経験や学歴がなくても簡単に始められる仕事といえば、ウェブ開発です。今すぐにでも始められ、数週間から数ヶ月の学習と実践を経て、ウェブサイトの開発方法を理解できるようになります。

しかし、「どこから手をつけていいのかわからない」人も大勢いるはず。簡単なHTMLを書くだけなら誰にでもできますが、実際に使ってもらえる機能的なウェブサイトを作るのは遙かに大変です。また、ウェブ開発には様々なルールがあり、それも少し複雑になります。

リソースをお探しの方、または自分が就く仕事についてもっと知りたい方のために、最高のオンライン学習プラットフォーム、ウェブ開発ツール、そして大事な手順をまとめました。

ウェブ開発者になる方法を動画でもご用意しています。

ウェブ開発者とは?

ウェブサイトには、個人からチーム全体まで様々な人が関わることができますが、最低でもウェブ開発者が必要です。ウェブ開発者は、コードを駆使して、ウェブサイトの WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)上での機能を可能にします。

ウェブ開発者の主な仕事は、コードを書くこと。コードとは、特定のプログラミング言語で書かれたコマンドや命令のことです。コードは、パソコンのOSからウェブサイトのバックエンドまで、オンラインのあらゆる側面を司ります。

ウィキペディアのトップページを見て、このようなシンプルなサイトを作るには何が必要か、想像してみてください。ウェブ開発者が、サイドバー、テーブル、トップバーなど、このページのレイアウトを設定します。また、特集記事から記事を抜粋したり、サイトに動的なコンテンツを組み込むスクリプトも設定しなければなりません。

記事とその改訂版を保存するデータベースも、開発者が設定したものになります。

 ウィキペディアのトップページ
ウィキペディアのトップページ

膨大な量の作業が必要ですが、ひとつひとつの作業を積み重ねることで、機能的なウェブサイトが完成します。

インターネットの急激な普及に伴い、プログラマーの需要は高く、仕事の見通しも立っています。誰もが自分のウェブサイトを持ちたいと思っており、ウェブ開発者はその手助けをしているのです。

ウェブ開発の仕事をしたい...でも何から始めたらいいかわからない? 😅 こちらの記事で、オンライン学習プラットフォーム、ウェブ開発ツール、キャリア情報を一挙ご紹介 ⬇️クリックでつぶやく

ウェブ開発者の仕事とは

具体的にどのような日常業務があるのか気になりますよね?ウェブ開発者の一般的な仕事内容をご紹介します。

  • コードを使ってウェブサイトやプロトタイプを作成する
  • ウェブサイトの視覚的に魅力的なレイアウトをデザインする(ゼロから、またはウェブデザイナーの助けを借りて)
  • コードのクリーンアップやエラーのデバッグを行い、ウェブサイトの維持管理を行う
  • SQLを用いデータベースを作成する
  • クライアントと一緒にプロジェクトスコープを決定し、ウェブサイトの機能やデザインの詳細を決定する

いくつもの専門領域があり、どの分野に特化するかによって仕事内容もかなり変わります。例えば、フロントエンドやバックエンドの技術を専門とすることもできますし、サーバーを稼働させるシステム管理者になることもできます。

しかし、一般的には上記のような内容が主な業務となります。

なぜウェブ開発者になるのか?

誰でもなれるわけではありませんが、ウェブ開発は参入障壁が低く、最も身近な仕事のひとつです。にもかかわらず、給料はそれなりに高く、ウェブ開発者は常に求められています。

困難なことが全くないというわけではありませんが、基本的なことはすぐに独学で身につけることができます。それに、開発者には困難を乗り越えるのが好きな人が多い傾向にあります。

成長を続けるハイテク業界に参入するのは、長期的に見て賢い選択です。旬のコーディング言語を追う意欲と能力があれば(ウェブ開発では、常に新しい言語が登場し、雇用者はそれを取り入れるのに躍起になっています)、安定した仕事がほぼ確実に得られます。

2020-21年に人気のあるコーディング言語
2020-21年に人気のあるコーディング言語

最後に、ウェブ開発は柔軟性のある仕事です。フリーランスとして仕事をすることもできれば、会社に勤めることもできます。どのような仕事をするか、どのようなスキルや言語に特化するかは、あなた次第です。

プログラミングが自分に合っているかどうかは、実際にやってみないとわかりませんが、初心者向けのコーディングに挑戦してみて、それが理解できるようであれば、ウェブ開発者に向いているかもしれません。

ウェブ開発者の給与と需要

ウェブ開発者になることを検討しているなら、給料の基準や、仕事を得る難易度を知っておきたいところです。

ウェブ開発者PHP開発者WordPress開発者の平均給与についての記事もあわせてご覧ください。

一般的に、開発者の年収は6万ドルから7万5千ドルというのが相場です。

2021年6月の開発者平均基本給
2021年6月の開発者平均基本給

もちろん、経験レベル、専門とする言語や技術、フリーランスか会社勤めかなどによって給与は異なります。しかし、基準値として覚えておくと良いかもしれません。

需要については、米国労働局の予測によると、ウェブデザイナーと開発者の需要は2019年から29年にかけて8%増加するとされています。なお、これは多くの職業の平均的な成長率の2倍にあたります。

ウェブ開発者の雇用機会増加を示す米国労働局の統計

ウェブ開発者の仕事の中には、競争率が他より高いものもあります。フロントエンド開発者のように、スキルを身につけやすい職種は、給料が低く、仕事を見つけづらい可能性があります。とは言え、それでも見通しは概ね明るいと言えそうです。

ウェブ開発者になるのは難しいのか

ウェブ開発は、プログラミングさえできれば簡単に始められる仕事です。すべての仕事が誰にでもできるわけではありませんし、コードを理解するのに苦戦する人もいるでしょう。

簡単にウェブ開発者になれる人もいれば、なかなか馴染めない人もいます。しかし、大半は、最初に少し努力をし、あとは数をこなせば身につけることができます。

ウェブ開発者になる方法は、他の仕事に比べてはるかにシンプルで、その手段もたくさんあります。また、さまざまな専門分野があり、柔軟で多様性のある仕事です。そのため、自分の学習スタイルやスキルに合った職がきっと見つかると思います。

ウェブ開発をマスターするには、継続的な努力と興味が必要であり、問題解決能力を必要とする仕事です。基本的なことを学ぶのは簡単ですが、途中で解決に手こずる問題に遭遇することもあるでしょう。

ウェブ開発の要件

ウェブ開発者になるためには何が必要なのでしょうか?正確な要件は、どの分野を専門としているかによって異なります。例えば、バックエンド開発者は一般的にデータベースを作成・編集するスキルが必要ですが、フロントエンド開発者はそのスキルを持っていないことが多いです。

また、どのプログラミング言語やフレームワークを扱えるかによって、開発者の種類は区別されます。

ここでは、専門分野に関わらず、一般的にウェブ開発者を名乗るために必要なスキルや知識をご紹介します。

  • 少なくとも1つのウェブ言語に精通していること(職種によって、必要な習熟度は異なります)
  • その他の関連スキル(ウェブフレームワーク、ライブラリ、Gitなど)に関する知識
  • コードの記述、デバッグに必要な問題解決能力
  • バグの発生を未然に防ぐため、細部にまで気を配る注意力
  • 他の開発者、クライアント、デザイナー、テスターと協働するための、コミュニケーション能力とチーム力
  • 自ら問題を解決できる一定レベルの自立性
  • 自発的な学習ができること
  • 一般的なウェブ開発ツールに精通していること

ウェブ開発者になるには学位が必要なのか

多くの求人では、応募者にコンピュータ・サイエンスまたは類似分野の準学士号の取得を求めています。学士号やオンラインコースでの資格取得が求められる場合もあります。

しかし、仕事を得るために大学の学位が必ず必要なわけではありません。経験としっかりとしたポートフォリオのほうがはるかに価値がある場合が多いのです。最近の求人情報では、学位ではなく経験を証明することが求められるケースが増えています。

この分野は高度な技術を必要とし、独学が可能なため、資格の有無よりも仕事の進め方を知っているかどうかが重要です。とはいえ、学位があればよりスムーズでしょう。

独学でスキルを身につけた開発者は、経験も学位もない状態で最初の仕事を得るのは難しいかもしれません。一般的に、独自のプロジェクトでポートフォリオを完成させるか、フリーランスとして実務経験を積む必要があります。

大学の学位を取得するのが難しい方は、コーディングブートキャンプなどのオンライン資格を代わりに取得するといいでしょう。

ウェブ開発者の種類

ウェブ開発は非常に専門性の高い仕事です。単に「ウェブ開発者」と名乗る人はほとんどいません。仕事の内容、ウェブサイトのどの部分を専門とするか、どのような技術を扱うかによって、さまざまな職種があります。

  • フロントエンド開発者:フロントエンド/クライアントサイド開発者は、スキルを身につけるのが容易であるため、多くの人が選ぶ職種です。使用する言語は、HTML、CSS、JavaScriptです。BootstrapとjQueryも人気のある技術です。
  • バックエンド開発者:バックエンド開発者は、サーバーやデータベースなどの技術を扱います。バックエンドのプログラミング言語は何十種類もあるため、全く同じバックエンド開発者は1人としていません。一般的な言語には、Java、Ruby、PHP、Python、MySQLなどがあります。
  • フルスタック開発者:フロントエンドとバックエンドの両方を扱う開発者。サーバ側とクライアント側の両方をこなすのに十分な言語を知っている必要があります。

以上が主な3つの職種ですが、ウェブエンジニア、セキュリティエキスパート、WordPress開発者、モバイルウェブ開発者、ウェブアプリケーション開発者など、さらに特定の分野に特化した職種も存在します。

ウェブ開発者への道のり

ウェブ開発者になるためには様々な方法があり、個人の経験によってそれぞれ異なる課題が介在します。しかし、一般的には、ウェブ開発のキャリアパスはどれも似たようなものです。

まず、開発をどのように学ぶかを選択する必要があります。大学に進学するか、どのような学位を取得するかを決めます。コンピュータ・サイエンスに何らかの関連がある準学士または学士の学位を取得するのがベストです。

大学に行かないのであれば、資格取得に挑戦するかどうか。資格取得の有無にかかわらず、有料または無料のオンラインコースを受講するか。それとも、オンラインのリソースのみを活用して自力で勉強するのかを検討します。

それが決まったら、専門分野(フロントエンド、バックエンド、フルスタックなど)を選ぶ必要があります。ウェブ開発のさまざまな側面を学んでから決めることもできますが、特定の分野に絞った学習をする前に選択する必要があります。

次に、どのようなプログラミング言語や技術を学びたいのかを決めます。

これらを検討する順番は場合によって入れ替わることもあります。専門分野を決めてから学習方法を選んだり、既に自分が学びたい言語を決めている場合、それに合わせてコースを選ぶこともできます。

ウェブ開発のスキルを身につけた後は、ポートフォリオを作成するために実際に案件を経験する必要があります。実践的な経験は、実務で何が求められるのかを理解するのに役立ちます。まずはサーバーを立ち上げて、自分のウェブサイトをデザインしてみましょう。小さなプロジェクトをいくつかこなすことで、進むべき道が分かるでしょう。

必要な知識を身につけ、優れたポートフォリオを用意すれば、実務をこなす準備は完了です。

便利なウェブ開発学習リソース

自分でウェブ開発をしてみたいという方のために、ウェブ開発初心者にぴったりのサイトをいくつかご紹介します。独学やオンライン学習を選択した方は、まずはこれらを参考にしてみてはいかがでしょうか。大学に通う方にとっても、授業の補足資料として有益です。

1. StackOverflow

StackOverflow
StackOverflow

開発者になるならまず知っておきたいのが、StackOverflowです。プロジェクトで行き詰まったときに頼りになる、開発者なら誰でも知っているサイトです。あなたの抱いている疑問は大抵既に誰かが質問しており、回答がされているはずです。そうでない場合も、経験豊富な人々で構成されるコミュニティが助けてくれます。

初心者専用のサイトではありませんが、すべての学習段階において役立つでしょう。

2. W3Schools

W3Schools
W3Schools

W3Schoolsは、さまざまなウェブ言語や標準規格の基礎を解説してくれる、初心者向けの優れたサイトです。コーディングに慣れていなくても、容易に理解することができます。

3. Codecademy

Codecademy
Codecademy

多くの言語と技術を学習できる初心者向けの講座をお探しの場合、Codecademyがお勧めです。さらに、コンテンツの大部分が無料です。有料の機能もありますが、講座自体は無料で利用できます。

4. Udemy

Udemy
Udemy

もっと上級者向けの講座や、より具体的なスキルが必要な方にはUdemy(ユーデミー)がぴったりかもしれません。プロの講師による何千もの講座があり、中には認定を受けられるものもあります。

5. GitHub Learning Lab

GitHub Learning Lab
GitHub Learning Lab

Gitは、技術的なスキルを持っていない人にとっては、理解するのがとても難しいものです。コツさえつかめば簡単なのですが、最初のハードルを越えるのは難しいものがあります。GitHub Learning Labは、シンプルで楽しく、インタラクティブなチュートリアルで学習できます。

競争力を高めるレンタルサーバーをお求めですか? Kinstaは、驚異的な速度、最先端のセキュリティ、自動スケーリングであなたを支えます。ホスティングプランをご確認ください”

6. DevKinsta

DevKinsta
DevKinsta

WordPress開発の学習にご興味がありますか?DevKinstaのご利用をおすすめします。こちらは無料の開発スイートであり、ローカル環境でWordPressサイトを簡単に構築することができます。テストや開発に使用して、作成したサイトをKinstaサーバーに楽々移行可能です。

7. FreeCodeCamp

FreeCodeCamp
FreeCodeCamp

コードを学びながら資格を取得しませんか?Codecademyとは異なり、FreeCodeCampは非営利団体であるため100%無料です。各認定は取得までに要する時間は約300時間で、様々なスキルから選んで学ぶことができます。

8. DevDocs

DevDocs
DevDocs

開発者なら誰しも、何十種類ものツールのドキュメントを探すのを面倒に感じたことがあるでしょう。DevDocsは、これらのドキュメントを1つのアプリにまとめ、簡単に閲覧できるようにした無料のオープンソースのツールです。

9. Team Treehouse

Team Treehouse
Team Treehouse

Treehouseは、ウェブ開発などの基礎を一から教えることを目的とした、初心者向けの便利なサイトです。動画を用いたこの学習プラットフォームでは、対話型の課題にもチャレンジできます。有料のサービスではありますが、初心者が一から開発を学ぶのにぴったりなサイトです。

10. Coursera

Coursera
Coursera

Courseraには、他の学習プラットフォームとは異なるユニークな点があります。Courseraでは、資格取得と専門大学の学位取得が可能です。大学に入学するよりも安く済むにも関わらず、大学とほぼ同じ内容を、同じ教授から学ぶことができます。

Courseraには認定コースと非認定コースがあるので、正規の学位取得を目指している方は、選択するコースをしっかりと確認しましょう。

11. Egghead.io

Egghead.io
Egghead.io

Eggheadでは、開発に関するさまざまなテーマについて、役立つワンポイントレッスンを公開しています。数十種類のトピックがあり、さらにそれぞれのトピックに関するたくさんの記事があり、開発に関するあらゆる側面を網羅しています。また、プロの講師による講座も用意されています。

12. CSS-Tricks

CSS-Tricks
CSS-Tricks

CSS-Tricksでは講座は提供していませんが、フロントエンドのウェブ開発に関する質の高い記事を公開しています。JavascriptやCSSをマスターしたいなら、たくさんの情報やハウツー記事が見つかります。

13. Udacity

Udacity
Udacity

Udacityは、技術に特化した有料のオンライン講座を提供しています。ウェブ開発だけでなく、サイバーセキュリティ、データサイエンス、ビジネスなど、専門性の高い講座を受けることができます。

14. コーディング ブートキャンプ プログラム

多くの課題が与えられるハードなプログラムで学びたい人は、コーディングブートキャンプに参加してみてはいかがでしょうか。コーディングブートキャンプには、初心者向けにコツを教えてくれるものや、プロでも気を抜けないプログラムなど、あらゆるレベルのものがあります。

大学などが開催することが多いですが、オンラインのブートキャンプに参加することもできます。有料のコースもあれば、無料のものもあります。どちらを選ぶかはあなた次第です。

負荷の高い学習方法ではありますが、コードの学習で伸び悩んでいる方はモチベーションが上がること間違いなしです。

ネット上にはたくさんのコーディングブートキャンプがありますが、まずはHackReactorFullstack AcademyCodeSmithなどを調べてみましょう。

ウェブ開発者の仕事を探す

コースを受講してポートフォリオを作成したら、いよいよウェブ開発者として仕事を探します。

サラリーマンとして企業で働くことを選んだ場合、次のステップは簡単です。応募を始めましょう。求人情報は、地元の新聞や、Google CareersIndeedなどのオンラインサイトで見つけることができます。

フリーランスの道を選んだ場合は?まずは、自分のポートフォリオとなるウェブサイトを作ることから始めましょう。とは言え、クライアントが自然とサイトを訪問してくれることはないので、自ら働きかける必要があります。

Upworkなどのサイトは、ちょっとしたお小遣い稼ぎには便利ですが、報酬は高いとは言えません。

クライアントを獲得するには、人脈作りが一番の近道です。オープンソースのプロジェクトに参加して、仕事を紹介してもらうのもいいでしょう。できる限り自分のビジネスを宣伝しましょう。仕事を探すことを恐れてはいけません。

フリーランスとして活動する場合も、従来の仕事を探す場合も、ウェブ開発の求人情報をチェックしてみましょう。

新しい分野でキャリアをスタートする準備はできていますか? 👩‍💻 まずはこちらの包括的なガイドをご覧下さい! ⬇️クリックでつぶやく

まとめ

ウェブ開発は、新しい技術に挑戦するのが好きな人や、1人で学習を進めていく覚悟のある人に最適な職種です。今回ご紹介したウェブ開発に関するリソースは、ウェブ開発初心者の方に役立つものばかりです。また、その多くは熟練の開発者になったときにも役立ちます。

革新的な成長を遂げているハイテク企業をお探しでしょうか。Kinstaでもスタッフを募集していますのでご検討ください。

他にもウェブ開発者になるためのヒントをご存じですか?ぜひ、コメント欄で教えてください。


手間と費用を節約しながら、サイトパフォーマンスを最大化しませんか?

  • 24時間年中無休で、WordPressに精通したエンジニアが親切丁寧にサポート
  • Cloudflare Enterpriseとの統合
  • 東京、大阪をはじめとする世界35箇所にあるデータセンターから選択可能
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使って最適化を徹底

長期契約による縛りはございません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスが付帯します。お客様にぴったりのプランをご提案いたしますので、営業までお気軽にお問い合わせください。また、プラン一覧はこちらからご確認いただけます