2018年12月6日現在、WordPress 5.0「Bebo」がリリースされました!今年のすべてのアップデートを無視した方でも、今回のアップデートは2018年の最大のアップデートであるため、今回こそ仕事に取り組みべきときになりました。WordPressは新しいGutenbergエディタの導入でユーザーと開発者が本CMSを使用する方法を完全に変えています。今後はブロックが重要になります。または、新規インストールのデフォルト設定になるTwenty Nineteenテーマの新しいバージョンもリリースされました。

WordPressの今までの新しいバージョンと同様に、今回も十分にテストをした上で使用することをお勧めします。何回も繰り返していますが、今回のリリースはエディタをはじめ、サードパーティ製のプラグイン、テーマさえに影響を与えるため、テストはオプションではありません! テストを行わないと、異常が発生しやすいです。今回こそ「更新」ボタンを押すだけで済みません。

さて、WordPress 5.0はどのようなものでしょうか。

WordPress 5.0 changes everything! 💥Check out what's new in the biggest release of the year. Click to Tweet

WordPress 5.0ですべてが変わる(新機能)

いまだに満足できるWordPressホスティング会社をお探しでしょうか?

KinstaのプレミアムマネージドWordPressホスティングを試し、問題のウェブサイトを経験してみませんか。
  • 管理者を表すリモコンのポンチ絵 完全なる管理
  • セキュリティを示すシールドの中のレ点フォートノックスのように安全
  • マイグレーションを表す線の合併無料マイグレーション
  • サーバーの速度を表す3つの右向きのシェブロン無制限のスピード
  • バックアップを表す円の矢印の中の中心点毎日のバックアップ
  • サーバースタックを表すオフセットの六角形Google Cloud Platform
WordPress 4.8(Evans)には、ビジュアルエディタでリンクが機能する便利な改善とともに、多数の新しいウィジェットと新機能がありました。

WordPress 4.9(Tipton)には、ウェブサイトをカスタマイズして管理するためのユーザフレンドリー方法、カスタマイザの大幅な改善、ウィジェットの新しくて楽しい機能と、コード編集用の強力なテキストエディタがありました。

過去のアップデートのほとんどは比較的に簡単なものであり、多くの人にとってはそれほど大きな影響ありませんでした。WordPress 5.0は違います。多くの機能を少し改善するのではなく、今回のリリースでは次の2点に注目が与えられます:

  1. 新規WordPressエディタGutenberg
  2. WordPressテーマTwenty Nineteen

それ以外の変更やバグ修正は、ケースバイケースでのみ行われています。今回のアップデートは基本的にはGutenbergに関するものです。 📇

これだけだとあまり変化がないように見えるかもしれませんが、違います!Gutenbergは、WordPressをウェブサイトを構築するものとして推進しようとするものです。実は、WordPressチームが細かいアップデートしか含まれていなかった古いリリース周期から離れていく予定のようです。今後は幅広い変更が一切に行われるようです。しかし、WordPress 5.0がリリースされた後に、毎月2回の細かいWordPressリリースが予定されている話もありました。

さて、Gutenbergは何でしょうか。Gutenbergハンドブックでは、下記のようまとめています:

Gutenbergは、WordPressエディタの変革、コンテンツを追加、編集、操作のための新しいインターフェイスとして始まりました。ブロックベースのUIを使用することにより、誰でも豊かでフレキシブルなコンテンツレイアウトを簡単に作成できるようにします。ページコンポーネントのすべてはモジュラーブロックとして表現されますので、統合の「ブロックメニュー」からアクセスしたり、ページのどこにでもドロップしたり、直接に編集してユーザーが望む独自の姿にすることができます。

WordPressのエクスペリエンスの基本的な近代化かつ変革であり、ユーザーと開発者の両方に新しい機会を提供します。GutenbergはWordPressの新しいフレームワーク、インタラクションパターン、機能、またはユーザエクスペリエンスを紹介しています…

言い換えれば、WordPress 5.0では、過去10年間に使用していた旧型のWordPressエディタテキストエディタを使用できなくなります。😱今後は次のようなものしかありません:

Gutenbergエディタ

Gutenbergエディタ

WordPressダッシュボードで本件についてのコールアウトをすでに見たことがあるかもしれません。WordPress 4.9.8の細かいリリースで、ユーザーに早めの情報を提供するお知らせとして追加されました。

WordPress 5.0のGutenbergのお知らせ

WordPress 5.0のGutenbergのお知らせ

Gutenbergは、新しいWordPress 5.0のインストールのデフォルトで唯一のエディタになります。必要に応じて、Classic Editorプラグインをインストールすることができますので、ご心配なく。これにより、新しいGutenbergエディタとともに旧型エディタも使用することができます。今週末には、Classic Editorの使用についての詳細記事も掲載します。

しかし、WordPressのチームによると、Classic Editorプラグインの正式サポートは2021年12月31日に終了します。従って、できるだけ早くGutenbergとWordPress 5.0に取り組んでみた方がよいでしょう。

なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。理由はいくつかあります:

1. WordPressは競争しなければならない

その1つ目は、WordPressの自己ホスト版がオープンソースであっても、WordPress.comの背後にある会社Automatticはあくまでもビジネスであるということです。Wix及びSquarespaceなどの他のウェブサイト構築ソリューションと競争する必要があります。2017年から2018年までのWordPressの市場シェアを見ると、前年比で約17.3%の増加となっています。素晴らしいことですが、競合他社を見ていくとSquarespaceは180%の増加、Wixは233%の増加となっています。

オープンソースプロジェクトとビジネスは基本的に分かれていますが、実は密接に関連しています。つまり、WordPressは追いつく必要があります!豊かなページビルダーのプラグインが信じられないほどの速度で成長していることの理由は何だと思いますか?それはもちろん、ウェブサイトを構築してコンテンツを書くためのより簡単な方法の要求が強いことです。MediumまたはGhostなどの他の公開プラットフォームでさえ、ブログを書きたいと思うだけの方なら、執筆のユーザーエクスペリエンスがより優れています。

When it comes to WordPress, it's always going to be about market share. 📈 Click to Tweet

これは必ずしも悪いことではありません。競争というのはあくまでも製品とコミュニティを推進させるものです。

2. 書き直しが必要だった

その2つ目は、Gutenbergは現在FacebookやInstagramなどの企業にも使用かつメンテナンスされている非常に人気のあるJavaScriptフレームワークであるReactに基づいて構築されています。Kinstaの開発者はReactが大好きで、自社のアフィリエイトシステムを導入するときにもReactを使いました。それにGutenbergはREST API、ESnext + JSX、WebPackなどの多くの最新のテクノロジーも活用しています。Riuten Benguellaによる、GutenbergがWordPressの開発をどのように変更することについての興味深い記事も是非ご確認ください。

Gutenbergの構造により、開発者にとっては「ブロック開発」の観点の全く新しい世界が開かれます。Gutenbergならブロックが重要です。今後は「ブロック」という言葉はよく出てくるでしょう。

しかし、開発者の多くは新しい言語を学ぶ必要があるため、しにくいところもあるでしょう。ただし、ありがたいことに、WordPressコミュニティがcreate-guten-blockなどのオープンソースプロジェクトをたくさん提供してくれます。これは基本的に、React、webpack、ES6/7/8/Next、ESLint、Babelなどを設定することなく、数分でWordPressのGutenbergブロックを開発するためのゼロ設定の開発ツールキット(#0CJS)です。

下記も是非ご確認ください。

Atomic Blocks

Atomic Blocks

目標はもしかして、パフォーマンスUPでしょうか。確かに、パフォーマンスUPは好ましいですが、これまでの報告書の多くによるとパフォーマンスが低下しているようです。

注:チームが日々Gutenbergを更新しているため、上記を話半分に聞いておきましょう。WordPress 5.0が公式に登場した今なら、懸念事項がさらに出てくるでしょう。

もう一つのデメリットは、WordPressのテーマとプラグインの大半(すべてではない)をGutenbergとの互換性があるように書き直す必要があるということです。特にWordPressのエディタと対話するものはそうです。例えば、Yoast SEOは早く対応したWordPressプラグインの開発者のいい例です。彼らは2017年7月に最初のGutenberg関連のアップデートを作成して以来、次々と更新してきました。なお、彼らは最初にアクセシビリティを心配していましたが、WordPressチームは、Gutenbergのアクセシビリティに関する声明書を発表しました。

Gutenbergのすべての機能に興味のある方は、是非当社のGutenbergについての詳細記事をご確認ください。

準備がまだできていない方は、WordPressエディタGutenbergを無効にする方法についての記事をご確認ください。

Twenty Nineteenテーマ

WordPress 5.0には、新しいTwenty Nineteenテーマも含まれています。フロントエンドとバックエンドの両方のGutenbergのサポートが組み込まれています。本テーマについては、今後の記事で詳しく説明します。😉

WordPressテーマTwenty Nineteen

WordPressテーマTwenty Nineteen

コミュニティーのGutenbergについての意見

インターネット上のすべてのウェブサイトの32%以上はWordPressを使用しているため、今回のような大きな変化は議論を呼ぶのは当たり前のことです。結局のところ正直言いと、WordPressのエディタは過去10年間で変化したことはあまりありませんでした。

WordPressプラグインGutenbergを確認すると、70万点以上のアクティブインストールがあり、評価は5星のうち2.3です。1星の評価の数は900以上です。良くなさそうですね。ただし、この評価はGutenbergのベータ版のとき以来の平均です。または、今回のような巨大な変化が行われると、変更が苦手という評価者も必ずいます。

GutenbergのWordPressにての評価

GutenbergのWordPressにての評価当社は、Gutenbergについてのツイッターのアンケート調査を行いました。450名以上の方に参加してもらい、参加者の42%はGutenbergをあまり使ったことがないため、意見もないと言っています。WordPress 5.0とGutenbergが近づいてくる中は、恐ろしい事情です。続きまして、28%は「嫌い」、19%は「好き」、11%は「慣れてきた」と答えました。

Gutenbergのアンケート調査Declious BrainsのIanによるGutenbergに関する懸念事項の記事も是非ご確認ください。WordPressが今回の新しい言語と技術を無理に強制している為、どう考えても、WordPress 5.0にアップグレードしたウェブサイトは単に壊れるでしょう。予防方法はありません。ご使用のすべてのプラグインとテーマが完全に更新されていない限り、トラブルシューティングはしにくいでしょう。

最も影響を受けるのはもちろん代理店、フリーランス、および開発者でしょう。そこで、WordPress 5.0のリリース日が本当に心配ですね。

さらに悪いことに、ClassicPressも登場しました。ClassicPressは、CMSベースのビジネスウェブサイト市場向けのWordPressの(Gutenbergなしでの)ハードフォークです。ここでの懸念は、市場が今後細分化されるのだろうかということです。ClassicPressのチームでさえ、プラグインとテーマの互換性の処理方法がまだ決めていないようです。いずれにせよ、これは間違いなく注目に値するプロジェクトです。

ClassicPress

ClassicPress

WordPress 5.0の正式リリース日

WordPress 5.0はいつリリースされるのでしょうか?WordPressのコアチームは、2018年11月19日リリース予定日として設定しています。ただし、これはあくまでも予定日でした。

2018年12月6日現在、WordPress 5.0が正式にリリースされました!

WordPressを使用しているお客様のいるあなたなら、ご注意ください。もちろん、Classic Editorをインストールすること、または更新を少し遅らせることもできます。

いずれにせよ、冬期休暇の計画を準備しておきましょう。おそらくあなたも、「WordPress 5.0にアップグレードした後にウェブサイトが壊れた」というお客様に感謝祭の日に電話してほしくないでしょう。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです! 当社のフィーチャーをご確認ください。

準備をしてWordPress 5.0にアップデートする方法について

もう一度強調しますが、WordPress 5.0とGutenbergのテストを行うのは非常に重要ですが!プラグインとテーマがすべて正しく機能することを確かめましょう。カスタムのソリューションの方は、WordPress開発者に連絡して更新してもらってください。WordPressホスティング会社が対応できないことですので、ご注意ください。

メジャーリリースを自動更新するようにWordPressを特別に設定していない限り、WordPress 5.0に手動で更新する必要がありますので、ご注意ください。基本設定のままでは、WordPressは4.9.7から4.9.8へなどのマイナーリリースのみを自動更新し、4.9.8から5.0のようなメジャーリリースは自動更新しません。

Kinstaもメジャーリリースを強制しません。

WordPress 5.0とWooCommerce

WooCommerceはWordPress 5.0のリリースに関する公式声明を発表した。WooCommerceをご利用の方は、WordPress 5.0にアップデートする前に必ずWooCommerce 3.5.1+に更新してください。

WordPress 5.0とPlugins

Yoastのチームは、Yoast SEOとGutenbergの互換性のための新しい機能、バグ修正、改善項目を日々リリースしています。WordPress 5.0に更新する前に、最新版(11月20日にバージョン9.2.0がリリースされました)に更新することを強くお勧めします。

1. ステージング環境を作成する

WordPress 5.0をテストサイトにインストールするか、ホスティング会社のステージング環境を利用することを強くお勧めします。そうすると、本番サイトには影響ありません。あなたがKinstaのお客様であれば、数クリックで本番サイトをステージングにコピーできます。

WordPressのステージング環境

WordPressのステージング環境

2. WordPressウェブサイトのバックアップを作成する

開発サイトまたはステージングサイトでテストしていない場合は、WordPressウェブサイトの完全なバックアップを作成してください。(本番サイトでのテストをお勧めしません。)便利なWordPressバックアッププラグインが数多くあります。あなたはKinstaのお客様であれば、ステージングサイトの他には、14日間保存される自動バックアップを含む4種類のバックアップもご利用いただけます。

なお、WordPress 5.0は巨大なアップデートであるため、ウェブサイト全体のダウンロード可能なバックアップも作成するようにをお勧めします。これには、すべてのファイルとMySQLデータベースが含まれます。14日が過ぎたら、必要なものに気づくかもしれません。いつでも利用できるバックアップを持つのは便利です。Kinstaのお客様は、MyKinstaダッシュボードからワンクリックでフルバックアップをダウンロードできます。

完全なWordPressのバックアップをダウンロード

完全なWordPressのバックアップをダウンロード

3. WordPress 5.0にアップデートする方法(ステージングまたは本番サイト)

ホスティング会社によっては、WordPress 5.0のリリース後にウェブサイトが自動的に更新される場合があります。WordPressコアは基本設定のままだと更新を行いません。Kinstaでは、ウェブサイトのwp-config.phpファイルでWP_AUTO_UPDATE_CORE を「true」に設定していない限り、ウェブサイトを自動的にWordPress 5.0に更新することはありません。お客様に常にテストを行った上で更新してほしい旨は理由です。

WordPress 5.0は管理ダッシュボードで利用可能になっております。ツールバーの更新アイコンをクリックするだけです。次に、「今すぐ更新」ボタンをクリックします。ウェブサイトが更新されている間は、メンテナンスモードになります。更新が完了すると、通常の状態に戻ります。

WordPress 5.0への更新

WordPress 5.0への更新

アップデートがうまくいくと、「ニュース」画面が表示されます。以上です! 早くて簡単でしょう。

WordPressのアップデートの異常をトラブルシューティングする

WordPressのどの新しいリリースでも、異常が発生することがあります。理由は現在市場に存在する数千もの異なるプラグインとテーマです。一般的な異常の処理方法をいくつかご紹介します。

  • 死の白い画面が発生しましたか?PHPを再起動すること、またはWordPressウェブサイトのページキャッシュ全体を削除することで解決する場合が多いです。
  • 「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」と長く表示されますか?ウェブサイトがおそらくメンテナンスモードで停止している可能性があります。
  • すべてのプラグインを無効にして異常がなくなるか確認してください。次に1つずつプラグインを有効にし、開発者からのアップデートが必要なものを探してください。
  • (使用可能になったら)Twenty NineteenなどのデフォルトのWordPressテーマに切り替えてみてください。これで問題が解決した場合は、元々のテーマの開発者に連絡した方が良いでしょう。
  • あなたのブラウザのJavaScript異常をトラブルシューティングしてください。特に、ビジュアルエディター(TinyMCE)などの重要なコンポーネントの異常の場合には、便利です。

4. プラグインとテーマを確認する(これらもGutenbergの影響を受ける)

WordPress 5.0では、新規エディタGutenbergも登場します。必要に応じてGutenbergを無効にし旧型エディタを使用したい方も、異常を起こすバグを見つけたい方もいるかもしれません。

Gutenbergのテストの一環として、サードパーティ製のプラグインとテーマのすべてがGutenbergとの互換性があるかも確認する必要があります。WordPressエディタと対話するもののすべては影響を受ける可能性があります。Yoast SEOはカスタムメタボックスを備えているため、その良い例です。Advance Custom Fieldsもそうです。

ご使用のすべてのプラグインとテーマの開発者に確認してください。Gutenbergのサポートの開始または開始予定日を発表した開発者が多いです。独自のGutenbergブロックをリリースしているテーマの開発者も多いです。

WordPress 5.0をインストール後に、ページ及び投稿の下にある「編集」ボタンをクリックすると新しいGutenbergエディタが開きます。Classic Editorプラグインをインストールした場合には、Classic Editorのボタンも表示されます。

Gutenbergでの編集

Gutenbergでの編集

既存のコンテンツはどうなるの?

旧型エディタで作成したコンテンツを新しいGutenbergエディタで開いたときに、投稿全体が1つのTinyMCEエディタボックスとして表示されます。理由は、すべての投稿とページのコンテンツフォーマットを保存することです。Gutenbergエディタを利用するには、「ブロックへ変換」オプションを選択します。

Gutenbergのブロックへ変換」

Gutenbergのブロックへ変換」

投稿全体が自動的に新しいGutenbergブロックへ変換されます。

変換済みのGutenbergブロック

変換済みのGutenbergブロック

ショートコードはどうなるの?

ショートコードも同じです。この例では、開発サイトに既にNinjaFormコンタクトフォームがありました。旧型エディタでショートコードを使用して配置されました。そこで、Gutenbergエディタでは、「ブロックへ変換」を選択します。

Gutenbergのショートコード

Gutenbergのショートコード

ショートコードは、Gutenbergのショートコードブロックへ変換されます。コンタクトフォームはフロントエンドでもうまく機能しています。

変換済みのGutenbergショートコードブロック

変換済みのGutenbergショートコードブロック

まとめ

WordPress 5.0とGutenbergは、長年にわたりの最大のWordPressのアップデートです。エディタを使ってコンテンツを書いているユーザーをはじめ、プラグインやテーマをコードする開発者までの皆さんが影響を受けます。Gutenbergプロジェクトが成功するかは時間が経ってないと分かりませんが、アップグレードを行う前に必ずステージング環境でWordPress 5.0をテストすることをお勧めします。

WordPress 5.0及びGutenbergに関するご意見を是非お寄せください。