ウェブホスティング産業、具体的にはWordPressホスティングに長年携わってきた者として、考えさせられました。もしウェブホスティング会社の経済やそれが実際にどのように回っているのかを理解したなら、人々の期待は変わるでしょうか?もしくは、それでも破格に安いWordPressホスティングのプロバイダを追い続けるのでしょうか?

ウェブホスティング界隈には多くの迷信や誤解があり、真実を見極めるのは大変難しいです。どの様なシステムであり、月額5ドルのパッケージには本当は何が含まれているのか、という裏事情を、殆どの格安のWordPressホスティング会社は顧客には殆ど明かしません。しかし方針や細かい活字を読む時間を取ってみれば、無制限の帯域幅やディスク容量などないことが分かるはずです。なぜなら、単純にそんなことは不可能だからです。

今回はウェブホスティング会社がどのように回っていて、なぜ破格に安い価格のところがあり、実際どのように利益を得ているのかを掘り下げます。その答えの中には驚くものもあることでしょう。

When you pay $5/month for WordPress hosting (which equates to a cup of coffee ☕), don't be surprised when it fails. Click to Tweet

ウェブホスティング産業を分類する

ホスティング会社の大部分は大まかに見て他と変わらず、諸々の事情の中で粗利益によってサポート人員を何名配置できるかが決まります。以下に一般的なホスティング会社の諸経費の幾つかを分類しましょう。

平均売上原価(30%)

多くのホスティング会社にとって、平均売上原価(データセンターのサーバー)は30%前後です。これにより、社員や諸経費に充てるお金は売上の70%ということになります。

マーケティング経費(概算10%)

もしその会社がまだ成長を試みているなら(そしてそう願いますが)更に10%程がマーケティング経費に投じられます。結局のところ、ホスティングでの顧客獲得にかかる費用が実際最も大きな費用の一つでしょう。

クリック単価を選ぶなら、「ウェブホスティング」のようなキーワードへの入札費用はアドワーズではクリック毎に20ドルに達します 😲 これはインプレッションシェアの数やページ上部への表示のために幾ら入札する気があるか、期間はどれだけなのか等により変わります。ベンチャーキャピタルの出資を受けた企業なら恐らく気にしないでしょうが、スタートアップや限られた資金の会社なら、知恵を絞る必要が出てくるのです。

「ウェブホスティング」キーワードクリック単価

「ウェブホスティング」キーワードクリック単価

「ウェブホスティング」というキーワードをSEOのターゲットに据えて、オーガニック検索で上位表示を目指すと、様々な競争によって近年では何年もかかってしまいます。コンテンツマーケティングと並んでオーガニック検索のアプローチはもちろん支持しますが、これは長期戦ですし、一貫性と忍耐を必要とします。

それから、この分野で競える普遍的なコンテンツを作成するために大金をはたく心構えが必要です。最低でも2500語(注釈:英語のワード数)はある技術的な優れた記事を書くには、容易く1500ドルはかかります。iWriterのようなところへ格安記事を外注しようとしても、そうはいかないでしょう。記事作成のプロであるフリーランスのライターを探し、雇うために時間を割く必要があります。これには何カ月、時には何年もかかるのです。

The cost to acquire a customer in hosting is actually one of the highest out there. 💰 Click to Tweet

そんな訳で、マーケティングや売上原価(サーバー、基本設備)だけでも、ホスティング会社は売上の60%のみで給料や諸費用を支払わなければならないことになります。

数字を掘り下げる

あなたが格安WordPressホスティングを選び、月々10ドル(年間120ドル)を払うと仮定しましょう。マーケティングの謳い文句から、このサービスは素晴らしく24時間毎日のサポートや電話でのサポートもあり、その他の会社と同じようなサービスを受けられる、と期待します。GEICO、Anthem、AT&T、Verizonに電話をかけても最高な対応とは言えませんが、やり取りの末には物事を解決してくれますよね。

何が違うかと言えば、10ドルの月額全てをカスタマーサポートのために支払っている訳ではありません(カスタマーサポートにはそこまでのお金はかかりませんから)。あなたの携帯電話の請求書の問題を解決するのは、年収400万円の人材で事足り、ソフトウェアエンジニアは不要。

費用を大まかに見てみましょう。もしあなたがホスティング会社に月々10ドル(年間120ドル)を払っていて、しっかりしたシステム管理者には給付金も含めて年間10万ドルかかるとしたら、その一人の従業員を雇うのに何人の顧客が必要でしょうか?

答えには驚くかもしれません。833ではないですよ、833×120ドル=~100,000ドルですから。これは売上原価やマーケティング費用がかからないと仮定した場合です。でも思い出してみてください、この例のホスティング会社は30%の売上原価と10%のマーケティング費用がかかりますから、すなわち1ドル稼ぐにつき社員への支払いに使える金額は60セントだけになります。

上記の想定を用いると、簡単な計算で本当の答えが姿を現します。

100,000ドル = X × 120 × 0.6
100,000ドル = 72X
1389 = X

このXの値を求めることで、これが1400人の顧客に相当することが分かります。つまりホスティング会社は月額10ドルの顧客1400人につき、本当に知識のあるシステム管理者を一人雇うことが出来るのです。もしくはこう考えてみてください。もし1389人の顧客がそれぞれ月額10ドル(年間120ドル)を支払えば年間利益は166,680ドルになり、30%の売上原価(サーバー)と10%のマーケティング費用を差し引いて、100,000ドルで給付金を含む給料を賄えます。

For every 1,400 customers at $10 per month, a hosting company can afford to hire a system administrator. 💻 Click to Tweet

しかし、どんな厄介なホスティングの問題が起きても対処できるシステム管理者でも、一人では一体どうしたら1400人にも上る顧客の技術的問題を扱いきれるというのでしょう?答えは、「そんなことは無理」だと言うことです。

これには、実際のビジネスでは「粗利益からマーケティング費用を引いたものから支払うことになる、他の経費も存在する」という事実は加味されてすらいません。諸経費の例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 創設者や経営管理職への支払い
  • テナント料や人件費
  • 帯域幅コストやホスティング設備(プレミアム階層ネットワーク)
  • ログの対処、受信、処理のための複雑解析設定(Elastic)
  • 業務用Eメールサービス
  • CDNの統合
  • Intercomのようなサポート及びチケットシステム
  • New Relicのような稼働時間とパフォーマンスの監視ツール

あくまでも、とても少ない仮定で計算が最も簡単かつ簡潔なので、このモデルを使っています。

月額20ドルになると概算はもう少しマシになりますが、それでもまだ良いとは言えないでしょう。同じ経費がかかるシステム管理者を雇うのに、およそ700人の顧客を必要とします。月額が50ドルになったとしてもまだ良くはなく、278人の顧客に対して一人のシステム管理者という比率です。お判りいただけるように、月額100ドル超の価格帯になるまでは、経済的に堅実な比率であなたに有利に働くには程遠いのです。月額5ドルのホスティングにおける計算など…見たくもないはずです 😳

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

格安WordPressホスティングが存在する訳とその手法

では月額10ドルを課す場合、顧客にとって経済面が好ましくないなら、なぜこんなにも多くのホスティング会社がそうするのでしょう?答えは2つの要素から成ります。

一つ目は、そのような会社はより高額な商品を勧めたり隠れた料金で儲けようとしているからです。ウェブサイト移転SSL証明書ドメイン登録、WHOISプライバシー、パークドメインからの広告収入、専用IPアドレス、偽のSEOヘルプ、ウェブサイトバッジなどを使って、です。ですが、この様なサービスを使う人たちは一般的に節約しようとしていますし、それがサービスを選んだ理由でもあるため、これらはいつも思い通りに行くわけではありません。

二つ目は、ホスティング業界で私たちが「不協和音」と呼ぶものです。どう考えても、良い響きではありませんよね。それは何を意味するのでしょう?これは、料金が低すぎると分かっていながらおとり商法のビジネスモデルを使うことです。結果としてカスタマーサービスが最悪になること、顧客が憤慨すること、四半期ごとにX人の顧客を失うことなどは分かっていつつも、そのX人を補うようにビジネスモデルを考えるのです。

When you're thinking about shopping for #hosting, stop thinking in terms of paying the absolute minimum. 🤔 Click to Tweet

これは実際どのようになるのでしょうか。ホスティングでは至極シンプルです。全てを無限に提供し(CPUとホスティングで「ワーカー」と呼ぶものを除いて)、それから多くの帯域幅を使う顧客やサイトを締め出すのです。最終的にはリソース使用と順調なサイトのために、これらを差し止めすることになります。

アカウントの一時的な制限

アカウントの一時的な制限

こうして顧客は不機嫌になり去っていき、ホスティングは殆ど閲覧のないサイトでこれを埋め合わせられるので、ご満悦。ホスティング業界に悪い評判をもたらすのは、このようなビジネスモデルという訳です。

最低額を払うという観点を捨てる

購入やホスティングを考える時、最低額を払うという観点を捨て、実際に何を買うことになるのか考えるようにしましょう。WordPressがどの様な仕組みかに関して、そして更に重要なのは、問題をどう解決するかに関しての幅広い知識を持った人によるサポートです。長い道のりであなたの力になってくれるチームを買うということです。

Kinstaは正にこの理由で創立され、そのおかげでこの様に迅速な成長を遂げてきました。「不協和音」や「より高額な商品を進める」ビジネス手法から外れたプロバイダを見つけようと何年もホスティングのプロバイダを渡り歩く、私たちが「ホストホッパー」と呼ぶ人たちがいます。

2018年、Kinstaの顧客数の伸びは262%以上、顧客離脱率は5%未満です。当社の顧客は私たちが提供する大きな価値を見出し、喜んでそのためにお金を払っています。そうすれば、ダウンタイムや500エラーの心配をしたり、どのWordPressプラグインが問題を起こしているか見極めるのに頭を悩ませる代わりに、自身のビジネスに専念できるのです。

HostGator(最悪)からSiteground(悪くはない)、Kinsta(最高)へと移りました。弊社サイトはかつてないほど最速で、移行時のカスタマーサポートは経験した中で最高でした。
Joe Hanley
Joe Hanley
Audible Genius LLC オーナー&ソフトウェア開発者

まとめ

確かにホスティングのために月々何百ドルも割ける人ばかりではありませんが、その一方で、期待することはそれ相応であるべきでもあります。もし月々にコーヒーにかけるお金がホスティングより多いのなら、いつか痛い目に遭ってしまうでしょう。

もし格安のWordPressホスティングを選ぶと決めたなら、あなたのサイトが時折ダウンすることを見越しておくべきです(月額10ドルですから、何百ものユーザーと一つのサーバーをシェアする可能性が高いのです)。加えて、殆どの問題はすぐには解決しないことも予測しておきましょう。これは単に計算上こうだと言えます。

ぜひ、あなたが格安のWordPressのホスティングをどう思うか、そしてその体験談をお聞きかせください。下のコメント欄からお教えください!

11
シェア