WordPress 5.2「Jaco」は2019年5月7日に正式にリリースされ、ダウンロード可能になりました。

このバージョンには、ユーザーを教育しながら開発者に必要な情報を提供する新しい「サイトヘルスチェックツール」などの興味深い変更点が多いです。その他の改善点は例えば、PHP エラープロテクション(「死の真っ白画面」の数が減少する)、ブロックエディタの改善、新しいダッシュボードアイコンと絵文字、そして開発者とアクセシビリティのさまざまなアップデートなどです。

WordPressチームが次のとおり述べています:

WordPress 5.2では、設定の問題や致命的なエラーを特定、修正するためのより強力なツールが備わりました。クライアントを手助けする開発者であれ、ご自分のサイトのみを管理する方であれ、これらのツールは必要なときに正しい情報を手に入れる助けになるでしょう。

これはWordPress 5.0のWordPressブロックエディタ(Gutenberg)がリリースされてからの2番目のメジャーリリースです。今日は、今回の最新のWordPressリリースの改善点と最も重要な変更点について説明します。

サイトヘルスチェック

WordPress 5.1ではPHPバージョンとプラグイン及びテーマの互換性をチェックするWordPress初となる「サイトヘルス」機能が導入されました。WordPress 5.2ではよくあるPHP等の設定問題のデバッグに役立つ2つの新しいページのある新しい機能が追加されました。

サイトヘルス状態

「ツール」→「サイトヘルス」に、「状態」という新しいページができました。サイトヘルスには、WordPressの設定に関する重要な情報とその他の注意点が表示されます。

WordPressのサイトヘルス

WordPressのサイトヘルス

最初に目立つ内容の一つは、ページの上部にウェブサイトが合格したテストの数に基づいた点数(パーセンテージ)が追加されたことです。この変更に満足していない方もおり、評価システムが存在するべきかを疑問に思う開発者間も多いです。(チケット #47046)その主な理由は、ユーザーが満点の得点に夢中で、評価システムが存在するせいで問題が発生する場合もあることです。

しかし、この機能はユーザーの認識を高める為、いいことだと思います。例えば、非アクティブなプラグインとテーマを確認することは重要です。

広く知られていませんが、WordPressウェブサイトのあるプラグインは無効になっていても、直接アクセスしてしまうとそのコードを実行できないわけではありません。そのため、WordPressウェブサイトを安全に保つために、使用されていないテーマやプラグインを完全に削除することをお勧めします。

新しいサイトヘルスツールのテストの中には、次のパフォーマンスまたはセキュリティ関連項目のテストが含まれています:

パフォーマンス確認🚀

  • WordPressの最新版
  • PHPの最新版
  • SQLサーバーの最新版
  • 必須および推奨のPHPモジュールがインストールされている
  • UTF8MB4がサポートされている
  • 予定されているイベント
  • 動作中のHTTPリクエスト
  • REST APIが利用可能
  • ループバックリクエストが実行できる

セキュリティ確認🔒

  • アクティブテーマのみが実行されている
  • プラグインの最新版
  • HTTPs接続
  • 安全なコミュニケーショn
  • デバッグモードオフ
  • WordPress.orgと通信できる
  • バックグラウンドアップデートが機能している

Kinstaののプラットフォームは常に最新版のままである為、Kinstaのお客なら満点の得点は簡単です。😉

WordPressのサイトヘルスツールでの満点

WordPressのサイトヘルスツールでの満点

テストはまたsite_status_testsでフィルタリングできます。つまり、プラグイン開発者及びテーマ開発者は独自のテストを追加したり、既存のテストを削除することができます。 詳細を見る

サイトヘルス情報

「ツール」→「サイトヘルス」に、「情報」という新しいページもできました。ここに開発者及びホスティング会社などに伝えることのできる、WordPressウェブサイトの設定に関する便利なデバッグ情報があります。情報を簡単に取得して貼り付けることができる便利な「サイト情報をクリップボードにコピー」ボタンがあります。

WordPressサイトヘルス情報

WordPressサイトヘルス情報

サイトヘルス情報ページには、WordPressウェブサイトに関するデータが多いです。この新しいページのおかげで、開発者がユーザーに要求する情報を速く入手するようになることに違いありません。

すぐに確認できる素晴らしくて便利な情報は例えば次があります:

  • WordPress:WordPressのバージョン、ウェブサイトの言語、ユーザーの言語、ホームURLとサイトURL、パーマリンクの構造、マルチサイトチェック、ユーザー数。
  • ディレクトリとサイズ:WordPressのディレクトリの場所、サイズ、アップロードの場所とサイズ、テーマの場所とサイズ、プラグインの場所とサイズ、データベースのサイズ、インストールの合計サイズ。
  • 有効なテーマ:テーマの名前、バージョン、作者、作者のウェブサイト、親テーマ、テーマの機能、テーマのディレクトリの場所。
  • 必須(MU)プラグイン:現在実行中の必須プラグインの詳細情報、バージョン番号と作成者名。
  • 有効なプラグイン:現在実行中の有効なプラグイン、バージョン番号と作成者名。
  • メディア処理:アクティブエディタ、ImageMagickのバージョン番号、文字列、リソース制限、GDのバージョン、Ghostscriptのバージョン。
  • サーバー:サーバーアーキテクチャ(Linux、Windowsなど)、Webサーバー(NginxApacheなど)、PHPバージョン、PHP SAPI、PHPの最大入力変数、時間制限、メモリ制限、最大入力時間、アップロードの際の最大ファイルサイズ、投稿の最大サイズ、cURLバージョン、SUHOSINステータス、Imagickライブラリステータス、.htaccessルール。
  • データベース:拡張機能、サーバーバージョン、クライアントバージョン、データベースユーザー、ホスト、名前、プレフィックス。
  • WordPressの定数:ABSPATH、WP_HOME、WP_SITEURL、WP_CONTENT_DIR、WP_PLUGIN_DIR、WP_MAX_MEMORY_LIMIT、WP_DEBUG、WP_DEBUG_DISPLAY、WP_DEBUG_LOG、SCRIPT_DEBUG、WP_CACHE、CONCATENATE_SCRIPTS、COMPRESS_SCRIPTS、COMPRESS_CSS、WP_LOCAL_DEV。
  • ファイルシステムのアクセス許可:メインWordPressディレクトリ、wp-contentディレクトリ、uploadsディレクトリ、pluginsディレクトリ、themesディレクトリ、must use pluginsディレクトリというディレクトリが書き込み可能かどうかを確認します。
WordPress 5.2's new Site Health tool provides amazing debugging info for developers to better help users! 👏 Click to Tweet

PHPエラープロテクション

WordPress 5.1はもともとPHPを更新しながら発生するWordPressの「死の真っ白画面」を予防する「致命的なエラー保護」という新機能を導入する予定でした。ただし、重大な課題のためこの機能は遅れ、今回のWordPress 5.2で導入するようになりました。

この機能により、WordPressは致命的なエラーが発生したことを認識し、WordPress管理ダッシュボードで問題のあるテーマ及びプラグインを一時停止します。これにより、ウェブサイトのバックエンドにログインして問題を処理できます。情報技術に精通していないユーザーにとっては、素晴らしい機能です。もっと早く導入した方が良かったです!

一方、PHPの最新版を試験する際に、常にステージング環境を使用することをお勧めします。

PHPバージョンのアップグレード中に異常が発生した場合、フロントエンドは下の画像のようになりますが、問題を処理するためにバックエンドにログインすることはできます。

WordPress 5.2の致命的なエラー保護

WordPress 5.2の致命的なエラー保護

バックエンドには、WordPressウェブサイトが現在リカバリモードで、テーマ及びプラグインのエラーが発生した可能性があることを知らせるメッセージが表示されます。

リカバリモード中の管理バックエンド

リカバリモード中の管理バックエンド(画像出典:WordPress.org

開発者のためのアップデート

WordPress 5.2にはブロックエディタの改善、プライバシーポリシーページの改定、新しいWordPressフックの導入、コーディング標準の更新など、開発者向けの改善点も多いです。

ブロックエディタの改善

WordPress 5.2にはの変更点が何十ものあります。中には興味深いものは次のとおりです:

  • 5.0では、ブロックエディタが読み込まれているかに応じて条件付きでコードを実行できるWP_Screen::is_block_editor()が導入されました。しかし、これに関しては課題が発生し、その課題がWordPress 5.2で修正されたよるです。 #46195をご参照ください。
  • メディアブロックとテキストブロックが強化されました。
  • 画像とブロックのリサイズ機能が改善されました。
  • 読み込み時間のパフォーマンス改善が行われました。
 WordPress 5.2のブロックエディタのパフォーマンス 5.2

WordPress 5.2のブロックエディタのパフォーマンス(画像出典:WordPress.org

PHPコーディング標準の更新

WordPressを実行するには、PHP 5.6以降のホスティング環境が正式に推奨されます。KinstaはもちろんPHP 7.3さえサポートしています。

WordPress 5.2では、開発者が名前空間、無名関数、短い配列構文、短い3値構文、条件付き代入などの新しいコーディング標準を利用できるようになりました。既にPHP 7を実行している開発者の方には影響はありませんが、WordPressが継続的改善に取り組んでいることは非常に良いことです。

コーディング標準の更新についてはこちらをご参照ください

プライバシーのアップデート

WordPress 5.2には、プライバシーポリシーページとデータエクスポートを扱っている開発者向けの改善点もいくつかあります。

その一つ目は、プライバシーポリシーページのカスタマイズ用の4つの新しいヘルパーです:

  • 新しい関数:is_privacy_policy()
  • 新しいテーマテンプレートファイル:privacy-policy.php
  • 新しいボディクラス:.privacy-policy
  • 新しいメニュー項目クラス:.menu-item-privacy-policy

二つ目の変更点はデータのエクスポートに関する変更です:

ユーザデータのエクスポートでは、ハードコード化されたリストは使用されなくなり、wp_kses()で許可されたタグのデフォルトリストが使用されます。新しいフィルタリングも利用可能になりました。

WordPress 5.2のプライバシーアップデートについてはこちらをご参照ください。

JavaScriptを書くための改善

@wordpress/scripts packageパッケージ内でのwebpackとBabel 設定の追加により、モダンな JavaScript を書くための複雑なビルドツールのセットアップに開発者は悩む必要がなくなりました。JavaScript の変更点についてはこちらをご参照ください。

新しいボディタグのフック

WordPress 5.2ではwp_body_open()フックが導入されました。テーマが、要素の最初にコードを挿入できるようにします。WordPressチームはテーマ開発者にこれを使い始めるよう勧めています。その他の開発者向けの改善内容についてはこちらをご参照ください。

新しいダッシュボードアイコンと絵文字

外観の更新に関しては、WordPress 5.2では新しい絵文字とダッシュボードアイコンが導入されました。

Twemojiの更新

WordPress 5.2では、Twemojiの最新版である12.0.1が利用可能になりました。バージョン12に、アクセシビリティ絵文字、かわいいナマケモノさんの絵文字など新しい絵文字230あります。#46805をご参照ください。

Twemoji 12.0

Twemoji 12.0

新しいダッシュボードアイコン

ダッシュボードアイコンとはWordPress管理ダッシュボードを分かりやすくするためのものです。WordPress 4.5以降変更されていないままであった為、間違いなくアップデートの時期でした。Instagram、BuddyPress 用のアイコンセット、そしてグローバルな多様性を受け入れるための回転する地球を含む13個の新しいアイコンが備わりました。WOFF 2.0フォントファイルフォーマットも追加されました。

WordPress 5.2のダッシュボードアイコン

WordPress 5.2のダッシュボードアイコン(画像出典:WordPress.org

新しいアイコンの全リストも是非ご確認ください。

アクセシビリティの向上

WordPress 5.2 ではスクリーンリーダーやその他の支援技術を利用する方々のため、状況認識とキーボードナビゲーションのフローを改善するための多くの変更が連携して施されました

  • 投稿フォーマットはリストテーブルになりました。
  • WordPress管理バーのサブメニューに新しいリンクマークアップができました。
  • アーカイブドロップダウンウィジェットで現在表示されているアーカイブが選択済みになりました。
  • メディアライブラリに新しいメディアビューが追加されました。
  • 「個人データのエクスポート」ページと「個人データの消去」ページのデータテーブルにヘッダーが追加されました。
  • 代替テキスト欄は、メディアモーダルに表示される最初の欄になりました。

セキュリティ強化

WordPressのインフラストラクチャのセキュリティ課題の一つについてのチケット#39309は2017年に発行されました。内容を簡単に説明すると、誰かがapi.wordpress.orgへのアクセスができれば、偽のアップデートを発行しユーザのWordPressウェブサイトを制御することができます。

そのため、WordPress 5.2では、x-content-signatureヘッダの有無が確認されます。ない場合は、署名ファイルにフォールバックします。アップデートパッケージはEd25519を使用してデジタル署名され、base64でエンコードされているようになりました。

WordPress 5.2にアップデートする方法にとって

お客様のウェブサイトはそれぞれ異なる為、ワンクリックのステージング環境を必ず使用することをお勧めします。これで本番サイトのクローンを数秒で複製し、WordPress 5.2の既存のテーマとプラグインとの互換性を試験できます。安全のため、本番サイトを更新する前に手動のバックアップも作成しましょう。

WordPressをバージョン5.2に更新するには、WordPress管理ダッシュボードの更新アイコンをクリックします。次に「今すぐ更新」ボタンをクリックします。更新中にはウェブサイトがメンテナンスモードのままです。更新が完了すると、ウェブサイトは通常の状態に戻ります。

ダッシュボードを使用してWordPress 5.2にアップデートする

ダッシュボードを使用してWordPress 5.2にアップデートする

更新が正常に完了した場合、「WordPress 5.2へようこそ」画面が表示されます。以上です!実施しやすいですね。

WordPress 5.2へようこそ

WordPress 5.2へようこそ

ダッシュボードをクリックした後、「データベースの更新が必要です」というメッセージも表示されます。「WordPressデータベースを更新」をクリックするだけです。

データベースの更新が必要です

データベースの更新が必要です

WordPressアップデートに関する異常のトラブルシューティング

WordPressのどの新しいリリースでも、異常が発生することがあります。理由は現在市場に存在する数千もの異なるプラグインとテーマです。一般的な異常の処理方法をいくつかご紹介します。

まとめ

WordPress 5.2の内容は非常に興味深いです!新しいサイトヘルス機能報は、セキュリティとパフォーマンスに関するベストプラクティスについてユーザー意識を高めるでしょう。新しい点数機能は本当に便利になるかどうか興味深いですが、点数のおかげでPHPの最新版の実行、無効なテーマやプラグインの削除などに関する意識が必ず高まるでしょう。

新しい「サイトヘルス情報」ページは、開発者が必要とする情報をすぐに入手できるよう役立つはずです。したがって、プラグイン開発者、テーマ開発者、またはホスティング会社のサポートチケットの数も減ります。おそらく多くの開発者が、チケットを送信する前にサイトヘルス情報ページのデータのエクスポートを添付するように、利用規定を更新していくでしょう。

PHPエラープロテクションー機能により、ユーザーがPHPのバージョンアップする際に異常が発生してもログインできるようになります。「死の真っ白画面」の数が減ることはいいことに違いありません。

WordPress 5.2についてどう思いますか?新しいサイトヘルスツールに関するご意見をお寄せください。

22
シェア