弊社では、現在以下の言語を使用したアプリケーションをサポートしています。

対応言語は、今後のアプリケーションホスティングサービスの展開に合わせて拡大予定です。

アプリケーションの追加方法

アプリケーションを追加するには、「アプリケーション」画面で「サービスを追加」をクリックし、ドロップダウンメニューから「アプリケーション」を選択します。表示される画面で、以下のフィールドに情報を入力してください。

アプリケーションの詳細情報

アプリケーションの情報を入力
アプリケーションの情報を入力

GitHubリポジトリ

初めてアプリケーションを追加する場合は、KinstaをGitHubアカウントに接続し、GitHubでKinstaの認証が必要です。

  • GitHubリポジトリ─使用するGitHubリポジトリを選択してください。
  • デフォルトのブランチ─変更時にデプロイされるブランチを設定してください。
  • コミットに際し自動でデプロイ─この項目にチェックを入れると、上記で選択したブランチにコミットされるたびに、アプリケーションが自動でデプロイされます。

基本情報

  • アプリケーション名─アプリケーションの追加後、MyKinstaで表示される名前です。
  • データセンターの所在地─このアプリケーションに使用するデータセンターを選択します。現在、内部接続は同じリージョン内のアプリケーション間でのみご利用いただけます。アプリケーションとデータベース両方をデプロイする場合は、同じリージョンのデータセンターを選択してください。

環境変数

環境変数は、アプリケーションに対してその外から情報を与えるのに便利です。データベース接続の詳細情報やAPIキーのようなものを設定するのが一般的です。このセクションを展開して、アプリケーションの環境変数を入力し、実行時やビルド時に利用できるようにするかどうかを指定します。

情報の入力を終えたら、「続行」をクリックして次に進みます。

ビルド環境

「ビルド環境」では、アプリケーションの構築方法を決定します。

ビルド環境を設定
ビルド環境を設定
  • ビルドリソース─アプリケーションのビルドに必要なビルドマシンを選択します。ビルドマシンのリソースが多いほど、プロセスが高速になります。

以下のいずれかを選択して、アプリケーションのコンテナの作成にビルドパックを使用するか、またはDockerfileを使用するかを指定します。

  • コンテナイメージを自動で設定─ビルドパックを使用して、リポジトリに基づきアプリケーションのコンテナを作成する場合には、これを選択してください。プロジェクトに適した環境を自動的に判断し、コンテナが作成されます。バージョンの指定がない場合には、アプリケーションが記述されている言語の利用可能な最新バージョンを使用します。別のバージョンを使用するには、アプリケーションのファイルでバージョンを設定してください。
    • ビルドパス─デフォルトはルートフォルダですが、ビルドパスを指定する場合は入力してください。モノレポを使用している場合には有用になります。
  • Dockerfileを使用してコンテナイメージを設定─高度な設定が必要になる場合、または既にリポジトリ内のDockerfileでセットアップされている場合はこれを選択し、Dockerfileのパスコンテキストを設定します。Dockerfileを使用すると、ほぼすべての言語が利用可能です。
    • Dockerfileのパス─リポジトリルートからの相対的なDockerfileのパスを意味します。例えば、Dockerfileがリポジトリルートにあれば、このフィールドに「Dockerfile」と入力してください。Dockerfileがappという名前のサブディレクトリにある場合は、「app/Dockerfile」と入力します。
    • コンテキスト─アプリケーションのビルドに必要なリポジトリ内のパスを意味します。一般的には、リポジトリルートからビルドされるため、その場合は、このフィールドにリポジトリルート(.)を入力してください。アプリケーションをサブディレクトリ(例:app)からビルドする場合は、「app」と入力します。

設定を終えたら、「続行」をクリックして次に進みます。

リソース

この画面では、ウェブプロセスのリソースとstartコマンドを設定します。

リソースの設定
リソースの設定

プロセス名

  • プロセス名─アプリケーションの追加後、「プロセス」画面の一覧に表示される名前です。
  • プロセスの種類─これは変更できません。バックグラウンドジョブなどのプロセスの変更・追加が必要な場合には、デプロイ後にアプリケーションの「プロセス」画面から管理することができます。
  • startコマンド─ウェブプロセスのstartコマンドを入力してください。未入力の場合は、デプロイ時に検出が行われるようになります。startコマンドは、デプロイ後にアプリケーションの「プロセス」画面から追加または編集可能です。
  • ポッドサイズ─プロセスのポッドサイズを選択してください。
  • インスタントカウント─プロセスのインスタンス数で、最大50まで指定可能です。1インスタンス=1つのポッドを意味し、すべてのインスタンスは、同じポッドサイズになります。インスタンスごとに異なるポッドサイズを定義することはできません。

設定を終えたら、「続行」をクリックして次に進みます。

お支払い方法

最後に月額使用料を確認し、お支払い方法を選択してください。

お支払い方法の設定
お支払い方法の設定

設定を終えたら、「お支払い方法の確認」ボタンをクリックして完了です。

内部接続の設定方法

アプリケーションでデータベースを使用するには、弊社プラットフォームでデータベースを作成し、内部接続を行うことができます。内部接続は、アプリケーションの「設定」画面、またはデータベースの「情報」画面から追加可能です。内部接続の追加方法についてはこちらをご覧ください。