WixとWordPressのどちらでウェブサイトを構築すべきか迷っていますか?私たちはWordPressのホスティングを専門にしていることから明らかなように、WordPressを強く支持しています。確かに、WordPressは世界のウェブサイトの40.0%という驚異的な割合を占めますが、ウェブサイトを作る方法はWordPressだけではありません。

今回の記事では、別途レンタルサーバーが不要なサイトビルダーで人気のWixとWordPressを比較します。SquarespaceとWordPresの比較記事と同じフォーマットを採用し、3つのプラットフォームを簡単に比較できるようにしています。

この記事を読み終える頃には、2つのプラットフォームのどちらがウェブサイトを構築するための最適なソリューションなのかわかるはずです。

WixからWordPressへの移行をお考えであれば、ステップバイステップのチュートリアル「WixからWordPressへの移行方法」をご覧ください。

Wix vs WordPress─概要

WixとWordPressの比較については後ほど詳しくご紹介しますが、具体的な内容に入る前に、それぞれのソリューションの基本哲学について説明します。根本的なレベルでWixとWordPressの比較は、2つのコンセプトのバランスをどう取るかに帰着します。

Wixは、初心者でも簡単に機能的なウェブサイトを作成できるよう、多少の柔軟性を犠牲にする決断をしました。一方、WordPressは、使いやすさを少し犠牲にして、100%ウェブサイトをカスタマイズできるようにしています。

このような基本的な違いの他にも、いくつかの注目すべき相違点がありますが、以下で詳しくご紹介します。

Which platform do you prefer? Wix or WordPress? Check out our comparison of the two platforms. 🤺Click to Tweet

簡単にウェブサイトを構築できるのはどちらか?

見栄えのするウェブサイトを簡単に作成できるという点では、Wixに軍配が上がります。Wixは、基本的なウェブサイトを構築した後の柔軟性には欠けますが、シンプルで美しいウェブサイトを素早く作成するには最適なソリューションです。

WordPressもかなり簡単です。しかし、ウェブサイトをホスティングするには、クリアしなければならない障害がいくつかあり、サイトの構築も少々複雑です。

Wix

Wixでのウェブサイトの作成がどれくらい簡単か見ていきましょう。まず、サインアップします。次に、作成したいウェブサイトのタイプを選択します。

Wixでの作成するサイトのタイプの選択

Wixでの作成するサイトのタイプの選択

ここでは例として「レストラン」を選択します。次に、関連するテンプレートを選択します。

Wixテンプレートの選択

Wixテンプレートの選択

テンプレートを選択すると、Wixエディタに切り替わり、テキストや画像などを簡単に変更できます。

Wixテンプレートの編集

Wixテンプレートの編集

作業を終えたら、あとは「公開」をクリックするだけでウェブサイトが完成します。

すべてのプロセスはシンプルで、初心者にも簡単です。ただしこれには、Wixの用意したテンプレートが好きで、あまりカスタマイズしたくない場合には、という条件が付きます。

WordPress

Wixではサインアップしてすぐにサイトの編集を始められますが、WordPressでは事前の手順がいくつか必要です。

まずインストール前に、レンタルサーバーにサインアップして、独自のドメイン名を取得する必要があります。これは追加の手順になりますが、最近ではほとんどのレンタルサーバーがこのプロセスを非常に簡素化しています。おそらく5~10分程度しかかからないでしょう。

WordPressをインストールしたら(またはレンタルサーバーにインストールしてもらったら)、サイトの外観をコントロールする「テーマ」を選択します。

WordPressテーマの選択

WordPressテーマの選択

テーマには無料のものと有料のものがあります。また、デモコンテンツを含むものもあり、このようなテーマでは一からサイトを作るのではなく、Wixのようにあらかじめ用意されたコンテンツを編集するだけで済みます。

WordPressはWixほどシンプルではありませんが、開発者でない人でもかなり簡単に機能的で美しいウェブサイトを作ることができます。

ウェブサイトの機能をどれくらいコントロールできるか?

使いやすさという点ではWixが勝っていますが、柔軟性やカスタマイズ性という点ではWordPressに軍配が上がります

Wix

Wixサイトに機能を追加する場合は、ほとんどをWix App Marketに頼ることになります。

The Wix App Market

The Wix App Market

このアプリマーケットは、Squarespaceなどよりも柔軟性がありますが、WordPressのようにすべてをカバーするほどではありません。

現在、Wix App Marketには288個のアプリしかありません。すぐに分かりますが、これはWordPressとは比べものになりません。

さらに、自分でコードを調整したり、開発者にコードを調整してもらったりするには大きな制限があります。

Wixでも、カスタムコードを追加することができますが、かなりの制限のある「サンドボックスiFrame」の中でのみ可能です。

WordPress

WordPressでは、両方の面ではるかに柔軟です。

まず、プラグインから始めます。WordPressのプラグインを使えば、コードの知識がなくても、新しい機能を追加したり、既存の機能に手を加えたりすることができます。現在、WordPressにはインストール可能な53,000種類以上の無料プラグインがあり、さらに数千種類の有料プラグインがあります。

サイトにソーシャルメディアを統合したければ、ソーシャルメディアプラグインを使用します。広告管理コンタクトフォームクイズ、iframeなど、思いつく限りの機能も同様です。

また、Wixエディタのような使いやすい環境ですべてのコンテンツを構築したい場合は、多くのページビルダープラグインを利用できます。

WordPressページビルダーの例

WordPressページビルダーの例

さらに、自分自身でも、開発者に依頼してでも、サイトには自由にカスタムコードを追加できるため、さらに柔軟性が高まります。Wixとは異なり、コードの制限に悩む必要はありません。

ECをどのように処理するか?

WixでもEC機能は提供されますが、WordPressのWooCommerceやEasy Digital Downloadsの機能に比べると、柔軟性に欠けます。

Wix

Wixでは、あらかじめ用意されているオンラインストアのテンプレートを選択するか、既存のテンプレートにストアアプリを追加できます。例えば、下のスクリーンショットでは、私たちのKinsta Pizza Shopのページにストアアプリを追加しています。

Wix ECストア管理

Wix ECストア管理

次に、商品を追加し、ポップアップインターフェイスを使用してストアを管理します。

WixでのEC商品の管理

WixでのEC商品の管理

シンプルな商品なら問題ありません。しかし、単純なテキストフィールドを超えて詳細に商品情報をカスタマイズしようとすると、柔軟性に欠けます。

単にTシャツを販売するだけであれば、Wixで十分でしょう。しかし、バリエーションやカスタマイズの多い商品では、おそらくもっと柔軟性が欲しいことでしょう。

最後に、WixのEC機能は特別なストアプランでのみ利用可能で、通常のWixサイトよりも少し費用がかかります。

WordPress

WordPressは主にウェブサイト構築のプラットフォームとして知られていますが、実はECサイトの42%をWooCommerceが占めており、ECプラットフォームとしても圧倒的なシェアを誇っています。

WordPressの場合、EC機能を追加するにはプラグインを利用する必要があります。最も一般的なオプションは以下の2つです。

WooCommerceセットアップウィザード

WooCommerceセットアップウィザード

それぞれのベースECプラグインに加えて、さらにストアを拡張するアドオンプラグインの巨大マーケットプレイスがあります。通常のWordPressサイトと同じように、商品の表示方法や配送方法などを自由に変更できます。

例えば、WooCommerceとプリントオンデマンドサービスを同期させるプラグインもあり、注文処理を外部に委託することもできます。

ECの観点でWixとWordPressを比較すると、柔軟性の高さからECに使用するプラットフォームとしては一般にWordPressの方が優れています。

プラットフォームのデータをコントロールするのは誰か?

短期的に見ると、初心者にとってデータの所有権は大きな考慮点でないかもしれませんが、最終的には大きな判断要因になるはずです。ここで「データの所有権」とは以下を意味します。

データの所有権に関しては、WordPressが明らかな勝者です。僅差でさえありません。

Wix

なぜ「僅差でさえない」のか不思議に思われる方のために、データの所有権に関するWixのアナウンスをナレッジベースから抜粋してご紹介します。

Wixのサイトとそのすべてのコンテンツは、Wixのサーバーでのみホストされており、他の場所に転送することはできません。

特に、WixエディタやADIを使って作成したファイル、ページ、サイトを他の外部の記憶域やホストにエクスポートしたり、埋め込んだりすることはできません。

したがって、データの所有権を気にしている人にとっては、かなり注意する必要があります。

WixをWordPressに移行する回避策を提供するサードパーティ製のツールはいくつかありますが、Wix自身は自分でこれを行う簡単な方法を提供していません。

WordPress

WordPressでは、すべてのデータを常に、完全にコントロールできます。そして、すべてをコントロールできるために、サイトのデータを100%ダウンロードしたり、操作したり、WordPressのユーザーをエクスポート、インポートしたりすることができます。

以上を踏まえて、僅差でさえありません。

ダウンタイムまたはWordPressの異常に悩んでいますか。Kinstaは時間を節約するために設計されたホスティングソリューションです!当社のフィーチャーをご確認ください。

日々のメンテナンスはどのように行うのか?

Wixのクローズドなエコシステムは、データの所有権や柔軟性の面では劣りますが、メンテナンスやセキュリティを注意する必要がほとんどないことは大きなメリットです。

WordPressの場合は、これらの作業を自分で行うか、セキュリティやメンテナンスに重点を置いたKinstaのようなマネージドWordPressホストを見つける必要があります。

Wix

このセクションが短いのは、Wixでは何もする必要がないためです。Wixはすべてを実行してくれます。アップデートやセキュリティの脆弱性について心配する必要はありません。

WordPress

WordPressの場合は逆になります。つまり、以下の作業が必要です。

ただし、必ずしも自分ですべてを実施する必要はありません。次のような選択肢があります。

費用はどれくらい必要か?

Wixはシンプルな月額制を採用しているため、支払い金額を常に、正確に把握できます。一方、WordPressの場合は少々複雑です。どちらが安いか?という質問に正解はありませんが、長期的に見れば、一般にWordPressの方が安くなるでしょう。これはWixがフラットな月額制を採用しているためです。

Wix

Wixには、ECストアのあるなしで2種類の月額プランがあります。以下は、Wixの標準サイトの価格です。

Wixの標準サイトの価格

Wixの標準サイトの価格

以下は、WixのECストアサイトの価格です。

WixのECストアサイトの価格

WixのECストアサイトの価格

無料のWixプランもありますが、独自のドメイン名を使用することはできず、Wixの広告が表示されます。

WordPress

WordPressの場合、必要な固定費は2つだけです。

さらに、有償のテーマやプラグインを購入する場合もあります。WordPressサイトを運営する上で必須ではありませんが、機能やサポート、デザインに優れているものが多くあります。

SEOに優れているのはどちらか?

これは非常に議論の分かれるトピックです。Wixの方が優れているという人もいれば、WordPressの方が優れているという人もいます。しかし、両者の素の状態を比較してみれば、基本的なオンページSEO(サイト自体のSEO)に関してはそれほど大きな違いはありません。どちらも以下のような機能を備えます。

オフページSEO(外部を対象とするSEO)に関しては、被リンクやソーシャルシグナルは、使用するプラットフォームの種類を問いません。一点、この分野でWordPressが優れているのが、より多くのコントロールが可能な点です。これには、サイトのスピードや、インデックス、クローリング、ブロッキングの高度なオプションなどが含まれます。これらはSEOやランキングに直接影響します。

Ahrefsは、WixとWordPressのSEOに関する調査結果を発表しました。640万件のドメインを分析した結果、WordPressサイトの46.1%がオーガニックトラフィックを獲得していました。一方Wixでは、1.4%のドメインしか獲得していませんでした。ただし、様々な要因により多くのデータは不完全です。例えば、WixよりもWordPressサイトの方が、単純により多くのSEOを行っているかもしれません。

Wix vs WordPress SEO

Wix vs WordPress SEO

いずれにせよSEOではプラットフォームの選択は重要でなく、公開するコンテンツの質、ソーシャルメディアでのプロモーション、被リンクの構築等への注力の方が重要です。この点においてWordPressの方がコントロールしやすいことは間違いありません。

推奨記事「Weebly vs WordPress─あなたのサイト向きなのはどちらか?

Wix vs WordPress─どちらを選択すべきか?

私たちのお勧めは、WordPressとSquarespaceの比較記事の結論と似ています。これはWixが多くの点でSquarespaceと似ているせいもあります。

基本的なウェブサイトを簡単に作成したいだけで、データの完全な所有権やサイトをカスタマイズする柔軟性にこだわらないのであれば、Wixはおそらく良いソリューションでしょう。ただし、後になってもっと柔軟性が欲しいと思ったとき、Wixから移行するのは大変だということは覚えておいてください。

しかし、ほとんどのユーザーにとっては、WordPressが最適なソリューションでしょう。その理由は以下のとおりです。

主張は以上です。このブログは主にWordPressについて書かれているため、皆さんがWixとWordPressのどちらを選択するからはおよそ想像がつきます。しかし、皆さんのご意見をぜひお聞かせください。

WixはWix.comの登録商標です。


時間とコストを節約し、サイトパフォーマンスを最大化します。

  • 24時間年中無休でお問い合わせいただけるWordPressホスティングの専門家からの即座なサポート。
  • Cloudflare Enterpriseとの統合。
  • 世界各地に設置された28カ所のデータセンターでグローバルなオーディエンスに対応。
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使った最適化。

長期契約は必要ではありません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスを提供しております。お客様に最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。または、当社のプランをご確認ください。