eコマースストアを構築、運営するための「絶対的な最良の方法」は存在しません。なぜなら取り扱っている商品、ターゲットのオーディエンス、そしてあなた自身が一番快適に感じるスタイルによって変わってくるからです。

そのような多様なニーズに対応するために、市場には様々なeコマースプラットフォームが存在します。重要なのはどれが自分に最適かを理解することです。

あなたのビジネスのニーズに最適なプラットフォームはどれでしょうか。主要な7つのeコマースプラットフォームの主な特徴を徹底比較していきます。

それぞれの機能、料金、長所と短所、さらにはどんなユーザーにおすすめなのかをご紹介します。

興味が湧いてきましたか?

それでは、早速みてみましょう。

1. WooCommerce

ecommerce platforms: woocommerce logo

WooCommerce

最も人気のあるeコマースプラットフォームの1つであるWooCommerceでは、eコマースストアに必要な機能が全て利用でき、しかも実質無料です。欠点は、サイトの構築とアップデートが少し大変なところでしょう。

今回ご紹介する他のeコマースプラットフォームとは異なり、WooCommerceは実は単なるWordPressプラグインです。それは、WordPressのすべての機能を自由に活用できることを意味するので、最大の強みだと言えます。WooCommerceストアにはどんなWordPressのプラグインやテーマでも適用できますが、WooCommerce専用の拡張機能プラグインも多数存在します。

WooCommerceの欠点は、WordPressの欠点と同じです。まず、サイトのセキュリティと顧客の財務データを取り扱うことのできる適切なホスティングプロバイダーを見つけなければなりません。また、もちろん許容できるトラフィック量も考慮しなければなりません。また、ニーズに合った最適なホスティングプランを選択する必要もあります。

また、デザインを自分で調整しなければならず、これまでWordPressを使用したことがないという方は、時間がかかるかもしれません。WordPressが使いづらいというわけでは決してなく(むしろ非常にユーザーフレンドリーですが)、思い通りの見た目や機能のサイトを完成させるためには、最適なプラグインを探したり、サイトの設定を調整したりと、細々とした作業がたくさんあります。適切にコーディングされたWordPressテーマを使い、こちらのステップバイステップWooCommerceセットアップガイドを利用すれば、堅牢なサイト構築ができるはずです。

主な機能

料金

強み

弱み

こんな人にお勧め

WooCommerceは、サイトの構築に十分時間を割けるのであれば、初心者にも上級者にも最適なプラットフォームです(自分で時間を割けないという方は、WordPressの開発者の採用を検討しましょう)。

一度慣れてしまえば、ほとんど無限にカスタマイズすることができます。そのため、コーディングはしたくないけれど、 自分でサイトをデザインしたいという方にとてもおすすめです。

WooCommerceを使用したオンラインストアの例

Weber(有名なグリルメーカーの南アフリカの店舗)

Weber(有名なグリルメーカーの南アフリカの店舗)

Best Bud(CBDオイルの会社)

Best Bud(CBDオイルの会社)

Porter & York(プレミアムミートのデリバリー)

Porter & York(プレミアムミートのデリバリー)

2. BigCommerce

ecommerce platforms: BigCommerce

BigCommerce

BigCommerceはその名前が示す通りのツールです。「大きく」する、ためのプラットフォームです。これは、幅広い商品を扱う大企業や店舗、あるいは近々拡張を計画している小規模な店舗のためのツールです。

洗練されたeコマースプラットフォームであるBigCommerceではたくさんの機能が利用できます。プロフェッショナル向けに作られているため、今回ご紹介する他のツールよりも高度な機能が利用できます。

カスタマイズをするのが好きで、既にWebデザインのベストプラクティスをよく知っている場合はとても便利ですが、同時に使いこなすまでが大変なのも、また事実です。BigCommerceは、新規ユーザーのオンボーディングプロセスには力は入れていますが、今回ご紹介する他のeコマースツールほどユーザーフレンドリーではありません。

機能が充実している分、料金もそれなりにします。開設したばかりの小さなお店の場合、まだ必要のない機能もあるでしょうから、この料金を払う価値があるとはなかなか思えないでしょう。BigCommerceは、既に確立された店舗で「もう少しサイトを強化したい」というところに適しています。

主な機能

Prices:

Pros:

Cons:

こんな人にお勧め

BigCommerceを最大限に活用できるのは既に確立したストアや多くの商品を取り扱うストアなどでしょう。新しいストアや小規模なストアの場合、結局使用しない機能も多いはず。BigCommerceは「重量級」のeコマースプラットフォームであるため、サイトの強化が必要な場合にのみ使用すると良いでしょう。

BigCommerceを使用したオンラインストアの例

Skullcandy(高級ヘッドフォン)

Skullcandy(高級ヘッドフォン)

Bliss(スキンケアの企業)

Bliss(スキンケアの企業)

Carolina Panthers(NFLの公式ストア)

Carolina Panthers(NFLの公式ストア)

3. Shopify

ecommerce platforms: Shopify

Shopify

続いてご紹介するShopifyも人気があり、高い利便性とシンプルさを誇ります。WooCommerceサイトのセットアップには数日かかる場合がありますが、機能が完全に備わったShopifyサイトのローンチはわずか数分でできます。ただし、欠点は、WooCommerceの場合ほどカスタマイズのオプションがないことです。

Shopifyは、eコマースストア運営の際の設計やコーディングにあまり気を使いたくない人に向いています。テンプレートベースで構築するので、テーマを選択して情報を入力するだけでOKです。

テーマにより、他のほとんどの要素が決まります。これで時間を大幅に節約できますが、カスタマイズの制限も意味します。特別な見た目、クリエイティブなウィジェット、ナビゲーションの最適化はありません。

ユニークなアイデアを持つ人にとっては、葛藤となるかもしれませんが、ビジネスの運営だけに集中したい人には理想的です。Shopifyには、さまざまなタイプのプロモーションやビルトインの口コミシステムなど、オンラインショップ設計に必要な機能が包括的に備わっています。

詳細については、WooCommerceとShopifyの比較記事をご覧ください。

主な機能

料金

強み

Cons

こんな人にお勧め

上述のように、Shopifyはビジネスのみに集中したい人に最適です。Shopifyは、デザインに関しては制限がありますが、ビジネス戦略、販売促進、ソーシャルメディアマーケティングについては可能性は無限大です。

とても便利で使いやすく、eコマースストアを趣味や副業として始めたい人に最適です。時間の投資はほとんどなく、管理もそれほど必要ありません。

Shopifyを使用したオンラインストアの例

haus(ロンドンの家具を扱うストア)

haus(ロンドンの家具を扱うストア)

The Candi Factory(トロントに拠点を置くファッションストア)

The Candi Factory(トロントに拠点を置くファッションストア)

Biko(「モダンノスタルジック」ジュエリーストア)

Biko(「モダンノスタルジック」ジュエリーストア)

4. Volusion

ecommerce platforms: Volusion

Volusion

WooCommerce、Shopify、BigCommerceなど人気のeコマースプラットフォームに続くのが、Volusion です。先の名前に比べるとサービスが包括的なわけではなく、知名度も劣ります。しかし、それを諸共せず、Volusionは、Shopifyに代わる、便利で素早く使える選択肢として頭角を現しています。

Volusionが一番得意とするのは、定期購読などの継続的な支払いの処理です。サブスクリプションボックス(注釈:定期的に、複数商品を組み合わせたアソート型のボックスをお届けするもの)や同様のビジネスモデルに最適で、そのようなタイプの支払い処理システムをすぐに構築できます。

他の一部のプラットフォームでも、当然、このようなシステムを構築することはできます(たとえば、WooCommerceにはサブスクリプションプラグインがあります)。ただし、一般に、そのようなアドオンを自分で選ぶ必要があり、追加料金が必要になる可能性もあります。

Volusionには複雑な機能が詰め込まれておらず、使いやすさに重点が置かれています。たとえば、簡単に使えるドラッグアンドドロップサイトエディタが組み込まれているため、サイトの要素を自由に並び替えられます。

この種の必要最低限のシンプルさは、初めてサイトを構築する人には、相性抜群です。一方で、すでにeコマースの経験が豊富にある人は、 SSL証明書ブログ機能デジタル製品の販売など、他の多くのプラットフォームで無料で用意されている機能がないことに、戸惑うかもしれません。プラスの面として、取引手数料はゼロで、必要な帯域幅も確保されています。

主な機能

料金

強み

弱み

こんな人にお勧め

低コストかつ簡単に使えるサイトエディタを考えると、Volusionは小規模なeコマースビジネスに最適です。試しに始めてみるのに便利なプラットフォームでしょう。基本を学ぶ人向けで、だからこそ、高度な機能はありません。

さらに、Volusionは、定期購入/定期支払いモデルを採用するお店にも最適です。これはeコマースの一種で、Volusionを使うことができます。

Volusionを使用したオンラインストアの例

Sesame Street Live(ショーのチケット販売)

Sesame Street Live(ショーのチケット販売)

Notch(サングラス着用時に快適な、新しいデザインの帽子)

Notch(サングラス着用時に快適な、新しいデザインの帽子)

Antonelli’s Cheese Shop(伝統の味わいのチーズ)

Antonelli’s Cheese Shop(伝統の味わいのチーズ)

5. 3dcart

ecommerce platforms: 3dcart

3dcart

3dcartは、小規模で、知名度は高くありませんが、ある領域で他のeコマースプラットフォームを凌ぎます。3DでもVRでもなく、SEOです。「SEOで最強のeコマースプラットフォーム」を自称し、パンくずリストやURL正規化タグなどの機能を搭載。その断言にふさわしい性能を見せています。

多くのSEOの要素は、舞台裏で決まるものです。しかしながら、ほとんどのプラットフォームに、柔軟な変更が許可されていない領域があります。サイトのデータを検索エンジン送信する方法サイトのアーキテクチャ、URL構造、そして、コードそのもの。3dcartでは、これらの調整ができます。

3dcartでは、これらの領域が最適化されているので、SEO面での心配は要りません。テンプレートをベースとした利便性がありつつ、さらに、一流のSEO性能も保証されます。

しかし、3dcartには、Shopifyと似通った制限があります。全体的なカスタマイズがあまりできません。3dcartに最初から用意されているテーマが少し時代遅れであることを考えると、これは見過ごせない懸念事項です。

とは言え、Shopifyと同様に、3dcartには、マーケティング、販売、プロモーションといったeコマースに欠かせない機能が豊富に用意されています。また、一番安いプランであっても、取引手数料なし、24時間年中無休のサポート、セキュリティ、APIアクセス、無制限の帯域幅、無制限の製品数といった、十分な特典が詰め込まれています。

主な機能

料金

強み

弱み

こんな人にお勧め

ビジネスモデルがSEOを中心としている場合には、eコマースプラットフォームには3dcartを選ぶのがいいでしょう。それ以外の面では、3dcartとShopifyの特徴は似通っています。そのため、Shopifyに必要なものが欠けているときに、これをセットアップが簡単な代替案として検討することができます。

eコマースサイトを支える非常に高速で信頼性が高く、完全にセキュアなホスティングをお求めですか?Kinstaは、これら全てに加えて、WooCommerceに精通したスタッフによる24時間年中無休ワールドクラスのサポートをご提供しています。まずは、ホスティングプランをご確認ください

3dcartを使用したオンラインストアの例

France Luxe(ファッションアクセサリ)

France Luxe(ファッションアクセサリ)

eLeMeNO-Pee(お洒落な子育て関連商品)

eLeMeNO-Pee(お洒落な子育て関連商品)

Havvn(気分を高めるスキンケア製品)

Havvn(気分を高めるスキンケア製品)

6. Big Cartel

ecommerce platforms: Big Cartel

Big Cartel

Big Cartelは、アーティスト、職人、その他自分が作ったものを販売したい人向けのニッチeコマースプラットフォームです。上記のジャンルに当てはまるビジネスであれば、Big Cartelがぴったりです。自作の商品を売っていないのであれば、大多数の人にとっては、他の選択肢を選ぶのが賢明です。

芸術的なサイトデザインをはじめとするBig Cartel の全ては、小規模でクリエイティブなビジネス向けに作られています。個人のクリエーターにとって最も魅力的なのは、そのコストの低さでしょう。掲載料や取引手数料はなし。支払いが発生するのは月額料金だけで、さらに、ほとんどの機能が搭載された無料版さえあります。

ただし、あなたが特にクリエイターでなければ、他の多くのeコマースプラットフォームを利用する方がお得になります。クリエイティブなデザインではあるものの、その多くは、事業としてのブランドにはあまり調和しません

主な機能

料金

強み

弱み

こんな人にお勧め

Big Cartelがアーティストや職人にお勧めであることは、言うまでもありません。完璧に合致する市場は小さいかもしれませんが、そこに綺麗に焦点が当てられています。 個人のクリエイターであっても、Big CartelとEtsyのどちらが適切か吟味することが重要です。

Big Cartelを選ぶ利点は、自分のストアを所有できることです。それは、ブランドの確立という意味で有用で、よりスケーラブルであるとも言えます。

Big Cartelを使用したオンラインストアの例

RODA(Jose A. Rodaの個人ストア)

RODA(Jose A. Rodaの個人ストア)

Little Upside Down Cake(キッチン用品)

Little Upside Down Cake(キッチン用品)

Laurie Lee(カスタマイズ型アート&プリント)

Laurie Lee(カスタマイズ型アート&プリント)

7. Ecwid

ecommerce platforms: ecwid

ecwid

Big Cartelの方針と同じように、Ecwidも中小規模のビジネスをターゲットにします。セットアップからコストまで、すべてがスタートアップや小規模企業に適しています。

EcwidはShopifyや3dcartと同じグループに属します。簡単にセットアップできますが、カスタマイズの幅は限られています。中小規模のビジネスをサポートするために、最大10種類の商品を掲載できる無料プランもあります。ただし、ストアが特定のサイズにまで成長すると、Ecwidのメリットはそれほど特別なものではないように思えます。

ビジネスの面では、Ecwidには クーポンコードSSL証明書などの、通常のeコマースに必要な機能のほとんどがあり、デジタル商品も販売可能です。優れたソーシャルメディアオプションに加えて、FacebookSnapchatPinterestGoogle Adsを使って広告を出すオプションもあります。

加えて、上位のプランを利用すれば、Amazon、Etsy、eBayなどの他の販売チャネルとストアを接続することができます。これにより、Ecwidはマルチチャネルeコマースブランドを運営する際の中心的な土台になり得ます。

主な機能

料金

強み

弱み

こんな人にお勧め

設計上、Ecwidは小規模なビジネスに向いています。低コストなので初めての挑戦にぴったりです。他のチャネルと簡単に統合できるため、事業の軸として使用できます。さらに、ソーシャルメディアを利用したマーケティングは、これから名前を広めたい、できたてのビジネスに最適です。

Ecwidを使用したオンラインストアの例

Miu Mau, artist store

Miu Mau, artist store

Tenina(料理本と台所用品)

Tenina(料理本と台所用品)

Hansen Distillery(スピリッツ&イベント会場)

Hansen Distillery(スピリッツ&イベント会場)

Ready to find the ecommerce platform that's right for you? 🛍 See the pros, cons, and special features of the biggest names in the business & hit 'add to cart' on the perfect plan 🛒Click to Tweet

あなたのオンラインストアに最適なeコマースプラットフォームは?

どれだけの種類の商品を販売する予定ですか?設計とカスタマイズの自由度は、どれだけ優先していますか? どれくらいのお金を投資することができますか?あなたの現段階での技術レベルや知識はどれくらいですか?

これらの問いに対する答えが、あなたにとっての最適なeコマースプラットフォーム選びの役に立つはずです。

ハイエンドジュエリー販売に完璧なプラットフォームであっても、オーダーメイドTシャツ販売に利用したら最悪…ということもあります。プラットフォームを先に選んでしまう前に、事業の性質やニーズをよく検討してください。

ここからは、あなたの番です。あなたが気に入っている選択肢はありますか?またそれが好きな理由は何ですか?コメント欄からお教えください!


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。