どうすれば利用者の目を引く魅力的な写真家・カメラマンサイトを作れるのか。今回の記事は、そんなお悩みをお持ちの方にぴったりな内容です。

93%以上の消費者が地元の会社やサービスを探すのにインターネットを利用しています。そのため、写真撮影サービスを提供している方にとって、魅力的なサイト作りは不可欠です。

しかし、インターネット上で既に何百万人もの写真家が日々自分の作品をPRしている中で注目を集めるのは至難の業。重要なのは適切なデザインとアプローチを採用することです。

今回は、受賞歴を持つ優れた写真家・カメラマンのポートフォリオサイト20選をご紹介し、そこから学べる重要な要素を抽出するとともに、自分のサイトを作成する方法をステップ毎にご説明します。

2021 年注目の写真家・カメラマンサイト20選

まずは、インターネットにおける写真家によるブランディングのお手本のような写真家・カメラマンサイトを20件ご紹介します。

1. Brandi Toole

Brandi Tooleの写真サイト

Brandi Tooleの写真サイト

Brandi Tooleはニューヨークのウェディングフォトグラファー。彼女のウェブサイトは作品の特徴が一目で分かる、お手本のような仕上がりです。

写真が前面に表示され、基本的なメニューとすっきりとした名前だけのヘッダーで構成されています。また、表示される画像のチョイスにより、Brandiの専門が一目で分かります。これはターゲットオーディエンスに訴求する上で非常に重要です。

Photographers, this one is for you: learn how to make your site stand out in a crowded field with help from this step-by-step guide. 📸 ✨Click to Tweet

2. Alessandro Romagnoli

Alessandro Romagnoliの写真サイト

Alessandro Romagnoliの写真サイト

Alessandro Romagnoli はイタリアのファッションとライフスタイル専門の写真家です。サイトではユニークなユーザー体験を演出するポートフォリオにより、作品が紹介されています。写真にカーソルを当てると写真のネガが表示されます。さらに、写真をただ左右に送るのではなく、対角線上にドラッグして閲覧することができます。

3. Nordica

Nordicaの写真サイト

Nordicaの写真サイト

ウェディングフォト専門のデュオNordicaのColeとJakobのサイトでは、紹介動画を利用して初めての訪問者や顧客に魅力を伝えています。

また、彼らのこれまでの軌跡を伝えるストーリーのページも印象的です。

4. Ruud Luijten

Ruud Luijtenの写真サイト

Ruud Luijtenの写真サイト

Ruud Luijten は拠点であるアントウェルペンの自然や風景の撮影に特化した写真家です。彼のサイトを見ると、第一印象を形成する上でアニメーションがどれほど効果的かがよく分かります。

5. Clement Merouani

Clement Merouaniの写真サイト

Clement Merouaniの写真サイト

Clement Merouani はパリを拠点に活動する写真家兼ディレクターです。雑誌の表紙のようにプロジェクトを見せることで、自身の作品の特徴を強く打ち出しています。

こちらのサイトも、アニメーションにより効果的にユニークな使い心地が作り出されている例です(ただし、十分高速なレンタルサーバーを利用していないと、読み込むのに非常に時間がかかります)。

6. Lieben Photography

写真サイト「Lieben Photography」

写真サイト「Lieben Photography」

Lieben Photography は前撮りのロケーション撮影に特化したノルウェー人のウェディングフォトグラファーの運営するサイトです。

このシンプルなデザインのサイトから、写真家がインターネット上でプレゼンスを示す上で最も重要なのは「作品自体の魅力」だと良く分かります。

7. Mack Eveland

Mack Evelandの写真サイト

Mack Evelandの写真サイト

Mack Evelandはテキサス州オースティンを拠点に活動する出版物向けの写真家です。彼女のサイトのトップページは、厳選された作品が自動で再生されるフルスクリーンのギャラリーになっています。

また、潜在的な顧客にアピールするために、彼女が専門にしている写真の種類(出版物向け)とロケーションを強調しています。

8. David William Baum

David William Baumの写真サイト

David William Baumの写真サイト

David William Baumのサイトは、余白をうまく活用し、様々な作品が表示される、動きのあるインターフェースが特徴のギャラリーです。

専門分野が複数ある写真家にとってはとても参考になる印象的なサイトです。

9. Dolly Ave

Dolly Aveの写真サイト

Dolly Aveの写真サイト

Dolly Aveのサイトはブランディングの力を示す良いお手本でしょう。非常に強烈な第一印象を与えます。

厳選された写真により彼女の作品独自のスタイルがはっきりと分かります。また、テキストにより有名ブランドとの過去の取引実績を強調しています。

10. Robert Clark

Robert Clarkの写真サイト

Robert Clarkの写真サイト

Robert Clarkはニューヨークを拠点に活動する出版・広告業界に特化した写真家です。適切な写真を選びさえすれば、シンプルなグリッドギャラリーでも強い印象を与えることができます。

写真のポートフォリオを紹介するのにトップページほど適した場所は他にありません。

11. Ignacio Palacios

Ignacio Palaciosの写真サイト

Ignacio Palaciosの写真サイト

Ignacio Palacios のサイトは、独創的な旅行写真家にとって良い例です。彼は自身のサイトを通して様々なブランドやビジネスの戦略を伝えています。

サイトは雑誌や潜在的な顧客に訴求するのではなく、初心者の写真家をターゲットとし、写真の撮影技術を教えたり、写真撮影技術の上達ツアーを宣伝したりすることに重きを置いています。

12. Clara Balzary

Clara Balzaryの写真サイト

Clara Balzaryの写真サイト

多くの言葉を並べるよりも写真1枚の方が多くを物語るもの。ポートレート写真やファッション業界の写真ではなおさらです。Clara Balzaryのサイトはその良い例です。

主要な顧客名が記載されたお問い合わせページ以外は、全て写真で構成されています。

13. Haris Nukem

Haris Nukemの写真サイト

Haris Nukemの写真サイト

Haris Nukemはイギリス、ロンドンを拠点に活動する写真家兼ビジュアルアーティストです。彼の特徴的な写真はたった一枚でも独自のスタイルを伝えることができます。

サイトの構築には最大限力を注ぐべきですが、自分のスタイルや特徴は決して包み隠してはいけません。周囲に溶け込んでしまうと間違いなく目立たなくなってしまいます。

14. Chris Burkard

Chris Burkardの写真サイト

Chris Burkardの写真サイト

Chris Burkardは人里離れたロケーションを旅しながら撮影する、探検家兼旅行写真家です。

旅の写真を扱うサイトの場合、刺激的な瞬間をカメラで捉える技術が非常に重要です。Chrisは厳選された写真により、それを見事に伝えています。

15. Andreas Gursky

Andreas Gurskyの写真サイト

Andreas Gurskyの写真サイト

Andreas Gurskyはドイツの写真家兼アーティストです。厳選された写真を一枚掲載するのではなく、過去の作品がランダムで表示され、訪問する度に違う写真が閲覧できる作りになっています。

16. Levon Biss

Levon Bissの写真サイト

Levon Bissの写真サイト

Levon Bissは人間と虫のポートレート写真家です。サイトでは、複数のポートフォリオにより独自のスキルをPRしています。

17. Sarah E

Sarah Eの写真サイト

Sarah Eの写真サイト

Sarah Eはドキュメンタリーから着想を得た、独自のスタイルが特徴のコロラド州を拠点に活動するウェディングフォトグラファーです。

彼女は上記のような美しいステージド・フォトも堂々と掲載しつつ、ギャラリー内では自分の写真技術の信頼性もしっかりと強調しています。

18. Kristen Mittlestedt

Kristen Mittlestedtの写真サイト

Kristen Mittlestedtの写真サイト

Kristen Mittlestedt は単なるウェディングフォトやポートレート写真の写真家ではありません。彼女の映画のような独特なスタイルが、シンプルなスクロールギャラリーから特集写真まで、あらゆるところで表現されています。

19. Alexey Titarenko

Alexey Titarenkoの写真サイト

Alexey Titarenkoの写真サイト

Alexey Titarenkoは現代アートの世界で最も名の知れた写真家の一人です。彼のサイトでは余白がうまく活かされています。

無理にjQueryを利用して多機能なグリッドを作成する必要はありません。適切な比率と厳選された写真さえあれば、堅苦しくなることなく、整頓された魅力的なレイアウトが作成できます。

20. Tim Hawley

Tim Hawleyの写真サイト

Tim Hawleyの写真サイト

Tim Hawleyは商業写真家兼、ビジュアルアーティストです。サイトでは魅力的な手法で商品を表現し、彼の独創性をアピールしています。

過去に取引をした企業のロゴを入れることで、潜在的な顧客に対してソーシャルプルーフを強くアピールしています。

写真サイトのデザインに不可欠な7つの原則

これまでご紹介してきたサイトをご覧いただくと、次のような基本的な原則に沿っていることに気がつくでしょう。

1. 自分の特徴を表す代表作を掲載する

サイト上で写真は必ず前面に押し出されていなければなりません

また、選んだ写真はあなたの提供しているサービスの種類を反映し、お仕事をしたい顧客のタイプを意識したものでなければなりません。

ファッション写真家のClementが雑誌の表紙の形で作品を紹介していたり、ウェディングフォトグラファーの面々が結婚式の忘れられない感動的な瞬間を捉えた写真をピックアップしていたり。そんな例を思い出してください。

2. デザインはシンプルに

作品を目立たせようとして複雑すぎるサイトデザインにしないようにしましょう。写真家の方にとって一番良いのは、すっきりとしたシンプルなデザインを保つこと。

既存のテンプレートやテーマを利用するのが一番です。

3. 「サイト紹介」ページを利用してサービスをアピールする

「About(サイト紹介)」ページ ではペットの犬や変わった趣味の話ばかりしてはいけません(もちろん、ペット専門の写真家なら別ですが)。

写真家として「あなたを選ぶべき理由」が伝わる内容にしましょう。自身のサービスや作品の理念を記載し、顧客にどのような作品を提供できるかを説明しましょう。

写真サイトの「サイト紹介」の一例

写真サイトの「サイト紹介」の一例

Brandi Tooleのページが良いお手本になります。彼女の「サイト紹介」ページでは、その理念と彼女に依頼した場合に提供されるサービスについて述べられています。これを見習ってみましょう。

4. 明確なナビゲーション

ナビゲーションは簡潔で明確なものにしましょう。訪問者が目的のページを見つけられなければ、サイトを離れ二度と戻ってこないかもしれません。

写真サイトのナビゲーション

写真サイトのナビゲーション

上記のNordicaのサイトの例では基本的なナビゲーションがよく分かります。メニューを展開すると「ポートフォリオ」、「お問い合わせ」、「サイト紹介」のリンクがクリックできるようになっています。

5. 顧客のことを念頭に置いてデザインを考える

写真を選んだり、サイトのデザインを考えたりする際は、常に潜在的な顧客を念頭に置きましょう。

自身のエゴや独創性を主体とせずに、お仕事をしたい顧客に対して説得力があるかどうかを考えてください。

6. 一から作らない

ウェブデザイナーや開発者でない限り、一から作ることにこだわるのはやめましょう。理想のサイトを作る上で必要なテンプレートやプラグインなど、既存のツールを活用するのが得策です。

Kinstaおすすめの厳選WordPressプラグイン一覧を是非ご確認ください。

7. お問い合せがしやすいようにする

そもそもなぜサイトを作成するのかを今一度考えてみましょう。恐らくは、自分のことを認知してもらい、潜在的な顧客と繋がるためでしょう。

そのため、関心を持ってくれた訪問者が連絡方法を一目で理解でき、簡単にお問い合わせができるようにすることが必要不可欠です。

サイト上に次のうち少なくとも一つの連絡手段を取り入れましょう。

写真サイトの「お問い合わせ」ページ

写真サイトの「お問い合わせ」ページ

Mark Delongのサイトのお問い合わせページが優れたお手本です。コンタクトフォームとともに、各支店の電話番号が掲載されています。

もちろん、個人で営業している場合、複数の電話番号を掲載する必要はありません。

写真サイトを作成する方法

写真サイトを作成する方法はたくさん存在します。静的HTMLやCSSを記述して作成する方法や、無料のサービスを利用する方法、そして、CMS(コンテンツ管理システム)でサイトを作成しレンタルサーバーを利用する方法など。

写真サイト作成に最も適した方法は?

写真家がサイトを作成する場合、Kinstaが一番おすすめするのは、自己ホスト型WordPressを利用する方法です。

写真を大量に掲載したウェブサイトで問題が頻発してお手上げ状態でしょうか…?それならKinstaをどうぞ。高品質&最速のホスティングサポートをあなたに。プラン一覧はこちら

それはなぜでしょうか?

インターネット上のサイトの40%がWordPressを利用しているのは、それだけ優秀だということです。

サイトをワンクリックで作成

Kinsta では(そして2021年現在多くのレンタルサーバーでは)驚くほど簡単に新たなWordPressサイトが作成できます。

当社の場合、たったワンクリックでサイトの作成を始められます。

KinstaでWordPressを簡単インストール

KinstaでWordPressを簡単インストール

複雑な手動の設定は一切不要です。

たくさんの写真サイト用テンプレートから選ぶ(WordPressテーマ)

公式のWordPressテーマディレクトリには、370以上の無料で利用できる写真サイト用のテーマが存在します。

WordPressテーマディレクトリ

WordPressテーマディレクトリ

また、外部のサイトや開発者も数多くのテーマを提供しています。

WordPressの写真サイトテーマ「Fiji II」

WordPressの写真サイトテーマ「Fiji II」

例えば、テーマ「Fiji II」は写真家が初めてサイトを作るのに非常に適しています。掲載する写真によってサイトの雰囲気がガラッと変わります。

もっとたくさんアイデアが欲しいという方はおすすめのWordPressテーマに関する記事をご覧ください。

注意を引くトップページを作る

テーマを選んだら、サイトのページ作成に移りましょう。まずは訪問者が最初に目にするページ、トップページから作りましょう。

トップページには次の要素が必要です。

最初のページを作成するには、メニューから「固定ページ」をクリックして展開し、「新規追加」をクリックします。

WordPressのページを新規作成

WordPressのページを新規作成

するとカスタマイズ画面にトップページが追加されます。「外観」>「カスタマイズ」をクリックし、トップページの設定を調整できます。

カスタマイズ画面のページ設定

カスタマイズ画面のページ設定

作成したページを選択し、「公開」をクリックすると変更を保存できます。

WordPressを利用する場合、写真サイト用のテーマを選ぶと、大抵の場合、トップページはカスタマイズ画面内で編集できます。

カスタマイズ画面のテンプレートオプション

カスタマイズ画面のテンプレートオプション

このテーマの場合、「Parallax Template Optionsという画面から設定を変更できます。

得意とする写真のタイプに関わらず、顧客の注意を引くことを念頭に置いて写真を厳選しましょう。メニューや見出しの色は写真と喧嘩しないような色にしましょう。

写真サイトのトップページの一例

写真サイトのトップページの一例

少し間違えるだけで、サイトの外観がプロフェッショナルな雰囲気でなくなってしまうことがあります。

どのような訪問者でも惹きつける自然をモチーフとした写真を利用してもいいでしょう。見出しやロゴの色は選択した写真(もしくは複数の写真)と調和するものを選びましょう。

新たな背景写真の例

新たな背景写真の例

ご紹介したサイトのほとんどがテキストに黒か白を使用しているのには理由があります。写真サイトの場合、本文は主役ではありません。

写真サイトに必ず必要な3つのページ

Next, you want to repeat the process. Create a new page (but skip the homepage settings) for at least three more sections.

「サイト紹介/自己紹介」ページに関しては、WordPressのドラッグ&ドロップエディタを利用して好きなレイアウトを簡単に作成することができます。

WordPressのエディタで「紹介」ページを編集

WordPressのエディタで「紹介」ページを編集

お問い合わせページを作成するにはWordPressのお問い合わせフォームプラグインが必要です。インストールが完了したら、エディタからお問い合わせフォームを挿入することができます。

美しいポートフォリオの作成は上記より少し複雑になりますが、正しいツールさえ使用すればあっという間に完成します。

ギャラリープラグインを使用してインタラクティブなギャラリーやポートフォリオを作成する

次は、写真サイトで最も重要な要素であるポートフォリオページを作成します。

まずは、ギャラリーもしくはポートフォリオページに掲載する、最も良く撮れた作品を厳選しアップロードします。

WordPressの「メディアのアップロード」画面

WordPressの「メディアのアップロード」画面

次に、お好みのWordPress写真ギャラリープラグインを探します。作品をスタイリッシュに掲載できる、柔軟性の高い、流れるようなグリッドのギャラリーが作成できます。

例えばModulaは、JQueryを使用しており躍動感のあるグリッドスタイルのギャラリーが作れます。

WordPressギャラリープラグイン「Modula」

WordPressギャラリープラグイン「Modula」

プラグインによって、独自のページを自動で生成する場合もありますし、作成したポートフォリオページにショートコードをコピーアンドペーストしなければならない場合もあります。

第一印象を決める「ページ読み込み速度」に気をつける

サイトが表示されるまでの間待ち時間が発生すると、訪問者の多くはすぐさまサイトを離れてしまいます(離脱)。たったの5分であっても、離脱してしまう可能性は90%も高くなります

ページの読み込み時間と直帰率(引用元: ThinkWithGoogle)

ページの読み込み時間と直帰率(引用元: ThinkWithGoogle)

写真サイトはどうしてもサイズの大きなファイルやリッチメディアファイルをたくさん使用しなければなりません。解像度の低い画像では、プロフェッショナルな印象は与えられません。快適な読み込み速度を維持するために、次のような対策をすべきでしょう。

特に一つ目のポイントが非常に重要です。不安定な共用サーバーでは、どれほど工夫しても、理想の速さは実現できません。

Kinstaではスピードを最重要視しています。当社独自の環境は、超高速なGoogle Cloudの仮想マシンで稼働しています。さらに、高速な読み込みを実現するために、最新のキャッシュ技術やパフォーマンス最適化の手法を採用しています。

If you're a photographer, you already know the importance of beautiful layouts 📷... so make sure your website reflects that with help from these award-winning examples. ✅Click to Tweet

まとめ

業界内や地元の利用者に認知してもらう上で、写真サイトの作成は必要不可欠です。

今回ご紹介した例を参考にし、シンプルなデザインを採用し、最適なテーマを利用すれば、ほんの数時間で魅力的なサイトを作成することができ、オンラインでの認知度を高めることができるでしょう。

今回ご紹介したテクニックを活用してライバルに差をつけ、より多くの顧客を獲得してください。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。