WordPressのウェブサイトを管理していて、投稿記事の数か所を変更するのは何の問題もないでしょう。しかし、サイト上の大量の要素を一度に更新したい場合には、WordPressの検索と置換が必要になります。

例えば、HTTPからHTTPSに移行した直後は、WordPressのデータベース内にハードコードされたURL内の「HTTP」をすべて変更する必要があります。また、ドメインを変更した場合には、データベースの参照先をすべて更新する必要があります。このようにWordPressの管理においては、一括検索し、置換する方法を知っていると、大幅に時間を節約できる場面が多数あります。

この記事では、WordPressの検索と置換の概要とどのような場合に必要になるかを説明し、検索と置換を行う5つの方法をご紹介します。

では、始めましょう!

HTTPからHTTPSに移行した直後やドメインの変更中、あるいはサイト内のテキストを一度に変更する必要がある場合、WordPressの一括検索と置換を使用すると簡単に処理できます。✅ 詳しい手順はこちらの記事をお読みください。⬇️Click to Tweet

この記事の動画バージョンもあります。

WordPressの検索と置換の概要

WordPressサイトで検索と置換が必要な場面はいくつもあります。よくあるケースは、複数のページや投稿に追加したテキスト(免責事項や経歴など)を置換したいが、どこにあるかわからない場合です。

手動ですべての記事やページからテキストを検索して置換するよりも、WordPressの検索と置換を実行すれば大幅に時間を節約できます。さらに、このテクニックは、テキスト以外にも使えます。

例えば、WordPressの検索と置換は、WordPressデータベース内のURLや画像に対しても可能です。また、以下のような場面でも利用できます。

重要な注意を一つ。検索と置換には、「元に戻す」オプションがありません。一度、テキストやその他のコンテンツを置換すると、以前のバージョンには戻せません。元に戻すには、もう一度、検索と置換を行う必要があります。そのため、WordPressの検索と置換を行う前には、必ずバックアップを取ることを強く推奨します。

WordPressの検索と置換(5つの方法)

WordPressの検索と置換には様々な方法があります。ここでは、おすすめの5つの方法をご紹介します。

1.MyKinstaの検索と置換ツールを使用する

Kinstaのお客様であれば、MyKinstaで当社独自の検索と置換ツールをご利用いただけます。ツールを使用するには、MyKinstaで「サイト」に移動し、検索と置換を実行するウェブサイトの名前をクリックします。

MyKinstaの画面

MyKinstaの画面

次に、「ツール」を選択し、「検索と置換」オプションに移動します。

Kinstaの検索と置換ツール

Kinstaの検索と置換ツール

上述したように、検索と置換ツールを使用して様々な操作が可能です。この例では、URLの「http」を「https」に変更します。

「検索」フィールドに、データベース内で検索する文字列を入力し、「検索」をクリックします。検索と置換ツールは、指定した文字列の出現回数を表示します。

MyKinstaの検索と置換ツールを使用した検索

MyKinstaの検索と置換ツールを使用した検索

「検索後に置換する」ボックスをチェックして、処理を続けます。「以下に置き換える」フィールドに、新しい文字列、URL、その他の値を入力します。

MyKinstaの検索と置換ツールの「以下に置き換える」フィールド

MyKinstaの検索と置換ツールの「以下に置き換える」フィールド

「実行後にキャッシュをクリアする」ボックスはチェックしたままにしてください。検索と置換処理の後にサイトのキャッシュを自動的に消去するため、訪問者には更新されたバージョンのウェブサイトがすぐに表示されます。「検索後に置換する」ボタンをクリックします。

WordPressの検索と置換が完了すると、処理された置換の数を示す確認ダイアログが表示されます。完了したら、「キャンセル」を選択して検索と置換ツールを終了します。

2.WordPressの検索と置換プラグインをインストールする

Kinstaを利用していない場合、または手動でデータベースを検索せずにWordPressの検索と置換を実行したい場合は、プラグインを使用してください。人気のあるソリューションにBetter Search Replaceプラグインがあります。

Better Search Replace WordPressプラグイン

Better Search Replace WordPressプラグイン

Better Search Replaceプラグインは、Delicious BrainsのWordPressチームが開発したプラグインで、この記事の後半で紹介するinterconnect/itのPHPスクリプトにヒントを得ています。

Info

この記事の執筆時点で、Better Search Replaceプラグインは数ヶ月間更新されていません。試してみたところ特に問題はありませんでしたが、本番サイトに導入する前に、サイトのバックアップを取り、ステージング環境でテストすることを強くお勧めします。

Better Search Replaceプラグインの機能の一部をご紹介します。

  • すべてのテーブルのシリアライゼーションをサポート
  • 特定のテーブルを選択可能
  • 更新されるフィールド数を確認できる「ドライラン」実行オプション
  • 実行中のWordPress以外のサーバー不要
  • WordPressマルチサイト互換

このツールには多数の使用例が考えられます。下の例では、「Better Search Replace」のオプションを使用してハードコードされたHTTP参照を検索し、HTTPSバージョンで更新します。

Better Search Replaceプラグインのオプション

Better Search Replaceプラグインのオプション

また、このプラグインには有料バージョンもあり、さらに多くの機能を利用できます。このプラグインの詳細な使用方法については、公式ドキュメントをご覧ください。

もう一つの検討に値するツールにSearch Regexプラグインがあります。

Search Regex WordPressプラグイン

Search Regex WordPressプラグイン

URLやコンテンツの一括更新など、基本的な検索と置換を行うには十分なプラグインです。Better Search Replaceプラグインほどの人気はなく、広く使われていませんが、積極的にメンテナンスされている評価の高いツールで使い方も簡単です。

どちらののソリューションも、WordPressリポジトリからダウンロードできます。または、WordPressの管理画面の「プラグイン」>「新規追加」で検索できます。

3.interconnect/itのSearch Replace DB PHPスクリプトを使用する

WordPressサイトに新しくプラグインをインストールしたくない場合もあるでしょう。その場合、WordPressの検索と置換を行う別の方法として、interconnect/itが提供する無料のPHPスクリプト「Search Replace DB」があります。

interconnect/itのウェブサイト

interconnect/itのウェブサイト

注意点として、このスクリプトが何をしているかわからないまま実行すると、WordPressのウェブサイトを壊す可能性があります。この方法に不安を感じる場合は、まず開発者やウェブ管理者に相談してください。

このスクリプトは2011年から存在しており、開発者は積極的にアップデートを行っています。このスクリプトを使用するには、zipファイルをダウンロードして「search-replace-db-master」フォルダを解凍し、任意の名前に変更してください。

この例では名前を「update-db-1551」に変更しました。

Interconnect Search and Replaceスクリプトのアップロード

Interconnect Search and Replaceスクリプトのアップロード

次に、FTPまたはSFTPを使用して、ウェブサーバーの公開ディレクトリにファイルをアップロードします。通常、これは「/wp-content」フォルダと同じディレクトリです。次に、ブラウザで「https://domain.com/update-db-1551」のように秘密のフォルダに移動します。

スクリプトは自動的にデータベースフィールドの検索と置換を試みます。しかし、詳細が正しいかどうか、また、意図したデータベースに対して検索と置換の操作を実行しているかどうかを確認する必要があります。

最初に「dry run」をクリックして、スクリプトが何を更新し置換するかを確認します。確認して準備ができたら、「live run」をクリックして、データベースの更新とWordPressの検索と置換を実行します。

WordPressデータベースでの検索と置換の実行

WordPressデータベースでの検索と置換の実行

セキュリティ上の理由から、作業終了後、このスクリプトの削除が非常に重要です。削除するには「delete me」ボタンをクリックします。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

このスクリプトを残しておくと、ウェブサイトが攻撃にさらされる可能性があります。フォルダやスクリプトが完全に削除されているかどうか、ウェブサーバーを再度、確認してください。

4.WP-CLIを使用して直接、検索と置換を行う

WordPressの検索と置換を行うもう一つの方法は、WP-CLIを使用して直接、検索と置換を行う方法です。これは、WordPress開発者のための選択肢になります。

Kinstaのお客様には、WP-CLIを使用できるSSHアクセスを提供しています。WP-CLIに慣れていない方は、詳細な解説記事「ターミナルからのWordPressの管理」や、便利なSSHコマンドのリストをご覧ください。

コマンドの例を以下に示します。

wp search-replace 'http://example.dev' 'http://example.com' --precise --recurse-objects --all-tables

wp search-replaceコマンドで利用できるその他のパラメータについては、公式のWP-CLIドキュメントで詳しく説明されています。また、こちらの高度な「検索と置換に関するWP-CLIガイド」もご覧ください。

5.phpMyAdminでのMySQLの検索と置換クエリの実行

コードでの操作に慣れていてプラグインを使わずにWordPressのデータベースで検索と置換を実行したい場合は、phpMyAdminのMySQLクエリを使うこともできます。この方法は、プロのWordPress開発者向けの方法です。

レンタルサーバーがcPanelを使用している場合は、「データベース」の中から「phpMyAdmin」を選択します。

cPanelの「データベース」セクションのphpMyAdmin

cPanelの「データベース」セクションのphpMyAdmin

Kinstaのお客様は、MyKinstaからphpMyAdminに直接アクセスできます。まずサイトを選択します。次に「情報」タブの画面を「データベースへのアクセス」セクションまでスクロールし、「phpMyAdminを開く」をクリックします。

MyKinstaのphpMyAdminへのリンク

MyKinstaのphpMyAdminへのリンク

新しいタブが開き、phpMyAdminのログインページが表示されます。データベースのユーザー名とパスワードを入力し、「Go」を選択します。

Kinsta phpMyAdminログインページ

Kinsta phpMyAdminログインページ

phpMyAdminにアクセスしたら、データベース名を検索します。データベース名が分からない場合は、ファイルマネージャーに移動し、public_htmlフォルダの下のwp-config.phpファイルを開き、「define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);」行を探します。

次に、phpMyAdminから「SQL」タブを選択します。

phpMyAdminの「SQL」タブ

phpMyAdminの「SQL」タブ

以下のコードスニペットを追加してください。

update TABLE_NAME set FIELD_NAME = replace(FIELD_NAME, 'Text to search, 'Text to replace it with');

「Go」ボタンをクリックして、SQLクエリを実行します。処理が完了すると、変更されたインスタンス数を示す成功メッセージが表示されます。WordPressのサイトにアクセスして、検索と置換が成功したことを確認します。

#WordPressサイトの面倒な調整で一日を無駄にする必要はありません。 ⏳ 検索と置換を使用して素早くテキストを変更し、サイトをリニューアルしましょう。✨Click to Tweet

 

まとめ

SEOのキーワードを更新する場合やすべての投稿の特定のテキストを置き換える場合、一括検索と置換の方法を知っていると非常に便利です。WordPressの検索と値感にはいくつかの方法があります。

この記事では以下の5つの方法をご紹介しました。

  1. MyKinstaで当社独自の検索と置換ツールを使用する
  2. Better Search ReplaceプラグインやSearch Regexプラグインのような、WordPressの検索と置換プラグインをインストールする
  3. interconnect/itのSearch Replace DB PHPスクリプトを使用する
  4. WP-CLIを使用して直接、検索と置換を行う
  5. phpMyAdminでMySQLクエリを実行する

時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。