こちらのページでは、弊社アプリケーションホスティングまたは静的サイトホスティングを使って、Gatsbyで静的サイトをセットアップする方法の例をご紹介します。

package.jsonファイルで定義された依存関係は、デプロイメントプロセス中に自動インストールされます。

静的サイトホスティング

  1. GitHubにログインし、「Kinsta – Hello World – Static Site With Gatsby」テンプレートから新規リポジトリを作成します(「Use this template」>「Create a new repository」)。
  2. MyKinstaに移動し、作成したリポジトリと以下のビルド設定静的サイトを追加します。
    • ビルドコマンド:npm run build
    • Nodeバージョン:18.16.0
    • 公開ディレクトリ:public
  3. ビルドが終了すると、Kinstaのウェルカムページが表示され、すぐに静的サイトをご利用いただけます。

アプリケーションホスティング

  1. GitHubにログイン後、「Kinsta – Hello World – Static Site With Gatsby」テンプレートから、新規リポジトリを作成してください(「Use this template」>「Create a new repository」)。
  2. MyKinstaで、Hello World – Gatsbyレポジトリを使用してアプリケーションを追加します。最初のデプロイ時に必要なコマンドが自動で検出されるため、ウェブプロセスのstartコマンドは空白のままで問題ありません。

ウェブサーバーのセットアップ

ポート

Kinstaにて自動でPORT 環境変数が設定されます。これを定義したり、アプリケーションでハードコーディングにより記述したりする必要はありません。serveパッケージには、設定したポートが自動的に使用されます。

開始コマンド

アプリケーションをデプロイすると、startコマンドとして自動的にnpm startを持つウェブプロセスが検出されます。

デプロイメントライフサイクル

デプロイメントを開始すると(アプリケーションの作成、またはコミットの失敗による再デプロイ)、npm buildコマンド、その後にnpm startコマンドが実行されます。

ウェルカムページ

ビルドが終了すると、Kinstaのウェルカムページが表示され、すぐにアプリケーションまたは静的サイトをご利用いただけます。

Gatsbyのデプロイ完了後に表示されるデフォルトページ
Gatsbyのデプロイ完了後に表示されるデフォルトページ