インスタント満足に夢中になっているデジタルの世界では、閲覧時に経験したくないことの一つは、ERR_CONNECTION_REFUSEDなどのエラーメッセージでしょう。これは信じられないほどイライラすることで、深刻な異常の証拠でもある場合もあります。

一般の利用者にとって本当に紛らわしいエラーは、WordPressウェブサイトの問題なのか、ネットワークまたはブラウザの問題なのか区別しにくいエラーです。

「ERR_CONNECTION_REFUSED」メッセージは、Chromeでよく見られる、通常はWordPressウェブサイトに関連しないエラーメッセージです。幸いなことに、本エラーの原因は比較的に特定しやすいです。本記事では、メッセージの概要と処理方法について説明します。次の手順に従って処理するのは一般的です:

  1. ページ自体が停止したかを確認します。
  2. ルーターを再起動します。
  3. ブラウザのキャッシュをクリアします。
  4. プロキシ設定を評価し、必要に応じて調整します。
  5. ウイルス対策ソフトウェアおよびファイアウォールソフトウェアを一時的に無効にします。
  6. DNSキャッシュをフラッシュします。
  7. DNSアドレスを変更します。
  8. 古いChrome拡張機能を無効にします。
  9. Chromeブラウザを再インストールします。

しかし、最初に、本エラーの概要を説明させてください。

Browser errors are never fun. Here are a few tips on how to fix the stubborn ERR_CONNECTION_REFUSED error. Click to Tweet

ERR_CONNECTION_REFUSEDエラーとは?

残念ながら、エラーというものはインターネットを使うことと密接に関係しています。 「死の真っ白画面」404エラーERR_CONNECTION_TIMED_OUTエラーなど様々なエラーがあります。当社のサポートチームは毎日あらゆる種類のWordPressのエラーに対応しています。つまり、実績が多いです。

Google Chrome

Google Chromeの利用者はERR_CONNECTION_REFUSEDページを見たことあるかもしれません。次のようなメッセージが表示されます。

「このサイトにアクセスできません」または「このウェブページにアクセスできません」

Google ChromeのERR_CONNECTION_REFUSEDエラー

Google ChromeのERR_CONNECTION_REFUSEDエラー

Google Chromeを使用してあるウェブサイトにアクセスしようとするときにのメッセージが表示されたことは接続が拒否されたとう意味です。このエラーコードはまた、表現は異なりますが、他のブラウザにも表示されます。

Mozilla Firefox

Mozilla Firefoxでは、単に「正常に接続できませんでした」と表示されます。

domain.comのサーバーへの接続を確立できませんでした。

Mozilla FirefoxのERR_CONNECTION_REFUSEDエラー

Mozilla FirefoxのERR_CONNECTION_REFUSEDエラー

Microsoft Edge

Microsoft Edgeでは、単純に「このページを表示できません」と表示されます。あまり役に立たないメッセージです。

Webアドレスが正しいことを確認ください:domain.com.

Microsoft EdgeのERR_CONNECTION_REFUSEDエラー

Microsoft EdgeのERR_CONNECTION_REFUSEDエラー

ERR_CONNECTION_REFUSEDエラーは、個々の接続試行の問題ではなく、サーバー側の問題が原因で発生することがあります。通常は深刻な問題ではなく、単にファイアウォールやサーバーの設定が正しくないことが原因です。ただし、マルウェア攻撃や予期しないダウンタイムなど、より深刻な異常が発生したことを示す可能性もあります。信頼性のないインターネット接続が原因である可能性もあります。

ほとんどのエラーメッセージと同様に、ERR_CONNECTION_REFUSEDも問題が発生したことを知らせますが、問題が発生した理由を説明してくれません。真の原因を特定し、可能であれば処理するのはユーザーの仕事です。

ChromeのERR_CONNECTION_REFUSEDエラーの9つの処理方法

ERR_CONNECTION_REFUSEDエラーの考えられる原因の範囲が広い為、トラブルシューティングはしにくいですが、処理することが処理できます。処理できる可能性の高い順で9つの手順をご紹介します。

1. ウェブサイトの状況を確認する

最初は、アクセスしようとしているウェブサイトのステータスを確認します。前述のように、ERR_CONNECTION_REFUSEDエラーはインターネット接続ではなく、ウェブサイトのサーバーが原因で発生することがあります。

これを確認するには単純に別のウェブページに訪問します。エラーメッセージが再度表示されると、問題は接続に起因する可能性がありますが、2ページ目が正しく読み込まれると、最初のウェブサイトに起因する可能性があります。

Down For Everyone Or Just Meを使用することもできます:

Down for Everyone or Just Me?

Down for Everyone or Just Me?

機能していないページのアドレスを入力し、「Or just me?」をクリックします。それで該当のページがオフライン(ダウン)か、オンライン(アップ)かが判断されます。残念ながら、ページがダウンしたときに修正されるのを待つしかありません。ただし、ページがダウンしていなくても読み込まれていない場合は、さらなるトラブルシューティングが必要です。

2. ルーターを再起動する

多くのインターネット関連の異常を処理するための実証済みの手段である次のステップは「再起動する」ことです。自宅またはオフィスのルーターを再起動しても、成功が保証されるわけではありません。ただし、わずか数分しかかからない為、接続異常の疑いのある際に試す価値があります。

これを行うには、ルータの電源を切ります。再度入れる前まで約30秒間を待つ必要があります。ルータが再起動した後に、エラーが返されたページにアクセスしてみます。読み込まれるとOKです。読み込まれないと、原因が違います。

3. ブラウザのキャッシュをクリアする

他の優れたインターネットブラウザと同様に、Chromeもコンピュータまたはデバイスのキャッシュに情報を保存します。その情報には、閲覧履歴、保存されたログインデータ、またはクッキーなどが含まれます。これらはすべて、次回アクセスしたときに該当のページがさらに速く読み込まれるために記録されます。

キャッシュは便利ですが、古くなると様々な問題を引き起こす場合があります。これは、ページのキャッシュされたバージョンが現在の本番バージョンと一致しなくなるためです。幸い、キャッシュをクリアするだけでこの問題が解決できます。

ただし、その前にまずブラウザをシークレットモードで開くことにより、ブラウザのキャッシュの問題であるかを簡単に確認できます。または別のブラウザで開くことも可能です。それでもエラーが発生する場合は、キャッシュをクリアします。

それを行うには、まずChromeのメインメニュー(ブラウザウィンドウの右上)を開きます。「その他のツール」を選択し、「閲覧履歴の消去」をクリックします。

Chromeの閲覧履歴の消去

Chromeの閲覧履歴の消去

次のページで、リストのすべてのファイルカテゴリが選択されていることを確認します。選択されてない場合、キャッシュ全体がクリアされず、最新のデータしか削除されません。

閲覧履歴の消去

閲覧履歴の消去

もう一つのやり方ですが、アドレスバーに次のURLを入力します:

chrome://settings/clearBrowserData

その結果として表示される画面で、上記と同じオプションにアクセスできるようになります。キャッシュをクリアするには次のリンクも便利です:

4. プロキシ設定を評価し、必要に応じて調整する

セキュリティの脅威が増加し続けているため、機密データを保護するために個別のソリューションを使用している人の数は増加していることは当然のことです。これを行う人気な方法はプロキシサーバーを使用することです。

プロキシを使用すると、別のIPアドレスでオンラインにアクセスでき、ブラウザとアクセスしたウェブサイトの間の仲介役として機能します。IPアドレスを保護するだけでなく、キャッシュデータやサーバー通信のフィルタリングにも役立ちます。

キャッシングと同様に、プロキシサーバーも便利ですが、ERR_CONNECTION_REFUSEDメッセージを引き起こす可能性もあります。たとえば、ウェブサーバーはプロキシサーバーのIPアドレスを拒否し、その結果実際の接続を拒否することがあります。

プロキシがオフラインになっている可能性も、正しく設定されていない可能性もあります。つまり、本エラーメッセージが表示された場合は、プロキシ設定を確認する価値があります。

Chromeには独自のプロキシセクションがあるため、このステップは特にしやすいです。ブラウザの正しいツールを探すために時間を費やす必要は一切ありません。

まず、Chromeブラウザの「設定」メニューにアクセスします。設定メニューにはオプションが多いです。一番下にある「詳細設定」をクリックしてから、「システム」にある「プロキシ設定を開く」をクリックします。選択すると、対応するメニューに移動します:

Chromeのプロキシ設定を開く

Chromeのプロキシ設定を開く

次のステップは、ご利用のシステムにより異なります。Windowsでは「LANの設定」をクリックし、「LANにプロキシサーバーを使用する」チェックボックスからチェックを削除します。Macでは、すぐに該当のメニューが表示されます。その後、選択可能なすべてのプロキシプロトコルをオフにして、ERR_CONNECTION_REFUSEDメッセージが解決されたかを確認します。

Macでプロキシのチェックマークを消す

Macでプロキシのチェックマークを消す

5. ファイアウォールとウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする

ファイアウォールとウイルス対策ソフトウェアは、ユーザーとユーザーのシステムを保護することを目的としています。デバイスを定期的にスキャンし、疑わしい行動を自動的にブロックします。ただし、(キャッシングとプロキシサーバーと同様に)高度なセキュリティを原因に接続異常が発生することがあります。一つのパターンがありそうですね。

これは、ファイアウォールにより、ブロックする必要のないページがブロックされたり、完全に安全なコンテンツが拒否されたりすることがよくあるためです。これを確認するには、ファイアウォールとウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にします。もちろん、この対策はアクセスしようとしているウェブサイトが安全であることを確実に知っている場合に限ります。

また、セキュリティソフトウェアは一時的にのみ無効にするようにしてください。エラーが解決されたかどうかを確認した後に、攻撃を受けやすくならないように必ず再び有効にしてください。ファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアが原因で繰り返してエラーが発生すると、ご利用のファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアを変更することを検討してください。

6. DNSキャッシュをクリアする

上記のトラブルシューティングステップの続きですが、次にDNSキャッシュをクリアします。ブラウザがキャッシュを作成することを知っている人が多いですが、オペレーティングシステムもキャッシュを作成することを知っている人は少ないでしょう。

DNSキャッシュにはたとえば、ブラウザでアクセスしたページの一時的なエントリがすべて含まれています。これらのエントリには、アクセスしたページのドメイン名とアドレスに関する重要な情報が格納されています。

この機能の目的は、他のキャッシュの目的と同様です。ウェブサイトのDNSサーバーに繰り返して連絡する必要がなくなるため、読み込み処理が高速化されます。これにより、長期的に見て時間を節約できます。ただし、短期的な異常が発生することがあります。

保存されているエントリが、該当のウェブサイトの現在のバージョンと一致しなくなると、ERR_CONNECTION_REFUSEDメッセージなどのエラーは珍しくありません。幸いなことに、DNSキャッシュをクリアすることは迅速で簡単な処理策です。

手順は今回もオペレーティングシステムにより異なります。

Windows

Windowsキーを押してスタートメニューを起動し、「CMD」を検索します。これにより、コマンドプロンプトが表示されます。

Windowsのコマンドプロンプト

Windowsのコマンドプロンプト

コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します:

ipconfig /flushdns
ipconfig flush dns

ipconfig /flushdns

「DNSリゾルバーキャッシュは正常にフラッシュされました。」メッセージが表示されます。

DNSリゾルバーキャッシュは正常にフラッシュされました

DNSリゾルバーキャッシュは正常にフラッシュされました

本記事では、Macでのプロセスについて説明します。Windowsのファンの方は、オンラインで多数の役立つリソースを入手できます。

Mac

Macでは、次の手順に従います。

ツールバーの「ゴー」をクリックして、「ユーティリティ」をクリックします。(Shift + Command + U)

Macのユーティリティ

Macのユーティリティ

ターミナルを開きます。

Macのターミナル

Macのターミナル

次のコマンドを実行します。実行できるには管理者アクセスが必要になります。

sudo killall -HUP mDNSResponder && echo macOS DNS Cache Reset
MacのDNSキャッシュをクリアする

MacのDNSキャッシュをクリアする

実行後に、異常が発生したウェブサイトに再度アクセスしてみます。本記事のアドバイスのすべてに従ったならば、機能するはずです。そうでない場合、DNSのさらなる調整が必要かもしれません。

7. DNSアドレスを変更する

上記で説明したように、古いDNSキャッシュエントリは、ERR_CONNECTION_REFUSEDメッセージなどの異常の原因になる可能性があります。ただし、DNSアドレス自体も本異常の原因となる場合もあります。これは、過負荷になったり、完全にオフラインになったりすることが多いためです。

DNSサーバーのアドレスはほとんどの場合、インターネットプロバイダから自動的に取得されます。ただし、必要に応じて変更することもできます。手順は今回もオペレーティングシステムにより異なります。

まず、Macでの手順を紹介します。 まず、「システム環境設定」を開きます。次の画面で「ネットワーク」を選択し、「詳細設定」をクリックします。

Macのネットワークの詳細設定

Macのネットワークの詳細設定

そこから、画面上部にある「DNS」を選択します。新しいDNSサーバーを追加するには、+ボタンをクリックします。既存のDNSサーバーを編集するには、調整したいDNS IPアドレスをダブルクリックします。

ネットワークのDNS

ネットワークのDNS

これらを一時的にGoogleやCloudflareなどのパブリックDNSサーバーに変更してみることもできます。

  • 信頼性が高いため、GoogleのパブリックDNS(8.8.8.8および8.8.4.4)を長期的に使用する人もいます。
  • Cloudflareにも安全で高速な無料のDNSがあります。(1.1.1.1と1.0.0.1)

ヒント:既に無料のDNSサーバーを使用していて本エラーが発生した場合は、そのDNSサーバーを削除し、ISPのDNSサーバーに設定を直すことで異常が解決されることがあります。GoogleとCloudflareは100%完璧ではありません。設定を元に戻すことにより、エラーが解決することがあります。

その後、ウェブサイトに再度アクセスしてみます。

8. Chrome拡張機能を無効にする

拡張機能をインストールすることにより、Google Chromeの利便性が向上することを否定することはできません。拡張機能のおかげで重要な機能が追加され、ワークフローの自動化ができます。

ただし、Google Chromeで利用可能な多数の拡張機能は、ブラウザの開発者によって開発されたものではありません。中には第三者により作成されたものが多いです。つまり、意図したとおりに機能することの保証、または時間が経つにつれ正しく更新されるという保証はありません。

不適切なまたは古い拡張機能は、ERR_CONNECTION_REFUSEDエラーメッセージなど異常を引き起こす可能性があります。このため、ブラウザに添付されている拡張機能を定期的に監査することが重要です。

これを行うには、まずChromeブラウザの「機能拡張」メニューを開きます。そこでインストールされている各拡張機能を順番に評価します。それぞれの拡張機能が本当に必要かどうかを調べることから始めます。拡張機能が不要になった場合は、単に削除することができます。

次に、必要だと判断した各拡張機能の最後の更新日時を調べます。最後の3か月以内の更新は理想的です。より長い期間は、その拡張機能が開発者に無視されているという兆候です。可能であれば、それらの拡張機能を削除して新しい代替機能に置き換えることをお勧めします。

もちろん、新しくて完全に更新された拡張機能も時々異常を引き起こすことがあります。真の原因を特定するにはすべての拡張機能を無効にします。その後にアクセスしようとしているウェブサイトが読み込まれると、無効にした拡張機能の一つが原因であるがわかります。そこで一度に一つのを再起動することにより問題のあるのを特定します。

9. Chromeブラウザを再インストールする

どのアプリケーションもそうですが、Chrome自体が完全にバグフリーになることは決してありません。ブラウザのインストールには、特にしばらくしても更新されていない場合、さまざまな問題が発生する可能性があります。さらに、ブラウザとオペレーティングシステムの間の問題もは驚くほどよくあります。

その結果、唯一の解決策はChromeを完全に再インストールすることであるときもあります。これを行うにはChromeの現在のインストールをデバイスから削除し、Chromeの公式ウェブサイトにアクセスしてブラウザの最新版をダウンロードします。

上記の解決策がうまくいかないときの対処法

上記の手順をすべて実施してもERR_CONNECTION_REFUSEDメッセージが消えない場合、サーバー側の(言い換えれば、ウェブサイト自体の)より深刻な異常がある可能性が高いです。

残念ながら、この場合では、待つしかありません。ウェブサイトの所有者が一生懸命異常を処理しており、ウェブサイトがもうすぐ機能するようになるでしょう。

ウェブサイトにアクセスすることが緊急の問題であるならば、所有者に直接に連絡してみることができます。連絡できる方法は多いですが、ソーシャルメディアと電子メールは特に効果的で、ウェブサイトのダウンタイムの影響を受ける可能性の低い連絡方法です。

連絡する際に直面している異常の内容を説明し、既にいくつかの解決策を試したことも述べましょう。うまくいけば、ウェブサイトのチームが今後の対策について教えてくれます。チームがウェブサイトへのアクセスを妨げる異常が発生したことが知らない場合は、連絡は特にありがたいことです。

Kinstaのお客様で、問題を抱えているのが自分のWordPressウェブサイトであるならば、当社のサポートチームまでお問い合わせください。24時間対応いたします。

Browser errors are never fun. 😩 Here are a few tips on how to fix the stubborn ERR_CONNECTION_REFUSED error. Click to Tweet

まとめ

接続エラーはイライラするものですが、あくまでも処理できるものです。最初は必ず、ウェブページ自体の異常であるかを確認しましょう。一方、本当に接続の異常である場合は、自分でトラブルシューティングする必要があります。

ERR_CONNECTION_REFUSEDメッセージを処理するには、次を実施します:

  1. ページ自体が停止したかを確認します。
  2. ルーターを再起動します。
  3. ブラウザのキャッシュをクリアします。
  4. プロキシ設定を評価し、必要に応じて調整します。
  5. ウイルス対策ソフトウェアおよびファイアウォールソフトウェアを一時的に無効にします。
  6. DNSキャッシュをフラッシュします。
  7. DNSアドレスを変更します。
  8. 古いChrome拡張機能を無効にします。
  9. Chromeブラウザを再インストールします。

本エラーメッセージについて他にご質問がありますか?または別のよくある異常で説明してほしいものがありますか?下記のコメント欄でお知らせください。


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。