ウェブサイトやアプリは、最近ではあまりにも身近なため、当たり前のもののように感じてしまいます。しかし、サイトのデザインや便利な機能の裏側には、それを実現するためのコードや技術が存在します。

この舞台裏の仕事を担当するのが、バックエンドエンジニアと呼ばれる人たちです。

この職に就きたい方に朗報です。バックエンドエンジニアは高収入で、将来性のある仕事です。

しかし、バックエンドエンジニアになるには一体どうすればいいのでしょうか?どのようなスキルを身につけるべきでしょうか?

今回は、バックエンドの開発について紹介し、開発者になる方法をご紹介します。

バックエンドエンジニアになる方法に関する動画解説もご用意しています。

バックエンドエンジニアとは?

一般ユーザーがアプリケーションやコンピュータシステムのバックエンドに直接アクセスすることはありません。

サーバー、データベース、APIなどの技術によって、ユーザーインターフェースなどが機能し、一般ユーザーはそれを利用しています。

そのような技術を構築し、維持するのがバックエンドエンジニアの役割です。一般ユーザーがバックエンドエンジニアの行った作業を意識することは滅多にありませんが、彼らがいなければ、ウェブサイトやアプリケーションは機能しません。

バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

フロントエンドエンジニアは、ウェブサイトの中でも、一般のユーザーが実際に目にして操作する部分を担当します。これは、クライアントサイドまたはブラウザサイドの開発と呼ばれることもあります。

バックエンド(またはサーバーサイド)開発者は、それを支えるインフラを構築します。

フロントエンドエンジニアとバックエンドのエンジニアが共同で作業をすることは頻繁にありますが、プログラミング言語や必要なスキルは異なります。

例えば、フロントエンドエンジニアが主に使用する言語は、HTML、CSS、JavaScriptです。コーディングの際は、ユーザーエクスペリエンスを考慮する必要があります。画像がどのように表示されているか、サイトは利用しやすいか、主要なブラウザで問題なく動作するか、などです。

一方、バックエンドエンジニアは、PythonRubyPHPなどのプログラミング言語やスクリプト言語を使用します。彼らは、サイトの安全性、データの管理方法などを重視します。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い(引用元:Francesco Lelli)
フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い (引用元: Francesco Lelli)

また、フルスタックエンジニアと呼ばれる開発者もいます。フルスタックとは、バックエンドとフロントエンドの両方の開発をすることを指します。

どちらか一方に絞るよりも、ウェブ開発のすべての側面を知っている方が良いように思うかもしれません。しかし、実際の仕事ではスペシャリストが必要とされます。

サイトのデザインや便利な機能の裏側には、それを実現するためのコードや技術が存在します👩‍💻 この記事を読んでエンジニアとしてのキャリアをスタートしましょう ⬇️Click to Tweet

バックエンドエンジニアの仕事

バックエンドエンジニアは、ウェブアプリケーションの裏にあるサーバー、データベース、APIに携わります。

フロントエンドエンジニアとは仕事の範囲が異なりますが、両者が連携することで機能的でユーザーフレンドリーなサイトやシステムが完成します。

例えば、フロントエンドエンジニアが、お客さんがクリックすると過去の注文に関するデータを取得できるボタンのついたページをサイトに設けたとします。

バックエンドエンジニアは、そのボタンがデータベースから適切なデータを取得できるようにコードを記述します。そのデータはフロントエンド側に返され、フロントエンドエンジニアが訪問者にどのように表示するかを決定します。

バックエンドエンジニアの仕事の範囲
バックエンドエンジニアの仕事の範囲(引用: InterviewBit)

バックエンドエンジニアの仕事内容

バックエンドエンジニアの仕事内容は場合によって少しずつ異なりますが、一般的には次のような仕事を担当します。

  • ウェブサイトやウェブアプリケーションのバックエンドインフラの開発
  • 既存のバックエンドの保守
  • トラブルシューティングとバグの修正
  • ホスティング環境の管理
  • 品質保証(QA)テスト
  • クライアント側ウェブアプリケーションへの効率的なデータ転送のためにフロントエンドエンジニアと協働
  • 顧客や製品管理、マーケティング、営業、カスタマーサービスなどの部門との連携によるソリューションの開発
  • アーキテクチャ、プロセス、システムに関するドキュメントの更新

バックエンドエンジニアをおすすめする理由

バックエンドエンジニアに必要なスキルを身につけるには、時間と努力が必要です。それだけの価値があるのかどうか、疑問に思うかもしれません。

しかし実際、バックエンドの開発は収入も良く、仕事に対する満足度も高い分野だと言えます。その理由をいくつか挙げてみましょう。

バックエンドエンジニアの需要

ウェブ開発は急速に成長している分野です。

ウェブ開発全体では、今後10年間で8%の雇用増加が見込まれています。これは、年間約1万3,400件の求人に相当し、平均よりもはるかに高い成長率です。

バックエンドエンジニアの給与

バックエンドエンジニアの平均給与は、8万1,161ドルです。

もちろん、経験を積めばより多くの収入を期待できます。例えば、新入社員レベルのバックエンドエンジニアの平均給与は6万1,042ドルで、5年から9年の経験を持つバックエンドエンジニアの平均給与は9万5,000ドルです。

「シニアバックエンドエンジニア」の肩書きを持つ人の平均給与は11万3,687ドルです。

バックエンドエンジニアの仕事に対する満足度

給与や求人の多さはもちろん魅力ですが、実際に楽しめるかどうかも同じくらい重要です。

バックエンドエンジニアの大半が自分の仕事に満足しているようです。

実際に、バックエンドエンジニアの仕事に対する満足度は、平均よりも高いことが分かっています。

(ちなみに、この調査では、バックエンドエンジニアの満足度はフロントエンドエンジニアよりもわずかに高く、フルスタックエンジニアとほぼ同じという結果になっています)

バックエンドエンジニアに必要なスキルとプログラミング言語

バックエンドエンジニアの仕事に求められるスキルは場合により少しずつ異なります。

しかし、これからご紹介するスキルやプログラミング言語はバックエンドエンジニアに求められるものであり、身につければきっと求人で有利になるでしょう。

また、HTMLCSSといったフロントエンドの主な言語の基本も理解しておくと効果的です。バックエンドの仕事で使うことはなくても、フロントエンドエンジニアと作業をする際に、やりとりができる程度の知識は必要です。

昨年プロの開発者が使用したプログラム言語
昨年プロの開発者が使用したプログラム言語 (引用元: StackOverflow)

JavaScript

人気という点では、JavaScriptに勝るものはないでしょう

上記のStackOverflowの調査からも最も使われているプログラミング言語であることがわかります。また、GitHubでも最も使用されている言語となっています。

JavaScriptがこれほど普及している理由のひとつは、フロントエンド、バックエンドの両方のエンジニアにとって有用であることです。最も一般的なのは、ブラウザにレンダリングされるスクリプト言語としての用途ですが、NodeJSを使った実行環境であれば、バックエンドの開発にもJavaScriptを利用することができます。

とはいえ、バックエンジニアにとっては、フロントエンジニアを目指す人と比べると、そこまでこの言語は重要ではないでしょう。

フロントエンドの開発経験がある、または、フルスタックエンジニアになりたい場合は、JavaScriptの勉強から始めるといいかもしれません。そうでなければ、初心者はPythonSQLなどを優先するのが理にかなっています。

Python

Pythonは、バックエンドエンジニアなら必ず知っておくべきプログラミング言語です。Instagram、Spotify、DropBoxなどの大手企業で使用されており、その人気は高まり続けています。

現在、GitHubでJavaScriptに次いで2番目によく使われている言語です。

Pythonは比較的シンプルな構文なので、学習しやすく、開発者同士でコードに関するやりとりがしやすいのが特徴です。複数のプログラミングスタイルに対応しており、データを明確に視覚化できます。

Pythonには、開発作業を簡略化するためのフレームワークがいくつか存在します。バックエンドエンジニアは、DjangoやCherryPyなどの主要なフレームワークも学んでおくことが推奨されます。

SQL

SQLは1979年に発表され、1986年にANSI(米国国家規格協会)によって業界標準の言語と定められました。

現在ではやや古めに思えるかもしれませんが、開発者にとっては今でも変わらず必要不可欠な言語です。

SQLの主な目的は、データベースの操作です。ほとんどすべてのウェブサイトでデータベース管理が必要ですが、SQLは大量のデータを扱うことができます。SQLを使用するデータベース管理システムには、MySQL、MariaDB、SQLite、PostgreSQLなどがあります。

バッグエンドエンジニアはこれらのシステムにも精通しているのが理想です。

MySQLのようなオープンソースのプラットフォームは、SQLデータベースのソースコードを無料で提供しているので、学習素材として便利です。

Ruby

Rubyはオープンソースのインタプリタ型スクリプト言語です。Rubyは、開発者にとってシンプルで効率的に利用できるよう作られています。構文が英語とよく似ているので(英語がわかれば)学びやすいのが特徴です。

PythonやJavaScriptほど普及していませんが、Rubyが必要な仕事はたくさん存在します。

Rubyというと、Ruby on Railsのことを指すことがあります。この2つは異なるものですが、関連しており、どちらもバックエンド開発に役立つスキルです。

フォームの始まり

フォームの終わり

Ruby on Railsは、Rubyでプログラミングされたオープンソースのウェブ開発フレームワークです。高速な開発が可能であることが特徴で、全世界で35万以上のウェブサイトで利用されています。

PHP

79%のウェブサイトが、サーバーサイドのプログラミング言語としてPHP(Hypertext Preprocessor)を使用しています。そして、WordPressもまたPHPを使用しています

CMSサイトやSNSプラットフォームなど、PHPがよく使われるサイト
CMSサイトやSNSプラットフォームなど、PHPがよく使われるサイト

PHPは、他の言語、特にPythonに押され気味です。実際、少なくとも10年以上前から「PHPは時代遅れか?」という議論がされています。

しかし、それは違います。PHPは高速かつ強力であり、バックエンドのウェブ開発において広く利用されています。

.NET

.NET(ドットネット)は、2002年にマイクロソフト社が開発したソフトウェア開発フレームワークです。様々なコーディング言語、ライブラリ、エディタが含まれています。バックエンドエンジニアにとって最も便利な.NET言語はC#で、現在最も広く使われている言語の1つでもあります。

スターバックスやmatch.comなど、多くの有名なウェブサイトで使用されています。

.NETは、JavaScriptやPythonと比べると重要度は低いですが、バックエンドエンジニアとしては知っておいた方が良い技術です。Microsoftは初心者向けの解説を公開しています。

Java

JavaというとJavaScriptと密接な関係があるように思えますが、実はそうではありません。

Javaは汎用プログラミング言語で、ブラウザ上でも動作しますが、主にバックエンドの開発を目的としています。

Javaは他の新しく登場した言語と比べると習得が難しく、パフォーマンスに関する問題も散見されます。全体として、その人気は下降気味です。しかし、今でも多くのウェブサイトで使用されており、Javaの知識が必要なバックエンドエンジニアの仕事もあるでしょう。

そのため、Javaを無視することはできません。

SOAP・REST API

API(Application Programming Interface)は、あるアプリケーションやサービスが、別のアプリケーションやサービス内のリソースにアクセスすることを可能にします。

例えば、さまざまな航空会社やホテルの情報を集約した旅行予約サイトでAPIが使用されています。APIは、航空会社やホテルからデータを取得し、旅行サイトに反映するのに使えます。利用者がフライトを予約すると、APIはそれを予約サイトに伝えます。

代表的なAPIが、SOAPとRESTの2つです。バックエンドエンジニアになるならば、この2つを理解しておいた方がいいでしょう。

SOAPは、もともとMicrosoftが開発したプロトコルです。XMLを使用してリクエストを送信し、レスポンスを受け取ります。

RESTful APIは、REST(Representational State Transfer)のアーキテクチャスタイルをベースにしています。SOAPとは異なり、RESTはXMLを必要とせず、プロジェクトに適した言語でアウトプットを取得することができます。たとえば、CSV、JSON、RSSを使用できます。

RESTはSOAPよりも高速であり、多くの開発者が、RESTの方が扱いやすいと感じるはずです。しかし、SOAPはRESTよりも安全性が高く、通信に失敗した場合に備えた再試行ロジックが組み込まれています。

高速で、信頼性が高く、安全なWordPressサイト向けのホスティングサービスをお探しですか?Kinstaではこれに加え、WordPressの専門家による年中無休のトップクラスのサポートもご提供しています。プランをチェック

NoSQL

多くの開発者がSQLに関心が薄いことは前述したとおりです。

SQLに代わる選択肢が存在します。NoSQLは、リレーショナルテーブル以外の方法で情報を保存する(非リレーショナルな)データベースを指します。NoSQLは言語ではなく、従来のモデルを使用しないデータベース保存形式の総称です。

代表的なNoSQLデータベースは以下の通りです。

  • MongoDB
  • Cassandra
  • Amazon DynamoDB
  • Apache HBase

NoSQLデータベースは便利な選択肢です。開発者がSQLの利用を避けることもあります。しかし、NoSQLはSQLほどには普及していません。

そのため、NoSQLは履歴書に記載したいスキルではありますが、まずはSQLを学ぶことをおすすめします。

コンテンツ管理システム(CMS)

ほとんどのウェブサイトで、コンテンツの作成、変更、管理にコンテンツ管理システム(CMS)を使用しています。CMSを使えば、技術的なスキルがなくても、自分のサイトの編集をすることができます。

CMSの4つの主要機能
CMSの4つの主要機能

バックエンドエンジニアであれば、コンテンツ管理システムを使わずにウェブサイトを作成する術を知っているはずです。ただし、仕事で携わるウェブサイトで、既にコンテンツ管理システムが使用されていたり、新たに実装する必要があったりするかもしれません。バックエンドエンジニアは、CMSへの新機能の追加や、既存のCMSのデバッグを依頼されることがしばしばあります。

一からCMSを作成しなければならないこともあるかもしれません。ただ、ほとんどの場合、次のような主要なコンテンツ管理システムを使用することになります。

  • WordPress
  • Drupal
  • Joomla!
  • Magento
  • Wix

少なくとも上記のうちいずれか1つのプラットフォームに精通した開発者になることが理想です(ちなみに私たちのおすすめはWordPressです)。

バージョン管理システム

バージョン管理システムは、プロジェクトのコードに加えられた変更を管理するためのものです。チームに所属するのであれば、おそらくGitやApache Subversionのようなバージョン管理ツールを使うことになるでしょう。これらのシステムに精通していることが、開発者の仕事の必須要件になることもあります。

バージョン管理が不可欠な理由はいくつかあります。まず、バージョン管理システムを使えば、問題が発生したときに、以前のバージョンのコードに戻すことができます。

これにより、ミスがあった場合でも大幅に手間を削減することができます。エラーを探し出して個別に修正するのではなく、プロジェクトを以前のバージョンにロールバックするだけでOKです。

バージョン管理システムは、複数の人間が特定のプロジェクト内で共同作業する場合には、特に重要です。アプリケーションのバージョンが競合してしまうことを防げます。

Gitは、最も人気のあるバージョン管理システムです。GitをパソコンにインストールしGitHub.comのアカウントを作成し、慣れ親しんでおきましょう。

問題解決能力

エンジニアには、技術的なスキルが求められます。しかし、コードを知っているだけがすべてではありません。

バックエンドエンジニアには、優れた問題解決能力が欠かせません。柔軟性があり、発生した問題に対して創造的な解決策を見出す能力が必要です。

バックエンド開発の仕事に就きたいのであれば、以前のウェブ開発の仕事でどのように問題を解決してきたかについて、面接官に話せるようにしておきましょう。

コミュニケーション能力

プログラマーはパソコンに向かって、一人黙々と作業することが多く、それが仕事の大部分を占めることは間違いありません。

しかし、バックエンドエンジニアの仕事では、コミュニケーションも重要です。おそらく、開発者の仲間と一緒にプロジェクトに取り組むことになるでしょう。クライアントやプロダクトマネージャー、その他関係者のアイデアを取り入れることもあります。

そのため、プロジェクトで協力したことやチームを率いたことについて、面接官に話せるように準備しておきましょう。

バックエンドエンジニアになるには

ウェブ開発者として成功するには、ほとんどの場合、資格の保有よりも、正しいスキルを身につけることの方が重要です。

正式なトレーニングを受けていなくても、バックエンドエンジニアになることは可能です(とは言え、ほとんどの人は何らかの教育を受けているはず)。しかし、コーディングができることを証明する必要はあります。

バックエンドエンジニアになるための第一歩は、これまで紹介してきたようなスキルを身につけることです。

バックエンドエンジニアの学習方法

最近では、コードの書き方を教えてくれるサイトや教材はたくさんあります。例えば、次のサイトをチェックしてみることをおすすめします。

今は独学が主流です。プロのウェブ開発者に対する最近の調査では、40.39%がオンラインのコーディングコースを受講し、31.62%がオンラインのフォーラムで学び、59.53%がブログや動画などのオンライン教材を利用したという回答が得られています。

とはいえ、ほとんどのデベロッパーは正式な教育も受けています。プロの開発者の80%は、何らかの高等教育を修了しています。

現在の開発者がコードを学んだ場所
現在の開発者がコードを学んだ場所 (引用元: StackOverflow)

バックエンド開発は、関連する学位の取得が要件であるか、それが望ましい場合が多いものの、必ずしもそうであるわけではありません。完全に独学で学んでいるのであれば、実際のプロジェクトでその成果を示す必要があります。個人のプロジェクトを1つか2つGitHubで公開し、コードを見てもらえるようにしましょう。

バックエンドエンジニアの仕事を探す

まずはLinkedInでウェブ開発関係の仕事を探し始めるのがおすすめです。

78%の開発者が、求人情報を探すのに最も適した場所だと回答しています。また、リクルーターに最も利用されているプラットフォームでもあります。

ウェブ開発者の求職の場
ウェブ開発者の求職の場 (引用元: CodeinGame)

IndeedやZipRecruiterなどのメジャーな求人検索エンジンが成長し続ける中、かつてほど人気がなくなったウェブ開発者向けのニッチな求人掲示板もありますが、StackOverflowは今でも、職探しの場として高い有用性を誇ります。

人脈作りもとても重要です。ハッカソンなどの技術者向けのイベントは、バックエンドエンジニアの仕事獲得につながる可能性があります。

バックエンドエンジニアになる方法をお探しですか?👩‍💻こちらの記事をご覧下さい。 ⬇️Click to Tweet

まとめ

バックエンド開発の仕事は、魅力的で、急成長を遂げている分野です。バッグエンドエンジニアになることをおすすめする理由はたくさんあります。

世の中でウェブサイトが必要とされ続ける限り、優れたウェブ開発者の需要はなくならないでしょう。自分でスキルを身につけることができ、高い収入も期待できます。

バックエンドエンジニアとしてのキャリアをスタートしたいのであれば、まずはプログラミング言語やスクリプト言語を学ぶのが一番です。Python、JavaScript、SQL、PHPは、バックエンドエンジニアの求人で、頻繁に求められます。

WordPressのバックエンドエンジニアになりたいなら、PHPから学ぶのがベストです。PHPを学びたい方におすすめの27の学習サイト(2021年版)という記事も是非ご覧下さい。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された34カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。