ウェブプレゼンスを確立し、オンラインビジネスの成功をつかみ取るためには、高速で応答性の高いウェブサイトが欠かせません。

サイトが多くのリソースを必要とする複雑なものになったとしても、訪問者は一様に、スムーズな操作性を求めるものです。表示速度パフォーマンスの低下は、利用者の不満、ひいては、直帰率の上昇、そして、収益の低下につながります。

そんな事態を回避するのに便利なのがEarly Hintsです。

経験豊富な開発者にも、ウェブ開発を始めたばかりの人にも、サイトの規模に関係なく、この新しい機能の活用をおすすめします。

Early Hints─レンダリング高速化の新常識

Early Hintsは、どのリソースをプリロード(あらかじめ読み込む)すべきかについてあらかじめ情報を提供することで、ページのレンダリング速度を改善することのできる最新のウェブ標準でありステータスコードです。

具体的には、Early HintsではHTTPステータスコード「103」が使用されます。この中で、rel=preloadHTTPヘッダを指定することで、メインレスポンスの配信前に準備する必要のあるリソースをクライアントに伝えることができます。

ページが完全に読み込まれる前に、サーバーからブラウザに、アセットに関する情報が届きます。「考える時間を与える」と言い換えることもできるでしょう。これにより、ブラウザは特定のリソースを他のリソースよりも先に、または並行してダウンロードできます。

他の非同期読み込みと同様に、大幅なレスポンスタイム改善、レイテンシ削減が期待できます。実際、Early Hintsを利用し、表示までの時間を最大30%改善できたという報告もあります。

さらに、例えEarly Hintsが期待通りに機能しなかった場合でも、悪影響はありません。例えば、訪問者のブラウザが最新のウェブ標準をサポートしていないとき、そのブラウザは103ステータスコードを無視し、通常通りページを読み込みます。

そしてこのたび、この強力なウェブ標準が、KinstaのWordPressホスティングサービスをご利用の皆様に無料でご利用いただけるようになりました。

KinstaでのEarly Hints利用方法

KinstaのCloudflare統合により、すべてのWordPressサイトでEarly Hintsを有効にすることができます。その方法は以下の通りです。

  1. MyKinstaにログインします。
  2. WordPressサイト」>(サイト名)>「ツール」へと進みます
  3. Early Hints」を探し、「利用する」ボタンをクリックします。
The MyKinsta dashboard with the "Tools" section opened, showing tiles of options with a purple arrow pointing at the "Enable" button under the "Early Hints" tile.
MyKinstaでEarly Hintsを使えるようにする

Early Hints機能を有効にすると、「分析」セクションでサイトのパフォーマンス向上を確認することができます。

これだけで設定完了です。Early Hintsが有効になりました。また、必要であればMyKinstaの同じセクションから利用を停止することも可能です。

性能の向上はホスティングから

コードがどれだけ美しく堅牢なものであっても、サーバー次第で最終的な性能は大きく変わります。例えば、他人と共用するタイプのレンタルサーバー(共用サーバー)といった安価な選択肢で済ませると、結果的に費用が膨れ上がってしまうことが多々あります。

一方でKinstaは、お客様の手間を解消する、そして結果につながる便利な機能やツールを取り揃えています。Googleのプレミアムティアネットワーク、最高級CPU、C2マシンを採用。世界36箇所のデータセンターの中から選んで、訪問者にコンテンツを素早く配信することができます。

Kinstaを利用するすべてのサイトで、CDNが標準で有効になり、これだけで読み込み時間の最大72%改善が期待できます。さらに、エッジキャッシュコード圧縮画像最適化など、WordPressサイトのさらなる高速化につながる機能も盛りだくさんです。

そして今回、その全てに加え、サイトのパフォーマンスを次のレベルに引き上げるEarly Hintsを導入するはこびとなりました。

あらゆる方面からの高速化、最適化をKinstaにお任せください。