環境変数は、静的サイトのビルドプロセスに、サイトのコード外から情報を付与するのに有用です。これにより、APIキーのような情報を(サイトのコード内にクリアテキストとして記述する代わりに)安全に保存することができます。

環境変数の特殊文字

環境変数キーでは、a-z、0-9、またはアンダースコア(_)のみ利用可能です。環境変数の値は、括弧、カンマ、二重引用符を除いて、文字通り適用されます。

括弧

括弧はビルドやロールアウトの失敗の原因になります。環境変数では使用できません。

カンマ

エスケープされていないカンマは区切り文字として解釈され、環境変数では使用できません。

  • 例えば、write_stock,read_ordersはロールアウト処理失敗の原因になります。
  • 文字列の中にカンマを残すには、バックスラッシュ (\) でエスケープしてください(write_stock\,read_orders)。これにより実際にはwrite_stock,read_ordersとして解釈されます。

二重引用符

エスケープされていない二重引用符は無視されるか、ロールアウト処理の失敗を引き起こします。

  • 例えば、"my_example_variable"my_example_variableと解釈されます。
  • 変数を二重引用符で囲むには、バックスラッシュ (\) で二重引用符をエスケープします(\"my_example_var\")。これにより実際には"my_example_var"として解釈されます。
  • 二重引用符が文字列の中にあると(例:my_exampl"e_text )、ロールアウト処理が失敗します。
  • 文字列の中に二重引用符がある場合は、バックスラッシュ (\) でエスケープしてください(my_examp\"le_var)。これにより実際にはmy_examp"le_varとして解釈されます。

環境変数の追加

環境変数は、静的サイトを追加する際の「ビルド設定」ステップにて、またはサイトの「設定」ページから追加できます。

ビルド設定

サイトの追加時に環境変数を設定するには、「環境変数」セクションを展開し、キーと値のペアを入力します。

デプロイ後

デプロイ後に環境変数を追加するには、サイトの「設定」ページに移動し、「環境変数」セクションまでスクロールして、「環境変数を追加」をクリックします。「環境変数の追加」ポップアップウィンドウにキーと値のペアを追加してください。

環境変数の編集

設定」ページで変数名(キー)または値を編集できます。変数を編集するには、編集(鉛筆)アイコンをクリックし、変更を加え、「変更を保存」をクリックします。

関連ドキュメント