WordPressのホスティングプランを検討する際に、実際に必要なディスク容量と必要と判断するディスク容量の違いは分かりにくいです。WordPressのユーザーには必要なディスク容量を過大評価し、その評価が購買決定に悪影響を与える方も大勢いることが分かりました。今日は、お客様が適切なホスティングプランを選択できる為、実際に必要なディスク容量の推定方法、現在の使用状況を確認する方法、並びに実例をご紹介します。

実際に必要なディスク容量について

まず、Kinstaの各WordPressホスティングプランでご利用いただけるディスク容量とウェブサイトの数をまとめます。各プランでご利用いただけるリソースの量は、当社のお客様の平均使用状況に基づいて判断されています。このデータは、長年にわたり数千ものお客様に蓄積されたデータです。

当社のホスティングプラン

WordPressウェブサイトの平均使用状況

当社のお客様の中に各プランのディスク容量がな不十分ではないかとご心配になっている方もいます。そこで、WordPressウェブサイトの実際の平均使用量の計算を実行してみましょう。下記のデータは、4年以上の実績のあるWordPress本番サイトの平均ディスク容量使用状況です。

平均すると、一般的なお客様ならWordPressのインストール毎に約1GBのデータがあることが分かりました。もちろん、上下のばらつきもあります。データベースが大規模だがファイルの使用量が低い方も、データベースが小規模だがファイルの使用量が高い方もいます。なお、当社のStarterプランでは、今後の成長のためにご利用いただける4GB(80%)の未使用のディスク容量があります

実例

そこで、当社のお客様の実例を確認しましょう。以下に記載されているウェブサイトのすべては本番サイトで、中にはブログ、企業のウェブサイト、電子商取引サイトなどがあります。

お客様その1

お客様その1はWordPressウェブサイトを11個持ち、使用可能な100 GBのディスク容量のうち4.04 GBしか使用しません。Kinstaのお客様の平均を下回ってウェブサイト毎に400 MB 未満のディスク容量を使用しています。

ディスク容量ディスク容量使用状況

ディスク容量ディスク容量使用状況の実例(お客様その1)

お客様その2

お客様その2はWordPressウェブサイトを3個持ち、使用可能な20 GBのディスク容量のうち3.3 GBしか使用しません。このお客様はKinstaのお客様の平均の同等でウェブサイト毎に約1GBを使用しています

 ディスク容量ディスク容量使用状況の実例(お客様その2)量

ディスク容量ディスク容量使用状況の実例(お客様その2)

お客様その3

お客様その3はWordPressウェブサイトを3個持ち、使用可能な15 GBのディスク容量のうち503.21 MBしか使用しません。Kinstaのお客様の平均を非常に下回ってウェブサイト毎に200 MB 未満のディスク容量を使用しています。

 ディスク容量ディスク容量使用状況の実例(お客様その3)量

ディスク容量ディスク容量使用状況の実例(お客様その2)

実例をいくらお見せしても、Kinstaのお客様の大半は上記のとおりです。実は、当社はディスク容量を節約するためのさらなる手段をご用意しております。

平均と異なる場合

当たり前のことに、平均と異なる場合もあります。重いビデオファイル、 PDF 、または高解像度の写真などをホスティングしている方は、その対極にあります。これも、問題ありません。当社のお客様の中にはこのような状況の方も多いです。ディスク容量が足りないユーザーには、当社のディスク容量アドオンまたは外部ストレージプロバイダーへのオフロードという2つの推奨事項があります。

1. Kinstaのディスク容量アドオン

最初のオプションは、MyKinstaダッシュボードでディスク容量アドオンを購入することです。追加のディスク容量を20 GB単位で購入いただき、ご利用料金は1 ドル/ GBです。ディスクス容量ドオンを選択すると、以下のメリットがあります。

2. 外部ストレージプロバイダーへのオフロード

最も良い対策ですが、Amazon S3、Google Cloud Storageなどの別のストレージサービスまたはストリーミングソリューションに重いファイルをオフロードした方が良いでしょう。

オフロードとはCDNを使用することではありません。一方、次のアプローチをCDNと組み合わせて、両方のメリットを生かすことも可能です!オフロードとは、重いファイルをオリジンサーバ(Kinsta)から削除し、サードパーティのプロバイダから配達することです。

平均とは異なるウェブサイトのもう一つのよくある例は大規模のWooCommerceサイトです。ただし、これらのウェブサイトの多くにはキャッシュできないリクエストが多いため、既にPHPワーカーの数の多いスケールの大きなプランを利用しています。言い換えれば、これらのウェブサイトは十分なディスク容量のあるスケールの大きなプランを利用しています。

実際に使用しているディスク容量について

Kinstaまたは他のホスティング会社に移動する際に、現在使用しているディスク容量を確認したいですか?ご心配なく!ディスク容量の使用状況を確認できる方法を7つもまとめた詳細記事をご用意しております。アップロードフォルダーまたはテーマフォルダのサイズを数分でわかります。ここに簡単なショートカットをいくつか貼り付けます:

SSHを使用してディスク容量の使用状況を確認する

SSHを使用してディスク容量の使用状況を確認する

ディスク容量を節約できる方法について

ホスティングプランの上限に近づいているのでしょうか?ここでは、ホスティングプランには十分余裕があるための工夫をご紹介します。

まとめ

上記は、ビジネスのために適切なWordPressホスティングプランを選択する際の懸念事項時分かりやすくまとめてみました。ディスク容量を考えているほど必要としない場合が多いです。現在の使用状況を上記の手段で確認した上で、ウェブサイトを最適化すると、ホスティング費用の一分を節約できるはずです。

あなたはどう思いますか?少し最適化するだけで、実際に使用しているディスク使用量が当初考えていたより少ないことを経験したことがあるのでしょう?コメントでも書いて、ご意見をお寄せください。


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。