WordPressサイトの移行には、あなたもいつの日か、直面することになるかもしれません。あるホスティングプロバイダーから別のホスティングプロバイダーに移行したい—そんな必要性が生じることがあります。ローカルサイトを作成した後にこれを行うか、またはマルチサイトからの移行というパターンもあります。

今回の記事では、WordPressサイトを自分で移行(移管、マイグレーションとも)する方法をご紹介します。ちなみにKinstaへの移行であれば、全てお任せください。自分で設定をする必要はありません。

別のホストを使用して手動で実行する場合に、または、ローカルサイトとリモートサイト間での移行を行う場合には、このガイドをご活用ください。

WordPressサイトを移行する必要がある場合とは

まずはWordPressサイトを移行する必要があるケースをいくつか見てみましょう。

Kinstaの無料マイグレーション(サイト移行)

Kinstaの無料マイグレーション(サイト移行)

WordPressサイトを移行するのに使える最も簡単な方法は、プラグインの使用です。

「WordPress Duplicator」プラグインを使用してWordPressサイトを移行する

無料で使えるWordPress Duplicatorプラグインは、私たちが、Kinstaへの移行の際に推奨しているプラグインです。プラグイン画面からサイトにインストールできます。

これを使って、WordPressサイトを移行する具体的な方法を見てみましょう。

これからご紹介する方法は、リモートでもローカルでもあらゆる種類の標準WordPressサイトで機能します。マルチサイトネットワーク全体を移行する際にも使えます。マルチサイトからの/への特定のサイトの移行については、後ほどご説明します。

Duplicatorプラグインは、2つのファイルを生成します。

  1. 移行元のサイトからのファイルとデータベースを含むzipファイル
  2. phpファイル

これらのファイルを新しいサイトにアップロードして、installer.phpファイルを実行します。 プラグインによりzipファイルが解凍され、データとファイルのインポートが始まります。

それでは操作方法を見てみましょう。

Duplicatorで移行を開始する前に

移行の前に、いくつかの手順を踏む必要があります。

元のサイトをクリーンアップする

まずは、ある程度の時間をかけて元のサイトをクリーンアップしましょう。つまり、使用していないプラグインテーマを削除してください。WordPress、テーマ、プラグインを最新バージョンに更新します。 不要なコードを実行するサイトを移行するのは理に適っていません。

キャッシュプラグインを無効にする

キャッシュプラグインは移行を妨げる可能性があるため、元のサイトで該当するプラグインを使用している場合には無効にしてください。Kinstaに移行する場合には、使用禁止のプラグインリスト(これにはキャッシュプラグインが含まれます)があるため、ここにあるものを使用しないようにご注意ください。

元のサイトのバックアップを取る

サイトを移行する前には、バックアップを取りましょう。ホスティング環境に関係なく実行してください。バックアッププラグインやホスティングプロバイダーのダッシュボードを使用して、元のサイトのバックアップを作成し、ホスティングサーバー以外の、安全な場所に保管します。

新しいサイトを作成する

新しい空のサイト(WordPressがインストールされていないもの)を別の場所に作成する必要があります。

Kinstaに移行する際には、MyKinstaから新しいサイトを数分で作成できます。MyKinstaダッシュボードの「サイト」に移動して、右上隅にある「サイトを追加」ボタンをクリックします。

MyKinstaでサイトを追加する

MyKinstaでサイトを追加する

その後、ファイルをそのサイトにインポートできます。この際には、WordPressをインストールしないでください。

ローカルサイトに移行する場合には、WordPressを実行できるように、デスクトップサーバーなどのツールをインストールする必要があります。別のホスティングプロバイダーにインポートする場合は、 /public/ ディレクトリへのSFTPアクセスが必要になります。WordPressをインストールする必要はありません。

マルチサイトネットワークを移行する

マルチサイトネットワークをKinstaに移行する時(そのネットワークにサブディレクトリが含まれている場合)には、 Kinstaサポートに連絡して、必要なNginxの設定を有効にするよう依頼する必要があります。

別のホスティングプロバイダーとの間で移行を行う場合は、移行を行う前に、必ず何が必要になるのか確認するようにしてください。

マルチサイトの移行に必要なさらなる手順については、 Duplicatorプラグインのガイドラインをご確認ください。ここにある操作は、別のホスティングプロバイダーやドメイン名に移動する場合にのみ適用されます。

元のWordPressサイトからファイルとデータのアーカイブを作成する

移行プロセスの最初のステップは、元のサイトからファイルを作成し、新しいサイトにそれをインポートできるようにすることです。

まずはWordPress Duplicatorプラグインをインストール、有効化します。「プラグイン」>「新規追加」の順に移動して「WordPress Duplicator」を検索します。プラグインの「インストール」ボタン、「有効化」ボタンの順にクリックします。

Duplicatorプラグインのインストール

Duplicatorプラグインのインストール

次に、サイトの移行に使用するアーカイブファイルを作成します。管理者メニューの「Duplicator」をクリックして、プラグイン設定に移動します。

Duplicatorの設定画面

Duplicatorの設定画面

この画面には、作成したすべてのパッケージ(つまりサイトのアーカイブ)が表示されます。今は空です。

サイトのアーカイブを作成するには「Create New」ボタンをクリックします。

その後、次のようにパッケージの詳細を入力するセットアップ画面が表示されます。

パスワードによる保護

パスワードによる保護

次に「Next」ボタンをクリックして続行します。

プラグインがシステムをスキャンし、問題ないかどうかを知らせてくれます。

パッケージのスキャン

パッケージのスキャン

何かしらの問題があれば、プラグインにより提供されるアドバイスに従ってください。開始前にサイトをクリーンアップする手順を踏んでいるので、問題はないはずです。

次に「Build」ボタンをクリックしてアーカイブの準備をします。プロセスが完了するまで待ちましょう。この時に別の画面に移動したり、閉じたりしないでください。

完了すると、パッケージファイルをダウンロードするオプションが表示されます。

パッケージをダウンロードする

パッケージをダウンロードする

One-Click Download」ボタンをクリックして、両方のファイルをコンピューターにダウンロードします。新しいサイトに移行するために、安全な場所に保存するようにしてください。

これでアーカイブが取得できました。

新しいサイトにアーカイブをインポートする

次のステップは、ファイルを新しいサイトにインポートして読み込ませることです。

SFTPを使用して、2つのファイルを、あなたの新しいサイトの /public/ ディレクトリにアップロードします。FTPクライアントを使用して、2つのファイルを上記のフォルダにアップロードします。

新しいサイト上に保存されたDuplicatorファイル

新しいサイト上に保存されたDuplicatorファイル

ここまで完了したら、ブラウザでURLにアクセスしてインストーラーを実行します。ドメインの移行はまだ完了していないので、新しいサイトの一時的なURLを使用してこれを行います。

一時的なURLが「http://temp.kinsta.com」だとすると、ブラウザで「http://temp.kinsta.com/installer.php」にアクセスします。

これにより、Duplicatorの画面が開きます。

Duplicatorのパスワード入力画面

Duplicatorのパスワード入力画面

Duplicatorファイルのセットアップ時にパスワードを設定した場合には、それを入力して「Submit」ボタンをクリックします。

その後、インポートの手順が始まります。次の画面で、下部にあるチェックボックスをクリックしてから、「Next」ボタンを押します。

Duplicatorのインポートプロセス

Duplicatorのインポートプロセス

すると、プラグインがアーカイブファイルの解凍を始めます。これには、サイトのサイズによっては時間がかかる場合があります。次のステップでは、新しいデータベースをインストールします。これには以下の情報が必要です。

プラグインはこれらのデータを使用することでサイトの設定を更新します。

これらはすべて、MyKinstaであれば、該当するサイトの「情報」画面から確認することができます。

別のホスティングプロバイダーに移行する場合には、カスタマーサポートに質問するか、登録時に送られてきたメールを確認してみてください。

Duplicatorでのデータベースの作成

Duplicatorでのデータベースの作成

ボタンをクリックして、データベースが正しく機能しているか確認し、必要に応じて修正を加えます。システムに問題がなければ「Next」ボタンをクリックします。

次に、Dupplicatorプラグインはステップ3を実行し、新しいサイトの一時的なURLを使用してデータベースを正常に機能させます。「Next」ボタンをクリックしてステップ4に進むと、サイトにログインできます。

サイトにアクセスすると、元のサイトの完全な複製が作成されているはずです。ここでの唯一の違いはドメイン名だけです。

ドメイン名のリダイレクト

新しいサイトをテストし、正常に機能しているかどうか確認したら、ドメイン名を新しいサイトに向けてリダイレクトすることができます。

ホスティングプロバイダーを切り替える場合は、ドメイン名のDNSを更新して、移行先である新しいサイトを指すようにする必要があります。

ご利用中のドメインレジストラの設定画面から、新しい場所を反映するようにネームサーバー、AレコードまたはCNAMEレコードを変更します。どちらを使用するかは、セットアップによって異なります。

メールなどにもドメイン名を使用する必要がある場合は、新しいホスティングプロバイダーにドメイン名のすべてのバージョンが向けられることになるため、ネームサーバーの変更は避けるべきでしょう。

これが完了したら、ホスティング管理者画面でドメインを更新する必要があります。MyKinstaであれば、サイトの「ドメイン」ページに移動し、ドメインを更新することができます。

別のホスティングプロバイダーを使用している場合は、アカウントにアドオンドメインを追加して、新しいサイトにリダイレクトする必要があります。ご利用のプロバイダーが、これを実施するための説明を提供してくれるはずです。

もう少しだけ、やることがあります。

最後の手順は、WordPress管理画面でドメインを更新することです。サイトで「設定」>「一般」に移動して、URLフィールドを見つけます。ちなみにこれは、DNSが浸透し、ドメインが新しいサイトを指した後にのみ行う必要があります。

これには最大48時間かかることがありますが、多くの場合は、それよりもはるかに高速です。

WordPressのURL設定

WordPressのURL設定

更新するのは以下の2つのフィールドです。

入力が終わったら「変更を保存」ボタンをクリックして、URLを保存します。

これで、新しい場所で新しいサイトが動作するようになりました。元のサイトとホスティングが不要であれば、過去のサイトを削除し、元のホスティングアカウントを閉鎖しましょう。

プラグインを使用してWordPressマルチサイト内外へサイトを移行する

あるサイトをWordPressマルチサイトに、またはWordPressマルチサイトから移行する場合、プラグインを使用して実行できますが、WordPress Duplicatorプラグインは使用できません。これは、データベースとファイル全体を移行するのではなく、必要なサイトのファイルのみを移行したいからです。

プラグインを使用してマルチサイト内外への移行をするには、3つのプラグインを使用する必要があります。

  1. コンテンツを移行するためのもの
  2. ウィジェット設定を移行するためのもの
  3. ユーザーを移行するためのもの

設定によっては、これらすべてを使用する必要がない場合がありますが、順番に手順を見てみましょう。

WordPressマルチサイト内外へファイルを移行する

コンテンツや設定を移行する前に、テーマとプラグインのファイルを移行する必要があります。これは、次の2つの方法のいずれかから実行できます。

どちらでも問題ありませんが、テーマやプラグインがサイト専用に開発されている場合には、元のサイトからダウンロードして新しいサイトにアップロードする必要があります。ファイルのバックアップをローカルに保持している場合、またはGithubなどのバージョン管理システムを使用している場合(こちらがお勧めです)には、そこからアップロードできます。

(関連記事: GitのGithub違い&それぞれの利用方法

テーマやプラグインをWordPressマルチサイトネットワークのサイトにアップロード、インストールするには、まずネットワークにインストールしてから、個々のサイトで有効化する必要があります。これの詳細は、WordPressマルチサイトのガイドをご覧ください。

Info

WordPressテーマ選びに苦戦していますか?それなら、WordPressお勧めテーマを厳選しましたので、あわせてご覧ください。

新しいサイトのテーマを有効化し、プラグインも全て有効化します。この際の注意点は以下の通りです。

これで、すべてのファイルが新しいサイトの正しい場所に配置されました。テーマとプラグインの設定には少し時間がかかります。というのもプラグインを使用して移行を行う場合には、手動でこれを行う必要があるからです。

ウィジェットについては設定は不要です。以下ですぐに扱いますが、これにはプラグインが使用できます。

マルチサイト内外へユーザーの情報を移動する

移行するサイトに自分以外のユーザーがいる場合は、ユーザーを元のサイトから新しいサイトにエクスポートする必要があります。自分が唯一のユーザーであれば、新しいサイトの作成時にユーザーとして自分自身のアカウントを作成するため、この手順をスキップできます。

WordPressのマルチサイトでは各サイトごとにユーザーが保存されないため、ユーザーのインポートとエクスポートは複雑です。個別に保存することなく、wp_usersと呼ばれるネットワーク全体を網羅した1つのデータベーステーブルにすべての情報が保存されます。

ネットワーク内のあるサイトからインポートする場合は、ネットワーク上の他のサイトに登録されているユーザーではなく、その特定のサイトのユーザーのみをエクスポートする必要があります。一方で、ネットワーク内のサイトにインポートする場合は、ネットワーク上の他のサイトではなく、そのサイトのユーザーのみを有効化します。

サイトに複数の作成者がいる場合には、コンテンツをインポートする前に、この手順を済ませてください。そうすることで、新しいサイトにインポートしたときに正しいユーザーをそれぞれのコンテンツに割り当てることができます。それでは、やってみましょう!

Import Export WordPress Usersプラグインを使用して、サイト間でユーザーを移行できます。

元のサイトと新しいサイトの両方でプラグインをインストールして有効化することから始めましょう。次に、元のサイトで「ユーザー」>「User Import Export」に移動します。

User Import Exportの設定画面

User Import Exportの設定画面

上部の「User/Customer Export」タブを選択します。エクスポートするユーザー権限を選択(デフォルトのままにすると、すべてのユーザー権限がエクスポートの対象になります)し、下にスクロールして「Export Users」ボタンをクリックします。

これでCSVファイルがコンピューターにダウンロードされるので、どこかに保存しておきましょう。インポートに利用するのですぐに見つけられるようにしておきます。

新しいサイトで「ユーザー」>「User Import Export」に進み「User/Customer Import」タブを選択します。

「User/Customer Import」タブ

「User/Customer Import」タブ

作成したCSVファイルをアップロードし「Upload file and import」ボタンをクリックします。するとプラグインがファイルをアップロードし、ユーザーが新しいサイトにインポートされます。

マルチサイトネットワーク内のあるサイトを扱う場合には、ネットワーク管理者画面ではなく、個別のサイトでインポートとエクスポートを行います。インポートしたユーザーは、ネットワーク全体のデータベースに追加されますが、1つのサイトでのみ有効化されます。

WordPressマルチサイト内外へコンテンツを移行する

まずはコンテンツをエクスポートします。「ツール」>「エクスポート」に移動します。「すべてのコンテンツ」を選択し「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンをクリックします。

マルチサイトからのエクスポート

マルチサイトからのエクスポート

ダウンロードファイルは、すぐに見つけやすい場所に保存してください。フォーマットはXML形式になります。

元のサイトにカスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーがあった場合は、新しいサイトにコンテンツをインポートする前に、それらを設定しておくことが重要です。これを行なっていない場合には、前のステップに戻って、元のサイトと同じようにテーマとプラグインが新しいサイトにインストールされ、有効になっているか確認してください。

新しいサイトを開き「ツール」>「インポート」に移動します。「WordPress」セクションまでスクロールします。インポータープラグインが既にインストールされている場合は、「インポーターの実行」をクリックします。インストールがまだの場合には、先にインストールを済ませてから、有効化をして、実行してください。

「WordPress importer」プラグイン

「WordPress importer」プラグイン

インポーターにより、インポートするファイルをアップロードするよう指示が表示されます。「ファイルを選択」をクリックし、元のサイトからエクスポートしたファイルを見つけ「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンをクリックします。

インポーターから、新しいサイトでユーザーにコンテンツを割り当てるよう求められます。そのため、コンテンツをインポートする前にユーザーをインポートしておくことが重要です。まだこれを行っていない場合は、コンテンツのインポートを一時停止し、前の手順に戻りましょう。

WordPressでのインポート

WordPressでのインポート

該当するユーザーを選択し「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」チェックボックスをオンにします。WordPressは元のサイトから添付ファイルを見つけ、可能であればそれを取得して、新しいサイトにインポートします。セキュリティやアクセスの問題でこれが機能しないこともありますが、リモートでホスティングしているあるサイトから別のサイトに移行する場合、通常、問題なく機能します。

「実行」ボタンをクリックすると、WordPressがファイルをアップロードし、コンテンツを作成します。プロセスが完了した際には、通知が届きます。投稿に移動すると(管理メニューの「投稿」をクリック)、インポートした投稿が新しいサイトに反映されているはずです。

サイトの移行は順調に進んでいます。残すところは、ウィジェットの設定の移行だけです。

マルチサイト内外へウィジェットを移行する

最後のステップは、ウィジェットの移行です。手動で設定する必要はありません。Widget Importer & Exporterプラグインが使えます。

まずは元のサイトと新しいサイトの両方にプラグインをインストールして両方を有効化します。

元のサイトで、「ツール」>「Widget Importer / Exporter」に移動します。すると「Widget import/export」画面が表示されます。

「Widget import/export」画面

「Widget import/export」画面

Export Widgets」ボタンをクリックすると、ウィジェットの設定が含まれたファイルがコンピューターにダウンロードされます。

次に、新しいサイトを開きます。元のサイトと同じテーマとプラグインがインストールされ、有効になっていることを確認してください。というのも、その内のいずれかがウィジェットの機能を担っている可能性があるからです。

ウィジェットのインポートによりウィジェット自体はインポートされません。代わりに、ウィジェットの設定をインポートすることになります。ウィジェットエリアを統一するために、同じテーマを有効化することも重要です。

「ツール」>「Widget Importer/Exporter」に移動します。今回は、「ファイルを選択」ボタンをクリックして、元のサイトからダウンロードしたばかりのファイルをアップロードします。.WIE拡張子になっています。

「ウィジェットのインポート」ボタンをクリックします。インポートが始まり、その後、ステータスが確認できるインポート結果画面が表示されます。

「インポート結果」画面

「インポート結果」画面

もし何かしらのウィジェットエリアが不足していれば、元のサイトのウィジェットがインポートされても、ウィジェット管理画面の「使用停止中のウィジェット」エリアに追加されることになります。

また、(おそらく有効化していないために)新しいサイトで利用できないウィジェットをインポートしようとすると、エラーメッセージが表示されます。そのような場合には、プラグインをインストールして有効化し、インポートを再度実行してください。プラグインにより既にインポートしたウィジェットは複製されないのでご心配なく。

これで、新しいサイトと元のサイトの両方が、全く同じ状態になっているはずです。新しいサイトのすべての設定と構成を確認し、元のサイトと一致するようにしましょう(または、変更が必要であれば微調整してください)。

次に、元のサイトがマルチサイトネットワーク上にあった場合には、ネットワーク管理者にアーカイブまたは削除を依頼しておきましょう。元のサイトがスタンドアロンサイトであった場合には、シンプルに削除します

WordPressサイトを手動で移行する

SFTPとMySQLの扱いに慣れているならば、これは、プラグインを使用せずにサイトを手動で移行できる迅速かつ信頼性の高い方法となります。

ここでは、1つのスタンドアロンWordPressサイトを別のサイトへ移行することに焦点を当てます。次のセクションでは、これがWordPressマルチサイトネットワークでどのように異なるかを扱います。

新しくWordPressをインストールする

まずは、空のWordPressインストールデータを使って新しいサイトを作成しましょう。

MyKinstaで、管理メニューの「サイト」をクリックし、画面右上の「サイトを追加」ボタンをクリックします。すると、作成するサイトの種類を尋ねるダイアログボックスが表示されます。

MyKinstaの新しいWordPressサイト

MyKinstaの新しいWordPressサイト

 

サイトをホストするデータセンターを選択し、サイト情報を入力して「WordPressをインストールしない」を選択します。

これは、元のサイトからWordPressファイルを移行するからです。新しいサイトを立ち上げ設定する間、ドメイン名を元のサイトに残しておきたいので、今のところはカスタムドメイン名を空白のままにします。

「サイトを追加」ボタンをクリックすると、新しいサイトが作成されます。

Kinstaを使用していない場合には、任意のホスティングプロバイダーの管理インターフェースを使用して新しいサイトを作成できます。ここで必要なのは、サイトが移動する先のフォルダを作成することです。そのホスティングで他のサイトを所有していない場合には、この手順をスキップして、次の手順へ進みファイルを /public/ フォルダにアップロードしてください。

SFTPを使用してファイルをエクスポートする

次のステップでは、元のサイトから新しいサイトにファイルを移行します。これには、テーマファイル、プラグイン、アップロード、そして、プラグインが「wp-content」ディレクトリに追加したその他のファイルが含まれます。

SFTP経由で元のサイトにログインし、すべてのWordPressファイルをダウンロードします。サイトがホスティングのルートドメインにある場合、すべてのファイルをダウンロードしてください。WordPressをサブディレクトリにインストールしている場合には、そのディレクトリのコンテンツをダウンロードします。

サイトにアクセスするには、SFTP情報が必要です。MyKinstaでは「サイト」をクリックしてから該当するサイトの名前をクリックし「情報」タブへ移動すると、これを確認できます。

MyKinstaの「情報」タブ

MyKinstaの「情報」タブ

以下に、無料のFileZilla FTPクライアントで表示した私のサイトのファイルを示します。

FTPクライアントのWordPressファイル

FTPクライアントのWordPressファイル

元のサイトからデータベースをエクスポートする

新しいWordPressサイトには、ファイルだけでなく、元のサイトのデータベースの複製も必要になります。これを行うにはMySQLツール(通常、phpMyAdmin)を使用します。

WordPressサイトの低速ホスティングサービスにはうんざり…?それなら超高速サーバーと、WordPressのプロによる24時間年中無休ワールドクラスのサポートをご利用ください。まずはホスティングプランのチェックからどうぞ

元のサイトのホスティングインターフェースで、phpMyAdminにアクセスします。

MyKinstaであれば、「サイト」をクリックして特定のサイトを選択し「情報」画面に移動します。「データベースへのアクセス」セクションで「phpMyAdminを開く」ボタンをクリックします。

データベースのユーザー名とパスワードの入力を求められます。これは、ホスティングアカウントのパスワードとは異なりますのでご注意ください。

MyKinstaでは、「情報」画面の「データベースへのアクセス」セクションでデータベースのユーザー名とパスワードを確認できます。別のホスティングプロバイダーに移行する場合には、アカウント登録のときに通知されるか、または管理画面で確認できるはずです。

phpMyAdminで、「データベース」タブをクリックします。これにより、ホスティングアカウントで作成したすべてのデータベースが表示されます。

phpMyAdminのデータベース

phpMyAdminのデータベース

コピーするサイトに対応するデータベースの名前をクリックしてください。すると、データベース内のすべてのテーブルが表示されます。

データベーステーブル

データベーステーブル

テーブル一覧の下にある「すべてチェックする」のチェックボックスをクリックし、その横にあるドロップダウンメニューから「エクスポート」を選択します。

PhpMyAdminの新しい画面が表示されます。次に、画面の右下にある「実行」ボタンをクリックします。

データベースからテーブルをエクスポートする

データベースからテーブルをエクスポートする

PhpMyAdminがSQLファイルをエクスポートし、これがコンピューターにダウンロードされます。後から見つけやすい場所に保存してください。

新しいWordPressサイトにファイルをインポートする

次のステップでは、用意したファイルをすべて新しいサイトにアップロードします。

新しいサイトがKinstaでホストされている場合には、MyKinstaにアクセスして、SFTP経由で接続するための資格情報を取得できます。管理メニューの「サイト」をクリックしてから、サイトの名前をクリックします。「情報」画面には、SFTPの情報が表示されます。

FTPクライアントで、次の情報を指定して接続します。

元のサイトと同じディレクトリ(通常は /public/ ディレクトリ)にファイルをアップロードします。

アップロードには時間がかかるかもしれません。コーヒーでも飲んで気長に待ちましょう。

データベーステーブルを新しいサイトにインポートする

最後の手順は、データベーステーブルをインポートすることです。

新しいサイトのホスティングインターフェースで、phpMyAdminにアクセスします。MyKinstaでは、サイトの「情報」画面からアクセスできます。

誤って先にWordPressをインストールしてしまった場合、または既存のWordPressサイトを上書きする必要がある場合は、既存のデータベーステーブルを削除します。元のサイトからエクスポートするときと同じ方法で、すべてのテーブルを選択し、そして、ドロップダウンメニューから「削除」をクリックします。

データベーステーブルを削除

データベーステーブルを削除

テーブル削除を確認するプロンプトが表示され、データベース内のすべての情報が削除されます。これの実行に自信がない場合には、まずテーブルをエクスポートして、データベースのバックアップを作成してください。

データベーステーブルを削除したら(または最初からデータベースがない状態で)、元のサイトから新しいサイトにテーブルをインポートします。

phpMyAdminで、「インポート」タブをクリックします。「インポートするファイル」セクションで「ファイルを選択」ボタンをクリックし、ダウンロード済みのコンピューター上のSQLファイルを選択します。

データベーステーブルのアップロード

データベーステーブルのアップロード

ページの一番下に移動して「実行」ボタンをクリックします。PhpMyAdminがSQLファイルをアップロードし、それを使用して、新しいサイトのデータベーステーブルを作成します。この中身は、元のサイトのデータベーステーブルと同じになります。

サイトをローカル環境またはKinsta以外のホスティングプロバイダーに移行する場合、ともするとテーブルをインポートする前に空のデータベースを作成する必要があるかもしれません。phpMyAdminでは、「データベース」画面に移動し「データベースを作成する」ボタンをクリックしてこれを行います。データベースに名前を付け、そこにテーブルをインポートしてください。

wp-config.phpファイルを編集する

データベースをアップロードしたら、新しいサイトでwp-config.phpファイルを編集して、作成したばかりのデータベースを反映するようにします。

FTPクライアントに戻り、新しいサイトのwp-config.phpファイルを見つけます。(万が一に備えて)バックアップとして、コピーを作成します。次に、ファイルを右クリックして「編集」オプションを選んで開きます。次にデータベースの詳細情報を含んだセクションを見つけます。

wp-config.phpのデータベースの詳細情報

wp-config.phpのデータベースの詳細情報

MyKinstaの「情報」画面にあるデータベースの資格情報を使って、該当する複数行を更新します。サイトがローカルマシン上にある場合は、次の資格情報を使用します。

サイトを別のホスティングプロバイダーに移行している場合には、お使いのホスティングダッシュボードで上の資格情報を見つける必要があります。

Info

この手順をスキップすると、最初にサイトにアクセスするときにこの情報を入力するように求められます。

サイトをテストしてドメインを更新する

これで、新しいWordPressサイトがセットアップできました。正常に機能しているかテストしてみてください。データベースをテストする時は、元のサイトではなく新しいサイトを指すリンクのみをテストしましょう。データベース内の一部のリンクには元のドメイン名が含まれていることがわかります。

サイトをテストしたら、ドメイン名を更新するため、これは問題ありません。

元のサイトと新しいサイトを比較し、一致しているか確認しましょう。

ドメイン名を新しいサイトにリダイレクトする

新しいサイトの準備ができたので、元のサイトを停止し、 ドメインを新しいサイトへリダイレクトします。

このプロセスは、Duplicatorプラグインを使用する場合と同じですので、この記事の該当するセクションに戻って真似してください。

これで、新しい場所に新しいサイトができました。元のサイトが不要になったら削除して、必要に応じてホスティングアカウントを閉鎖します。これで完了です!

手動でWordPressマルチサイトネットワークを移行する

マルチサイトネットワークを手動で移行する必要があるとき、またはサイトをマルチサイトネットワーク内外へ移行する際に上記のプラグインを使用したくない場合は、この方法があります。

特定のデータベーステーブルとファイルのみを移行するので、作業は複雑になります。

プロセスを完全に説明する代わりに、上記の手動での移行を基にしながら実行できるように、違いを概説します。

ネットワーク全体を移行する場合、インストールデータ全てを移動するため、プロセスは単一サイトの場合と同じになります。ここでは、マルチサイト内外への特定のサイト(1つまたは複数)の移行に焦点を当てます。

新しいサイトを作成する

ネットワーク全体を移行することはない(ここでは対象外)ため、まずはWordPressをインストールする必要があります。既存のネットワークに移行する場合、ネットワークは既に存在するため、これを行う必要はありません。

ファイルを移行するとき、WordPressファイルをインポートするのではなく、wp-contentディレクトリのコンテンツのみをインポートします。

ファイルをエクスポートする

独立したサイトをネットワークにエクスポートするとき、ファイルのエクスポートの手順は上と同じです。

既にマルチサイトネットワークにあるサイトをエクスポートする場合、その特定のサイトのファイルだけを見つける必要があります。

プラグインテーマから始めましょう。ダウンロードする必要があるのは、ネットワークにインストールされているすべてのプラグインとテーマではなく、その特定のサイトで使用されているプラグインとテーマのファイルのみです。サイトの管理画面で必要なプラグインとテーマを確認してから、それを「wp-content/themes」と「wp-content/plugins」ディレクトリからダウンロードします。

マルチサイトネットワークでは、アップロードはサイトごとに個別に保存されるので、エクスポートするサイトのそれのみをダウンロードしましょう。

マルチサイトネットワークのファイル

マルチサイトネットワークのファイル

サイトのIDを見つけましょう。これは数字になります。ネットワークの「ネットワーク管理」>「サイト」画面から確認できます。次に「wp-content」ディレクトリで「uploads/sites」フォルダを開き、サイトID(番号)が名前になっているフォルダを見つけます。そのフォルダの中身をダウンロードしてください。

データベーステーブルをエクスポートする

ネットワーク内のサイトからエクスポートする場合、そのサイトに関連するテーブルのみをエクスポートします。phpMyAdminで、「wp-id-name」という名前のテーブルを見つけます。実際には「id」はサイトのIDで「name」は各テーブル固有の名前です。該当するものすべてを選択し「エクスポート」オプションをクリックします。

以下の例をご覧ください。ネットワーク内に位置するあるサイトのもので、ここでは、プラグインにより各サイトに追加のデータベーステーブルが作成されています。これについてもエクスポートする必要があります。

マルチサイトにおける追加のデータベーステーブル

マルチサイトにおける追加のデータベーステーブル

これを行ったら、次は、スタンドアロンサイトにインポートする前に、テーブル名を編集します。SQLファイルのバックアップを作成し、元のファイルを開きます。(たとえば)wp-3-のすべてのインスタンスを検索します。ここでの「3」はサイトのIDです。これをwp-に置き換えます。ファイルを保存し、編集したばかりのファイルを新しいサイトへのインポートに使用します。

ファイルをインポートする

マルチサイトネットワーク内に位置するサイトにインポートする場合は、wp-content/uploads/sitesにある正しい番号のフォルダにアップロードする必要があります。

つまり、WordPressがこのフォルダを作成できるように、最初にネットワークに新しいサイトを作成することになります。これのやり方については、WordPressマルチサイトガイドをご参照ください。

テーマファイルとプラグインファイルをインポートしたら、通常のWordPressサイトの場合と同じように、それぞれ「wp-content/themes」と「wp-content/plugins」フォルダにアップロードします。

データベーステーブルをインポートする

マルチサイトネットワーク内のサイトにインポートする場合は、それを実行する前に、SQLファイルのテーブルに正しいプレフィックスがあることを確認してください。

移行するネットワークに新しい空のサイトを作成したら、そのサイトのIDをメモします。元のサイトからダウンロードしたSQLファイルのバックアップを作成して、元のサイトを開きます。そのファイルで、wp-のすべてのインスタンスを(たとえば)wp-3-に置き換えます。実際には「3」の部分を新しいサイトのIDに変えてください。そしてファイルを保存します。

次に、phpMyAdminで、ネットワーク内の新しいサイトに作成されたファイル(プレフィックスにそのサイトのIDを持つすべてのファイル)を選択し、これらをすべて削除します。それが完了したら、新しいファイルをインポートして、それらのテーブルの新しいバージョンを作成します。

間違ったファイルを削除したり、SQLファイルの編集をミスしたりすると、マルチサイトネットワークが破損する可能性があります。phpMyAdminでの作業に慣れている場合にのみ、これを行ってください。何れにしても、まずネットワークのバックアップを作成してください!

ユーザーをインポートする

ユーザーはネットワーク内の個々のサイト別ではなくネットワーク全体として保存されるため、WordPressマルチサイトネットワーク内外へユーザーを手動でエクスポートする方法はありません。

唯一の方法は、先に触れたプラグインを使用することです。その他すべてのファイルとテーブルをインポートした後に、これを行なってください。

この方法でインポートすると、ユーザーは、投稿と著者の帰属に関して、同一のものと認識されないのでご注意ください。すべての投稿/ページを移動して、それぞれを適切な著者に手動で割り当てる必要があります。

Migrating your site to a new host can be a challenging task because of the many elements involved. Check out this (massive) guide on how to perform a WordPress migration without downtimes 🚨💫Click to Tweet

まとめ

ホスト間またはローカル・リモート間のWordPressサイトの移行は、多くのWordPressユーザーがいつか直面することになる作業です。これには、いくつかの方法がありますが、主な違いは、手動かプラグインを使用するかです。

Kinstaへの移行の場合には、私たちがサイトの移行作業をこなしますのでご安心ください。

または、WordPressサイトを自分で移行するとなれば、上記の手順を、元のサイトと同一の新しいサイト作り(サイトの引越し)に活用してください。


この記事が面白いと思った方は、KinstaのWordPressホスティングプラットフォームも大好きでしょう。ウェブサイトをスピードアップし、当社のベテランのWordPressチームからの24時間365日のサポートを是非ご利用ください。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、自動スケーリング、パフォーマンス、およびセキュリティに重点を置いています。Kinstaの魅力をご案内させてください。当社のプランをご確認ください。