と費用を節約しながら、サイトパフォーマンスを最大化しませんか?

  • 24時間年中無休で、WordPressに精通したエンジニアが親切丁寧にサポート
  • Cloudflare Enterpriseとの統合
  • 東京、大阪をはじめとする世界35箇所にあるデータセンターから選択可能
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使って最適化を徹底

長期契約による縛りはございません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスが付帯します。お客様にぴったりのプランをご提案いたしますので、営業までお気軽にお問い合わせください。また、プラン一覧はこちらからご確認いただけます