Magentoの2020年における市場シェア

ウェブサイトを作成しようとするとき、おそらくCMSをいくつか検討するでしょう。繰り返しますが、私たちはWordPressを強くお勧めします。

もちろん、Magentoなどの代替案も検討する価値があります。Magentoはそのユニークな機能のおかげで最近人気が高まってきましたが、いったいどれだけ人気があるのでしょうか?

簡単に言うと、

上記の結論の背景にあるMagentoの市場シェアに関する興味深い分析データをまとめました。また、直接比較できるため、その他の人気のあるCMSについての情報も追加しました。

Magentoのすべてのウェブサイトにおけるシェアは0.8%です。

W3Techsによって収集されたデータによると、Magentoは現在、CMSがないサイトとカスタムコード化のサイトを含むインターネット上のすべてのウェブサイトの0.8%を占めています。

CMS市場シェアの比較

つまり、世界で9番目に人気のあるCMSです。一見したところ、9位はそれほど印象的ではないかもしれませんが、57社のCMSのリストの7位です!(0.1%未満の市場シェアのCMSを考慮しません。)

それでは、Magentoの競争相手のプラットフォームはいったいどのプラットフォームでしょうか?たとえば、ずっと前からのWordPressの現在の市場シェアは37.6%です。新しいソフトウェアとして追いつきにくい市場シェアでしょう。

一方、2位のCMS(Joomla)は2.5%の市場シェアしか持っていません。WordPressは別として、トップ10のCMSを2つのグループに分けることができます。2番目から6番目までのグループで1%以上の差も見られますが、 7番目から10番目までのグループで市場シェアの差は0.3%以下です。

外見で中身を判断してはいけません。

Magentoを分析データに基づいて判断しない方が良いでしょう。プラットフォームをさらに詳しく調べ始めると、最初に考えていたよりもはるかに便利であることがわかります。

まず、BuiltWithによると、Magentoシステムを使用している本番ウェブサイトの数は187,500です。中には、Coca ColaChristian Louboutinなど、信じられないほど成功しているビジネスもあります。9位のシステムににしては悪くありません。

また、MagentoはどちらかというとCMSではなくeコマースシステムであることにも注意しましょう。この事実を考慮してデータを再度検討して、BuiltWithのeコマース使用率カテゴリを調べてみると、Magentoは3位になります。

Eコマースの使用量の円グラフ

つまり、市場最大の会社であるWooCommerceShopifyにのみ負けています。

BuiltWithを使用すると、インターネット上で最もトラフィックのある1万のウェブサイトを収集しようとするリストQuantcastに絞った市場シェアも確認できます。Quantcastランキングに絞ると、Magentoの市場シェアが下記のとおりです。

これにより、Magentoは前述のようなトラフィックの多いWebサイトで特に人気があることがわかりました。トラフィックの多いサイトを処理できるという事実は、Magentoのフレキシビリティを明確に示しています。無視しない方がいいプラットフォームに違いありません。

Magentoの市場シェアは今後も成長し続けるのだろうか?

難しい質問ですね。もちろん、永遠の成長を保証することはできません。予期しない状況が発生すると、プラットフォームの人気が低下する場合があります。

Magentoの短期的な成長について情報に基づいた推定を行うために、W3Techsのたデータに戻りましょう。特に、次の現在入手可能な最も人気なCMSの一部の成長率を示す便利なグラフに焦点したいと思います。

人気なCMSの一部の成長率

ご覧のとおり、Magentoは2018年の市場シェアは2020年になると33%低下しています。さまざまな理由が考えられますが、おそらくWixなどの高速なソリューションに対する需要増加の影響が大きいでしょう。

他の人気のあるCMSプラットフォームは、短期間でさらに悪化したことがあります。どのビジネス分野もそうですが、CMSに対する顧客の需要は常に変化しており、その需要に追いつくことは困難です。Magentoの実際の成功を判断できるのは時間が十分に経ってからでしょう。

Magentoのその他人気のあるeコマースプラットフォームとの比較は?

WordPressはCMS市場の最も人気のあるプラットフォームであり、近い将来その変化が見込まれません。世界最大の市場シェアを保持していることに加えて、最大の成長を経験しているCMSでもあります。

ただし、WordPressは一般用プラットフォームであり、Magentoはeコマース専用です。つまり、ShopifyBigCommerceなどのその他のeコマース専用CMSと比較した方が面白いでしょう。

Shopifyが保有する市場シェアは過去数年で劇的に増加しました。2018年1月には、eコマースCMS市場のわずか0.9%を占めていましたが、2020年1月までに1.9%に増加しました。一方、BigCommerceは2015年に運用を開始して以来、ずっと0.2%です。

Bigcommerce
0.1%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%

ご覧のとおり、BigCommerceは市場シェアの低下がないだけでなく、シェアが2倍になっていますが、それでもトップ10からはまだまだ遠いです。同様に、2020,年の初めからMagentoの競合他社の多くは市場シェアが横ばいになっているかシェアを失い続けています。

この結果はGoogle Trendsを使用して簡単に調べることができます。そこで、2019年の初め以降のMagentoの直接競争他社に対する関心のレベルを示すグラフを作成してみました。今回は、BigCommerce、Shopify、およびOpenCartを分析し、WordPressを除外しました。

EコマースプラットフォームのGoogle Trendsデータ

グラフが示すように、がかなりの市場関心を持っているのはShopifyのみです。ただし、Magentoは残りの競争他社よりも高い結果があります。

さて、Magentoは価値のあるCMSソリューションでしょうか?

簡単に言うと、答えはイエスです。Magentoはウェブサイトを運営している際に貴重なオプションとなる幅広い機能を提供しているオープンソースソフトウェアです。効果的なeコマースサイトを簡単に作成できるため、必要に応じてすぐに使える機能も提供しています。

もちろん、WooCommerceなどのeコマースプラグインのおかげで、WordPressはeコマースソリューションとしても素晴らしいです。特に、ブログ、ビジネスサイト、フォーラムなどのウェブサイトと一緒にオンラインストアを運営したい場合に、プラグインテーマのおかげで最適な選択肢です。

Magentoなどのニッチに焦点を当てたソリューションとともに、これも検討するプラットフォームのリストに追加する価値があります。