2011年以降、Laravel(ララベル)は世界的に注目されています。今日では、アメリカの284,000以上のウェブサイトを含め、1,300,000ものウェブサイトがLaravelを使用しています。

Laravelを使用することで、素早く簡単にプロジェクトを作成することができるため、ウェブアプリケーションに非常に適したフレームワークです。そのため、Laravel開発者の需要は、今後数年間は伸び続けるでしょう。

この記事では、熟練したLaravel開発者になるために必要なことをすべてお教えします。Laravel開発とは何か、どのように機能するのか、そして開発者になるために必要なスキルなどをご紹介していきます。

また、Laravel開発者を採用する際に気をつけるべき点も見ていきます。

Laravel開発者になるためについて、動画での解説もご用意しています。

Laravelとは

Laravel開発を仕事にしようとする前に、まずはLaravelの基本について理解しましょう。

Laravelは、ウェブサイトやウェブアプリケーションを作成するために使われるウェブ開発におけるフレームワークです。2011年6月9日に、Laravelの開発者であるTaylor Otwell氏がベータ版を発表しました。それ以降、Laravelは次の8つのバージョンを発表しています。

  • Laravel 2 = 2011年9月発表
  • Laravel 3 = 2012年発表
  • Laravel 4 = 2013年5月発表(別名「Illuminate」)
  • Laravel 5 = 2015月2月発表
  • Laravel 6 = 2019年9月発表
  • Laravel 7 = 2020年3月発表
  • Laravel 8 = 2020年9月発表

Laravel 9は、2022年1月に発表予定です。

Laravel開発者になるために、各バージョンの違いを知っておく必要はありませんが、これからご紹介する「Laravelの機能」に登場するLaravel 8の機能は理解しなくてはいけません。

Laravelのフレームワーク
Laravelのフレームワーク

現在、Laravelは65,900人のソースリストの作成者を持つGitHubでホストされ、144万回ダウンロードされています。また、MITライセンスが適用されています。

アメリカの284,000以上のウェブサイトを含め、130万ものウェブサイトがLARAVELを使用していることをご存知ですか?🚀 この記事を通して、LARAVEL開発が仕事としてあなたに向いているかどうかを見てみましょう⬇️ クリックでつぶやく

Laravelの仕組み

Laravelは、オープンソースのPHP(ハイパーテキスト・プリプロセッサ)フレームワークであり、開発者がウェブサイトを構築するために使用されます。PHPフレームワークは、プログラム済みモジュールのライブラリを提供し、それを使用することでウェブアプリケーションを素早く作成することができます。

多くの人がPHPは時代遅れだと言っていますが、世界中の開発者は現在も使用しています。統計によると、その使用率は、既知のバックエンドのコンパイラ言語が使われたすべてのウェブサイトの約78.9%にも及びます。

Laravelの仕組みを知るために、まず2つのポイントを学びましょう。

1つ目として、Laravelはコンパイラ言語ではなく、スクリプト言語であるPHPを使用していることを覚えておきましょう。

スクリプト言語とコンパイラ言語は似ていますが、スクリプト言語は、プラットフォームに依存して実行時に逐次コンパイルされるのに対し、コンパイラ言語はプラットフォームに依存することなく、事前にまとめてコンパイルされます。

作業方法は開発者によって様々ですが、Laravelのようなフレームワークの方が早く使えると感じている開発者は多いようです。

2つ目に、LaravelはMVC (モデル・ビュー・コントローラ) アーキテクチャを使用しているということです。MVCは、3つのコンポーネントで設計されるアーキテクチャパターンです。

この3つのコンポーネントとは、

  • モデル:中心的コンポーネントとなり、プロジェクトのデータやルールを定義する
  • ビュー:モデルによって定義されたデータやロジックを表現する
  • コントローラ:関数を制御して利用可能な形式に変換し、ビューやモデルにデータを届ける

以下の画像で、モデル、ビュー、コントローラの関係性を確認してみましょう。

MVC図
MVC図(ソース: Wikipedia)

Laravelの機能

次はLaravelの機能についてです。

Laravelの最も知られている機能には以下のようなものがあります。

  • 完全認証システム: 安全な作業を守る機能
  • オブジェクト関係マッピング(ORM): テーブルをより効果的に使用するための機能
  • モジュールライブラリ: コードを書かずにアプリを構築することができる機能
  • あらかじめ構築されたコマンドとコマンドラインインターフェース(CLI): アプリケーションの構築、修正、テストに使用する機能
  • 自動テスト: テストをスピードアップして行う機能
  • 仮想開発環境: Laravel Homestead(ホームステード)とアプリケーション構築に必要なすべてのツールを提供する機能

なぜLaravelなのか

2023年の現在、数え切れないほどの有名なPHPフレームワークが存在していますが、なぜLaravelが選ばれるのでしょうか?Laravelには、企業と開発者の双方に多分のメリットがあり、特に優れたメリットとして、以下のようなものがあります。

開発者側のメリット

  • レスポンシブ対応でわかりやすく、使いやすい
  • コーディングの作業量を減らすライブラリツールが利用可能
  • 理解しやすい
  • ウェブアプリケーションの設計、アーキテクチャ、機能の開発に集中することができる
  • テスト機能とセキュリティ機能が組み込まれている

企業側のメリット

キャリアへの投資として、Laravelの使い方を学ぶことは名案だということがわかりましたね。

Laravel開発者とは

Laravel開発者は、Laravelを使用したプロジェクトの開発を専門とする開発者です。興味のある方は、ぜひ続けてこの記事を読んでみてください。続いては、Laravelプログラマーになるために必要なことを説明していきます。

その前に、これから開発者になるすべての人が持つであろう質問から始めましょう。

Laravel開発者はどんな仕事をしているのでしょう?

Laravel開発者の仕事

Laravel開発者は、Laravelを使って、ウェブアプリケーションの作成とその維持を行います。

Laravel開発者は、個人でもチームでも働くことができます。

個人で働く場合は、エラーの修正、アプリの構築、セキュリティ対策の導入、テストの実行、コードの記述を行います。

チームで働く場合には、アプリケーションのアーキテクチャの設計、ユーザーとの話し合い、お互いの仕事内容の確認と評価を行います。

このように、Laravel開発者の担当業務には非常に幅があります。

Laravel開発者の担当業務

Laravel開発者として、様々なスキルが求められる多様な業務を担当し、具体的には以下のようなものが挙げられます。

ウェブアプリケーションの構築

企業やクライアントのためにウェブアプリケーションを構築するのに、Laravelを使用します。そして、Laravelプログラマーとして、静的・動的、シングルページ(SPA)、マルチページ(MPA)、ポータルウェブアプリケーションなど、様々なアプリケーションを構築します。

既存ウェブアプリケーションの維持

新しいアプリケーションを作成するだけではなく、既存のものを保守管理するのも仕事です。ウェブアプリケーションには定期的なメンテナンスが必要であり、Laravel開発者は、日常的にセキュリティアップデートの作成、バグの修正、ユーザーのニーズに併せてアプリケーションの機能を更新する必要があります。

デバッグとコードの問題点の修正

ユーザーや他の開発者、管理者によって報告された問題を定期的に修正します。問題の原因を突き止め、根本的な問題を分析し、解決策を導くのも仕事のひとつです。

UIテストの実行

新しいアプリケーションのローンチや古いアプリケーションの再設計を行う際に、UI(ユーザーインターフェース)テストを実行します。開発者の多くは、Parasoft Selenic、Katalon、Mabl、TestCraftなどのUIテストツールを使用していますが、業務の一環として手動テストも行います。

ドキュメントの作成

ユーザーがアプリケーションをインストールし、使用し、操作できるようにドキュメントを作成します。併せて、他の開発者が作業を行えるよう、ソフトウェア開発用のドキュメントも作成します。

各ウェブアプリケーションのアーキテクチャのマッピング

開発前と開発中にアプリケーションのアーキテクチャをマッピングします。

コードの記述

Laravelの設計済みモジュールを使用し、ウェブアプリケーションを構築しますが、そのモジュールはコードで補完する必要があります。当然ですが、開発者としてスクリプトの記述、テストやコードを実行することも仕事です。

データベースの設計

アプリケーションのデータベースを設計、構築、そして保守管理しなくてはいけません。データベースのスペシャリストになる必要はありませんが、Laravel開発者として、SQLを扱うこともあります。

Laravel開発者の平均給与

様々なスキルが求められるため、Laravel開発者になることは、今後のキャリアを考えれば非常に有利になります。Salary.comによると、アメリカのLaravel開発者の平均年収は78,584ドルです(2021年6月28日時点)。

この数字はあくまでも平均値であり、雇用主によって給与額は異なります。採用面接を受ける際には、フルタイム勤務のLaravel開発者の給与の幅は、おおよそ71,230ドルから87,189ドルであることを念頭に置いてください。

Laravel開発者の給与にばらつきがあるのには、複数の要因があり、学歴、経験年数、勤務先の規模(および収益性)、ボーナスの有無、管理責任の範囲、残業時間、勤務地などが挙げられます。

アメリカでのLaravel開発者の給与の全容は以下のグラフのようになっています。

Laravel開発者の給与
Laravel開発者の給与 (ソース: salary.com)

Laravel開発者に求められるスキル

Laravelの仕事で求められることはそれぞれに異なりますが、Laravel開発者には必要不可欠なスキルがあり、これには以下のようなものが挙げられます。

ウェブ開発スキル

Laravel開発者はウェブアプリケーションについての知識と構築経験が必要です。Laravelでのコーディングがほとんどかもしれませんが、以下のものについても理解した上で、実際に使用します。

  • CSS(カスケーディング・スタイル・シート): ウェブアプリケーションのHTML要素の表示を制御するために使用します。つまり、CSSは良いデザインのために必要になります。
  • Javascript: ユーザーが操作する際、ウェブアプリケーションがどのように反応するかを管理するためには、Javascriptを使用します。つまり、優れたユーザー体験を生み出すために必要になります。
  • HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ): ウェブサイトのパーツ(見出し、本文テキスト、小見出しなど)を区別するために使用します。つまり、ウェブサイトを構築するために必要になります。

データベース管理スキル

Laravel開発者は、データベースの構築と管理方法を知らなくてはいけません。また、MySQL、Microsoft SQL、Oracle 12cなどのデータベース管理システムの使用方法についての理解が必要です。

プロジェクトマネージメントフレームワーク

ウェブサイトの開発プロセスも徹底的に理解している必要があります。理解する必要があり、これはアジャイル開発とウォーターフォール開発両方への理解も含まれます。プロジェクトマネージャーの役割を担当しない場合でも、そのプロセスを理解することで、開発者としての自分の仕事量を管理し、チームと共に目標に向かっていくことができるようになります。

PHP経験

LaravelはPHPフレームワークを使用しているため、使いこなすためには、PHPの使い方を知る必要があります。多くのプロジェクトは古いバージョンで動作していることを考慮すると、様々なバージョンのPHPを扱う方法も併せて知っているのが理想的です。

例えば、2021年1月27日にKinstaでホストしているウェブサイトのうち、72.1%がPHP 7.3、27.8%がPHP 7.4、0.1%以下がPHP 8.0で運営されています。

KinstaでホストされているサイトのPHPバージョン
KinstaでホストされているサイトのPHPバージョン

ウェブデザインスキル

Laravel開発者は、ウェブサイトのウェブベースのアプリケーションを構築することが仕事です。

そのため、当然、以下のような優れたウェブデザインの基本を理解する必要があります。

  • 重要な部分を強調するための視覚的階層の使い方
  • 視覚的な魅力を保つプロポーションの決め方(ヒント: 黄金比とフィボナッチ数列を理解し、ウェブデザインへの活用が必要になるということです)
  • ウェブサイトを見やすくする方法
  • 効果的な余白の使い方

ウェブセキュリティの知識

Laravel開発者は、サイバー攻撃に強いウェブアプリケーションの構築方法を知っておく必要があります。つまり、DoS(サービス拒否)攻撃、SQLインジェクション攻撃、クロスサイトスクリプティング攻撃、マルウェア攻撃、中間者(MITM)攻撃など、数々の攻撃の仕組みを理解することが必須になります。サイバーセキュリティの専門家になる必要はありませんが、このような攻撃のリスクを最小限に抑えるために、どのようにウェブアプリケーションを設計すればよいかを知っておくことは大切です。

MVCアーキテクチャの知識

LaravelはMVCアーキテクチャがベースとなっているため、MVCがどのように機能しているのか、そしてウェブアプリケーションを構築するために使えなくてはいけません。

Laravel開発者になるには

あなたは経験豊富なウェブ開発者で、現在転職を考えているところかもしれません。その場合は、「Laravel開発者に求められるスキル」で挙げたスキルの多くをすでに身につけていられることでしょう。

もしあなたがこの世界に入ったばかりであれば、一からスキル身につけていかなくてはいけません。

それでは、Laravel開発者になる方法を一緒に見ていきましょう。

ステップ 1. PHPを学ぼう

まず、PHPでウェブアプリケーションの構築方法を学ばなくてはいけません。これには、PHPチュートリアルがおすすめです。チュートリアルはPHPの概要とその動作についての完全ガイドを提供しており、PHP学習に非常に適しています。

チュートリアルを終えたら、PHP作成者による公式マニュアルを読みましょう。このマニュアルは、PHPのインストールとその基本的な構文を習得するのに役立ちます。

また、PHPのセキュリティや機能、よくある質問なども網羅されており、開発者としてのキャリアを通して、手元に置いておきたい資料です。

PHPマニュアル
PHPマニュアル

最後に、PHPプロジェクトを作成できるようPHPエディタをダウンロードしましょう

ステップ2. オンラインチュートリアルでLaravelの基礎を学ぼう

次に、オンラインチュートリアルでLaravelについて詳しく学んでいきましょう。Laravelは人気があるため、学習に活用できるウェブサイトや動画、ポッドキャストなどがたくさんあります。

また、この段階で、Laravelの公式ガイドにも目を通してください。

このガイドには、Laravelをコンピュータにインストールと設定方法が掲載されています。PHPマニュアルと同様、このガイドもブックマークして、いつでも参照できるようにしておきましょう。

Laravelマニュアル
Laravelマニュアル

ステップ3. Laravel コミュニティに参加して仲間から学ぼう

PHPやLaravelの学習を始めたら、Laravelのコミュニティに参加するのがおすすめです。コミュニティで同じように学習を進めている他のユーザーと交流し、他のユーザーの投稿を読むことで、スキルや知識をさらに身につけることができます。

Laravelのコミュニティは、開発者としての考え方を学ぶのにも最適な場所です。他の開発者がどのように問題を扱っているかを見ることで、問題解決能力も身につきます。

Laravelのコミュニティに参加する方法はたくさんあり、Taylor Otwell氏のようなスペシャリストをSNSでフォローしたり、一番人気のあるLaravelフォーラムやRedditのオンラインコミュニティに参加したりするのもいいでしょう。

具体的には、以下のようなものがあります。

  • Laracastsフォーラムには、Laravel開発者からの質問が並んでいます
  • Laravel.ioでは、開発者が問題解決や知識を共有できます
  • StackOverflowの「Laravel」タグは、開発者の抱えている問題の解決をサポートします
  • r/laravelでは、Laravelニュース、質問、ディスカッション、チュートリアルなどが見られます

LaravelのRedditページ
LaravelのRedditページ

ステップ4. ウェブアプリケーションを構築しながらスキルを伸ばそう

次に、小規模なLaravelアプリケーションを作成して、Laravelの開発スキルを身につけることから始めていきましょう。チュートリアルからも大切なことを学ぶことができますが、実際に自分の手を動かし、試行錯誤していくことが、ベストな方法です。

ポートフォリオはこの段階で作り始めるといいでしょう。ポートフォリオは、将来の雇用者にあなたのLaravelスキルを証明するために使うことができ、時間を費やす価値があります。

理想的な開発者ポートフォリオは、自己紹介、持っているスキルの一覧、そしてこれまでに経験した自信のあるプロジェクトを3つまで紹介する、というようなシンプルなものです。

将来の雇用者があなたの開発工程の詳細を確認できるよう、各プロジェクトには、その説明、開発工程のスクリーンショット、プロジェクトへのリンクの掲載も忘れずに。

ステップ5. 履歴書を作ってLaravel開発者職に応募しよう

Laravelのスキルを身につけ、ポートフォリオを作成したら、Laravel開発者として仕事を探す準備が完了です。この時点で、新しいスキルを反映した履歴書に作り直しましょう。

「Laravel開発者に求められるスキル」でも取り上げましたが、このようなスキルは入れておきたいところです。

  • ウェブ開発
  • データベース管理
  • プロジェクトマネジメント
  • PHP経験
  • ウェブデザイン
  • Laravel アプリケーション開発知識
  • ウェブセキュリティ知識
  • MVCアーキテクチャ知識

併せて、持っているソフトスキルも履歴書に加えましょう。

ソフトスキルとは、職場に馴染むために求められる対人関係や内面的スキルのことを言います。Laravel開発者の多くは、コミュニケーション能力、優れた時間管理能力、チームワーク能力、問題解決能力などのソフトスキルを持っています。

履歴書を作成したら、早速求人に応募しましょう。Laravel開発者を探している企業は、Indeed、Glassdoor、CareerBuilder、Monsterなどの求人サイトや、LaraJobsなどのLaravelに特化した求人サイトを利用しています。

Larajobsの求人ページ
Larajobsの求人ページ

ステップ6. Leravelのスキル向上に集中しよう

最後なりましたが、Laravelの専属開発者として働く間も、スキルを磨き続けることを忘れないでください。スキル向上のためには、常に仲間からのフィードバックを求め、新しいプロジェクトに挑戦し、Laravelの新しいバージョンに対応できるようにすることを心がけましょう。

Laravel開発者を採用する際に注目するポイント

さて、ここまではLaravel開発者に向けた内容でした。では、雇用者の方はどうでしょうか。もしLaravel開発者を探しているのであれば、気にしていただきたいポイントがあります。一緒に見ていきましょう。

1. チームで仕事ができるか

Laravelの開発には、チームワークが求められます。そのため、熟練した開発者は、自分の意見を共有し、グループでブレーンストーミングを行い、フィードバック与え、チームでプロジェクトを管理する達人です。開発者を採用する際には、チームと密に働く環境で仕事をした経験のある人を探すと良いでしょう。

2. 技術的な専門知識を持っているか

Laravel開発者はIT職であるため、しっかりした技術的専門知識が必要です。開発者を採用する際には、PHP、MVC、ウェブセキュリティ、Laravel、データベースの構築と管理方法、アジャイル開発とウォーターフォール開発によるプロジェクト管理方法などに精通している人に注目しましょう。

3. 自己管理ができるか

Laravel開発者は、日々の業務の多くを個人で行うことになるため、自己管理能力が求められます。Laravelの開発者を採用する際は、ミスが少なく、効率的に時間を管理できる経験豊富なプロフェッショナルを探すことです。

4. 問題解決能力があるか

Laravel開発者は、ウェブアプリケーションを構築するだけではありません。古いアプリケーションの修正、更新、再設計、デバッグを行います。そのため、Laravel開発者を採用する際には、問題解決能力があること、周りからのフィードバックを設計の判断材料に反映できる力があることに着目してみてください。

5. 学び続ける力があるか

2011年にLaravelがベータ版として発表されて以降、開発者はおよそ6から12カ月ごとに新バージョンを発表し続けています。新しい開発者を採用する際には、Laravelの最新バージョンに対応できる人を探しましょう。さらに言えば、Laravelのスキルの向上と長期的な成長を見据え、チャレンジ精神のある人が理想的です。

この記事を参考にし、LARAVEL開発者になるために必要なことをすべて学んで...新しいキャリアに挑戦する準備をしましょう!🚀 クリックでつぶやく

まとめ

Laravel開発は、ウェブアプリケーションの構築が好きで堅牢なフレームワークを使って仕事をしたい人には、ぴったりのキャリア選択です。

PHP経験がある、もしくは現在開発者として働いている方は、Leravelの使用方法を学び、新しいポートフォリオで履歴書をアップグレードして、Laravel職に転職してみるのはいかがでしょうか。

開発職に馴染みがない方は、PHPを学び、チュートリアルとテストプロジェクトを通して、Laravelスキルを身につけましょう。

Laravel開発者としての成功のカギは、PHP、データベース管理、チームワーク能力、開発スキルの向上です。


アプリケーションデータベースWordPressサイトのすべてを一箇所で。Kinstaの高性能クラウドプラットフォームでは、次のような便利な性能や機能の数々をご用意しています。

  • MyKinstaでの簡単な設定と管理
  • 24時間年中無休のWordPressエンジニアによるサポート
  • 最高レベルのGoogle Cloud Platformハードウェアとネットワーク(Kubernetesにより優れた拡張性を実現)
  • 速度と堅牢性を両立するエンタープライズレベルのCloudflare統合
  • 世界各地35箇所のデータセンターと275+に達するPoP(世界規模でオーディエンスに訴求可能)

アプリケーションホスティングまたはデータベースホスティングの初月を20ドル割引でお試しいただけます。プラン一覧をご覧いただくか、営業までお気軽にお問い合わせください