WordPressウェブサイトで見られる多くのエラーのうち、「404 Not Found、お探しのページは見つかりませんでした」がわりと簡単なエラーです。それでも訪問者がウェブサイトをブラウズしようとしても、「お探しのページは見つかりませんでした」メッセージが表示され続けるのがイライラしますね。😒初めてのお客様に見てほしくないことですね。または、404エラーが、何かが変更されたり移動されたり、SEOのために301リダイレクトを追加する必要があることを示すヒントでもあります。

この記事では、エラーを処理できるために次をご説明します:

「404 お探しのページは見つかりませんでした」とは?

ウェブサイトにアクセスするときには、ブラウザはウェブサイトがホスティングされているサーバーにリクエストを送信し、HTTPヘッダーを含むデータを受けます。HTTPヘッダーには、HTTPステータスコードというものも含まれます。

ほとんどの場合、リクエストは正常に機能し、HTTPステータスコードが(ユーザーが検索しない限り)全く表示されません。しかし異常が発生した場合、Webブラウザには、正確に問題を示すためにHTTPステータスコードを含めたエラーメッセージが表示されます。

他のエラーメッセージ(500エラー502エラー504エラーなど)と同様に、「404 お探しのページは見つかりませんでした」メッセージも、そのプロセスの結果です。

404 Not Foundの本当の意味について

基本的には、クライアント(あなたのまたは訪問者のWebブラウザ)がホスト(あなたのウェブサイトのサーバー)に正常に接続できたが、リクエストされたリソース(指定のURLまたはファイル名など)を見つけることができなかった意味です。

たとえば、誰かがyoursite.com/post-nameにアクセスしようとしたが、post-nameというスラッグのコンテンツがないというときです。Webサーバーが正常に機能していても、リクエストされたリソースが存在しないため、404エラーが表示されます。

投稿またはページだけでなく、画像ファイル、JavaScript、CSSのなど、存在していないアセットがあれば、サーバー上で404エラーが発生することがあります。

WordPressの404 Not Foundエラーの要因は?

ウェブサイトのすべてのコンテンツで本エラーが発生した場合は、WordPressウェブサイトのパーマリンクに関する異常が原因である可能が高いです ただし、個々のコンテンツにしか表示されない場合は、リダイレクトを設定せずにコンテンツのスラッグを変更した可能性が高いです。

なお、ウェブサイトの使用を邪魔していない限り、404エラーは必ずしも悪いことではありません。ウェブサイトのオーナーとしてどうしようもない場合もあります!

たとえば、訪問者がアドレスバーに誤ったURLを入力するだけの場合があります。その時に404エラーが表示されますが、ウェブサイトの設定には一切関係ありません。逆に、この場合だと好ましいレスポンスです。カスタム404ページを作成することにより、訪問者をご希望のページにアクセスできるようにすることさえできます。(詳細については下記をご参照

「404 Not Found」の種類

同じ404 Not Foundでも、Webサーバー、オペレーティングシステム、およびブラウザーがそれぞれ異なる為、言い方が少し変わってしまう場合があります。ウェブ上で見かけることのできる種類の例をいくつか挙げます:

Googleの404エラーページ

Googleの404エラーページ

「404 お探しのページは見つかりませんでした」というメッセージは、上記のどちらかを表示するのではなく、カスタムページを作成するウェブサイトが多いです。デフォルトのカスタム404ページも含まれているWordPressテーマさえあります。多くのウェブサイトが面白くて創造的な404ページを使用しているため、実際のエラーメッセージが表示されないことがあります。

面白い404ページの例

面白い404ページの例

以下は、Kinstaの404ページの例です。訪問者がご希望のコンテンツを見つけるように、検索ボックスと最近のブログ記事を追加しています。404ページには常に検索機能を追加しましょう。

Kinstaの404ページ

Kinstaの404ページ

404 Not FoundのSEOへの影響

404 Not FoundエラーだけがSEOには悪影響しません。しかし、エラーが発生している要因に応じて、悪影響を与えることがあります。

たとえば、訪問者がURLの記入ミスをし、404エラーが表示された場合にはSEOへの悪影響はありません。しかし、壊れたURLによる個別のエラーが発生すると、Googleがウェブサイトを適切にクロールできなくなり、SEOが悪影響を受けます。

さらに、パーマリンクの問題によりウェブサイト全体の404エラーが発生した場合には、Googleがそのウェブサイトのコンテンツをクロールできません。つまり、できるだけ早く404エラーを処理しましょう。

404 Not Foundのサイトパフォーマンスへの影響

あまり知られていませんが、404エラーというレスポンスが通常キャッシュされないため、本エラーのよく出るウェブサイトはパフォーマンスの問題が発生しやすいです。大規模なウェブサイトではよくある課題です。誤って404ページを広告してしまったり、トラフィックの急増を受けてしまいますと、パフォーマンスが悪化することがあります。

あなたのウェブサイトも自分が思っている以上の404エラーを生成しているかもしれません!MyKinstaの分析ツールを使用することにより、その数を適切に決定できます(下記参照)。

404エラーの数

404エラーの数

もっともよく発生する404エラーの内訳も確認できます。下記の例では、ウェブサイトに/apple-touch-icon.pngなどのモバイルアイコンがないことがわかります。確か、クエリされるテーマまたはあるプラグインのコードにあるが実際のアイコンが追加されませんでした。したがって、サーバーはリソースを見つけることができないため、404エラーを生成します。

もっともよく発生する404エラー

もっともよく発生する404エラー

404エラーを確認するには、Google Search Consoleも、Redirectionなどのサードパーティ製プラグインも使用できます。 ただし、これらのプラグインもパフォーマンスに影響を与えることにご注意ください。サーバーレベルのツールを使用する方がはるかに便利ですので、Kinstaではすべてのお客様を対象にご用意しております。

本エラーが悪い理由は、404ページの多くがリソースをたくさん使用していることです。大規模なサイトの場合、重い404ページを避けてみましょう。可能であれば、データベースのクエリを避けるシンプルな404テンプレートを作成しましょう。

「404 お探しのページは見つかりませんでした」エラーの処理方法について

以下では、ウェブサイト全体または個々のコンテンツで発生している「404 お探しのページは見つかりませんでした」エラーの処理方法をいくつかご紹介します。

WordPressウェブサイトのパーマリンクを更新する

コンテンツにアクセスしようとしたときにサイト全体に404エラーが発生した場合は、パーマリンク(またはホストがApacheを使用している場合は.htaccessファイル)が最も可能性のある要因です。Kinstaのお客様のあなたなら、当社はNginxを利用している為、htaccessファイルを原因から外すことができます。

本異常の最も簡単な処理方法は、WordPressのダッシュボードでパーマリンクの設定を更新することです。設定→パーマリンクにアクセスし、「変更を保存する」をクリックします(実際に変更を行わなずに、「変更を保存する」をクリックするだけで十分です)。

WordPressのパーマリンクを再生成する

WordPressのパーマリンクを再生成する

移動または名前が変更されたコンテンツの301リダイレクトを設定する

特定のコンテンツだけで404エラーが発生している場合は、下記にどちらかが要因である可能性が高いです:

そこで、ユーザーが古い方のコンテンツにアクセスしようとしていて、予想していたリソースの代わりに404ページが表示されます。この問題を処理する最善の方法は、古いコンテンツにアクセスしようとする人を新しいコンテンツに自動的にリダイレクトすることです。そうすれば、404エラーが発生せずに適切なページにアクセスできます。それに、SEOへの影響も好ましいです。リダイレクトを追加せずに投稿を移動するまたは名前を変更すると、その投稿を指していたバックリンクのドメインオーソリティもなくなります。

WordPressは変更及び移動されたコンテンツのリダイレクトを行ってみる機能がありますが、必ずしも正常に機能しない場合があり、WordPressに任せない方がいいです。なお、WordPressでリダイレクトを設定する工夫は多く、ご安心ください。

まず、WordPressダッシュボードからリダイレクトの管理ができる無料のRedirectionプラグインを使用することができます。本プラグインをインストールし有効にした上で、「ツール」→「Redirection」にアクセスし、「Source URL」(ソースURL)ボックスに404ページのURLを入力し、「Target URL」(ターゲットURL)ボックスにコンテンツの新しいURLを入力します。

Redirectionプラグインでリダイレクトを設定する方法

Redirectionプラグインでリダイレクトを設定する方法

Kinstaのお客様のあなたなら、MyKinstaダッシュボードでもリダイレクトを管理できます。Kinstaのツールを使用すると、ルールがサーバーレベルで実装され、パフォーマンスの面ではより最適な方法であるため上記より効率が良いでしょう。また、心配すべきサードパーティ製プラグインの数も減ります。

まず、管理したいウェブサイトにアクセスします。次に、「リダイレクト」タブをクリックします。新しいリダイレクトを追加するには、大きな「リダイレクトルールを追加する」ボタンをクリックします。

Kinstaのダッシュボードからリダイレクトを設定する方法

Kinstaのダッシュボードからリダイレクトを設定する方法

最後に、あなたのホストがApacheサーバーを使用している場合、.htaccessを使用してリダイレクトを設定できます。.htaccess Generatorサイトは、あなたのウェブサイトの.htaccessファイルに追加すべき適切なコードを生成するのに便利です。

「404 お探しのページは見つかりませんでした」のカスタムページの作成方法について

上記の手順に従い404エラーを防ぐように頑張った方がいいですが、自分ではどうしようもないときもあり、404エラーを完全に排除することは不可能です。小規模のWordPressウェブサイトでは毎月何千件も404エラーが発生することは珍しくありません。

たとえば、訪問者がURLの記入ミスをした場合、または別のWebサイトが存在しないページにリンクしている場合、仕方なく404エラーが表示されます。

そこで、より使いやすいエラーページをお客様に提供するには、404ページプラグインの1つを使用することができます。たとえば、無料の404page プラグインを使用することにより、次のの設定ができます:

404pageプラグインのもう1つの重要な機能は、リダイレクトを作成しないことです。404ページは、yoursite.com/404などの実際のページにリダイレクトされるものではないはずです。404エラーは、異常の発生したページで動的に生成されるべきです。

上記の要素を追加することにより、訪問者にご希望のページにアクセスできるためのツールを提供できます。一方、パフォーマンスのために404ページをできる限り軽いものにしましょう

「404 お探しのページは見つかりませんでした」エラーの今後の監視

今後は、どのリクエストが404エラーを引き起こしているかに注意する価値があります。次に注意しましょう:

オプション1:Google Analytics

Google Analyticsをご利用の場合には、カスタムレポートを設定し、外部リンクからの404エラーを追跡できます。詳細についてはRebelyticsのチュートリアルをご確認ください。

オプション2 :WordPressのプラグイン

WordPressプラグインの利用をご希望の場合には、前述のRedirectionプラグインを使用し、WordPressダッシュボードから404エラーを監視することができます。

オプション3:サードパーティ製監査ツール

Ahrefsなどのサードパーティ製の監査ツールを使用することによりも、WordPressウェブサイトの404エラーを監視できます。スケジュールを設定することさえできます。

404エラーの監査

404エラーの監査t

オプション4:Google Search Console

最後に、Google Search ConsoleでGoogleのクローラが見つける404エラーの監視も可能です。Google Search Consoleでご自分のウェブサイトを検証した上で、「クロール」→「クロールエラー」→「見つかりませんでした」の順にクリックすると、Googleが見つけた404エラーのリストが表示されます。もっとも行いやすい方法の一つです。サードパーティ製のプラグイン及びウェブサイトのさらなるスキャンを必要としない為、パフォーマンス面でも最高の方法です。Googleのボットはどうしてもあなたのウェブサイトを定期的にクロールしており、データがすでに存在しているので、うまく利用すればいいのではないでしょうか。😉

Google Search Consoleの404エラー

Google Search Consoleの404エラー

まとめ

404エラーというのは仕方なく発生してしまいます。WordPressウェブサイトが大ければ大きいほど、件数が増えます。本エラーの監視または処理に関しては適切なワークフローを用意した方が良いでしょう。404エラーは、訪問者またはブランドにとっては決して良いことではなく、Googleでも悪影響を与えます。

「404 お探しのページは見つかりませんでした」メッセージの処理方法またはWordPressウェブサイトへの影響についてのご質問がございましたら、是非コメントを書いてください。


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。