Kinstaから以前の外部バックアップを簡単にインポートできます。ただし、しばらくの間は手動のプロセスになります。

バックアップの作成

最も簡単にサイトをインポートするには、ダウンロード可能なバックアップを作成します。選択したサイトの「バックアップ」セクションにアクセスし、「ダウンロード」タブを開いて、ダウンロード可能なバックアップを作成します。大規模なサイトの場合は時間がかかるかもしれませんが、最終的にはダウンロードできます。

DevKinsta backup download

バックアップをダウンロードしたら、解凍します。

DevKinstaでのサイト作成

DevKinstaで通常の手順でサイトを作成します(「サイトの作成ガイド」参照)。サイトができると、サイトのパスが表示されます。パスをクリックするとコンピュータ内のサイトの保存場所が開きます。

DevKinsta site path

コンテンツのインポート

サイトのパスをクリックしてフォルダを開きます。標準的なWordPressのディレクトリ構造が表示されているはずです。wp-contentフォルダを削除し、解凍したバックアップからwp-contentフォルダを同じ場所に移動します。これで、インポートしたサイトのテーマ、プラグイン、メディアがコピーされます。

データベースのインポート

「Adminer」ボタンをクリックして、ローカルのデータベースを開きます。左上に表示されるデータベース名で適切なデータベースが選択されていることを確認してください。メインの画面のテーブルリストの左上のチェックボックスをクリックして、すべてのテーブルを選択します。

Adminer use during site import

「削除」ボタンをクリックし、確認して、ローカルサイトのデータベースからすべてのデータベーステーブルを削除します。次に、サイドバーの「インポート」ボタンをクリックし、「ファイルをアップロード」セクションで、ダウンロードしたバックアップからmysql-data-backup.sqlファイルを選択し、「実行」をクリックします。データベースがインポートされます。

検索と置換

データベースはホストサイトから直接エクスポートされているため、中に大量のサイトのURLへの参照が含まれています。将来的に問題にならないよう、データベースで検索と置換を実行してください。

以下のいずれかのツールで実行できます。

DevKinstaでWP-CLIを使用する方法についての詳細はこちらを参照してください。

検索と置換の詳細については、このテーマに関するナレッジベースの記事を参照してください。