ECサイトを運営していますか?それならば、オンラインストアに特化した優れたサーバーを選択することが重要です。読み込み速度がひどく、セキュリティが不十分で、サーバーの管理が不適切であることが原因で、あまりにも多くの事業が失敗してきました。

それでは、優れたECサイト用レンタルサーバーの条件とは何でしょうか?豊富な情報に基づいた意思決定をお助けするために、レンタルサーバー選びの際に注目すべき特徴をまとめましたので、ご覧ください。

準備はいいですか?それでは、始めましょう!

ECサイトに最適なサーバーとは

全てのサイトやオンラインストアには、ウェブホストが必要です。一般的にレンタルサーバーが、サイトの「住所」であるサーバーを提供し、それによって、インターネットを介して、一般にアクセスできるようになります。

基本的には、他の誰かが所有する未使用のサーバースペースの使用権を購入。サーバーを保護、最適化する術を知る会社から、管理サービスを受けることになります。

サーバーと一口に言っても、サービスの中身は様々。土台となるハードウェアにちなんで名付けられたホスティングサービスもあれば、独自の機能を備えた特別なプランとして提供されているものもあります。

ECサイトのホスティングは、あらゆる形態を取り得る、ということです。

ECサイトに強い高性能サーバーには通常、特別な機能が豊富にあるものです。例えば、無料のSSL証明書生成決済サービスのセットアップ、追加のセキュリティ層トラフィックの多い時間や期間におけるオートスケーリングなど。

ECサイト向けサーバーというジャンルの下に位置するのが、WooCommerceサイト向けサーバーです。WooCommerceに強いレンタルサーバーには、普通、ECサイト向けサーバーに求められるすべての機能が備わっており、サーバー環境はWooCommerceプラグインの実行のために最適化されています。

KinstaのWooCommerceホスティング

KinstaのWooCommerceホスティング

これの中身として例えば、WooCommerce向けに最適化されたキャッシュ、サイトを壊すことのない特別なサイト移行プロセス、WooCommerceを扱う特別なトレーニングを受けたスタッフによるサポートなどが挙げられます。

Boost customer satisfaction and site performance with an ecommerce host tailored to your company's needs 📊 Learn more in this guide ⤵️Click to Tweet

ECサイト向けサーバーの種類

ホスティングにはいくつかの種類があるので、知っておくべきでしょう。これにより、サーバーのハードウェアとセットアップに違いが出ます。主に、共用、VPS、専用サーバーという3種類があります。

共用サーバーは最下層に位置し、スタートアップや個人、特に、その中でもとりあえずサイトを公開したい人に適しています。通常は非常に安価ですが、速度が遅く、サーバースペースを他の複数のサイトと共有することになります。このタイプのサーバーは、最低限の資金すら確保できない場合を除き、ECサイトには向きません。

VPSは「仮想専用サーバー」の略です。他のウェブサイトとマシンを共有するものの、そのリソースは分離され、共用サーバーに見られる問題の多くが回避できます。そして、専用サーバーが最上層に位置します。自分だけが使うことのできる(仮想ではなく)物理的なサーバーが提供されます。もちろん、これは安くはありません。後半2つのサーバータイプは、どちらもECサイトには適していますが、これを凌ぐ選択肢もあります。

クラウドサーバー(クラウドホスティング)は、ECサイトにありがちな問題を解決してくれる人気のソリューションです。サーバー環境が、急速なリソースの増加に対して最適化されています。クラウドサーバーは完全にスケーラブルです。リソースをいつでも追加したり削除したりできます。そして、スタートアップにとっても手の届く、非常に手頃な価格です。

成長段階にあるECサイトにとって、クラウドは、ほぼ間違いなく理想のインフラストラクチャです。

Kinstaのデータセンターの場所

Kinstaのデータセンターの場所

サーバータイプは、「マネージドホスティング」と「“アンマネージド”ホスティング(つまり一般的なレンタルサーバー)」という分け方もできます。

一般的なレンタルサーバーは、通常安価ですが、大きな欠点があります。サーバーのセットアップと設定はすべて自分で行う必要があり、継続的なセキュリティとメンテナンスも自分の仕事になります。基本的に「空のサーバーを利用する権利だけ」を購入するということです。

マネージドホスティングでは、通常、あらゆる付随サービスが網羅されています。セットアップ、設定、セキュリティ、メンテナンス、サポート、アップデートなどなど。ECサイト+マネージドホスティングというやり方は、ストアを運営しその状態を維持するのに効果的です。

ここまでのまとめはこうです。クラウドサーバー(クラウドホスティング)を土台としたマネージドホスティングは、あらゆる状況で、ECサイトにとっての最適なソリューションとなり得ます。

Info

もう少し詳しく知りたい方はこちら。ビジネスをマネージドホスティングがどのように加速させるのか、無料の電子書籍でご確認ください。

ECサイト向けサーバー選びで着目すべき8つのこと

ECサイトのサーバー選びにはコツが必要です。オンラインストアに適したホスティングサービスをお探しの際には、是非とも以下の点に注目してください。

1. ハイパフォーマンス

ECサイトのための最優先事項は、高速で信頼性の高いサーバーを見つけること。サイトの読み込み時間が3秒を超えると、57%のユーザーがサイトを離れ、80%のユーザーは二度と戻ってきません。これにより多くのチャンスが失われてしまいます。

共用サーバーの問題点は、速度が遅く、頻繁にダウンタイムが発生すること。これは、オンラインストアである以上、寛容できません。速度低下やクラッシュを引き起こす信頼性の低いインフラストラクチャを利用しているものもあるので、選択の際には注意が必要です。

どのレンタルサーバーも「自社こそが最高、最速」と自称するものです。だからこそ、ちゃんと調査を行う必要があります。Hosting Factsのようなサイトを使えば、正確なアップタイムやPing値を参照した上で、正しい決定を下すことができます(ちなみに、Hosting FactsのサイトそのものはサーバーにKinstaを選択しています!)WordPressマネージドホスティングの比較もあわせてご覧ください。

Hosting Facts掲載のKinstaのデータ

Hosting Facts掲載のKinstaのデータ

 

CDNは必須です。欲を言えば、ホスティングプランに組み込まれていてもらいたいところ。CDNとは、世界各地に分散したサーバーのネットワークです。有名どころでは、Cloudflareなどがあります。メインサーバーから離れた場所にいるユーザーがサイトに接続しようとすると、代わりに近くのCDNサーバーにルーティングされ、どこからアクセスしても読み込み時間が大幅に短縮できます。

ECサイトのホスティングには、パフォーマンスとアップタイムのモニタリング機能も必要です。これがあると、サーバーがダウンしたり、クロールに時間がかかったりした場合には通知してくれるので、すぐに対処できます。

たとえば、Kinstaでは、Sentryを使用しサイトのアップタイムを毎分チェック。正常に機能していない場合にはアラートを送信します。気になるマネージドホスティングに、必ずこの重要な機能があるかどうか確認しましょう。

ちなみに、Kinstaは最近、当社ネットワーク上のすべてのサイトのパフォーマンスを最大200%向上させました。これもひとえに、フロントエンド、バックエンド両方からWordPressサイトを大幅に高速化するGoogle Cloud Platformの新しいC2仮想マシンを採用した結果です。

この進化後も引き続き、オートスケーリング機能が利用でき、サイトでトラフィックやリソース消費量が増加した時に、強さを発揮します。つまり、訪問者の数やサイトが使うCPUに関係なく、Kinstaはそれを100%処理することができます。今までにないレベルの利便性です。

この新しいマシンを複数のパラメータでテストしてみました。WooCommerceサイトでのキャッシュをバイパスしたパフォーマンステストでは、新しいサーバーがほぼ4倍高速であることが判明しています。

WooCommerceサイトでのキャッシュをバイパスしたGCP N1/C2の比較

WooCommerceサイトでのキャッシュをバイパスしたGCP N1/C2の比較

そして、以下のグラフは、新しいマシンへの移行が、あるお客様にもたらした効果を示しています。移行直後にパフォーマンスが100%向上しました!他にも複数のお客様のサイトを測定しましたが、そのすべてで速度が大幅に向上しています。

GCP C2への移行があるクライアントにもたらした効果

GCP C2への移行がKinstaのお客様にもたらした効果

サイトのサイズに関係なく、優れたパフォーマンスを発揮することのできるサーバーをお探しですか?Kinstaがぴったりです。

2. 帯域幅とファイルストレージ

ECサイトのファイルは肥大化し、通常、トラフィックもかなりの量になります。高額の超過料金を毎回支払わないためにも、十分なリソースを確保してくれるホストが必要になります。

画像はサイトのデザインに重要であり、何をデザインするにも、多くの画像が必要になります。特にECサイトは、ストレージをすぐに使い果たしてしまう傾向にあります。アップロードするすべての商品に複数の高解像度の画像が必要であり、ストアが大きくなると、知らないうちにファイルスペースが底を尽きることも。

高帯域幅のホスティング

高帯域幅のホスティング

Kinstaでは、帯域幅に制限はありません。毎月のアクセスとディスク容量にのみ制限があります。

3. オートスケーリング

時間の経過とともに着実かつ予測可能な成長を続ける他のタイプのウェブサイトとは異なり、ECサイトのトラフィックは頻繁に変動します。休日には往々にしてトラフィックが急増。顧客はどこからともなく現れ、成長は急激かつ指数関数的になる傾向にあります。

マネージドECホスティングでは、2つのタイプのスケーリングが必要になります。突然のトラフィック増加中のオートスケーリングと、サイトと共に成長を続けるスケーラブルなリソースです。

ホリデーシーズンのトラフィック急増があるため、オンラインストアにはオートスケーリング機能が必須です。平常時では問題ないかもしれませんが、毎年、特定のシーズンがやってくるたび、買い物客が殺到し、リソースが結果的に使い果たされることが予想されます。

多くのサーバーでこれが問題に。長いダウンタイムが発生したり、サービスが中断されたり、より高いプランにアップグレードするよう求められたりします。そして、1年の中で最もトラフィックの多い時期に費用がかさみます。オートスケーリングを搭載したホストであれば、ダウンタイムが発生する前にサイトにリソースを自動的に割り当て、その高いトラフィックが持続するか、許容範囲を超えた場合にのみアップグレードができます。

Kinstaでは、StarterからEnterprise 4までのすべてのプランに自動スケーリングが組み込まれています。つまり、Kinstaをご利用のサイトが必要に応じてCPUやRAMの使用率を拡大縮小できます。(特別なイベントなどが原因で)大量のトラフィックの流入が予想される場合は、高性能の専用サーバーソリューションもご用意しております。

自動スケーリング

オートスケーリング

トラフィックをリソース全体に均等に分散し、訪問者の予期しない急増の際にもダウンタイムを防止してくれるロードバランシング機能も確保したいところ。ロードバランシングとオートスケーリングはどちらも、ホストのインフラストラクチャに必要な機能です。

また、CPU、RAM、およびその他のリソースを必要に応じていつでも追加できる柔軟性も必要です。クラウドサーバーは、プランをアップグレードするか、必要なときにいつでもリソースを追加できるので、便利な選択肢でしょう。

(クラウドサーバーを用いない)VPSまたは専用サーバーでは、アップグレードの際には、別のサーバーに移動するか、より強力なハードウェアを手動でインストールする必要があり、これには多くのコストがかかる可能性があります。これに対し、クラウドサーバーでのアップグレードは安価です。

4. 積極的なサポート

問題やエラーが新しいサイトで突然発生することがあります。ホストに連絡したときに、すぐさま手助けしてくれる優れたサポート体制がないと、あなたのサイトは何時間もダウンしたままかもしれません。さらにサポートは、親切丁寧、知識豊富、迅速で、問題が発生した際に積極的に対応してくれるのが理想的です。

Kinstaのサポート

Kinstaのサポート

どんなサポート体制であろうとその背後には、経験豊富な開発者やエンジニアが必要です。「ウェブホストのインフラストラクチャとサーバーが適切に構築されている」、「ダウンタイムがほとんどない」というのは、開発チームの能力を示したいい指標になります。

通常、サイト自体で発生する問題について助けを求めることはできませんが、サーバー側の問題であれば、解決してもらえるものです。Kinstaでは、コード内のすべてのエラーを修正することはできませんが、問題を特定して迅速に解決できるようにお手伝いしています。実際、ほどんどのレンタルサーバーでここまでのサポートは提供されていません!

サーバーの問題は真夜中であっても関係なく、いつでも発生する可能性があるため、24時間年中無休のサポートが理想です。サイトがダウンしているというアラートで目覚めた場合には、その場で問題にあたる必要があります。トラフィックの損失は避けたいものですし、ましてや、サイト修正のために睡眠を犠牲にするのも避けるべきです。

5. 完全なセキュリティ

ECサイトは、クレジットカード番号、PayPalや銀行のパスワード、ユーザーの氏名や住所など、保護すべき機密データが豊富であることから、ハッカーの標的になりがち。

安全性の低いオンラインストアをハッキングすることは、プロにとっては非常に容易いことです。また、多くのスタートアップが、この重要なデータを安全に保つ方法を見逃しがちです。だからこそ、今すぐウェブサイトの保護を徹底する必要があります。

Kinstaのホスティングアーキテクチャ バージョン6

Kinstaのホスティングアーキテクチャ バージョン6

独自のコードのセキュリティについては開発者次第ですが、多くのハッキングは、ウェブホストのセキュリティが不十分なために発生します。サーバーコードの欠陥をついて、悪意のある攻撃者は簡単にウェブサイトに侵入し、ユーザーデータにアクセスしたり、サーバーを介して送信されるパスワードを記録したり、ウェブサイトにユーザーを標的とするマルウェアを配置したりすることができます。

そのため、セキュリティ全般に精通しているレンタルサーバーを選ぶ必要があります。「ハッキング対策」ポリシーがない場合は、ご注意ください。セキュリティが非常に低い可能性があります。そして、そのような場合には、ハッキングされた際には、復旧のためのサポートは何もないでしょう。

eコマースサイトを支える非常に高速で信頼性が高く、完全にセキュアなホスティングをお求めですか?Kinstaは、これら全てに加えて、WooCommerceに精通したスタッフによる24時間年中無休ワールドクラスのサポートをご提供しています。まずは、ホスティングプランをご確認ください

Info

クライアントのサイトを代行管理していますか?それなら、こちらの無料の電子書籍で、クライアントのサイトを保護し、セキュリティを強化する方法をご覧ください。

Kinstaは、セキュリティを非常に真剣に捉え、攻撃の発生を防ぐために積極的な策を講じています。ファイアウォールは、不正なソフトウェアが防御網をすり抜けるのを防ぐために、厳重に管理されています。また、不明なサービスのXML-RPCへのアクセスをブロックし、wp-content/uploadsなどの大事なエリアでのコードの実行を無効にしています。

また、サーバーの土台にはGoogle Cloud Platformを使用しています。つまり、クラウド業界最高レベルのプロバイダーから一流のセキュリティをお届けしているということです。

24時間年中無休の監視とスキャンサービスは、サイトに侵入するマルウェアを特定するために、ECサイトホスティングにはなくてはならないものです。万が一何かが防御の網をかいくぐっても、Kinstaには無料マルウェア検出削除サービスがあります。多くの場合、サイトの感染に気づく頃には、Kinstaのエンジニアが既に修復作業にあたっていることでしょう。

ホストのセキュリティ特性

Kinstaのセキュリティ

DDoS攻撃は、ECサイトによくある問題です。一度に何千ものコンピュータを用い実行され、サイトを瞬時に停止させる危険性があります。だからこそ、優れたホストはDDoS攻撃を検出し、その場で阻止します。

オンラインストアでは、機密性の高いユーザー情報の送受信のためにSSL証明書を確保する必要があります。これがないと、攻撃者は、フォームに入力されたユーザーデータなど、サイトからサーバーに渡されるすべてを見ることができます。ですので、SSLを無料で提供しているホストを利用したいものです。

6. WooCommerceとの統合

WordPressでオンラインストアを運営するには、多くの場合、WooCommerceを使用することになります。しかし、すべてのレンタルサーバーがこのプラグインと相性がいいわけではありません。最初は問題がなくとも、サイトが機能しないことも、WooCommerceに特化したキャッシュなどの高度な機能が不足していることもあります。

WordPressの人気は否定のしようがなく、ECサイトを運営する上で、WooCommerceに対応したレンタルサーバーはもはや必須です。

Info

ECサイトの高速化については、 WooCommerceストア(フロントエンド&バックエンド)を高速化する方法をご覧ください!

KinstaのWooCommerce最適化

KinstaのWooCommerce最適化

ECサイト向けサーバーに必要でありながら、もう1つの見落とされがちな点は、PCIコンプライアンスです。PCIとは「payment card industry—決済カード業界」の略で、ウェブサイトのセキュリティ不備でユーザーデータが漏洩しないようにするための基準です。クレジットカードデータを扱うすべてのウェブサイトは、PCIに準拠する必要があります。

サイトを安全にするために多くの作業を自分で行う必要があるため、レンタルサーバー側がPCIコンプライアンスを保証することは不可能です。ただし、SSL証明書を利用し、ファイアウォールでサーバーを保護し、強力なサーバーインフラストラクチャを使用することで、それを後押しすることは可能です。

PCIの監査を行うかどうかはあなた次第ですが、優れたECサイトホスティングは利用者と協力し、サイトを保護し、ウェブサイトをPCIに準拠させるために必要な調整を行うものです。

7. 自動バックアップ

ECサイトにとってバックアップの重要性は強調してもしきれません。自動データバックアップ機能(毎日、毎週、または場合によっては毎時)は必要不可欠。重要なストアとデータベースファイルを保護するために、強固なバックアップシステムを確保する必要があります。

特に、誤って重要な設定を変更してしまうことのあるWordPressでは、サイトをダウンさせたりデータベースを破損させたりするミスはいつでも発生し得ます。

最新のバックアップがない状態で、すべてを正常な状態に戻そうとすると、多くの時間と労力がかかります。そもそも、すべてを失うことになるかもしれません。安心して事業を運営するためにも、バックアップが組み込まれたサーバーが必要になります。

Kinstaでは、ウェブサイトデータベース、ファイル、さらにはNginxルールさえも毎日自動的にバックアップします。Nginxルールは、プランに応じて14〜30日間保持されます。

Kinstaにはさらに別の人気な機能があり、手動バックアップも保持したい場合には、サイトのバックアップを週に1回ダウンロードできます。それでも不十分な場合は、不測の事態が発生した場合に備えて、1時間ごとのバックアップアドオンを利用することにより、絶対的なセキュリティと損失の最小化が徹底できます。

一般的に、データの安全性確保は、レンタルサーバーが最も気を配るべき事項の1つです。優れたインフラストラクチャ、自動バックアップ、継続的な監視のすべてが、最悪の事態を防ぎ、サイトを安全に保ちます。

8. 開発者思いの環境

開発者向けの高度なレンタルサーバーを見つけるのは簡単ではありません。一般的にレンタルサーバーは、当然ながら、初心者ユーザーが重要なファイルをいじったり、ウェブサイト全体をクラッシュさせたりすることを望んでいません。

WordPressコアファイルを編集したり、WP-CLIやGitなどのツールをセットアップしたり、PHPバージョンを更新したりする必要がある場合、多くのサーバーにおいて、非常に大変な作業になります。

Kinstaは、ご利用者様の意向を尊重し、開発者向けのさまざまな高度な機能をご用意。

ステージング環境を作成、サイトを複製、WP-CLIを使用、 GitをセットアップSSHにアクセスするなど、必要なことは何でもできます。そして、便利なことに、都度、Kinstaカスタマーサポートに連絡する必要はありません!

Kinstaの開発者向け機能

Kinstaの開発者向け機能

また、インフラストラクチャセットアップの細部については、高度な機能の紹介ページをご覧ください。

Learn how ecommerce hosting could change your business, from site performance to sales 💰Click to Tweet

まとめ

様々な新生サイトが、読み込み速度の低下、セキュリティの不安定さ、レンタルサーバーのサポート不足などの問題に悩まされています。ありふれた共用サーバーから始めるのは安く済ませるための答えのように見えるかもしれませんが、収益への悪影響がある可能性も忘れてはなりません。

ECサイト向けとなると、ビジネスのニーズに応じて拡張でき、一流の質と手頃なプランを提供してくれるマネージドホスティングを選択することが重要です。

Andrew Reeve, CEO at HonestBrew

Andrew Reeve氏(HonestBrew CEO)

マネージドホスティングは、最初は高額な選択肢のように思えるかもしれませんが、あらゆる重要な側面を担い、日々の作業を楽にする様々なツールや仕様が付帯する点は注目に値します。

ビジネスの面から考えても、オンラインストアの運営を真剣に考えている場合には、投資するだけの価値があります。Kinstaのマネージド(クラウド)ホスティングをご確認ください。ECサイト運営を助けるさまざまなプランをご用意しています。

続いては、皆さんのお考えをお聞かせください。 ECサイト向けサーバーについて、あなたにとって最も重要なことは何ですか?


この記事はお気に召しましたでしょうか。KinstaのマネージドWordPressホスティングサービスもご確認ください。ウェブサイトをスピードアップし、知識・経験豊富なWordPressに精通したエンジニアによるカスタマーサポートを24時間365日ご利用いただけます。Google Cloudを使用したインフラストラクチャは、スケーラビリティ、パフォーマンス、およびセキュリティに特化。Kinstaの魅力はまだまだ他にもございます。当社のプランをご確認ください。