インターネットが誕生して以来、お金儲けのチャンスとして、多くの人がこれを活用してきました。この認識は実際、間違いではありません。インターネットは現代のビジネスに不可欠な要素であり、事業と消費者をつなぐ大事な橋渡しの役割を果たしています。

優れたウェブサイトを持つことは、事業の成功へとつながる大事な一歩。当然、そのためには、質の高いサーバーも欠かせません。とはいえ、ただオンラインショップを構築するだけでは、お客さんの殺到を期待することはできません。競争は日々激しさを増しています。そんな中で頭角を現すには、デジタルマーケティング戦略を実施する必要があります。

そもそも、デジタルマーケティング戦略とは何なのでしょうか。デジタルマーケティング戦略は、デジタルマーケティングキャンペーンと同じなのでしょうか?そして、個々の状況にあったデジタルマーケティング戦略を立てるには、どうしたらよいのでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えします。

デジタルマーケティング戦略とは

デジタルマーケティング戦略とは、オンラインチャネルを通じて特定のビジネスの目標を達成するために実施される戦略です。ペイパークリック広告、検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルメディア広告、Eメールマーケティングなどなど。有料のものも、オーガニック戦略に分類されるものもあります。

多くの人がマーケティング戦略とマーケティングキャンペーンを勘違いしていますが、これらはデジタルマーケティングという大枠を構成する2つの全く異なる要素です。

実際には、どのような違いがあるのでしょうか?

ビジネスを次のレベルに引き上げるために必要な戦略の立案方法がこちら 🚀クリックでつぶやく

デジタルマーケティングキャンペーンは、デジタルマーケティング戦略の一部です。戦略の一部を応用したものだとお考えください。高層ビルを建てるときと同じように、多くの場合、複数のチームが全体の設計図をもとに、各所を担当します。

デジタルマーケティング戦略とは、デジタルチャネルで何を達成したいのか、それをどのように実現するのか、という設計図です。デジタルマーケティングキャンペーンは、その計画に従って、マーケティングチームが目標を達成するために実際に「構築」するものです。

キャンペーンとは、デジタルマーケティング戦略の中で、最終目標に向かって行う具体的な行動のこと。ソーシャルメディアキャンペーン、Eメールキャンペーン、SEOキャンペーンなど、すべて同じ戦略の下に位置づけられます。

デジタルマーケティング戦略の構成要素
デジタルマーケティング戦略の構成要素

戦略自体は幅広いものであり、中核的な目的や潜在的なキャンペーンが、ここに内包されます。1つのデジタルマーケティング戦略の中に複数のキャンペーンが存在することも、別々の戦略下に配されることもあります。

話を先に進めましょう。ペイドメディアというものもあります。これは、第三者が報酬と引き換えにコンテンツを表示するシステムです。一般的なペイドメディアのデジタルマーケティングキャンペーンとしては、Googleや、FacebookInstagramなどのSNSでのペイパークリック広告や、インフルエンサーマーケティングなどがあります。

次に、オウンドメディアです。これはその名の通り、キャンペーンを実施する主体が100%メディアを所有している状態を指します。事業者が直接メディアを管理するため、広告の掲載のために別途お金を払うことはありません。必要なのは、サイト管理にかかる人件費などです。

ウェブサイトやブログだけでなく、YouTubeチャネルポッドキャスト画像など、あらゆるものが対象になります。

最後に、アーンドメディアです。これは、マーケティングのために組織外で活用できるもので、ユーザー生成コンテンツ、コメント、カスタマーレビュー、受賞歴、ニュース、その他ブランドや企業に関する言及などがあります。

このようなメディアタイプを、マーケティングキャンペーンに駆使していきます。単一のキャンペーンであっても、複数のタイプを絡めて使用することもしばしば。デジタルマーケティング戦略全体の中で、各種メディアとその強みを理解することで、効率的な戦略実施が可能になります。

デジタルマーケティング戦略は、通常、対象となるオーディエンスが頻繁に利用していると思われる複数のチャネルを通じて実施します。

デジタルマーケティング戦略の価値

デジタルマーケティング戦略は、B2B企業であれB2C企業であれ、現代のビジネスシーンで成功を収めるために欠かせない要素です。食料品の買い物から病院の予約、事業用SaaSソリューションの選択まで、今や私たちはほとんどすべてのことにデジタル空間を利用しています。

全世界のインターネットユーザー
全世界のインターネットユーザー

あなたや周りの人が、どれくらいの時間をオンラインで過ごしているか考えてみてください。スマホをいじったり、Disney+で最新のストリーミングシリーズを見たりと、私たちの1日の大半はウェブ上で費やされています。見込み客が利用するすべてのプラットフォームが、マーケティングに活用できる絶好の機会なのです。

メールは、直接的な連絡に使えます。Facebookは、デジタルマーケティングに絶大な効果を発揮します。Google検索には、有料とオーガニックのオプションがあり、多くの人に訴求するのに効果的です。

オンラインでは、激しい競争が繰り広げられています。そこで勝利を手にする必要があるのです。デジタルチャネルは、宣伝にうってつけの選択肢です。現に、競合他社はすでにオンラインで策を講じ、ともするとあなたのサイトから潜在顧客を「奪って」います。さらに、昨今では、ほとんどの見込み客が、全てのビジネスに適切なオンラインプレゼンスを期待するものです。

また、デジタルマーケティングへの取り組みをToDoリストに追加したい理由は、他にもたくさんあります。

1つは、開始するにあたっての費用が低い、または存在しない、費用対効果の高い投資であることです。デジタルマーケティングは、従来のマーケティングチャネルよりも安価です。それだけでなく、ターゲットとする世界中の人々に、簡単に訴求することができます。

世界的なテレビのチャネルでCMを出したり、印刷物に広告を出稿したりする場合を考えてみてください。費用が膨大になるだけでなく、ターゲット層ではない大量の人々に向けての広告となることが予想されます。

デジタルチャネルでマーケティングを行う場合、広告をパーソナライズすることができます。多くのプラットフォームでは、年齢、性別、所在地、興味、職種などに基づいて、特定の層にターゲットを絞ることが可能です。「やたらに広範」な広告の時代は終わりました。現代の消費者は、パーソナライズされた体験を好む傾向にあり、デジタルマーケティングはそれを実現する方法として有用です。

デジタルマーケティングの結果は、非常に測定しやすいものでもあります。TVコマーシャルやラジオ広告を流しても、何人の人がそれを聞いたのか、また、そのプラットフォームからの新規売上が何パーセントなのか、まったくわかりません。しかし、デジタルマーケティングでは、リアルタイムのデータによって、何人が広告を見て、クリックし、コンバージョンに至ったかを正確に把握することができます。

最後に、デジタルマーケティングは、大きな投資回収の可能性を秘めています。Eメールマーケティングだけで、平均4,400%のROIがあります。看板広告の平均ROIが497%という優秀な数字であるのに対し、Eメールマーケティングは、その10倍近くを生み出すことができます。

デジタルマーケティング戦略の基本

デジタルマーケティング戦略は、一見複雑に見えるかもしれませんが、構成要素を理解すれば、幾分単純です。各部位が組み合わさることで、強固なマーケティングプランが生まれます。

それでは、デジタルマーケティングの主要な構成要素を1つずつ見ていきましょう。

デジタルマーケティング戦略の構成要素
デジタルマーケティング戦略の構成要素 (出典: On Top Visibility)

検索エンジン最適化(SEO)

検索エンジン最適化、通称SEOは、GoogleやBing(ただし、正直なところ、ほとんどがGoogleのみ)などの人気検索エンジンでのランキングを向上させる(オーガニックに分類される)デジタルマーケティング戦術です。SEOは、ウェブサイト内外でコンテンツに手を加えることで実施できます。コンテンツに、キーワードを(話の流れに自然に寄り添うかたちで)散りばめます。

その上で、メタタイトル、ディスクリプション、画像などのページ内コンテンツにも、同じキーワードでの最適化を施します。これにより、Googleのクローラーとアルゴリズムは、サイトがどんなもので、何の話をしているのかを理解できます。特定の分野での権威サイトと認められれば、Googleによって、関連キーワードの検索結果に表示してもらいやすくなります。

他のウェブサイトから質の高い被リンクを獲得することでも、サイトの権威を高めることができます。これは、一種の推薦状です。優れたサイトから「このサイトは言及に値します」と言ってもらえるようなもの。

SEOは複雑ですが、ありがたいことに、WordPressなどのプラットフォームには、優れた(そしてほとんどが無料)SEOプラグインが大量にあります。

SNSマーケティング

そして、SNSマーケティングです。有料と有料の両方があります。当然ながら、SNSで存在感を確立するには、定期的に投稿をすることが欠かせません。Instagramユーザーの90%が、少なくとも1つのビジネスやブランドをフォローしているという事実が、調査により明らかになっています。

Facebook、Twitter、Instagramなどのプラットフォームでの有料のSNS広告も効果的です。より多くの人に訴求することができます。ほとんどの主要サービスにおいて、オーガニックによる訴求効果は、過去10年間で途方もなく低下し、現在はほとんど「お金がものを言う」状態となっています。

ペイパークリック(PPC)広告

PPC広告は、それを見たユーザーが特定のアクションを実行したときにのみ支払い義務が生じるタイプの広告です。一般的にはリンクをクリックすることですが、ウェビナーに申し込むなどのアクションを指定することもあります。SNSサイトでは、興味や地域、年齢など、特定の条件を満たしたユーザーをターゲットに絞って広告を出すことができます。

また、Google広告では、特定のキーワードの検索結果に付随するかたちでペイパークリック(PPC)広告を表示することができます。Google広告には、ディスプレイ広告やYouTube広告など他のタイプもあり、好みに合わせてキャンペーンを調整できます。Google広告を運用する場合、特定のキーワードやフレーズに対して入札を行います。他サイトと直接競合することになりますので、質の高い広告の用意が欠かせません。

デジタルマーケティング戦略の構築方法

デジタルマーケティング戦略の基本を理解した上で、どのようにすれば成功の可能性を最大化できるかをご紹介します。ここでは、具体的に5つのステップに分類して見てみましょう。

ステップ1. オンラインで基盤を整える

自転車に乗り始める前に、まずタイヤに空気が入っていることを確認する必要があります。これと同様に、デジタルマーケティング戦略に手を付ける前に、ネット上の基盤を整えることが肝要です。

まず最初に、ウェブサイトを支える優れたサーバーを確保する必要があります。WordPressホスティングのKinstaは、サイトの安定性とアクセス性を確保したい方にぴったりの選択肢です。

しかし、ただウェブサイトがあればいいというわけではありません。ウェブサイトは高速である必要があります。スピードはSEOの成果を左右する重要な要因であり、読み込みに3秒以上かかると、多くの訪問者がサイトを離脱してしまうと言われています。

表示の遅いサイトから離脱する人の数
表示の遅いサイトから離脱する人の数

また、サイトは安全でなければなりません。サイバー犯罪が多様化する昨今、セキュリティの重要性は強調してもしきれません。HTTPS、堅牢なファイアウォール、安全なサーバーは、サイバー攻撃に対する防御の第一線となります(Kinstaのお客様には、非常に高度なセキュリティ強化策をご利用いただいております)。

そのうえで、サイトの使いやすさも重要です。サイト訪問者によるコンバージョンを支えるのはわかりやすさと操作性です。これが、効率的なコンバージョンへの道筋となります。

最後に、SNSアカウントを作成、プロフィールを充実させ、最新の正確な情報を常に掲載するように意識しましょう。

ステップ2. 目標を明確にする

デジタルマーケティング戦略で何を実現したいですか?あなたにとって、成功とはどのようなものですか?企業によっては、ただブランド名を知ってもらうことに焦点を当てていることもあります。つまりは、認知度の向上です。

また、売上とコンバージョンを重要視するケースもあります。新規顧客を獲得し、さらにリピーターになってもらうことが目的となり得ます。しかし、目標設定は、より具体的に行うことが大切です。特定の戦略によって、ビジネスをどの程度成長させたいでしょうか?第2四半期末までに、利益を40%増やしたい、といった目標ではどうでしょうか?もし、結果が30%増だったら、「それも可」だとみなしますか、それとも「失敗」でしょうか?

ここで、ベストケースとワーストケースも定義します。その戦略を「失敗」と見なす閾値を特定しましょう。これにより、戦略の成果を客観的に測定することが可能になります。

また、利用するツールもこの段階で決めてしまうのが得策です。手頃な価格のツールが見つかりそうでしょうか?メールマーケティングソフトウェアを利用するのであれば、どれだけのお金をつぎ込むことができるでしょうか?

成功か失敗かを判断するために、目標は具体的で測定可能である必要があります。つまり、広告費用対効果や獲得単価などを把握することです。

ステップ3. お客さんのペルソナを理解する

デジタルマーケティング戦略を立てるには、まずマーケティングの対象者を知る必要があります。主要な購買層について知り、その人の痛みや動機、好き嫌いを理解すること。そうすることで、直接語りかけるような的を射た戦略を立てることができます。

質問に答えることでペルソナを明確化していく
質問に答えることでペルソナを明確化していく

ペルソナ作成の際には、さまざまな属性を加味するようにしましょう。例えば、年齢、職業、性別、居住地、興味、収入などです。

マーケティング戦略の種類は、ターゲットとするペルソナに応じたものにしなければなりません。ペルソナAはソーシャルメディアの利用を好むかもしれません。一方で、ペルソナBは、Eメールマーケティングに対しての方が、反応が良いかもしれません。ペルソナCはQuoraで質問を調べるのが好きな可能性があります。これは、マーケティング戦略成功の確率を最大化するために知っておくべき大事なポイントです。

ペルソナがよく利用するプラットフォームを把握し、それを利用してマーケティング活動を実施するようにしましょう。

ステップ4. 既存のデジタルアセットを評価する

さて、これまでで、すでにさまざまなコンテンツの種類をご紹介してきましたが、その中から、どれを利用するのか考えるときが来ました。自分が何を持っており、それをどのように目標達成に使えるのかを正確に知る必要があります。

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアのすべてを確認して、成果を最大化しましょう。自分の所有する選択肢を全てリストアップしたら、どのようなマーケティングキャンペーンに最も役立つかを判断していきます。

また、これは、所有するアセットと求められるそれの間にあるギャップを確認する絶好の機会でもあります。例えば、コンテンツ戦略を優位に進めていきたいとします。それを実行する上で役立つと思われるツールが無いのであれば、コンテンツを作成または購入する時期かもしれません。

コンテンツの量だけに注目しないようにご注意ください。コンテンツの質にも目を向けましょう。古くて時代遅れのブログ記事があるなら、そのコンテンツを改善すれば、あなたの目標(キーワードでGoogleの1位を獲得するなど)の達成に役立てることができるかもしれません。

サイトに重複したコンテンツがある場合は、すぐに掃除をすることをおすすめします。Googleは重複コンテンツを好まないため、ペナルティを受ける可能性があります。

ステップ5. 計画を立てる

準備が揃ったところで、いよいよコンテンツマーケティング戦略を立案していきます。

最後のステップで明らかになったギャップを埋めるためのコンテンツ制作プランを作成します。これにより、オーディエンス(戦略の対象者)を意識した、充実したコンテンツをつくり、長い目で見た利益を得ることができます。

目標達成のために、各ペルソナに対してどのようなキャンペーンを実施する必要があるか、おおよその見当がついているはずです。どのプラットフォームを使用し、どのくらいの期間キャンペーンを行うのか、どのようなコンテンツを使用するのか、マーケティング予算をどのくらい投入するのかなど、キャンペーンの全体像を描いていきましょう。

その上で、マスタードキュメントも作成します。これには、戦略の最初から最後まで、すべてのキャンペーンが最終的な目標に向かってどのように進んでいくのかを説明したタイムラインを盛り込むようにしてください。

デジタルマーケティング戦略の成果を測定する方法

デジタルマーケティング戦略で最も重要な要素の1つは、それを分析する能力です。成功の確率を最大化するためには、戦略の成否を判断する術が求められます。

デジタルマーケティング戦略によってもたらされるアナリティクスデータは、大いに活用したいところ。何人があなたのコンテンツを見て、何人がそれをクリックし、何人がコンバージョンに至ったのかを確認することができます。

Googleアナリティクス
Googleアナリティクス

どこから人がやってきて、あなたのサイトにたどり着いた後、何をしたのか。これを理解することが肝です。これにより、成功に貢献する最適かつ最も効果的なチャネルを特定することができます。また、キャンペーン全体のパフォーマンスを減じている負のチャネルを特定することもできます。

何が利益を生み、何が利益に貢献していないのかを理解すれば、不要なチャネルを排除し、浮いた予算を有望なチャネルに投入することができるのです。

デジタルマーケティング戦略に「絶対成功するパターン」はありません。戦略を個別の状況に合わせて修正し、改善しながら進めていくことが重要です。時間の経過とともに変化していくのが一般的です。

デジタルマーケティング戦略テンプレート

デジタルマーケティング戦略の策定が初めての場合、テンプレートを使って作業するのが便利です。戦略の骨格や枠組みとして利用し、情報を記入していくことで、正しく大枠を捉えることができます。

Smart Insightsが公開しているフレームワークが有用です。これには、「Reach」、「Act」、「Convert」、「Engage」の頭文字をとった「RACE」という名前がつけられています。

マーケティングフレームワーク「RACE」
マーケティングフレームワーク「RACE」

HubSpotによるマーケティング戦略テンプレートも有用です。事業の概要、ターゲットとなる市場、事業の施策、予算、市場戦略、マーケティングテクノロジー、マーケティングツールといったセクションが用意されています。

そして、Maypleの無料テンプレートもおすすめです。個別の目標に合わせて調整しながら使うことができます。テンプレートをダウンロードし、必要な情報を入力するだけで、マーケティング戦略のガイドとして機能します。

Maypleが提供しているデジタルマーケティングテンプレート
Maypleが提供しているデジタルマーケティングテンプレート

上記のテンプレートはすべてダウンロード可能ですが、名前、電話番号、メールアドレスなどの情報を入力する必要があります。このようなタイプの無料でもらえるデータでは一般的な仕様です。

さらに、テンプレートそのものが、デジタルマーケティング戦略の実践例でもあります。先の各サイトは、デジタルマーケティングを始めたい、しかし、どうすればいいのかわからない中小企業や起業家をターゲットにしていることがわかります。無料デジタルマーケティング戦略テンプレートというリードマグネット(潜在顧客を獲得するためのプレゼントの一種)を使って連絡先を手に入れることに成功しています。その後には、信頼関係を築き、将来的にはデジタルマーケティング関連の製品やサービスを売り込むことができます。

あなたのコンテンツマーケティング戦略やキャンペーンでも、同じようなことを実践してみることをおすすめします。

包括的なデジタルマーケティング戦略で、ビジネスをレベルアップ! 📈クリックでつぶやく

まとめ

デジタルマーケティング戦略は、アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの両方を通じて、利益急増の要となり得ます。現代のビジネスシーンにおいて、デジタルチャネルの人気と可能性を無視することはできません。あらゆる事業でオンラインプレゼンスが重要視されており、互いに切磋琢磨を続けています。

デジタルマーケティング戦略を構築、ターゲットとなる潜在顧客に訴求し、サイトに多くの訪問者を引き寄せるために、今回の記事でご紹介した内容をご活用ください。もちろん、サイトそのものが堅牢で、表示速度が素早く、セキュアであることも忘れてはなりません。

サーバーをお探しであれば、KinstaのマネージドWordPressホスティングがおすすめです。経験豊富なシスアドが管理する光速読み込みクラウドベースサーバーをご利用いただけます。素早く、堅牢で、安全なサイトを手に入れたい方にとっての、シンプルな答えです。Kinstaがお客様のオンラインプレゼンスを向上させてみせます─詳しくはこちらをご覧ください。


手間と費用を節約しながら、サイトパフォーマンスを最大化しませんか?

  • 24時間年中無休で、WordPressに精通したエンジニアが親切丁寧にサポート
  • Cloudflare Enterpriseとの統合
  • 東京、大阪をはじめとする世界35箇所にあるデータセンターから選択可能
  • アプリケーションのパフォーマンス監視機能を使って最適化を徹底

長期契約による縛りはございません。サーバー移行のサポート、30日間の返金保証など、さまざまなサービスが付帯します。お客様にぴったりのプランをご提案いたしますので、営業までお気軽にお問い合わせください。また、プラン一覧はこちらからご確認いただけます