アプリケーションを操作していると、以下のようなエラーが表示されることがあります。

Missing repository

It seems like this repository is not available anymore Edit… permissions

このエラーを解決するために確認すべき事柄をご紹介します。

トークンの有効期限切れまたはアクセス権の失効

Gitサービス(GitHubBitbucketGitLab)に接続すると、有効期限付きのユーザーアクセストークンが生成されます。トークンのステータスは、MyKinstaの「ユーザー設定」で確認できます(ユーザー名をクリックし「ユーザー設定」>「アプリケーションのアクセス」に進みます)。

トークンの有効期限が切れたり、アクセスを取り消したりすると、リポジトリやGitサービスのアカウントにアクセスできなくなります。これを解決するには、エラーメッセージのリンクをクリックして新しいユーザーアクセストークンを生成し、GitサービスとKinstaを再び接続してください。

Kinstaにおける統合機能の更新

Git統合アプリケーションのアップデートリリースに際し、新しいユーザーアクセストークンの作成が必要になることがあります。これを解決するには、エラーメッセージのリンクをクリックして新しいユーザーアクセストークンを生成し、GitサービスとKinstaを再び接続してください。

リポジトリの消失

リポジトリがGitサービスから削除されると、Kinstaによるアプリケーションへのアクセスが不能になります。お客様やその開発チームが意図的にリポジトリを削除していない場合には、リポジトリが削除された理由を把握するために、お使いのGitサービスにて調査を行うことをおすすめします。

関連ドキュメント