フォーラムやソーシャルメディアのユーザーが、マネージドWordPressホスティングはお金の無駄遣いだと不平を言うのを何度も目にします。独自のサーバーを管理する方がはるかに安価だと言われています。一方、彼らはその作業の内容について決して言及しません。これは、WordPressの一般ユーザーにとって間違った印象を与える可能性があります。簡単で安価に聞こえますが、最終的には、思ったよりも多くの時間とお金を費やすことになります。

「KinstaはマネージドWordPressホスティング会社なので、少し偏見を持っているでしょう」と考えるかもしれません。そうかもしれませんが、私たちは両面を見ることもできます。Kinstaの社員の中に、クライアントのサーバーを管理しているシステム管理者がいます。そのため、システム管理を適切に行うために必要な能力を把握しており、ほとんどの場合、システム管理者になろうとするのは間違った考え方だと理解しています。まるで悪夢のような場合もあります。システム管理者になるには多くの忍耐力、スキル、そして壊れたものを修正することを本当に楽しんでいる性格が必要です!

システム管理者ミーム

システム管理者ミーム (画像の出典:quickmeme

自社の社員以外に、以前に自分でシステム管理をしようとしたお客様からのフィードバックもよくいただきます。マネージドWordPressホスティング会社であるKinstaをご利用になる時点では、ほとんどのお客様が「それに見合った価値がある」と述べています。

独自のサーバーを管理する(システム管理者になる)か、マネージドWordPressホスティング会社を利用するかを検討中の方は、本記事を是非ご覧ください。下記、すべての長所と短所についてご説明します。もちろん、両方にメリットもデメリットもあります。


ある程度、誰でもシステム管理者になることができます。もちろん、必ずしも上手なシステム管理者になれる、またはそうすべきであるというわけではありません。😉しかし、WordPressサイトがホストされているサーバーの管理を担当している人は、おそらくシステム管理者の仕事をしています。下記、この仕事の責任範囲について説明します。

システム管理者になることの長所

私たちがこの件についてかなり強い意見を持っていることがすぐにお分かりでしょう。しかし、誤解しないでください。システム管理者であることは必ずしも悪いことではありません。マネージドWordPressホスティング会社を利用することと比較すると、いくつかの利点があります。

しかし、上手になるには、独特な考え方と性格が必要です。上手というのは、作業するよりも修正やトラブルシューティングに多くの時間を費やすことでお金を失うことはないということです。ビジネスオーナーでも、WordPress開発者でも、エージェンシーでも、「時間を費やすべき最も重要な仕事は何であるか」または「システム管理者になるためのスキルを持っているか」と自問する必要があります。

1. ベアボーンやVPSは非常に安価

システム管理者になる最初の理由は、ほとんどのベアボーンサーバと仮想専用サーバ(VPS)の生のコストはかなり安いということです!才能と技術的な専門知識があれば、間違いなくお金を節約できます。

たとえば、Linode、Digital Ocean、またはVultrのVPSを確認すると、月額5ドルから始まります。これは、ほとんどの共有ホスティングプ会社よりも安価です。また、使用されたリソースに基づいた従量制プランさえ提供する会社もあります。

Digital Oceanの利用料金

Digital Oceanの利用料金

ここでの注意点は、これらのマシンは単なるプラグアンドプレイではないということです。利用料金はCPU、RAM、ディスクなどしかカバーしません。専用サーバーの多くはワンクリックアプリを備えていますが、それ以外のすべての責任はあなたが負うことになります。ServerPilotなどのツールを使用すると少し楽になりますが、これらのツールは必要なときに24時間年中無休のサポートを提供するものではありません。このやり方がDIYホスティングと呼ばれるのには理由があります。

2. 好きなものをインストールできる

もちろん、システム管理者になることの最大の利点の一つは、システムの徹底した管理ができることです。サーバーに好きなものをインストールして実行できます。ソフトウェアパッケージやIoncubeなどのPHP拡張機能が必要ですか?顧客サポートに問い合わせることに時間を使わずに、SSHを使用してサーバーに接続して自分でインストールできます。

3. 完全なルートアクセス

上記に関して、サーバーにインストールするにはルートアクセスが必要なものがあります。マネージドWordPressホスティング会社をご利用の場合、ルートアクセス権を取得できない場合が多いです。それは何故でしょうか。誤って何かを壊すリスクを冒すことができないためです。コマンドを一つだけ間違うとサーバーをダウンさせる恐れがあります。ルートアクセスは「両刃の剣」です。一方、スキルがある場合は、完全なルートアクセス権があると便利です。この理由だけでも、ユーザーが自分のサーバーを管理することを選択する場合があります。

4. 最高のパフォーマンスを達成することは可能

もう一つの利点は、苦労と知識が必要ですが、適切に構成した場合、独自のサーバーを管理するときに最高のパフォーマンスが実現できることです。 これは、ベアボーンリソースは通常かなり安価であり、すべてを自分で管理しているため、リソースが他のサイトと共有されていないことを確保できるためです。多くのサイトユーザーは、WordPressサイトで実際に使用されているよりも多くのリソースを購入する傾向があります。

システム管理者になることの短所

次に、システム管理者になることで生じる多くの欠点についてご説明します。ご想像のとおり、利点よりも欠点の方が多くあります。一方、これがシステム管理者の仕事がとても重要な理由でもあります。「この重要な仕事を本当に自分でやればいいなのか?」自問しましょう。

Being a sysadmin takes a lot of patience, skill, and you have to really enjoy fixing things that break! 😩Click to Tweet

また、Kinstaをご利用いただければ、ほとんど努力せずに上記の各作業を実行できることもご案内します。

1. サーバーのセットアップと構成は完全にあなたの責任

新しいサーバーが必要になる度に、そのサーバーの設定は完全にあなたの責任です。ベアボーンマシンまたはVPSプロバイダーをご利用の場合、通常は新規マシンを立ち上げます。したがって、トラフィックのデータに基づいてWordPressサイトが必要とするRAM、CPU、PHPワーカーの数などの情報を知っておかなければなりません。また、必要メモリ(データベースのInnoDBバッファープール、システムの必要メモリ、php-fpmワーカーの要件など)も知っておかなければなりません。

実行後、構成する必要があります。ニーズに応じて、構成には例えば次のような作業があります。

ベアボーンマシンを使用している場合、WordPressに必要なすべてのサービスのインストール(およびアップグレード)と構成には数日かかることがあります。自動インストーラを使用する場合、マシンの更新や保護のやり方を覚えられません。MySQLとphp-fpmの設定も同様です。変更するものと変更内容を正確に把握すると、長期的には違いが出ます。

作業の背景を完全に把握していない人が多いです。Kinstaでは、最高のパフォーマンスを実現するために一連のLinuxパッケージをカスタムコンパイルしています。これを自分で行うことはほとんど不可能であるため、パフォーマンスが最初から低くなります。当社のNginxルールセットは、何万ものトラフィックの多いWordPressサイトを管理した経験に基づいて構築されたものです。これらのルールセットでは、セキュリティをはじめパフォーマンスの微調整などのすべての分野がカバーされます。

また、お客様によく使用される30以上のソフトウェアパッケージとPHP拡張機能も用意しております。ソフトウェアのサーバーサイドのインストールに慣れていない方なら、上記をワンクリックでインストールできないでしょう。よりよく理解していただくために、Ioncube(PHP拡張)を自分でインストールする場合の手順を以下に示します。

  1. Ioncubeのダウンロードとサーバーへの解凍
  2. ファイルのPHPディレクトリへのコピー
  3. php.iniファイルの編集
  4. Nginxのテストと再読み込み
  5. 現在のPHPエンジンの再起動
  6. ログの確認、キャッシュのクリアなど

つまり、独自のサーバーを管理している場合は、新しいサーバーが必要になったときに構成する時間を必ず確保しましょう。上記が完了したら、WordPressサイトをインストールして設定する作業はまだです。

Kinstaで新しいサイトを立ち上げる

KinstanなどのマネージドWordPressホスティング会社をご利用の場合、サーバーで何も設定する必要はありません。新しいWordPressサイトはいつでも立ち上げることができます。MyKinstaダッシュボードで「サイトの追加」をクリックするだけです。最も難しい作業は、利用可能な24カ所のデータセンターからご希望のロケーションを戦略的に選択することです。

Kinstaで新しいサイトを立ち上げる

Kinstaで新しいサイトを立ち上げる

新しいソフトウェアパッケージやIoncubeなどのPHP拡張機能が必要ですか?Kinstaのサーバーですでに利用可能になっている可能性は高いです。ただし、そうでない場合は、ダッシュボードのボタンをクリックするだけで簡単に有効化できます。

2. バックアップに注意しなければならない

独自のサーバーを管理している場合、独自のバックアップソリューションを考え出す必要があります。追加のバックアップサービスを提供するプロバイダーもありますが、これらのサービスは通常完璧とはほど遠いものです。たとえば、Digital Ocean Dropletsでは、マシンの週次スナップショットしか利用可能になっていません。そのDropletを利用するには、プランの利用料金の20%がかかります。週一回のバックアップは不十分であることに誰もが同意するでしょう。

そして、それは単なるサーバーのバックアップです。特にサーバーに複数のサイトがある場合は、WordPressサイト自体に個別のオフサイトバックアップソリューションを構成した方が良いでしょう。したがって、ソリューション自体とそのソリューションを保管するディスク容量両方に追加の費用がかかる可能性があります。当社のお勧めのWordPressのバックアッププラグインについての記事もご確認ください。

Kinstaでのバックアップの仕組み

Kinstaでバックアップを作成するのは非常に簡単です!サーバーレベルでは、インフラストラクチャのすべてのマシンの永続ディスクスナップショットを4時間ごとに作成して24時間保管し、その後24時間ごとに作成して2週間保管します。Google Cloud Platformは、データの整合性を保証する自動チェックサムを使用して、各スナップショットの複数のコピーを複数のロケーションに自動的に保存します。

つまり、スナップショットは、作成されたロケーションとは異なるデータセンターに保存されます。Google Cloud Platformインフラストラクチャが悪影響を受ける場合は、復元できるスナップショットが常にあります。

それに、WordPressサイトに関しては、Kinstaは「毎日の自動バックアップ」、「ダウンロード可能なバックアップ」、「手動バックアップ」、さらに特定の状況が揃った際に作成される自動システムバックアップである「システム生成バックアップ」さえ提供します。それでも不十分な場合は、1時間ごとまたは6時間ごとにバックアップを作成できる時間単位の「バックアップアドオン」も購入いただけます。バックアップは(複数のロケーションにある)永続ディスクスナップショットに保存されます。

したがって、Kinstaをご利用の場合、バックアッププラグインは必要ありません。🤘ボタンをクリックするだけでバックアップの復元も、ステージング環境へのコピーもできます。さらに良いことに、Kinstaはバックアップを合計ディスク使用状況にカウントしません

WordPressバックアップ

WordPressバックアップ

3. サーバーとWordPressサイトへのアクセス制限はあなた次第

サーバーを管理するとき、アクセス制限はあなた次第です。Linuxの強化というものには長年の経験が必要です

悪意のあるコードがネットワークに入ったり、ブルートフォース攻撃を受けたりした場合は、それはあなたの責任です。それに、文字通り数分でサーバーをダウンさせるDDoS攻撃というものもあります。 DDoS攻撃は常に最悪のタイミングで行われます。攻撃者を特定してブロックする方法をよく理解しておく必要があります。

DDoSd on a Saturday night while camping? ⛺ This is just one of the many reasons you don't want to be a sysadmin.Click to Tweet

サーバーとWordPressサイトの保護対策には、例えば次の対策があります。

WordPressは素晴らしいですが、今年はプラグインの脆弱性に関して今まで見た中で最悪の1年にでした。WordPressサイトのマルウェアを適切にクリーンアップする方法を必ず知っておきましょう。自分で実施してみて何日も苦労しているユーザーの話を何度も何度も耳にしています!

下記は、Kinstaのチームが対処しなければならない最近のインシデントを示します。

当社のSQLインジェクションについての詳細ガイドも是非お読みください。

Digital Oceanなどの一部のVPSプロバイダーはクラウドファイアウォールを提供しています。ただし、ファイヤーウォールを採用して、たとえばポートに必要なインバウンドルール、バックリストまたはホワイトリストに登録する必要のあるIPアドレスの指定などは、あなたの仕事です。

システム管理セキュリティ

システム管理セキュリティ(画像の出典:Reddit

Kinstaのフォートノックスのようなセキュリティなら安心できる

本当にハッカーやDDoS攻撃と戦いながら週末を過ごしたいですか?そのやり方はご存じでしょうか?セキュリティの深い技術的専門知識がない限り、深刻なセキュリティ問題に遭遇するのは時間の問題に過ぎません。

KinstaなどのマネージドWordPressホスティング会社をご利用の場合は、上記をすべてお任せいただけます。下記は、当社のすべてのホスティングプランでご利用いただけるセキュリティ機能のほんの一部です。

100%ハッキングできないというものは存在しません。そのため、Kinstaはすべてのお客様に無料のハック修正を提供しております。そのとおり! 上記のSocial WarfareやWP Google Mapなどのプラグインの最近の脆弱性が発生したときに、当社のチームはお客様にその通知をして、影響を受けたサイトをクリーンアップしました。場合によっては、システム管理者はサーバーレベルでパッチを適用します。Kinstaではセキュリティが重視されているため、WordPressサイトに関する対策が積極的に実施されています。

4. 適切なキャッシングソリューションの選択は重要

WordPressのパフォーマンスなら、キャッシングほど重要なことはありません!

キャッシングとは、あるリクエストのリソースを保存し、今後のリクエストに際してそのリソースを再利用するプロセスのことです。基本的には、ページビューを生成するのに必要な作業量を減らします。WordPressサイトのできるだけ多くのコンテンツをキャッシュから配信することをお勧めします。これは高速のスピードの基本です。

自分のサーバーを管理することになると、下すべき決断があることになります。サーバーレベルのキャッシュソリューション(nginx fastcgi cache moduleなど)を実装するか、WP RocketなどのWordPressキャッシュプラグインを使用しますか?ハイブリッドアプローチという別のオプションもあります。

何十もの異なるソリューションとテクノロジーをテストしていない限り、どのソリューションが最適か、または最速かをどのようにして知ることができるでしょうか?システム管理者は、バイトコードキャッシュ、オブジェクトキャッシュ、ページキャッシュ、Varnish、Redisなどの違いおと、サーバーとプラグインの両方との相互作用について理解する必要があります。細かく調整されたキャッシングソリューションを持つことは、遅いWordPressサイトと速いWordPressサイトを区別します。

キャッシュをKinstaにお任せください(プラグインは不要)

Kinstaをご利用の場合は、サーバーレベルでキャッシュを自動的に処理します。当社のサーバーは、nginx fastcgi cache moduleを使用した高速ページキャッシュを提供します。

ページキャッシュは、標準のWordPress、BuddyPress、WooCommerceEasy Digital Downloadサイトで何も設定しなくてもすぐに機能するように設定されています。触らなくても結構です!WordPressウェブサイトを起動するだけで、ページキャッシュが始まります。

固定ページまたはブログ投稿を編集する度に、該当のページのキャッシュとアーカイブページが自動的にクリアされます。これにより、訪問者に最新のコンテンツを提供できます。また、アーカイブページの最小限のスロットル時間を設定して、常に高可用性を確保します。

また、本来はキャッシングプラグインではありませんが、当社の必須のMUプラグインがすべてのサイトにインストールされているため、キャッシングをさらにきめ細かく管理いただけます。WordPressの管理ツールバーからサイトのキャッシュを簡単にクリアしたり、サイトが更新されるたびに削除するカスタムパスを追加したりできます。

Kinstaのきめ細かなキャッシング管理

Kinstaのきめ細かなキャッシング管理

MyKinstaダッシュボードからWordPressサイト全体のキャッシュをワンクリックでクリアすることもできます。

MyKinstaダッシュボードでWordPressキャッシュをクリアする

MyKinstaダッシュボードでWordPressキャッシュをクリアする

MyKinsta分析ツールkinsta cache logsを使用するとキャッシュデータをさらに分析いただけます。キャッシュできるGET要求をBYPASSするキャッシュまたは除去できるPOST要求があるかどうかを判断できます。

キャッシュコンポーネントスタック(下記参照)を使用すると、HIT、BYPASS、MISS、またはEXPIREDなどのリクエストの状態を確認できます。過去24時間、7日、または30日でデータをフィルタリングできます。

Kinstaのキャッシュコンポーネントスタック

Kinstaのキャッシュコンポーネントスタック

キャッシュコンポーネントのグラフではキャッシュ率が確認できます。キャッシュから配信するほど良いです。以下の例で示すように、例のWordPressウェブサイトのキャッシュヒット率は96.2%で、とてもいい結果です!

Kinstaのキャッシュコンポーネントのグラフ

Kinstaのキャッシュコンポーネントのグラフ

キャッシュバイパスのトップリストでは、キャッシュから配信されていないリクエストが確認できます。通常、CRONジョブ、admin-ajaxリクエスト、電子商取引チェックアウトページ、クエリ文字列、UTMパラメータなどがあります。

WordPress top cache bypasses

WordPressのキャッシュバイパスのトップリスト

5. 最初からのステージング環境はない

ステージング環境は、アップデート(プラグイン、WordPressのコア、テーマ)をテストしたり、コードをデバッグしたり、本番サイトに影響を与えることなく開発作業を行ったりできる、リスクのない簡単な方法です。最近、ステージングサイトを当然のことと考えている人が多いです。しかし、なければどうでしょう?あなたならどうしますか?

独自のサーバーを管理している場合は、独自のソリューションを実装する必要があります。Digital OceanやLinodeなどのVPSプロバイダーをご利用の場合は、マシンのクローンを作成できますが、これは迅速な解決策ではなく、無料でもありません。

WordPressに特化したソリューションが必要な場合は、WP Stagecoach(年額120ドルから)やManageWP(ウェブサイトあたり月額2ドルから)などの適切なソリューションがありますが、いずれも無料ではありません。

独自のサーバーの管理とマネージドWordPressホスティングの費用を比較する場合は、このことを覚えておくことが重要です。

Kinstaはワンクリックのステージングを提供する

Kinstaでは、各WordPressサイトに独自のワンクリックステージング環境が用意されています。「ステージング環境の作成」をクリックするだけで、本番サイトのコピーがすぐに生成されます。これにより、テストが非常に簡単になります。

WordPressステージング環境の作成

WordPressステージング環境の作成

完了したら、ボタンを押すだけで、変更を本番サイトに公開することができます。本番サイトのWordPressバックアップをステージングに復元することもできます。

Kinstaはお客様に可能な限り多くのスペースを提供しようとしており、合計ディスク使用状況を計算する際にステージングサイトはレポートから除外されます。ディスク容量使用状況には本番サイトしかカウントされません。

6. 監視を忘れずに

ウェブサイトが金曜日の午前2時にダウンしたが、月曜日の朝までそれに気づかないことは最悪のことでしょう。サーバーとWordPressサイトの両方にダウンする可能性のある独自の一連の問題があります。

ウェブサイトのダウンタイムは、さまざまな影響を与える可能性があります。

  1. あなたの収入の低下
  2. ブランドと信頼性への悪影響
  3. ダウンタイムの長さにより、クロール速度と検索掲載順位が低下する可能性がある

したがって、サーバーとサイトを24時間365日監視して、問題なくスムーズに運用していることを確保する必要があります。独自のサーバーを管理している場合は、アラートを出すアップタイム監視ソリューションが必要になります。

Updown

Updown

Digital OceanやLinodeなどのVPSプロバイダーはサーバーの監視ソリューションを提供していますが、WordPressサイトの監視ソリューションを提供していません。サイトの数と必要なアラートの種類にもよりますが、別のサービスの利用料金が発生する可能性が高いです。下記は、人気のあるソリューションを示します。

Kinstaは年中無休24時間体制であなたを応援いたします

Kinstaをご利用の場合、サーバー側のことを心配する必要はありません。当社のシステム管理者チームにお任せください!問題が発生した場合は、MyKinstaダッシュボードに通知が表示されますが、ステータスページも確認いただけます。

WordPressサイトに関しては、すべてのお客様にプレミアムアップタイムモニタリングであるNew Relicをご用意しています。2分ごとに、ホスティングするすべてのウェブサイトのステータスをチェックします。つまり、各サイトが1日に720回確認されます

積極的なアプローチをとります。つまり、あなたのウェブサイトがダウンした場合、最初に通知されるのは当社で、当社のエンジニアがすぐに問題解決に取り組みます。サイトに問題が発生した場合、必要に応じてご連絡いたします。これにより、常時または休暇中にサイトをチェックせずに済みます。

7. SSL証明書が必要

WordPressサイトはHTTPSを使用すべきです。これを行う最も簡単で安価な方法は、無料のLet’s Encrypt SSL証明書を使用することです。ただし、ベアボーンマシンまたはVPSプロバイダーを使用している場合、インストールと自動更新のためのシステムが必要です(Let’s Encrypt の証明書は90日ごとに期限切れになります)。

最も人気のある更新ソリューションは、おそらくCertbotでしょう。しかし、Certbotの使用には次のことが伴います。

  1. Certbotのサーバーへのインストール
  2. Nginxの設定
  3. HTTPSへのファイアウォールに入る許可を与えること
  4. Let’s EncryptからSSL証明書の取得
  5. Certbotの自動更新の確定

または、ServerPilotなどのソリューションをVPSプロバイダーと組み合わせることもできます。しかし、これは無料ではありません。ServerPilotプランは月額5ドルからです。

Kinstaは無料でワンクリックのSSLを提供する

KinstaはSSL証明書のインストールを非常に簡単にします! MyKinstaダッシュボードにログインし、サイトを参照して「無料のSSL証明書を生成する」をクリックするだけです。これで、WordPressサイトがHTTPSを使用するようになりました。更新について心配する必要はありません。当社の自動化されたシステムが更新などを処理します。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

カスタムSSL証明書をご利用ですか?問題ありません。ダッシュボードからも簡単にインストールいただけます。

ワンクリックの無料SSL

ワンクリックの無料SSL

オンラインストアを運営していますか? 当社の WooCommerceとSSLに関する詳細ガイドをご覧ください。

9. WordPressパフォーマンスのトラブルシューティングが詳しいですか?

月曜日の朝一でWordPressサイトがクロールが急に遅くなりました。あなたはパフォーマンスの問題のトラブルシューティングをどこから始めますか?サーバーのリソースを消費しているものがあるでしょうか?それともWordPressサイト自体の課題かしょうか? WordPressのパフォーマンスの問題を引き起こすものは文字通り何百ものがあります。

eコマースサイトやメンバーシップサイトを運営している場合、これらのサイトには独特の課題があるため、ある時点で必ずパフォーマンスの問題に直面することになります。WordPressメンバーシップサイトのホスティングについては当社のこちらの記事をご参照ください。

パフォーマンスの問題をトラブルシューティングして原因を特定する最も簡単な方法は、New Relicなどのプレミアムツールを使用することです。一方、このツールは最低でも月額75ドルがかかります

Kinstaのプラットフォームは拡大縮小可能で、パフォーマンスの問題を特定いたします

Kinstaなら、サーバーリソースについて心配する必要はありません。当社は、Google Cloud Platformの複数のデータセンターで仮想マシンを採用しており、各マシンは、最大96のCPUと数百ギガバイトのRAMを備えます。利用可能なリージョンでは、コンピューティング最適化マシンタイプ(C2)を使用します。C2は、コアあたりのパフォーマンスがGCPで最も高く、コンピューティング集中型のワークロードに最適化されています。ハードウェアリソース(RAM / CPU)が必要になったときに、仮想マシンにより各サイトコンテナに自動的に割り当てられます。

当社は、各ウェブサイトに独立したLXDホストとLXCソフトウェアコンテナを使います。つまり、各WordPressウェブサイトがその稼働に必要なソフトウェア(Linux、Nginx、PHP、MySQL)のある、隔離されている専用コンテナに保管されます。リソースは100%プライベートで、他のユーザのウェブサイトまたはあなたの各ウェブサイトとも共有されません

MySQLデータベースは、リモートサーバではなく、ローカルホストにてホスティングされます。これにより、マシン間の待ち時間がなくなり、クエリが高速化し、ページの読み込み時間が短縮されます。

WordPressサイトに関しては、KinstaはNew Relicを利用してパフォーマンスのボトルネックを特定します。ご不明点などがございましたら、サポートチームへのチケットを開くだけで、New Relicを一時的に有効にいたします。これで、WordPressサイトの状態をよりよく把握することができます。

外部サービスがタイムアウトしているか、プラグインまたはご利用中のテーマが問題を引き起こしているか、サイトのデータベースがクエリの速度に追いついていない可能性があります。原因が何であれ、通常は特定して修正方法に関する提案を提供できます。

修正済みのWordPressのパフォーマンス課題

修正済みのWordPressのパフォーマンス課題

パフォーマンスの課題またはプラグインやテーマの問題のトラブルシューティングというのは、当社のスタッフが日常的に行っている作業です。Kinstaなら何も心配することがありません。サポートチームが完全にWordPress開発者とLinuxホスティングエンジニアで構造されています。実用的なアドバイスを提供できる人に問い合わせいただけることを保証いたします。

自分でNew Relicについて詳しく知りたい場合は、お客様独自のカスタムNew Relicトラッキングもサポートしております。

10. ソフトウェアの更新に時間がかかる

ビジネスの成長や、ソフトウェアの更新なら、どちらに時間を費やした方がいいですか?独自のサーバーを管理する場合は、常にソフトウェアを更新したり、セキュリティパッチを確認したり、最新のPHPバージョンなどをインストールしたりする必要があります。

ほとんどの場合、上記をSSHを使用してコマンドラインから行います。したがって、sudo apt-get updateコマンドを準備をしてください。

Kinstaは常に最新かつ最高の製品を提供しています

Kinstaなら、何もインストールする必要はありません。サーバーハードウェアをはじめ実行するソフトウェアまで、Kinstaは最高のテクノロジーのみを採用しています。どの開発スタックをご利用になっても、当社では常に最新のフレームワークバージョンがインストール済みで、最新の状態で利用可能になっています。

通常は、PHPの公式リリースから数週間以内に最新バージョンをリリースします!競合他社とは異なり、何ヶ月も何年も待つことはありません。 できるだけ早くテストしたいお客様のために、ベータ版もリリースしてみます。

これは何故重要でしょうか?当社の最新のPHPベンチマークによれば、PHP 7.3とPHP 5.6を比較すると、1秒毎に処理できるリクエスト(トランザクション)の数は3倍になっているためです!PHP 7.3はまた、PHP 7.2よりも平均9%高速です。PHPの最新バージョンを使用するとサイトが高速化されるだけでなく、WordPressの管理ダッシュボードの応答性も改善されます。

WordPress 5.0 のPHPベンチマーク

WordPress 5.0 のPHPベンチマーク

スピードアップとセキュリティ向上の為、Kinstaでは常に最新版のPHPが利用可能になります。PHPのバージョン間の切り替えはワンクリックでできます。

PHP 7.4への切り替え

PHP 7.4への切り替え

11. 原因調査に時間を費やすべき

サーバーの管理がどれほど上手であっても、ある時点で、原因調査に時間を費やさなければならない問題に遭遇することは避けられません。調査というのは、StackOverflowの閲覧であっても、同僚への相談であっても、時間の無駄に過ぎません。

VPSでダウンタイムをデバッグするのに苦労していたため、WordPressサイトをKinstaに移行するお客様が多いです。

システム管理者コミック

システム管理者コミック(画像の出典:Image source: The Underfold、Brian Russell作)

Kinstaの24時間年中無休の世界クラスのサポートを利用することにより時間を節約する

Googleで原因調査を行うよりも、例えば大晦日にさえ、ワンクリックで相談できるKinstaの専門家からなるサポートチームをご利用になりませんか?

Kinstaの24時間年中無休のサポート

Kinstaの24時間年中無休のサポート

サポートの仕組みを文字通り変更しました! Kinstaの顧客サポート担当者はレベル1とレベル2に分けていません。サポートチームが完全にWordPress開発者とLinuxホスティングエンジニアで構造されており、中には自サーバー管理、テーマやプラグイン作成、コア貢献の経験者が大勢います。つまり、WordPressを積極的に使用・開発する専門家にお困りごとの相談ができます。

Kinstaのすべてのお客様は、大企業およびフォーチュン500をサポートしている同じチームメンバーとチャットできます。当社に応募する候補者から実際に雇うのは1%未満です。より知識豊富なチームは何処にもありません。

12. トラフィックの急増への準備

Hacker NewsまたはRedditのトップページに出ましたか?それはすばらしいことですが、サーバーの準備ができているのでしょうか?10ドルのドロップレットはおそらく足りないでしょう。キャッシュできないコンテンツがあれば、無理です!

WordPressキャッシュの急増

WordPressキャッシュの急増

Kinstaの自動スケーリング技術を使用しませんか?

Kinstaの自動スケーリングテクノロジーのおかげで、あなたのウェブサイトで急なトラフィックのピークが発生しても、当社のインフラストラクチャがその対応ができます。当社の隔離されている専用コンテナテクノロジーでは、ハードウェアリソースが必要になったときに、仮想マシンにより各サイトコンテナに自動的に割り当てられます。結果的に安全で、故意にプライベートでありながらウェブサイトの要求に合わせてスケールアップあるいはスケールダウンができるようなサーバー資産のあるホスティングコンフィグレーションができます。

急に人気が増えている場合も、Shark Tankなどの番組に出る場合も、イベントを主催する場合も、Kinstaは対応いたます!

イベントについて事前に知っている場合は、大幅なトラフィックの急増を利用できます。このプロセスの一環として、当社のチームはまた、あなたのウェブサイトと当社のプラットフォームにあるデータも調査し、admin-ajax.phpへの呼び出しの数を減らすこと、時間のかかるプラグインを無効にすること、CDNを採用すること、ウェブサイトのページキャッシングの使用を増やす変更を加えることなどの改善項目も指摘します。

あなたの時間はどれくらいの価値がありますか? 本当にお金を節約していますか?

システム管理者になることや自分のサーバーを管理することを検討している場合は、まずあなたの時間はどれくらいの価値があるかを自問してください。サーバー管理を自分で行うことで、実際にお金を節約しているのでしょうか?計算しましょう。

合計は月額257ドルになります。

Kinstaでは、ホスティングプランは月額30ドルからで、すべての面倒な作業はお客様に代わって行います。

以前はいつも自分のホスティングを管理していたため、マネージドWordPressプロバイダーの使用を疑問に思いましたが、Kinstaはそれに見合った価値があります。彼らのプラットフォームは微調整しなくても完璧に動作します。弊社のように問題が良く発生するトラフィックの多いサイトがある人は、彼らの移行サービスを気になるでしょう。移行全体をやってくれたし、元の社員によってインストールされた問題のあるプラグインさえ見つけて、教えてくれました。彼らのサービスがなければ、ボリュームが大きかったので、移行に何時間も費やしたでしょう。さらに、サポートチームは非常に迅速に対応し、数分以内に回答してくれます。Kinsta、ありがとう!
James Bradach
James Bradach、People’s Action Instituteのテクノロジーディレクター
Trustpilotのリビュー

まとめ

私たちは、システム管理者を大変敬意しています!お客様のWordPressサイトがオンラインのままである理由はKinstaのシステム管理チームに違いありません。Opensource.comが言うように、「システム管理者はテクノロジーの世界の陰の英雄」です。

あなたが技術に詳しい個人で、サーバー関連の作業を楽しんでいるなら、システム管理者になって自分で管理を行うのがよいでしょう。ただし、作業時間も忘れずに費用を徹底的に計算することが重要です。

マネージドWordPressホスティングでお金を節約できる場合も多いです。技術的な問題を心配する必要はもうありません。代わりに、ビジネスの運営、コンテンツの作成、マーケティング、販売などに集中できます。

あなたは賛成ですか、反対ですか? 是非コメントでも書いて、ご意見をお聞かせください。


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。