WordPressをキャッシュすることは複雑で、退屈な作業と感じる人もいるでしょう。このような複雑なテクノロジーの詳細を説明しようとすると、実際の本になるかもしれません。一方、キャッシュの考え方は、単純な数学の問題でたとえることができます。10×2は?答えは20に違いありません。なぜすぐにわかりますか?答えを覚えているためです。計算しなくてもよいですね。このように暗記と比較することは、ウェブサイトのキャッシュ処理を簡略化しますが、プロセスを視覚化し、WordPressのキャッシュプラグインが必要になる理由を把握するのに役立ちます。

あなたのウェブサイトは毎月数十回表示されます。表示回数は何百回、何千回、何百万回になるかもしれません。ウェブサイトが毎回同じまたはほぼ同じコンテンツを配信している可能性が高いと考えて、サーバーがウェブサイトを配信するためにそのファイルを記憶できたらいいと思いませんか?

キャッシュの説明

要するに、ウェブサイトの各ウェブページを訪問するには、サーバーへのリクエスト、そのリクエストのサーバーによる処理(データベースクエリなどを含む)と、処理後の結果がサーバーによりユーザーのブラウザへ送信されることが必要です。結果は外観を特定するファイルと要素を含むウェブサイトのことだす。たとえば、ヘッダー、画像、メニュー、ブログがあるとします。サーバーはこれらすべての要求を処理する必要があるため、ウェブページ全体が読み込まれるまでには時間がかかります。

それがWordPressのキャッシュプラグインが登場するところです。キャッシュは、ファイルを構成に応じてディスクまたはRAMに保存するようにサーバーに指示します。したがって、過去に配信したのと同じコンテンツを記憶し複製することができます。その結果、ウェブページはキャッシュから直接に読み込まれると、はるかに速くなります。基本的には、キャッシュがページビューを生成するのに必要な作業量を減らします。

WordPressキャッシュプラグインが必要になるときとは?

速度については、少しご説明しましたが、WordPressキャッシュプラグインは常に必要でしょうか?そして、キャッシュの速度以外の利点は何でしょうか?

独自のサーバーを管理している人や共有ホスティングを利用している人にとって、キャッシュプラグインを利用することが理にかなっています。

キャッシュプラグインの短所

ただし、キャッシュプラグインがまったく不要な場合もありますKinstaなどのマネージドWordPressホスティング会社をご利用の場合は、キャッシュをすべてお任せいただけます。キャッシュはサーバーレベルで行われ、ほとんどの場合、プラグインよりもはるかに高速です。プラグインとは異なり、サーバーレベルのキャッシュは専門知識を必要としないし、最高のスピードを達成するまでに数十の設定を微調整する必要もありません。

何らかのキャッシュが必須

サーバーレベルのキャッシュであれ、プラグインであれ、何らかのキャッシュが必ず必要です。キャッシュの速度以外の利点は次の通りです。

ユーザーのためにウェブサイトを高速化します。

    速度についてはすでに説明しましたが、キャッシュの主な利点であるため、もう一度言及しておくとよいでしょう。
  • 全体的なユーザーエクスペリエンスが向上します。ウェブサイトの動きが速くなるため、ユーザーがブラウジングする可能性が高くなります。ページが読み込まれるまで10秒も待つことが好ましくないため、高速なウェブサイトでは直帰率が低下することが事実です。
  • サーバーのリソース使用量が減ります。リソース使用量が少ないとウェブサイトが速くなるため、スピードにつながるメリットです。それに、サーバーへの負担も少なくなります。メンバーシップサイトなどの非常に動的なサイトの場合には、またはキャッシュから配信できるものとできないものを特定する場合には、非常に重要です。
  • 検索エンジンの最適化が向上する可能性があります。速度とユーザーエクスペリエンスの改善に関係しますが、ウェブサイトがより高い掲載順位でインデックスに登録する価値があることをGoogleなどの検索エンジンに見せることができます。高速なウェブサイト+素晴らしいUX = SEOの改善。
  • TTFBが低くなります。 キャッシュはTTFBを下げる最もしやすい方法の一つです。実は、当社の試験ではキャッシュは通常にTTFBを最大90%減らします。😮

キャッシュがあった方がいいかない方がいいか?

体的な速度とTTFBの両方への影響を確認できる為にKinstaのサーバーレベルのキャッシュで複数の試験を行いました。

キャッシュなしのスピードテスト

まずキャッシュを無効にし、Pingdomで5つの試験を実行し、その平均をとりました。

キャッシュなしでのスピードテスト
WordPressキャッシュなしでのスピードテスト(スピードテスト

キャッシュでのスピードテスト

次に、サーバーレベルでのキャッシュを無効にし、Pingdomで5つの試験を実行し、その平均をとりました。

キャッシュでのスピードテスト
WordPressキャッシュでのスピードテスト(スピードテスト

ご覧のとおり、サーバーレベルのキャッシュにより、ページの読み込み時間が23.04%改善されました!特別な作業は全く必要ありませんでした。試験の対象になったウェブサイトはかなり最適化されていたものであるため、最適化されていない大規模サイトのならさらに大きな改善が見られるでしょう。

キャッシュなしでのTTFB

前述したように、キャッシュの有無によるTTFBの違いに注意することも重要です。Pingdomの帯グラフの黄色い「待機」という帯はTTFBのことです。ご覧のとおり、キャッシュ無しでのTTFBは200ミリ秒以上です。

キャッシュなしでの高いTTFB
キャッシュなしでの高いTTFB

キャッシュでのTTFB

キャッシュを有効にすると、TTFBは40ミリ秒未満であることがわかります。

キャッシュでの低いTTFB
キャッシュでの低いTTFB

最高のWordPressキャッシュプラグイン

自分のサーバーを管理する予定がある場合、または共有ホスティングをご利用の場合は、下記のキャッシュプラグインをお試しください。中には他よりも直感的なものもありますが、リストのすべてのプラグインは高く評価されています。インターネットには、キャッシュプラグインの速度を比較して、最高のものを勧めようとしている記事が多いです。ただし、これらのプラグインはサーバー、構成、リソース、さらには物理的な場所に基づいて異なる動作をするため、最速のプラグインを特定するのはほとんど不可能です。

私たちも速度テストの大ファンですが、あるユーザーにとって最適なプラグインであっても、別のユーザーには適さない場合があります。したがって、「最高のプラグイン」を特定することは、プラグインの作成者に対して不公平です。言うまでもなく、有効にしたり無効にしたりできる設定も数百あります。そのため、WordPressキャッシュプラグインを自分でテストする必要があります

Be fair to plugin authors.When it comes to #WordPress caching plugins, always test them out yourself for speed and usability. クリックでつぶやく

以下は、WordPressキャッシュプラグインの簡単なトップリストです。詳細については、以下をお読みください。

  1. WP Rocket(プレミアム)
  2. Cache Enabler(無料)
  3. Comet Cache(無料+プレミアム)
  4. W3 Total Cache(無料)
  5. WP Super Cache(無料)
  6. WP Fastest Cache(無料+プレミアム)
  7. Hyper Cache(無料)

私たちの経験から言うと、少なくとも2つ~3つのWordPressキャッシュプラグインを試して、自分の経験に基づいて選択した方が良いです。たとえば、ユーザーインターフェイスが他のプラグインよりはるかに好きなキャッシュプラグインがある場合があります。または、特に使いやすいキャッシュプラグインもあります。

各プラグインを設定して、PingdomGTmetrixなどのスピードツールで試験することをお勧めします。こちらのリストのその他の人気のあるウェブサイトスピードテストツールも是非ご覧ください。これにより、各WordPressキャッシュプラグインのウェブサイトのパフォーマンスへの影響を確認できます。

私たちはキャッシュをサーバーレベルで対応いたしますので、ウェブサイトについて心配する時間を減らし、ビジネスの成長に集中する時間を費やしていただけます。Kinstaを無料で試しませんか?

注:速度テストを複数回実行して、サイトがキャッシュから配信されていることを確認してください。WordPressサイトのキャッシュをクリアするたびに、キャッシュを再構築する必要があります。一部のキャッシュプラグインには、キャッシュがクリアされた後にキャッシュをウォームアップ(プリロード)するオプションもあります。

キャッシュプラグインを使用すると、サイトを高速化できますが、問題が発生する場合があります。キャッシュプラグインが原因で発生する「更新の必要はありません このWordPressのデータベースはすでに最新のものです!」というエラーがあります。

さて、最高のWordPressキャッシュプラグインとその機能についてご説明します。

1. WP Rocket

WP Rocketは、3つのプランがのあるプレミアムWordPressキャッシュプラグインです。サービスの利用料金は1回限りですが、毎年支払いを継続する場合、サポートと更新も付きます。1つのウェブサイトのキャッシュは39ドルで、サポートは3つのウェブサイトなら99ドル、無制限のウェブサイトなら199ドルです。探せば無料のプラグインを見つけることができますが、上記の利用料金は市場で最も機能満載のキャッシュプラグインの一つの利用料金です。プラグインの無料試用版や無料版はありませんが、14日間の返金保証が付きます。

WP Rocketプラグインがとても気に入っている理由の一つは、そのシンプルなユーザーインターフェイスと迅速なセットアップです。サイトを高速化する機能を備えたWordPressキャッシュプラグインですが、初心者でもほとんどの設定を理解できます。

WordPressキャッシュプラグインWP Rocket
WordPressキャッシュプラグインWP Rocket

WP Rocketがキャッシュ速度を特に必要としているサイトであるeコマースサイトでもスムーズに実行できるように構築されていることも素晴らしいことです。多くの競合他社が無料でキャッシュプラグインを提供しているのに、なぜ有料のWordPressキャッシュプラグインにすればいいのか疑問に思うかもしれません。その理由は、WP Rocketにははるかに多くの機能があり、使いやすいためです。

たとえば、WP Super Cacheにはページキャッシュがありますが、ブラウザキャッシュはありません。WP Rocketには両方あります。Hyper Cacheには、WP Rocketが提供する遅延読み込み機能がありません。他にも例は数多くありますが、39ドルはプラグインの機能をすべて考えれば安いものであることを覚えておくことは重要です。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • WP Rocketは、開発者向けのエクスペリエンスと、初心者にも分かりやすいダッシュボードを提供します。開発者が何時間もキャッシュプラグインで作業していることはあまりありませんが、通常のキャッシュプラグインは、初心者にとって分かりにくい場合があります。
  • 本プラグインは、すべてのユーザーにとって非常にシンプルなセットアップを備えています。
  • WordPressデータベースを整理し、リソースの数を減少するためデータベースの最適化機能は付きます。
  • WP Rocketでメディアを遅延読み込みできます。つまり、ユーザーが画像をスクロールするまで画像がウェブサイトに読み込まれません。したがって、サーバーは、必要がなければ、作業しません。
  • CloudFlareとの互換性のおかげで、サイトをさらに高速化できます。
  • WP Rocketは、市場のトップの多言語化プラグインの一部と統合します。
  • 本プラグインはマルチサイト互換性を提供します。
  • キャッシュをプリロードできます。
  • 縮小と連結の両方のツールが付きます。
  • ユニークな機能の一つに、Google Fontsの最適化があります。私がこれまでに使用した他のキャッシュプラグインでこれを見たことはありません。
  • オブジェクトキャッシュのサポートがあります。
  • WP RocketはKinstaのサーバーレベルのキャッシュと完全に互換性があります。したがって、Kinstaのお客様でWP Rocketのすべての最適化機能をご利用になりたい場合は、そうすることができます。KinstaでWP Rocketを使用する方法についてはこちらをご覧ください。

WordPressサイトで設定および試験を行う際には、WP Rocketの公式のドキュメントをご確認ください。

2. Cache Enabler

Cache Enablerは、Kinsta CDNの基盤となっているKeyCDNが提供する無料のオープンソースキャッシュプラグインです。ディスクキャッシュエンジンは非常に高速で信頼性がありますし、WordPressのマルチサイトサポートは、ウェブサイトのネットワークを使用しているユーザーにとってメリットがあります。本プラグインは、無料であっても一流のキャッシュプラグインです。 WP Rocketが提供する機能ほど多くの機能が付きませんが、予算が限られている人にとっては検討する価値のある代替手段です。

WordPressプラグインCache Enabler
WordPressプラグインCache Enabler

本プラグインは、JavaScriptを必要とせずにWebP画像を配達できる最初のWordPressプラグインであることで高い評判を得ています。ちょっと難しい内容かもしれませんが、JavaScriptは便利なコーディング言語であっても、状況によっては速度が低下することがあることだけを覚えておいてください。Cache EnablerプラグインをOptimus、ShortPixel、またはEWWWプラグインと組み合わせて使用すると、上記の新しい画像形式を利用できます。ウェブサイト(特にブログやeコマースストア)の多くには画像が多いため、これはオンラインビジネスの所有者にとっては素晴らしい手段です。

最後になりますが、Cache Enablerのキャッシュの有効期限やバックグラウンドでのキャッシュ動作の調整など設定は簡単で魅力的です。設定画面に説明がありますが、それほど多くの設定がないため、分かりにくいことはありません。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • Cache Enablerプラグインは、WebP画像の配達の独特な手段を提供します。画像をWebP形式に変換するには、OptimusShortPixel、またはEWWW Cloud(パフォーマンスのためにクラウドバージョン)をお勧めします。
  • ユーザーインターフェイスはシンプルで分かりやすいです。構成するのが最も簡単なキャッシュプラグインの一つです。このWordPressキャッシュプラグインをどのレベルのユーザーも簡単に利用できるはずでしょう。
  • キャッシュのサイズがダッシュボードに表示されるため、キャッシュが使用しているディスク容量がわかります。このプラグインは、キャッシュをクリアするための自動および手動オプションを備えた効率的で高速なキャッシュプログラムです。
  • 縮小は、インラインJavaScriptでもHTMLでも利用可能です。
  • Cache Enablerを、Autoptimizeというプラグインと組み合わせると、CSSをページヘッドに挿入するなどの追加機能も利用可能です。Autoptimizeの最も最適な設定については、当社の詳細なセットアップガイドをご参照ください。

WordPressサイトで設定および試験を行う際には、Cache Enablerの公式のドキュメントをご確認ください。

3. Comet Cache

Comet Cacheプラグインは、無料バージョンと有料バージョンの両方のある、評判の高く人気なソリューションです。有料版は39ドル~139ドルがかかります。これは1回限りの利用料金ですが、カスタマーサポートを延長するには追加料金がかかります。Comet Cacheには、上記のキャッシュプラグインと同様の機能がありますが、その長所の一つはドキュメントです。

Comet Cacheはインストールも、ダッシュボードの操作もかなり簡単です。しかし、資料の品質なら確実に競争に打ち勝ちます。通常のWordPressプラグイン画面にさえ、キャッシュについての説明資料へのリンクやよくある質問が多数あります。

WordPressプラグインComet Cache
WordPressプラグインComet Cache

CometCacheのウェブサイトには完全なナレッジベースとブログがあり、無料バージョンと有料バージョンを比較する情報も数々表示されます。有料バージョンにアップグレードする最も重要な理由は、自動化です。基本的には、設定するだけで、残りをキャッシュプラグインに任せることができます。無料版はの機能はほとんど同じですが、その機能の一部を手動で実施する必要がある場合もあります。サーバー側とユーザーのブラウザー側のキャッシュの両方があり、2回もキャッシュを行うため、クライアント側のブラウザーキャッシュも便利です。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • Comet Cacheは、数分以内にキャッシュを設定できる高速な構成と合理的なバックエンドを備えています。
  • キャッシュは、投稿、固定ページ、カテゴリ、またはタグを対象に実行できます。
  • 有料版では、自動でインテリジェントなキャッシュ削除機能が利用可能です。これにより、インストール時にキャッシュの設定を行い、残りをプラグインに任せることができます。
  • RSSフィードをキャッシュして、コンテンツのシンジケーションが遅れないようにすることができます。
  • 主な機能のほとんどは無料でも利用できるため、必ずしも有料版にアップグレードする必要はありません。
  • プレミアムバージョンはWPRocketとほぼ同じであるため、両方をテストして、好きなものを選択することをお勧めします。

WordPressサイトで設定および試験を行う際には、Comet Cacherの公式のドキュメントコミュニティフォーラムをご確認ください。

4. W3 Total Cache

WordPressプラグインライブラリで最も人気のあるプラグインの一つであるW3 Total Cacheは、よく目にするWordPressキャッシュプラグインです。無料のソリューションのわりにOKですが、完璧にはほど遠いです。(実は、Kinstaをご利用の場合は、このプラグインを利用するとパフォーマンスが低下する可能性があります。)本プラグインの主な欠点は、バックエンドの設定が非常に豊富で理解しにくいことです。開発者はユーザーのために適切な設定をしてくれますが、初心者にとってはそれでも理解しにくいでしょう。

私たちはキャッシュをサーバーレベルで対応いたしますので、ウェブサイトについて心配する時間を減らし、ビジネスの成長に集中する時間を費やしていただけます。Kinstaを無料で試しませんか?

とは言うものの、W3 Total Cacheは、何百万ものインストールのある無料でオープンソースのWordPressキャッシュプラグインです。 CDNと統合できるという利点があり、デスクトップサイトだけでなくモバイルフレンドリーなサイトにも適しています。本プラグインはまた、SSL証明書を使用しているサイトでも利用可能であるため、eコマースストアにとって理想的なスピードUPソリューションとなっています。

WordPressプラグインW3 Total Cache
WordPressプラグインW3 Total Cache

W3 Total Cacheはオープンソースのプラグインであるため、利用料金などはありません。すべての機能はベースプラグインに含まれており、途中でアップグレードする必要はありません。本プラグインはまた、縮小化、HTTP圧縮、フィードの最適化などのおかげで帯域幅を節約してくれることにより、ユーザーの強い味方です。

前述のように、これは私のお気に入りのバックエンド構成ではありませんが、それは個人的な好みかもしれません。とにかく、W3 Total CacheなどのWordPressキャッシュプラグインを使用すると、サイト全体のパフォーマンスが向上し、そのサイトのパフォーマンスが向上したためにコンバージョン率も改善します。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • W3 Total Cacheは完全に無料で、サイトを高速化し高度に最適化するために必要な主なキャッシュプラグイン機能を提供します。
  • 多数派に従うことは必ずしもいいことでは限りませんが、人気は品質の証拠である場合もあります。W3 Total Cacheには、何千ものすばらしいレビューと何百万ものインストールがあります。
  • 本プラグインは、専用サーバー、共有サーバー、クラスターなど、あらゆる種類のホスティングと互換性があります。
  • キャッシュは、すべてのモバイル環境を対象にさえ提供されます。これにより、ウェブサイトにアクセスしたのはモバイル装置のユーザーせあっても、デスクトップのユーザーと同じようにキャッシュの恩恵を受けることができます。
  • オンラインストアを高速化しようとしている場合に、SSLサポートが提供されます。
  • CDNはメディアライブラリと連動するため、画像の最適化状況を確認できます。
  • データベース、ディスク上のオブジェクト、および投稿のキャッシュとともに、縮小と圧縮も提供されます。
  • オブジェクトキャッシュのサポートがあります。

 

W3 Total Cacheのすべての設定とオプションについては、当社の詳細なガイドをご覧ください。

5. WP Super Cache

WP Super Cacheも、何百万ものインストールのある、オープンソースのキャッシュプラグインです。キャッシュプラグインを検索すると、リストの一番上にWP Super CacheとW3 Total Cacheが表示される場合が多いです。名前が似ていることは微妙ですが、両方を別々にインストールして、どちらがお気に入りかを確認することをお勧めします。 Automatticのプラグインという理由だけで、WP Super Cacheにしている人もいるかもしれません。

とにかく、WP Super Cacheは無料でオープンソースであり、インストール後にアップグレードする必要はありません。静的なHTMLファイルを作成し、重いWordPress PHPスクリプトの代わりにそれらのファイルを配達する技術により、効率的に機能します。 WP Super Cacheをの主な利点は3つのキャッシュモードです。そのうちの一つは「Simple Mode」と呼ばれます。リスクの最も少ないモードであるため、一般のWordPressユーザーがこれにするでしょう。一方、「Expert Mode」と呼ばれるモードでは、.htaccessファイルの変更を加えてファイルをスーパーキャッシュできます。キャッシュをより詳細に制御したい上級開発者に最適です。

WP Super Cacheプラグイン
WP Super Cacheプラグイン

前述したように、ほとんどのユーザーは「Simple Mode」を使用します。この構成では、WP Super Cacheプラグインのセットアップが簡単で、ページの圧縮機能、単純なキャッシュ機能、キャッシュの再構築機能、およびCDNのサポートが付きます。それに、既知のユーザーを識別し、必要に応じてそれらのユーザーのためにページをキャッシュしないことも可能です。ホームページの追加のチェックは、メインのウェブページが最適化されていることを確認したい場合に役立ちます。

WP Super Cacheの最高の機能は、ガベージコレクション機能です。キャッシュディレクトリは時間の経過とともにいっぱいになり、サイトの実行速度が低下する可能性があります。したがって、 WP Super Cacheは定期的に自動化されたガベージコレクションを実行し、古いファイルを削除してサイトを最適化したままにします。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • WP Super Cacheは、規模を問わず、すべてのウェブサイトに優れたキャッシュサービスを提供する評判と実績があります。
  • Automatticの無料でオープンソース製品です。アップデートは定期的に行われ、プラグインはすぐになくなることはありません。
  • バックエンドのインターフェイスには、必要な設定のほとんどがすでに入力されています。初心者でも、理解してアクティブ化するのは非常に簡単です。
  • 本プラグインはガベージコレクション機能があります。この機能では、キャッシュプロセスによってサイトの速度が低下することがないように、キャッシュから古いファイルが消去されます。
  • WP Super Cacheは独特のCDNセットアップと統合し、ファイルの配布を改善します。
  • 「Simple」から「Supercaching」までの3つのキャッシュモードが利用可能です。「Simple 」キャッシュは一般のユーザーに最適であり、「Supercache」モードでは上級ユーザーがサイトをより高速化できるため、どのレベルのユーザーにも便利なプラグインに違いありません。
  • 本プラグインには、コメントが作成されるたびにブログのキャッシュがクリアされない「キャッシュの再構築」という独特な機能があります。この機能では、キャッシュが再構築され、古いページが他のユーザーに配達されます。

残念ながら、公式のドキュメントはありません。一方、リポジトリ画面には多くの情報があります。ShoutMeLoudにも、WordPressサイトでWP Super Cacheの構成のし方に関する便利なチュートリアルがあります。

6. WP Fastest Cache

ご覧のとおり、WordPressのキャッシュプラグインの多くは、名前があまりにも似ています。WP Fastest Cacheも例外ではありませんが、どのウェブサイトでも優れたキャッシュプラグインとなる特徴がたくさんあります。(Kinstaでは、このプラグインはパフォーマンスを低下させる可能性があるため、お勧めしません。)すべてのユーザーが無料バージョンをダウンロードしてプロセスを開始しますが、WP FastestCache設定モジュールでのみ購入できるプレミアム版を利用可能です。

プレミアムプラグインは1回限りの料金で、無料バージョンでは提供されていないさまざまなツールを提供します。そうは言っても、ほとんどのサイトでは無料版のままで十分でしょう。たとえば、無料版のWP Fastest Cacheには、デスクトップキャッシュ、HTMLの縮小、JavaScriptとCSSの組み合わせオプションなどが利用可能です。

WP Fastest Cache プラグイン
WP Fastest Cache プラグイン

ブラウザキャッシュもGZIPツールも無料版で利用可能です。WP Fastest Cacheは、キャッシュプラグインがまったくないサイトと比較して、ウェブサイトを高速化し、パフォーマンスを向上させることが広く知られています。「設定」画面は、チェックボックスのリストだけです。各設定の機能を説明する情報ボックスが用意されているため、最も理解しやすい設定画面の一つであると言えます。キャッシュタイムアウト、画像の最適化、CDNなどの項目を管理するためのさまざまなタブにジャンプすることもできます。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • ほとんどのサイトで無料版のままで十分です。通常、競合他社よりも速い配達を提供することがわかりました。
  • 「設定」画面は、各設定に関する情報が記載されたチェックボックスのリストだけで、理解しやすいです。
  • プレミアム版へのアップグレードはWordPressのダッシュボードから可能です。開発ウェブサイトからプラグインをダウンロードする必要はありません。
  • CSSとJavaScriptを組み合わせて縮小することができます。
  • CDNの統合は、設定をあまり微調整しなくても、可能です。
  • 画像の最適化は、キャッシュとは別に処理されます。したがって、リソースを大量に消費する画像だけで、どれだけの容量が節約されているかを正確に確認できます。
  • モバイルテーマ専用のキャッシュを作成する機能があります。デスクトップ用にキャッシュされたバージョンをモバイルユーザーに配達しないオプションさえあります。

 

残念ながら、1カ所にまとめた公式のドキュメントはありませんが、ブログにWordPressサイトでのWP FastestCacheの構成のし方についてのチュートリアルがたくさんあります。

7. Hyper Cache

Hyper Cacheは本リストの最後の項目であっても、上記の項目に劣らず重要です。これは、ハイエンドサーバーであっても低リソースホスティングであってもテストする価値のあるソリューションです。Hyper CacheプラグインはPHPのみで実行されるため、複雑な構成は必要なく、あらゆる種類のWordPressブログで利用可能です。

また、モバイル環境も認識され、ユーザーが携帯電話やタブレットでサイトにアクセスしたときにもキャッシュが行われます。 Hyper Cacheプラグインはオープンソースプロジェクトであるため、将来のアップグレードについて心配したり、お金を払ったりする必要はありません。一方、寄付して開発者をサポートすることはできます。

WordPressプラグインHyper Cache
WordPressプラグインHyper Cache

キャッシュ設定の長いリストを確認したくない初心者や一般のWordPressユーザーに最適である、簡単で高速なインストールは主な機能の一つです。圧縮キャッシュは、帯域幅を最適化し、全体的なページ速度を向上させます。それに加えて、本プラグインはbbPressと組み合わせるとうまく機能するように設計されています。したがって、フォーラムの運営を計画している場合は、本プラグインはすべてのフォーラムページをキャッシュするための優れたソリューションです。

まとめますと、Hyper Cacheプラグインの長所は構成の単純さに違いありません。「設定してから忘れてもいい」プラグインで、インストール後に管理する必要はありません。一部の設定は少し分かりにくいか、奇妙な名前が付けられていますが、アクティブ化の推奨事項と各設定のウェブサイトでの機能に関する情報が記載されています。

WordPressの最も便利なキャッシュプラグインの一つである理由について

  • 本プラグインは有料プランがまったくありません。無料でオープンソースのプラグインであり、ダウンロード時に既にすべての機能が含まれています。
  • モバイル対応のキャッシュプラグインであるため、キャッシュは小さなデバイスでも行われます。
  • サーバーのより大規模なネットワークを利用してサイトをさらに高速化するために、CDNサポートが付きます。
  • Hyper Cacheプラグインには、ブログにコメントをしたユーザーにキャッシュされたページを配達するオプションがあります。コメントの多いブログなら、便利なオプションです。ブログにかなりの量のディスカッションがあっても、サイトが高速であることを知り安心できます。
  • キャッシュされていないページの場合でも、圧縮はプラグインを介して管理されます。
  • プラグインは、ウェブサイトのテーマがモバイルバージョンに切り替えられたかどうかを検出します。
  • 興味深い機能の一つですが、Hyper Cacheプラグインがキャッシュフォルダーをブログから移動します。つまり、ウェブサイトのバックアップを作成すると、キャッシュフォルダーがそのバックアップに含まれません。この機能のおかげで、より容量の小さいバックアップファイルを作成し、スペースを節約できます。

WordPressサイトで設定および試験を行う際には、Hyper Cacheの公式のドキュメントコミュニティフォーラムをご確認ください。

その他のキャッシュプラグイン

特定のソリューションが必要なときに検討する価値のある、追加のキャッシュプラグインを次に示します。

  • Redis Object Cache:Redisを基盤としている永続オブジェクトキャッシュバックエンド。
  • LiteSpeed Cache:専用のサーバーレベルのキャッシュ機能と最適化機能を備えた、オールインワンのサイト加速プラグイン。このプラグインを最大限に活用できるには、LiteSpeedWebサーバーで使用する必要があります。

まとめ

ウェブサイトをキャッシュすべき理由はそれほど理解しにくいものではありません。ただし、そのキャッシュの背後にある機能は、一般のWordPressユーザーには複雑すぎる場合があります。したがって、キャッシュプラグインの設定を見ても、それが適切かどうかを判断するのは難しいかもしれません。

繰り返しになりますが、マネージドWordPressホスティング会社をご利用の場合は、そのホスティング会社がキャッシュをサーバーレベルで行っているため、WordPressキャッシュプラグインを入手する必要はありません。 一方、共有ホスティングをご利用の場合や、自分でサーバーを管理しているあらゆる種類のホスティングの場合は、キャッシュプラグインが不可欠です。

キャッシュを自分で処理したくない(が高速なウェブサイトが必要な)場合は、KinstaなどのマネージドWordPressホスティングをご検討ください。それでもホスティングを自分で管理する予定がある場合は、本リストの一番上から始めて、お好みのインターフェースを探してみてください。リストをお気に入りのものに絞り込んだら、速度テストを実行して、サイトのパフォーマンスを最も向上させるものを特定してください。

WordPressキャッシュプラグインについて質問がある場合、または上記のプラグインの使用経験についてディスカッションをしたい場合は、是非コメントをお書きください。


手間と費用を節約しながら、サイトパフォーマンスを最大化しませんか?

  • 24時間年中無休で、WordPressに精通したエンジニアが親切丁寧にサポート
  • Cloudflare Enterpriseとの統合
  • 東京、大阪をはじめとする世界35箇所にあるデータセンターから選択可能
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使って最適化を徹底

長期契約による縛りはございません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスが付帯します。お客様にぴったりのプランをご提案いたしますので、営業までお気軽にお問い合わせください。また、プラン一覧はこちらからご確認いただけます