サイトのインストール後は自由にサイトを操作できます。主な項目には「サイトの一覧」「サイトの詳細ページ」「ブラウザに直接アドレスを入力」の3つの方法でアクセスできます。主な項目の中からいくつかをご紹介します。

サイト

サイトにアクセスするには、サイトの一覧に表示される各サイトの横の「サイトを開く」アイコンをクリックするか、サイトの詳細ページの「サイトを開く」ボタンをクリックするか、ブラウザからサイトの詳細ページの「サイトのURL」のURLにアクセスします。

HTTPS

HTTPSでローカルサイトにアクセスできます。まず、サイトの詳細ページを開き、HTTPSをオンにします。裏では、自己署名証明書が生成され、ホストOSに保存されます。DevKinstaは、ローカルのキーストアに書き込みを行うため、この操作に許可が必要です。macOSではパスワードの入力、Windowsではダイアログでの確認が必要です。

DevKinsta site details

ファイル

PHPファイル、WordPressテーマ、依存関係はすべてサイトのデフォルトフォルダに保存されます。

Windowsであれば「C:\Users\(ユーザー名)\DevKinsta\(サイト名)」、Macであれば「/users/(ユーザー名)/DevKinsta/(サイト名)」がデフォルトフォルダです。サイトのデフォルトフォルダは「設定」で変更できます。

WordPressのバックエンド(WordPressの管理画面)

WordPressの管理画面にアクセスするには、サイトの一覧で「管理画面を開く」アイコンをクリックするか、サイトの詳細ページで「管理画面」ボタンをクリックするか、ブラウザから管理画面のURLにアクセスします。WordPressの管理画面のURLは、サイトのURLに「/wp-admin」を付加したものです。

データベース管理

「Adminer」はデータベース管理ツールです。Adminerにアクセスするには、サイトの一覧で「その他」アイコン(縦の3点リーダー)をクリックして、「データベースマネージャーを開く」を選択するか、サイトの詳細ページで「データベースマネージャー」ボタンをクリックします。Adminerの詳細については、データベースマネージャーのページを参照してください。

メール機能

DevKinstaは、サイトから送信されたすべての電子メールを捕捉し、サイトごとに管理することができます。詳細についてはこちらを参照してください。

DevKinsta site emails

ロギング

サイトのローカルでのデバッグやトラブルシューティングにはaccess.logsphp-fpm.logsを利用できます。サイトのログを表示するにはDevKinsta/logs/フォルダに移動し、好きなテキストエディタで開いてください。詳細については、「ロギング」を参照してください。