当社がGoogle Cloud Platformのマルチリージョンのデプロイモデルを使用しています。つまり、WordPressウェブサイト毎に異なるGoogle Cloudデータセンターをご利用いただけることにより、ウェブサイトを地理的に訪問者の近くに配置することができます。そうすると、待ち時間が減り、読み込み時間が高速化されます。

Google Cloudデータセンタのロケーション

WordPressウェブサイトのロケーションとして下記の24カ所のデータセンタのいずれもご利用いただけます。

MyKinstaにてデータセンタのロケーションを選択する方法について

MyKinstaダッシュボードにて新しいウェブサイトを追加するときにGoogle Cloud Platformのロケーションをご選択いただけます。

Google Cloud Platformのロケーション

Google Cloud Platformのロケーション

既存のWordPressウェブサイトを移動する方法について

既存のWordPressウェブサイトの移動をご希望の方は、単にサポートチケットをお開きください。ロケーションを変えるにはIPアドレスの変更など当社のチームに行われる業務が必要です。

以前のロケーションも立地条件のいいロケーションである為、特定の地理的な場所にいる顧客や訪問者にサービスを提供している場合に限り、ロケーション変更をおすすめします。たとえば、オーストラリアのシドニーでローカルの電子商取引ストアを運営している場合には、以前の最も近いロケーションが台湾でした。今になって、シドニーもご利用いただけるようになった為、以降により読み込み時間とレイテンシを確実に短縮できます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Google Cloudについて

Google Cloud Platform(Compute EngineまたはApp Engine)を使用している注目すべき企業には、Spotify、HSBC、Home Depot、Snapchat、HTC、Best Buy、Philips、Coca Cola、Domino’s、Feedly、ShareThis、Sony Music、Ubisoftなどがあります。独立して確認することができていませんが、Appleさえ4億~6億ドルを使って、AWSからのサービスの一部をGoogle Cloud Platformに移動しました

そして最近では、Evernoteが2億人のユーザーを移行する決定を下しました。

「これによりEvernoteは、性能、セキュリティ、効率性、スケーラビリティの大幅な向上を実現します。また、クラウドに移行することで、最も重要なことに時間とリソースを集中して使うことができます。」

とEvernoteのVPであるBen McCormackは会社のブログにて述べています

Google Cloud Platformをさまざまな用途で採用している企業と関連ケーススタディのリストもご参照ください。


このチュートリアルが面白かった方なら、当社のサポートも大好きでしょう。Kinstaのすべてのホスティングプランには、ベテランのWordPress開発者とエンジニアによる24時間365日のサポートが付いています。フォーチュン500のお客様をサポートしているチームとチャットしませんか。当社のプランをご確認ください。